「下っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 下っ[動詞]
それにくい下っ  階段になって下っ  五尺ちゃんと引き下っ  内側を下っ  41号線を下っ  胸を下っ  後へ下っ  手へぶら下っ  ように下っ  諸氏からずっと下っ  陽光をあびて上ったり下っ  類から、下っ  それは下っ  沙汰が下っ  火輪に下っ  止まり木を上ったり下っ  どんどん地下へ下っ  壁が、すうっと下っ  しろへ下っ  人間にはぶら下っ  海中海底に下っ  大通りを少し下っ  塵まぶれになって下っ  自在鍵にぶら下っ  奥にと薄気味悪く流れ下っ  腰から下に垂れ下っ  方に下っ  真中にぶら下っ  地面に下っ  小川通りを下っ  堤を下っ  キラビヤカに下っ  火光が下っ  坂を下っ  道を下っ  ぢゃないかと恐れながら、白く垂れ下っ  中に垂れ下っ  村近くへ下っ  筑後の国に下っ  それを頼んで下っ  国河村へ下っ  それから本国に下っ  国へ下っ  本国に下っ  御教書が下っ  十二月二十九日に下っ  宣旨が下っ  飯山へ下っ  時陸奥の国へ下っ  下へ巻き下っ  何もかも八割九割も下っ  下へぶら下っ  斜めに下っ  位醜くたれ下っ  山を下っ  山裾を下っ  道路を下っ  そこから南西へ、ほぼまっすぐに下っ  ハイウエイを下っ  海岸線に沿って下っ  谷を下っ  熱が下っ  青江三空曹の下っ  雲を切って下っ  床ごと下へ下っ  どこまで下っ  綱がするすると下っ  靴とが下っ  溜飲が下っ  判決が下っ  芸もなくやに下っ  評判が下っ  器量が下っ  君も大いにやに下っ  サッサと下っ  関の山を下っ  タッタと下っ  頂から少し下っ  川口へ下っ  小倉へ下っ  毛が下っ  方へ下っ  それから次第に下っ  日急に下っ  それが下っ  野に下っ  商売にならぬと諦めて引き下っ  箱からぶら下っ  カーテンが下っ  部屋へ下っ  食道を下っ  マノアを下っ  階段を下っ  一杯になって、次々に下っ  すれすれにぶら下っ  白糸が下っ  未練に喰い下っ  海へ下っ  腕にぶら下っ  両端にのって、上ったり下っ  札の下っ  七度六分に下っ  七度三分に下っ  勾配を取って下っ  代金が下っ  前に下っ  蜘蛛の糸にぶら下っ  斜にぶら下っ  彼は下っ  立体的にくい下っ  北に下っ  頼りに下っ  尾根を辿り、少し下っ  鬼怒川まで下っ  其中をおずおず下っ  ようにぶら下っ  山坡を下っ  袋の下っ  足袋の下っ  紙が下っ  大阪表から東海道へ下っ  墨付が下っ  廂が下っ  ように、ぶら下っ  手が下っ  葡萄が下っ  岐阜提灯が、ぶら下っ  座を下っ  奥を下っ  手をかけてぶら下っ  ように垂れ下っ  中腹を下っ  さきに下っ  薩摩に下っ  国に下っ  人形がぶら下っ  最低零下四十一度まで下っ  早瀬を下っ  卑り下っ  ズボン口へ向けて削ぎ下っ  上に下っ  値が下っ  桟がぶら下っ  袖が下っ  帯でもするかと見ると、振ら下っ  ビクリと下っ  懐手をしてちょいとも出さない、すらりと下っ  二百三百という下っ  三丁も下っ  大阪へ下っ  淀川を下っ  その後西国へ下っ  向側にぶら下っ  ところで垂れ下っ  片腕にぶら下っ  目明し、下っ  そばに垂れ下っ  ほうへ下っ  柔和にたれ下っ  桂川を流れ下っ  流れに乗って下っ  堂島川を下っ  そこから小型黒板が下っ  札も下っ  中に下っ  そこへまた舞い下っ  信濃川を下っ  柱に下っ  ものがぶらりと下っ  鴨居からぶらりと下っ  玄関にぶら下っ  足がぶら下っ  片足で、だらりと垂れ下っ  足のぶら下っ  片足が、ぶらりと下っ  片方ぶら下っ  スタスタ先へ下っ  やつは下っ  港屋まで下っ  雇員の下っ  召集が下っ  ビラの下っ  昇降口を下っ  熱は下っ  北京から上海へ下っ  それから梯子を下っ  それから少し下っ  氷柱が下っ  ずるりと下っ  闇にぶら下っ  泛んで下っ  時代が下っ  とき清澄山を下っ  月給はちっと下っ  熱も下っ  玉とがぶら下っ  小道を下っ  下へ下っ  家根が下っ  ストストストストと下っ  都へ下っ  体温はすこし下っ  渦を捲きつつ垂れ下っ  後に長く垂れ下っ  今に下っ  前へ下っ  川面を下っ  川面にたれ下っ  川下へと下っ  流れを下っ  愛想をつかしながら、それでも少しはやに下っ  提灯がぶら下っ  眼尻がひどく下っ  眼尻の下っ  土俵を下っ  入口に下っ  唐紙をぴたりと閉めて下っ  幾つとなくぶる下っ  久兵衛、下っ  生命からがら山をかけ下っ  三方に下っ  レベルに下っ  金具だけがむなしくぶら下っ  眉毛の下っ  袂にぶら下っ  頸が下っ  時姫路まで下っ  江戸へ下っ  仙台まで下っ  町人になり下っ  二十間ばかり勢いよく馳せ下っ  一散に駆け下っ  大坂へ下っ  紅はつと坐を下っ  屋根からつららの下っ  金剛石がとうとう下っ  丘いっぱいに下っ  丘を下っ  河を下っ  江を下っ  こっちへ下っ  馳け下っ  任を負って下っ  さまにぶら下っ  岸へ下っ  眉が下っ  眉尻の下っ  鰌髭が上ったり下っ  営内靴で馳せ下っ  板壁に下っ  襤褸になって下っ  雪溪がながれ下っ  其を結び付けて垂れ下っ  まわりにぶら下っ  煤埃りが真黒く下っ  命令が下っ  四参謀は、下っ  四等国に下っ  勲章がぶら下っ  ハンドルにぶら下っ  腰にぶら下っ  関を下っ  五十尋近くも下っ  配給へひき下っ  十尺ほど下っ  坂道を下っ  二ポイントほど下っ  首から垂れ下っ  乙女が垂れ下っ  森が下っ  暗闇に垂れ下っ  訶和郎は垂れ下っ  上へ垂れ下っ  人間がぶら下っ  山東へ急ぎ下っ  山東へ下っ  勅使が下っ  うちから馳け下っ  江戸に下っ  口尻の下っ  小さな階段をコトコトと下っ  流を下っ  旗が下っ  婚姻を結ぶと聞いて、攻め下っ  運送が続々と下っ  刑刀は下っ  許都より急ぎ下っ  荊州へ下っ  モスクワからヴォルガ河を下っ  空は重苦しく垂れ下っ  流を沿うて下っ  四十露里ばかり下っ  ヴォルガを下っ  おでん支那そば、下っ  おろか、下っ  膝あたりまで垂れ下っ  あたりまでも生え下っ  綱にぶら下っ  頭上に吊り下っ  ますます薄暗く吊り下っ  二段だけ下っ  咽を舞い下っ  いるかと思えばもう下っ  果実が熟して下っ  侯爵とは共に下っ  鎖にぶら下っ  向にぶら下っ  天井からぶら下っ  許都からいそぎ下っ  呉へ下っ  抑えに下っ  水に従って下っ  坂を上ったり下っ  いくつかがぶら下っ  ものがぶら下っ  奴め、いかにもぶらりと下っ  棚にぶら下っ  棚からぶら下っ  目尻の下っ  太平洋測へ流れ下っ  非常にゆっくりと、流れ下っ  近江に下っ  越に下っ  川を下っ  退院のゆるしが下っ  三歩後へ下っ  前を下っ  もう一度後に下っ  まま山を下っ  先生は、じりじりと下っ  坂を一気に下っ  後に下っ  上からはしごが下っ  ものが下っ  ものが、ぶら下っ  どんどん山を下っ  揚子江を下っ  曹操自身が攻め下っ  湖南へ下っ  柴桑郡をさして下っ  厳命が下っ  花に舞い下っ  顔でやに下っ  あとへ下っ  伸剣が降り下っ  既決に下っ  估券は下っ  メリンス布が垂れ下っ  商牌が下っ  プラトンを、又下っ  烟突を下っ  板の下っ  手当が下っ  ツイツイと、上ったり下っ  大分低く下っ  呉に下っ  二三歩ツツと下っ  一枚ビラが下っ  百五十米突、と下っ  戦線から後方へ引き下っ  後方に下っ  勅を奉じて下っ  山上から駆け下っ  長江を下っ  大江を下っ  籠がぶら下っ  演壇を下っ  ボーイはかしこまって引き下っ  遑なく、下っ  軍令が下っ  呉へ攻め下っ  里に下っ  嶺から少し下っ  黒札の下っ  ッと下っ  あれはまア乱れて下っ  空から、ぶら下っ  急に鋭く下っ  争とか下っ  周囲に垂れ下っ  中ほどまで下っ  宙に下っ  われから攻め下っ  方向へ下っ  一軍をひきいて駈け下っ  加勢に下っ  から末席に下っ  京都らしくぶら下っ  三条の方へ下っ  小郷はすっかりやに下っ  水藩建白によって下っ  五条を少し下っ  斜面を下っ  それへまい下っ  勝手へ下っ  血がすっと下っ  ダラリと下っ  驚き後へ下っ  峠を下っ  東海道筋を下っ  から後へ下っ  静かに流れ下っ  くすぐるようにするすると流れ下っ  近代に下っ  筋肉は白く垂れ下っ  幕が下っ  頬をながれ下っ  株が下っ  相場が上っても下っ  おんぶするか、または、ぶら下っ  それから川岸を下っ  つばの下っ  腹が下っ  手で吊下っ  タラップを下っ  民族的大犯罪に喰い下っ  前にぶら下っ  入口に垂れ下っ  指先も最早すっかり痺れたらしく、次第に垂れ下っ  獣物にまで成り下っ  あちこちにぶら下っ  切れのぶら下っ  胃壁を刺して下っ  のがぶら下っ  ように、だらんと下っ  配当率がグッと下っ  シャンデリアが下っ  二箇もぶら下っ  室内にぶら下っ  二三歩後へ下っ  鞄にぶら下っ  頭は下っ  天井から氷柱が下っ  気味わるく下っ  気温はかなり下っ  気温が下っ  方へ垂れ下っ  階段を上ったり下っ  最大限にへり下っ  沢に下っ  可なり下っ  電車にぶら下っ  天井から二箇所にぶら下っ  台所へ下っ  びらびらの下っ  天から水汲瓢が下っ  のが下っ  ものと成り下っ  門に下っ  両端の下っ  枝に下っ  空一面に垂れ下っ  ちょっと後へ下っ  行儀よくぶら下っ  支柱からぶら下っ  壁からぶら下っ  四五匹、ぶらりと下っ  松戸から二里ばかり下っ  僕等両人に下っ  今年きりで下っ  それより下っ  両方にぶら下っ  首をくくってぶら下っ  南へ下っ  架空線がもつれ下っ  命令は下っ  南西へ下っ  団栗坂を下っ  町を下っ  所まで下っ  沢山に下っ  ところから南瓜の生り下っ  たくさんぶら下っ  柱から垂れ下っ  船で下っ  写生したりしつつゆるゆると下っ  マルクが下っ  動員令が下っ  お金が沢山下っ  嶺を伝わって下っ  襤褸の下っ  先にぶら下っ  金が下っ  実が下っ  何となく頭が下っ  剣が下っ  袋が下っ  船が上ったり下っ  島は、上ったり下っ  島は下っ  うちに下っ  号令が下っ  詔勅が下っ  ようにして、下っ  碓氷峠を下っ  東へさして下っ  民間に下っ  町であるカステルノーダリを下っ  ベジエールに下っ  脚がぶら下っ  東海道を下っ  受けをして引き下っ  紙テイプが吐き出され縺れ垂れ下っ  札が下っ  籾俵が吊下っ  折釘に下っ  ずぶ濡れで下っ  宙にぶら下っ  滝まで下っ  几帳が下っ  ところにぶら下っ  百メートルも下っ  グニャリと垂れ下っ  力まかせにぶら下っ  ブランとして垂れて下っ  スーっと垂れ下っ  確かに閊えて、そしてやがて、ごっとん、ごっとん、下っ  暗澹として低く垂れ下っ  六度くらいは下っ  細道を下っ  東へ下っ  江戸まで下っ  壁際へ下っ  腰紐が、ぶらんとぶら下っ  腰紐がぶら下っ  方向に下っ  ダラリと垂れ下っ  耳輪の下っ  通りに下っ  闇を下っ  ハワイまで下っ  ため長州へ下っ  動員指令が下っ  ままダラリと下っ  小夜子は黙って引き下っ  麓に下っ  ように舞い下っ  最初は降るともなく舞い下っ  一瀉千里で下っ  笹子峠を下っ  路を下っ  ゆっくりゆっくり上ったり下っ  ゆっくりゆっくり、上ったり下っ  真上に吊下っ  一時金が下っ  凡兆か、もしくはずっと下っ  僕自身あそこへ下っ  松江へ下っ  小屋根の下っ  三分の一ばかり下っ  蠅がぶら下っ  伊勢から東海道を下っ  物質的地盤に向って下っ  向うへ、ひき下っ  中を下っ  池から山を少し下っ  一里ほども下っ  兎糸が垂れ下っ  三里も下っ  確かに下っ  急に下っ  岸を下っ  中腹までも垂れ下っ  助は、やや下っ  甲州街道を下っ  東へ向って下っ  左右から流れ下っ  流れと共に下っ  非人になり下っ  鎖が下っ  鉄棒へぶら下っ  ここにぶら下っ  天井からダラリと下っ  風に下っ  そこから吊り下っ  静かに垂れ下っ  ひとりで下っ  なかから垂れ下っ  静かに下っ  げに垂れ下っ  底へ下っ  野暮にくい下っ  一里ばかりも下っ  曲り角近くまで下っ  三分の二くらいも下っ  馬を並べて下っ  三町ばかり下っ  下方へ下っ  辺まで下っ  一つとぶら下っ  吊革にぶら下っ  岸を上ってみたり、下っ  土手を下っ  道まで下っ  ところまで下っ  ゆらゆらと流れ下っ  谷に下っ  的の下っ  方だと、やに下っ  貨物列車にぶら下っ  眦が下っ  肩は丸く下っ  町が少し下っ  時に下っ  釣瓶が少しく下っ  ブラリと下っ  こそばゆいものが上ったり下っ  そのまま自室へ下っ  崖道を下っ  上からクルクルと舞い下っ  怪禽が、やや下っ  そばに下っ  しろに下っ  何羽も舞い下っ  出雲派あり、下っ  枝から人がぶら下っ  暖簾が下っ  軒下に下っ  両手がだらりと下っ  向うを向いて、だらだらと下っ  坂を、ひとり下っ  方へ流れ下っ  小僧奉公に下っ  馬車なりが下っ  工合に下っ  電燈が吊下っ  天井からたれ下っ  提燈が下っ  階を下っ  栓抜き瓢箪がぶら下っ  集議へ下っ  公命が下っ  近江から連れ下っ  水煙を立てて漕ぎ下っ  令が下っ  そうに吊下っ  三十七度近くに下っ  山道を下っ  北国街道に沿うて少し下っ  鎌倉へ連れ下っ  安芸へ下っ  後方へ下っ  地底へ下っ  何本も下っ  機会がぶら下っ  ここまで下っ  百米も下っ  此急斜面を下っ  奥州に下っ  ラボール港まで下っ  川にそって上ったり下っ  ロープへぶら下っ  眼ぶたは下っ  ロープに下っ  眉はぴくぴくと上ったり下っ  崖を下っ  一息に走せ下っ  一尺ずつ下っ  間を下っ  城を下っ  獄に下っ  戸口にぶら下っ  窓に垂れ下っ  下まで下っ  まん中からぶら下っ  人と話しながら、思わずぶらりと下っ  五六寸あまりもぶら下っ  藩に下っ  とりに下っ  地へ下っ  鯉など、なお一層下っ  地上に下っ  悠々として舞い下っ  向うへ下っ  あれより下っ  それに少し下っ  水戸へ下っ  柔和な、へり下っ  鎌倉へ下っ  譴責をうけて下っ  身を預かり下っ  窓掛けが垂れ下っ  一人は吊下っ  間に挟まって下っ  間へぶら下っ  紐へ吊下っ  重次郎さんが下っ  前橋から高崎まで下っ  髪の毛エ搦み附いて、吊下っ  上に低く垂れ下っ  勝手に下っ  あかりがせわしくのぼったり下っ  使い役が下っ  麓へ下っ  将でも下っ  松本平に向って下っ  高い石段を下っ  松明にうつして下っ  二度目に下っ  三条縄手を下っ  一つ山ですから、上って下っ  手が見るみる下っ  端が垂れ下っ  塗札の下っ  夜が深く垂れ下っ  眼尻が下っ  釘にぶら下っ  左手はぶらんと下っ  受けとりに下っ  谷間へ馳せ下っ  湖に沿うて上ったり下っ  海道を下っ  憂欝気にたれ下っ  七度五分以下に下っ  奥州へ下っ  下には下っ  近所に長く住んでいて、下っ  気乗りのしないので、強いて下っ  富士川を下っ  責任感から峠を走せ下っ  お山を下っ  ような下っ  持ち場にしている下っ  相州へ下っ  七は更に下っ  秘密に働いている下っ  重大事件であるから、下っ  多吉はとかく下っ  関東へ下っ  尾張黒田から東山道をとって下っ  義貞をはげましに下っ  薩摩へ下っ  九州へ下っ  陸続として下っ  一礼をして下っ  額にぶら下っ  方へ、下っ  測距儀に喰い下っ  偵察機が、低く舞い下っ  目懸けて、いよいよ低く舞い下っ  北の方から、しずしずと下っ  道へ馳せ下っ  斜に下っ  緩やかに上ったり下っ  一方から舞い下っ  ことには、下っ  職人は下っ  源次は下っ  先刻から木からぶら下っ  相場が上がったとか、下っ  中に舞い下っ  空中から舞い下っ  地球に舞い下っ  下りに下っ  夕待顔にだらりと下っ  凝り血がぶら下っ  水を含んでだらりと下っ  梁にぶら下っ  豊後水道を上ったり下っ  鉄火者なのに引きかえて、この下っ  そとへ吊り下っ  それでぶら下っ  いま外にぶら下っ  そこに垂れ下っ  宙に垂れ下っ  美野さんが吊る下っ  軒下にぶら下っ  舟で下っ  とある山蔭を下っ  絶壁を伝って通して下っ  むやみに上ったり、下っ  電圧が下っ  上り、また下っ  其直後九州へ下っ  今夜はずうっと下っ  床を下っ  谷底へ下っ  綸旨が下っ  糸が下っ  逆さまにぶら下っ  一番下に垂れ下っ  トントンと下っ  機関車はあえぎつつ、ジリジリと下っ  逆にぶら下っ  路が下っ  非常に下っ  方で、舞い下っ  道中の話しや、これから下っ  前後して下っ  蜘がぶら下っ  脳天から振下っ  尾根を下っ  側うて下っ  ように流れ下っ  温度が下っ  大馬鹿女になり下っ  羊角して飛び下っ  飛び下り、低く飛び下っ  人里に下っ  急に舞い下っ  一同はそのまま引き下っ  価値が下っ  鴨居が下っ  京都に下っ  上まで垂れ下っ  時胸に下っ  何百となくぶら下っ  力を失って垂れ下っ  壁に垂れ下っ  とある谷を下っ  唯々諾々として引き下っ  窓一ぱいに黒く垂れ下っ  周囲を舞い上ったり、舞い下っ  電燈とが下っ  電燈の下っ  番数が下っ  股引きなどがぶら下っ  半纏股引とがぶら下っ  幾艘となく下っ  怪人はすかさず飛び下っ  ように浅く流れ下っ  房になって下っ  ルイザはいかにへり下っ  枝下から、ある程度まで舞い下っ  前へ、下っ  落し穴が、下っ  見返り見返り山を下っ  眼尻が上ったり下っ  播磨へ下っ  雪渓を少し下っ  さに垂れ下っ  長次郎谷を下っ  勢で下っ  此雪渓を下っ  カンジキを穿いて下っ  先に下っ  之を下っ  稍や下っ  左岸を下っ  川に下っ  真直ぐに下っ  小黒部谷を下っ  出動命令が下っ  五分芯ランプが下っ  別室へ下っ  腹をすべって垂れ下っ  音が下っ  壇を下っ  垂直に下っ  高田は垂れ下っ  人間は下っ  刎ねた頬髯が、ぐったりと下っ  軒から氷柱が下っ  きみが嬉しがる、ぐっとつかえが下っ  風船にでも乗って下っ  河原町四条を下っ  川下へ下っ  庭を下っ  品が下っ  川にそって下っ  ぼくはすっかりやに下っ  天井が下っ  玉へぶら下っ  天井から薬玉が下っ  美くしく下っ  げに語りながら下っ  瞬間で、よく見るとだらりと垂れ下っ  野郎は何と見て、こんなに、上ったり下っ  春照へ下っ  複雑から簡単へと次第に下っ  数歩背後へ下っ  金であり、ずっと下っ  介は下っ  後へと引き下っ  水準が下っ  頭がひとりでに下っ  浩の思っていたよりも、もう一層下っ  三寸ほど下っ  手が、下っ  伊勢へ下っ  ところに下っ  日からすぐに下っ  二人とも遜り下っ  頭を上げられいと、遜り下っ  下流に下っ  仰せが下っ  任地へ下っ  声涙共に下っ  沿岸を下っ  血がグッと下っ  不思議にグッと下っ  娘はぶら下っ  窓から丘を下っ  しかし、下っ  手前まで下っ  当時より下っ  稜からすこし下っ  平ヶ岳を下っ  出合に下っ  室に下っ  下に垂れ下っ  北国街道を下っ  海岸へと下っ  ボクは下っ  下に下っ  供をして下っ  坂本へ下っ  河身に下っ  河原へ下っ  好い加減に下っ  夫より下っ  信州側に下っ  ただ上ったり下っ  それにぶら下っ  鐙にぶら下っ  索にぶら下っ  枝を掴んでぶら下っ  出洲をかなりずっと下っ  釜から流れ下っ  ことで下っ  出洲を下っ  側を下っ  斜桁上外端にぶら下っ  水中に垂れ下っ  ぐうっと高まってはまた砕けずに下っ  あちこちへ、上ったり下っ  うねり波を越えて下っ  煽り返されて、だらりとぶら下っ  周囲にぶら下っ  半分くらい下っ  割目を流れ下っ  頸にぶら下っ  胸に垂れ下っ  幾つも下っ  手にぶら下っ  生い立ちにを見に下っ  通り村里へ下っ  天井から垂れ下っ  喉を下っ  峠路へ下っ  後ろへ下っ  上糸目にすれば下っ  通り八本プラリブラリとぶら下っ  上からぶら下っ  上り、まい下っ  路は次第に下っ  花が垂れ下っ  中腹からしだいに下っ  福井へ下っ  上座として、一段下っ  宿へ下っ  女に似て垂れ下っ  前に低く下っ  胴切りが下っ  売物になってぶらりと下っ  鳥屋に下っ  肩からぶら下っ  耳輪を、ぶら下っ  階段を駈け下っ  隣室に下っ  上から垂れ下っ  顔が、重くぐったりと下っ  母へ下っ  日まで下っ  杉は下っ  それらの廻りながら垂れ下っ  欄干からぶら下っ  壁にぶらりと下っ  笠などの下っ  今頃かけじにでもなってぶら下っ  八本ぶら下っ  店頭にぶら下っ  救護室へ下っ  坑夫達が、突然下っ  ように折れ曲り、上ったり下っ  黙示でも下っ  あした学校を下っ  関東に下っ  爪先が上ったり下っ  雪田を下っ  向い気味で、やや下っ  直線に下っ  尾鷲へ下っ  川峠を下っ  歯ブラシとがぶら下っ  山腹に下っ  ラインランドを下っ  房の下っ  標語のかげにかくれて、やに下っ  馬より下っ  ようにどんよりと曇って、低くたれ下っ  鳶すなわち飛び下っ  椅子を下っ  東国に走せ下っ  東国まで遥々とさまよい下っ  川を上ったり下っ  皮革が垂れ下っ  それから天女が舞い下っ  面上に下っ  土地に残っていたが、ずっと下っ  頻々と下っ  青桐がめっきり見すぼらしくなり下っ  だれの下っ  のれんの下っ  里へ下っ  切り明け道を下っ  あずまへ流れ下っ  自分にあまえてぶら下っ  髪の毛が垂れ下っ  竿にぶら下っ  方へと下っ  総が下っ  一時に下っ  るいおしりが下っ  藤兵衛スルスルスルスルと下っ  陸奥へ下っ  鬼界ヶ島へ下っ  北へと下っ  魂が下っ  値打ちが下っ  芦峅に下っ  摺鉢窪へ下っ  翌朝午前十時飯島へ下っ  立山を下っ  東方へ下っ  村へ下っ  愉快に下っ  別れを惜しみながら下っ  ところが下っ  谷へ下っ  黒部川を下っ  小黒部を下っ  姫川を下っ  ここから少し下っ  左側を下っ  大聖寺平へ下っ  谷へ素早く下っ  東山稜を下っ  ガレを一気に下っ  急行で下っ  ところを下っ  お花畑を一気に下っ  中を一気に下っ  上高地へ下っ  安心して下っ  池へ下っ  小屋へ下っ  鹿島槍を下っ  川へ下っ  大急ぎで下っ  念を下っ  槍を下っ  カンバへ下っ  扇ノ山を下っ  ズーと下っ  附近まで下っ  大急ぎでまた下っ  藤橋から少し下っ  まま本沢温泉へ下っ  シールをつけて下っ  頂上を極めて下っ  お辞儀をして下っ  のを、まっすぐ下っ  ように見えたが、下っ  二日前に下っ  加減に下っ  東側を下っ  零下二十一度にも下っ  たよりに下っ  零下七度まで下っ  V組の下っ  住友組の下っ  小代谷へ下っ  小代村へ下っ  まり苦しいので、歩いて下っ  コルへ下っ  元気で下っ  菅原から六キロほど下っ  これを下っ  登り尾根を下っ  西へ下っ  九五〇メートルくらいまで下っ  吉川へ下っ  コシキ岩まで下っ  西尾根を下っ  落折へ下っ  若桜へ下っ  別離を惜しみながら、ぶらぶらと下っ  海上に下っ  小屋からブナ立尾根を下っ  岳川へと下っ  足探りで下っ  ブナ林を下っ  越を下っ  一九五一・五メートルへ下っ  光をたよって下っ  それを下っ  雲はすぐ下っ  雲は下っ  雲を下っ  電車の下っ  ようにして、ぶら下っ  うえに下っ  吸ついてぶらりと下っ  釣し下っ  眦の下っ  木を上ったり、下っ  青珠の下っ  傾斜を下っ  あたりにぶら下っ  プーはいよいよ低く下っ  斜めになって舞い下っ  ようであったが、だんだんと舞い下っ  廻転窓にぶら下っ  ウンと下っ  乞食になり下っ  けが壁にぶら下っ  上半分だけが残ってぶら下っ  胸に下っ  へんにぶら下っ  客種も下っ  肩つきまで下っ  烏、さらに下っ  階段を、駈け下っ  煙突にぶら下っ  坂道を登ったり下っ  いちばん下まで下っ  向こうをだらだらと下っ  二本棒の下っ  復た下っ  時でも、上ったり下っ  ネームがぶら下っ  一緒に垂れ下っ  岩を下っ  手をついて下っ  九州に下っ  頂上が下っ  林町へ下っ  木に下っ  そのまま蝙蝠式にぶら下っ  奴とまで成り下っ  京浜国道を下っ  いつまで待っても、だらりと下っ  四五メートルも下っ  さまになってぶら下っ  そのまま、ぶら下っ  さまに下っ  女郎蜘蛛が下っ  枝へかかって下っ  ビラが下っ  のも下っ  先へぶら下っ  中途に下っ  ものが、まい下っ  自由に上ったり、下っ  ロープがゆれながら、まい下っ  方にぶら下っ  なにも下っ  気温がぐんぐん下っ  ぼろが下っ  錠前がぶら下っ  前にたれ下っ  ヘリコプターがまい下っ  あと四時間ばかり下っ  型で下っ  鈴なりにぶら下っ  何れもしっとりと垂れ下っ  形なりにぶら下っ  重々とこの吊り下っ  いずれもぶら下っ  幽かに光らして下っ  横手は一段下っ  危くぶら下っ  峡谷をおどりながら下っ  そのまま、下っ  それからやや下っ  中流をながれ下っ  戒厳令が下っ  縄梯子がぶらりと下っ  院宣が下っ  北の方となって下っ  ぞくぞくするほど下っ  一行は下っ  そこから南に下っ  イシカリ川を一気にかけ下っ  坂路を下っ  大川を下っ  方は何故かへり下っ  運転手にまで成り下っ  小径を下っ  皇帝に喰い下っ  それからだらしなく下っ  地獄へまでも喰い下っ  天井にぶら下っ  掛札が下っ  つららの下っ  手すりにぶら下っ  方々に上ったり下っ  それに従って下っ  さを覚えながら、下っ  筑紫へ下っ  四条まで下っ  二三町、下るともなく下っ  死神にとっ憑かれて、ぶら下っ  一面、下っ  燗部屋に下っ  卓子、高くなく下っ  骨盤まで下っ  北洋から太平洋岸に沿って下っ  合流点あたりまで下っ  武州妻沼橋あたりまで下っ  九階から順に下っ  こっちに見せて、下っ  背後よりも少し下っ  のれんが垂れ下っ  かたわらを上ったり下っ  ッドから垂れ下っ  互いちがいに下っ  流れがやや濁って馳せ下っ  みんな波に揺られて上ったり下っ  累々とぶら下っ  袖垣に下っ  北へ下っ  頭が下っ  上まで下っ  ように吊り下っ  一峰を超え、やや下っ  岩角を上ったり、下っ  峰伝いに下っ  足早に下っ  木と共に下っ  青柳へ下っ  憐れっぽく下っ  東京湾に向って下っ  退去命令が下っ  零下百二十度にも下っ  小枝が垂れ下っ  みのえはだらだらと下っ  表現であり、更に下っ  襟巻がだらりと垂れ下っ  女形として下っ  方向にすこし下っ  一町程下っ  却って女学校、下っ  例のぶら下っ  峡を下っ  五百円に下っ  雪渓へと下っ  西黒沢へと下っ  尻川を下っ  渓流魚を探りながら下っ  釣革にぶら下っ  前髪の下っ  一羽舞い下っ  大命が下っ  ずんずん川を下っ  茎から幾つも下っ  羽を互いに傾けつつ下っ  一滴もないので、下っ  機械論にまでなり下っ  高い石段を上ったり下っ  運転手にまでなり下っ  海峡を下っ  両端に下っ  カンカンになって引き下っ  命令の下っ  舷梯を下っ  ために下っ  宣告はもう下っ  方へ馳せ下っ  身の上に成り下っ  引や下っ  断崖で、下っ  店先に下っ  皮もだらりとしなび下っ  手答えなしに流れ下っ  賞金が下っ  様に下っ  みんな台所へ引き下っ  ぼろ類がぶら下っ  なめらかに垂れ下っ  親切でへり下っ  ゆるやかに下っ  昨日向こう岸から見て下っ  ところ一円ばかり下っ  七度台に下っ  足早にかけ下っ  径を下っ  弾圧が下っ  後毛が下っ  音程の下っ  空から舞い下っ  尻尾が垂れ下っ  直ぐに引き下っ  そこにぶら下っ  浜町河岸まで下っ  翌朝千住から船で下っ  沢が下っ  あすこを下っ  納得して引き下っ  藁沓が下っ  別に技が下っ  房州と下っ  一番後に下っ  一町ばかり引き下っ  山の神里に下っ  海に下っ  男の下っ  側を次第に下っ  金モールがぶら下っ  其流れについて下っ  唐がらしが下っ  けが、ぶら下っ  蜘蛛の巣が下っ  茎を上ったり下っ  山までが上ったり、下っ  娘なんぞよりは、無論一層下っ  プレートが下っ  ものが振下っ  道も上ったり下っ  上に舞い下っ  段梯子を下っ  眼玉は繁りに繁って垂れ下っ  彼は垂れ下っ  伏見から大坂へ下っ  から鈴鹿峠を下っ  既成品のぶら下っ  一両に下っ  ソロソロと下っ  極楽水へと下っ  広告がぶら下っ  あとから道を下っ  都から連歌師が下っ  それから峠を下っ  臣籍に下っ  今朝から熱が下っ  真中へ垂れ下っ  突端に掴まって、揺れ上ったり、揺れ下っ  山みちを下っ  どこからか舞い下っ  一つ上から大股に下っ  豊前へ下っ  目標となったり、下っ  吊り革にぶら下っ  複雑化してやに下っ  落伍者となって、成り下っ  何か下っ  源流が下っ  渓底を駆け下っ  緊へずれ下っ  紐が、ぶら下っ  廂へ下っ  三十八度に下った、下っ  グーッと下っ  谷間に下っ  自分達が下っ  彼等が下っ  半身を駈下っ  足を吊されて伸び伸びと、ぶら下っ  筑後川を下っ  武蔵国へ馳せ下っ  敦賀へ下っ  浪花へ下っ  敦賀に下っ  雑樹へ下っ  眉毛まで情なく濡れ下っ  流川通を下っ  円筒内を下っ  途中にぶら下っ  ように摺れ下っ  和尚に聞かして下っ  帳場へ持って下っ  点まで下っ  質は下っ  石段を下っ  肩へ吊り下っ  坂を上って下っ  奉勅命令が下っ  旗がぶら下っ  黒塀について、上ったり、下っ  地下道を下っ  囚人に成り下っ  リーマン博士に喰い下っ  宙に浮いてだらりと下っ  そこにぶらりと下っ  死体が下っ  眼を離すとまた下っ  人の下っ  一条たらりと下っ  さっきから垂れ下っ  急所をついて食い下っ  鎌倉に下っ  二人ははせ下っ  方が、下っ  徳川時代のやや下っ  輩に下っ  ぬれ乍ら外につら下っ  恒雪線にそい、あるいはすこし下っ  温度はじりじりと下っ  覗き穴を下っ  男になり下っ  音を立てて、流れ下っ  いくつも流れ下っ  口髭さえ一層だらりと下っ  背をすべり下っ  斜面をすべり下っ  ものに成り下っ  ヒモがぶら下っ  振子にぶら下っ  天罰が下っ  天罰の下っ  勅旨が下っ  方から下っ  京都から毎年きまりで下っ  ホッペタにぶら下っ  ただ重苦しく垂れ下っ  桟橋を下っ  錠がぶら下っ  そうに下っ  懐に抱いて下っ  東京方面から木曾路を下っ  討幕の密勅も下っ  鳥羽街道を下っ  一杯ぶら下っ  類から、更に下っ  館へ下っ  目前へぶら下っ  京都から金剛謹之介氏が下っ  床几を下っ  一直線を描いて、上っても下っ  京都から登って来たり下っ  一つずつ下っ  覿面に下っ  気位からして下っ  相場は下っ  相場が下っ  舗道を下っ  本町通を下っ  水が流れ下っ  自ら語ってくれるとやに下っ  奥にふかく垂れ下っ  恫喝が下っ  一所に、沈んで下っ  蝙蝠傘がぶら下っ  地へ摺れて下っ  下屋敷まで下っ  坂を少し下っ  絵がぶら下っ  手をさしのばして垂れ下っ  近くまで下っ  小梅へ下っ  男部屋へ引き下っ  方から次第に下っ  腹を下っ  タラタラと流れ下っ  上方から江戸へ下っ  祭壇、やや下っ  カーテンの下っ  小径を再び下っ  向うへ舞い下っ  池へ垂れ下っ  炉間にぶら下っ  南瓜のぶらりと下っ  人人が喰い下っ  間を、上ったり下っ  ため貧農になり下っ  農家に下っ  唇がでれりと下っ  不相応に延び下っ  酸が下っ  災厄の降り下っ  一隻音もなく揺れ下っ  舷側に吊り下っ  半ばまで下っ  透視室へと下っ  そのまま階段を下っ  市中へ下っ  渓を下っ  永代と下っ  簾の下っ  ずくともなく下っ  江戸に走せ下っ  江府へ下っ  四月中江戸に下っ  安兵衛とともに下っ  それから次の間へ下っ  正札で下っ  太守自身堂より下っ  神燈が下っ  圓馬、下っ  菅氏にしつこく、くい下っ  それに乗って下っ  その男をのせて下っ  浜へ下っ  意味になり下っ  摂津国へ下っ  徳川時代もやや下っ  安治川口まで下っ  髪の毛が下っ  縁側を通って、一段下っ  家老が下っ  小姓が持ち下っ  これも持ち下っ  小姓は直に下っ  膳部が下っ  ものは、御次ぎへ持ち下っ  命が下っ  勅が下っ  牛を追い立てつつ下っ  木曾川を下っ  それから大阪へ下っ  三津浜へ下っ  上にも下っ  職に喰い下っ  真上に垂れ下っ  近くへ下っ  城砦があり、下っ  胆を冷やし、下っ  数百米も下っ  六もぶらりと下っ  ものはぶらりと下っ  早め裾野をさして下っ  裾野から世に下っ  向こうへ下っ  船はゆるゆると流れ下っ  下へと下っ  下何寸かに垂れ下っ  以前からぶら下っ  屋根からぶら下っ  帯がぶら下っ  端がだらだらとぶら下っ  あげくだらんと下っ  うちが下っ  坊になり下っ  水平線が、上ったり下っ  腰に下っ  十円に下っ  ようにして下っ  丘陵を駈け下っ  丘をかけ下っ  胆玉は上がったり下っ  だんだん下に下っ  能率が下っ  スダレの下っ  生産が下っ  舟が上ったり下っ  物は下っ  今日夏ブトンはまだ下っ  紙がぶら下っ  ように上ったり下っ  端に吊り下っ  価が下っ  レベルは下っ  質の下っ  払子が下っ  大小長短幾つもの垂氷の下っ  御殿を下っ  提灯が下っ  愛から獣に成り下っ  可愛いでしょうね、相当上ったり下っ  体温が下っ  兇器が下っ  閾の下っ  水面が下っ  灯が入って下っ  兜率天から劫火が下っ  赤色妄執火が下っ  堀留川を下っ  頭をかきながら引き下っ  実用的大阪になり下っ  のだらんと下っ  丘を馳せ下っ  そこから龕が下っ  上へ尚一層、落ち下っ  人里へ下っ  小山を馳せ下っ  谷底を目掛けて馳せ下っ  武士が馳せ下っ  遠く奥州方面へ向って下っ  山を駈け下っ  特等を下っ  姿が下っ  梯子段を下っ  京都から大坂へ下っ  いつかダラリと下っ  部下として、下っ  男がぶら下っ  梓山に下っ  間渓流に下っ  行者が下っ  目当に下っ  六町と思うほど下っ  三町も下っ  二十町も下っ  一町も下っ  其儘沢に沿うて下っ  山稜を下っ  岩峰を下っ  暑い暑いと言いながら、下っ  ことも下っ  二町も下っ  真すぐ下っ  渓に沿うて下っ  それから北へ下っ  線と共にぶら下っ  地下に下っ  渚へ下っ  渚に下っ  自ら東国へ下っ  方へ攻め下っ  逆落しに下っ  狩野探幽などがあり、なおずっと下っ  もっと時代の下っ  戦で下っ  それを少し漕ぎ下っ  雑用人として、一段と下っ  翼に舞ったり下っ  右に迂廻して少しずつではあるが、しだいに下っ  道に下っ  東に向って少し下っ  西に下っ  運命のごとく下っ  宙に吊り下っ  頭に下っ  草山を逃げ下っ  そこへ下っ  上へ舞い下っ  征伐に下っ  中国一円を切り従えるべく攻め下っ  肩の撫で下っ  炭焼にまでなり下っ  勤労者壁新聞は、いつもぶら下っ  寒暖計が下っ  原画では垂れ下っ  ように飛び下っ  わきに下っ  上意が下っ  職人が下っ  灰色の雲は低く低くたれ下っ  そこに下っ  ように降り下っ  閾から一寸程下っ  動力線に吊り下っ  眼につくほど下っ  機械がほんの少しばかり下っ  看板が下っ  幕が垂れ下っ  はらわたがぶら下っ  臓物がぶら下っ  尖端にぶら下っ  胸部が、ぶら下っ  不可解に垂れ下っ  錦川を棹さして下っ  東に下っ  東にも下っ  常陸へ下っ  伊勢に下っ  上から曲折して下っ  正面奥に下っ  値がうんと下っ  みんな今度は下っ  熱もずっと下っ  間に垂れ下っ  糸瓜なども下っ  三歩後に下っ  居候に成り下っ  滑るように下っ  の尖ばかりが、ぶらぶらと下っ  ずるりと出すと、ぶらりと下っ  トマス・モア、下っ  スモレット、なお下っ  舷側に垂れ下っ  ようにたれ下っ  



前後の言葉をピックアップ
くだせれ  降そ  くだそ  下そ  くだっ  管鍼  国玉  下松  果物  くだもの


動詞をランダムでピックアップ
否み抜からほころん折重なっじみ垂れん込み入っ任じる決れいたっふっ切れ選びだす消えろ見合わはきかえるかきまわす思え称せよ居残明かし
形容詞をランダムでピックアップ
まずくっ卑しいねばくわしきえがたき物物しく腹立たし生じろさとう大きけれ疚しき浅ましかっ生易しくよきみよちいさけれ息苦しく長かっしらじらし