「上向け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 上向け[動詞]
頂点を上向け  顎を上向け  顔を上向け  それに上向け  滝野は上向け  荒武者は上向け  頤を上向け  寝台に上向け  顔を少し上向け  触手を上向け  上にも置かないでやはり上向け  先を上向け  寺田はもう上向け  蹄を上向け  儘私は上向け  瓜実顔を上向け  顔をきっと上向け  眼を上向け  鼻を上向け  判断は上向け  徐ろに上向け  月光に上向け  ほうからカメラを上向け  両手を上向け  眼玉をじろりと上向け  五本の指の尖を上向け  甲を上向け  真中に上向け  



前後の言葉をピックアップ
上見  上向い  上向  上向き  上向き  上目  上目使い  上目遣い  上家  上谷


動詞をランダムでピックアップ
取りあい浮べよおびき出そ差違える参らせなお締め殺そよじ登ろ蹴落さ実れ際だっねらうたのめるえぐれ上げる接ぐとりいるもぎるつまずく悖ら
形容詞をランダムでピックアップ
つつましきあくどくかっ善けれていたく執念深寒し狭くわりなし手ごわくふがいないまるっこい目ざとい細長い賢くっなつかしいものたりな良くっ不味い近かろ