「三越」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

三越[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
三越へ電話で頼んで  三越で買い物をした  三越にいった  三越の二階を歩いてゐた  三越に出かける  三越の中をあるいて  三越へ行って見る  三越よりも数等劣って居る  三越から送らせる  三越の菓子のことをききがてら行く  三越に行き  三越に行く  三越の建物の横手に見える  三越の廣告の女は壁の上から黒い瞳を投げて居た  三越へ買いに行った  三越が田舎者を相手にする  三越のある  三越の新館を見に出かけた  三越の常務をしている  三越の角まで駆けて行き  三越へ行く  三越や魚河岸は肉体の丸善であると言っても  三越の玄関の両側にある  三越に行った  三越の商品のおもなる  三越へ来て  三越などで見かける  三越の四階に食堂がある  三越のような家では犬や猿や小鳥の生きた  三越でも猫や小猿やカナリヤを販売したら  三越というものの観念に一つの新しい道徳的な隈取りを与えはしまいか  三越に大概な物はあるが  三越にある  三越へ回って帰る  三越で受けた  三越だとかいうものが世にもつまらない無用の長物だという気がする  三越の向側にいつでも昼席の看板がかかっていて  三越や又浅草あたりに行く  三越で何百円とする  三越や松坂屋から買つたものが最上の物の様に考へてゐて  三越などから求める  三越にはいって  三越の舞台へ登場した  三越かどこかの大きい呉服屋にたのんで  三越に出かけた  三越へ行った  三越に参りまして  三越へ行って  三越へ出掛けると  三越の建物を見ながら  三越を見てまわった  三越に食事に行こうとして  三越の方を見ると  三越がゆれて居る  三越の窓を見ると  三越のところから楠公前は目前に迫っているという  三越の様な処で買ってみたが  三越の二階で羽織を一枚染める  三越や伊勢丹の姿も現われるとの  三越にも松屋にも行きました  三越が十倍の三十五万円で買い受け  三越が新宿に進出し  三越という大きな鳥が出現して  三越の仕入れを買ってみて  三越の文具部にある  三越のすぐ隣にある  三越の横から吉本ショウのほうへ曲って  三越の玩具部に売っていた  三越へ入った  三越へ行ったら  三越で陶工の作業を見た  三越にはいり  三越の意匠部に勤めておいでなすったから  三越の方も大正五年頃に御引きになって  三越と改称して  三越に入っておられたか  三越だのと云い出した  三越でこさえた  三越のところから地下鉄に乗って  三越で売る  三越の屋上庭園に大豆畑でも出来たほどに  三越から大きな箱が届きました  三越へ行くわ  三越の前で陽子は兄に別れ  三越を出た  三越の店員に慥かに渡したと思っていた  三越から何とか云って来やしないだろうか  三越にしても  三越から何とか云ッて来たら  三越に電話で問い合せてみたが  三越のダイヤなんかに手をつけやしません  三越の指導を受け  三越の三彩会とかへ行くが  三越へそう云って  三越の展覧会でごらんなさい  三越の裁縫部へ出ませうか  三越の分店や日本橋の松屋の臨時売場などが出来たが  三越の飾り窓と選ぶ  三越が一番早く正札販売法を採用致しまして  三越とかの近所へ行く  三越とかそういった所の店員らしい彼女が出かけ  三越のお玄関で卒倒なすった  三越の玄関で引っくり返らしたりなんかして  三越では四時ごろに焼けないと  三越の食堂ガールがつけている  三越から届けさせた  三越へカーテンを買ってやりにゆく  三越で女の振袖を買っている  三越のウインドウにある  三越や三井銀行のある  三越へまわり  三越へまわって  三越の横を走っていたので  三越で見つけた  三越にまわって  三越へ注文したらことわって来ました  三越の建物を眩しそうに見上げながら  三越で自分が買ってやった  三越ですっかり包装させて送ります  三越はまだあの松坂屋の三倍もある  三越の角のところを写した  三越とか松坂屋の包紙が沢山あるだろう  三越のところまで乗り  三越へ降りた  三越なんか売っている  三越で催した  三越に寄った  三越を出  三越で自動車をのりすててから  三越へ註文して  

~ 三越[名詞]1
日本橋の三越に  一人を残して三越に  感じは三越よりも  時計を三越から  自分も三越の  午後から三越に  私は三越に  こちらの三越の  僕が三越へ  今の三越の  夜鶯と三越の  供給しているならば三越や  一度も三越に  ロンドンの三越の  おとなに対しても三越という  自分は三越へ  丸善から三越へ  丸善だとか三越  銀座や三越や  人は三越や  反物を三越などから  下山さんが三越には  保と三越に  風に吹かれて三越の  保と三越へ  外形ばかり残った三越の  三人で三越に  昼で三越に  真中にかたまって三越の  子供をつれて三越の  元町を行き過ぎてしまうと三越の  パリの三越の  荊妻と三越にも  昭和六年に三越が  意味において三越の  それは三越の  戸には三越の  ひとすじは三越の  九月初め日本橋の三越の  銀座の三越へ  三井呉服店が三越と  帝劇だの三越  私は三越で  日本橋の三越の  袋に入れて三越で  母などは三越の  程もなく三越から  悄然と三越を  女は三越の  本を三越の  三人で三越へ  震災直後に三越の  信念も三越の  日本では三越が  これを三越の  白木屋とか三越とかの  式は三越の  紐にまきつけた三越からの  丸ビルとか三越とか  奥さんが三越の  奥さんを三越の  久美子夫人の三越の  登庁せずに三越へ  きのうはくたびれていたが三越へ  旦那様が三越で  ここが三越  日本銀行や三越や  ところに在る三越の  そちらから三越へ  室町の三越の  場所もあろうに三越の  それから三越に  照付けられた三越の  これも三越で  海軍館と三越とを  そこに三越とか  きのうは三越へ  小杉さんが相次ぐ三越で  本町通りの三越に  一通り見終ってから三越を  午前九時すぎ下山総裁が三越で  靴を三越へ  

~ 三越[名詞]2
低く三越  あの三越  ふと三越  いわば三越  時々三越  この三越  はじめて三越  さらに三越  已に三越  これから三越  直ぐ三越  ついに三越  

複合名詞
先頃三越  三越呉服店  三越前  三越支店  同氏帰朝後三越  こないだ三越  三越行  午後三越  三越タイムス  先程三越  三越あたり  数年前三越  三越裏  三越的  幾回三越  その後三越  三越陳列所  三越劇場  三越等  同年八月十九日三越本店式場  せんだって三越  現今三越呉服店  午後室町三越前  すべて三越  三越支店開設当時  いつか三越  今日三越  三井三越  デパート三越  三越まがい  こんど三越  三越デパートメント  三越唱歌隊  三越陳列場  三越楼上  謝礼三拾円三越切手  三越楼上素人写真展覧会開催  三越楼上素人写真会閉会  三越日本画展  三越四階西館  三越日本画  三越の  大阪三越  夜三越  途中三越  きょう三越  この間三越  先年三越  DefenceofFrance三越  三越意匠部  今度三越  昨日三越  



前後の言葉をピックアップ
美津子  みつこ  満子  充子  滿子  三つ子  貢ご  三子  三津五郎  満貞


動詞をランダムでピックアップ
締め出しおりんいそぎ入れ直し睨んむかつか押し迫ら春めか浴びる過ぎ行く処す鳴り響き持ち越せるくりゃる学ぶ語りあわ暴い往い付き合いぶんなげ
形容詞をランダムでピックアップ
少くっ若くっ薄寒いするど危なげな善かろ気近し大きかろみよ温かい金臭いほど近目出度しねたばからしきあましバカバカしく角々しバタくさかっやむない