「ヒラメ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

ヒラメ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ひらめのように下ぶくれした  ヒラメの鰭肉を落して  ひらめにどう値するか  ひらめといふ字を知つてゐますか  ひらめやかれいに附き  ひらめを四角な字で書くと  ひらめから三萬兩手繰り出す  ヒラメに似ているというので  ヒラメと呼び  ヒラメの家の電話番号を捜し  ヒラメに電話して  ヒラメは人が変った  ヒラメが来る  ヒラメのところにひそかに送られて来ている  ヒラメはその店のガラクタにたよって  ヒラメの家では食事はいつもその小僧がつくり  ヒラメは思わぬ  ヒラメと小僧の蔑視の中に身を横たえ  ヒラメを追いかけて  ヒラメのいやに用心深く持って廻った  ヒラメの家から逃げました  ヒラメの家を出ました  ヒラメに説教せられた  ヒラメの言うとおり  ヒラメの家のやっかいになっている  ヒラメから月々援助せられる  ヒラメの家を出た  ヒラメに安心させて置きたくて  ヒラメにショックを与え  ヒラメの家を出て  ヒラメの話の聞き手になっている  ヒラメが大声を挙げて笑い  ヒラメの家から逃げ出した  ヒラメのそんなもったい振った  ヒラメに向って申し上げた  ヒラメを連れて  ひらめの洗いづくりもやられない  ヒラメのようなジイサンもいる  ひらめというお魚になってしまいました  ひらめのごとく土下座している  ひらめの生徒はよろこんで  ひらめの村の衆がささやいています  ひらめにこう言いました  ひらめは笑って  ひらめなどの鮮魚を欠かせる  ひらめのような女と出現して  ヒラメやカナガシラそつくりに描く  ひらめを一口ほ  ヒラメなども王朝人種の余風といえない  

~ ヒラメ[名詞]1
二代目春団治に似てひらめの  白葡萄酒にヒラメの  鰯やひらめに  三字でひらめと  平でひらめ  日比魚と書いてひらめとは  男をヒラメと  引取り人のヒラメが  貧乏なヒラメの  頸をちぢめて笑ったヒラメの  貧乏なヒラメから  自分はヒラメの  お礼をヒラメに  東京のひらめは  娘はひらめという  家臣たちがひらめの  知恵を出してひらめに  水晶宮にいたひらめの  鰯やヒラメや  栄ずしでひらめ  新宿山登美でひらめを  

~ ヒラメ[名詞]2
そのひらめ  本当にヒラメ  もうヒラメ  そのヒラメ  いきなりヒラメ  小さいひらめ  

複合名詞
ひらめぢ  ヒラメたち  ヒラメ族  太郎ヒラメ  花子ヒラメ  ひらめきが  ひらめ学校  ひらめ村  一ひらめ  ヒラメ氏  



前後の言葉をピックアップ
ヒラム  平麦  ひらめ  平目  比目魚  平め    ひらめい  閃い  ひらめか


動詞をランダムでピックアップ
訊こ漉き打ち切ろ肥す題す絞め殺そ点くぞくすけあげ染返し見張ら仕上がる下され噛み付き問いただそきたえとおりぬける組みつか踏倒し掛かれ
形容詞をランダムでピックアップ
馨しくやむを得ないまばゆ旨くずるい極まりなうれしけれ早し恋しから快けれやさきねむたかろっぽうまずけれ奥深き惜しけりゃ新しかっなき輝かしかっ油っこくっ