「ドストエフスキイ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

ドストエフスキイ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ドストエフスキイよりはニイチェに近いかも知れん  ドストエフスキイが伯爵であるトルストイの作を評して  ドストエフスキイの困  ドストエフスキイの小説はどうも一度讀んで見たい  ドストエフスキイを説きて  ドストエフスキイの偉大を仰がずにはゐられなかつた  ドストエフスキイの描く  ドストエフスキイのこの小説が発表されて  ドストエフスキイはその事件をきいて  ドストエフスキイとか云ふ  ドストエフスキイは全然その計算がどんな結果になるか分らずに  ドストエフスキイの一行をこそ欲すべきではなかつたか  ドストエフスキイの小説中に現れる  ドストエフスキイのノンダクレにしても  ドストエフスキイの作を読んだ  ドストエフスキイの作品が人々に昔程の感激を読者に与えるであろうか  ドストエフスキイも出現しない  ドストエフスキイに親しんでいた  ドストエフスキイに親しんでゐた  ドストエフスキイは私が彼から學ぶ  ドストエフスキイやプルウストみたいな掘り下げ  ドストエフスキイやジイドに不満を感じる  ドストエフスキイの翻訳が売れる  ドストエフスキイにも及んでゐるではないか  ドストエフスキイの頁を読む  ドストエフスキイにみられる  ドストエフスキイは流石にそこに目をつけてゐた  ドストエフスキイといへば  ドストエフスキイは人間心理の縺れを解きほごさうとはしなかつた  ドストエフスキイを受け入れる  ドストエフスキイを讀んでゐた  ドストエフスキイに關心せしめる  ドストエフスキイを讀んでゐてくれる  ドストエフスキイを読みましたか  ドストエフスキイという作家を知らない  ドストエフスキイに敬意を表する  ドストエフスキイの小説を味わう  ドストエフスキイが泣いていら  ドストエフスキイが皆にへんな風に感心されてゐた  

~ ドストエフスキイ[名詞]1
紙型の焼けなかったドストエフスキイや  行つた所がドストエフスキイの  云ふドストエフスキイの  トルストイやドストエフスキイの  作者のドストエフスキイは  芥川龍之介はドストエフスキイの  四五冊のドストエフスキイに  私がドストエフスキイや  トルストイやドストエフスキイにも  スタンダールやドストエフスキイに  熱心にドストエフスキイを  かくもドストエフスキイに  君はドストエフスキイを  己はドストエフスキイという  現実的生活に対してもドストエフスキイの  荷風よりもドストエフスキイの  

~ ドストエフスキイ[名詞]2
ことにドストエフスキイ  どうもドストエフスキイ  

複合名詞
文壇ドストエフスキイ  矢張りドストエフスキイ  ドストエフスキイ論  ドストエフスキイ的  ドストエフスキイふう  ドストエフスキイ自身  ドストエフスキイ全集  ドストエフスキイ流行直前  ドストエフスキイ式  ためドストエフスキイ  以後ドストエフスキイ  



前後の言葉をピックアップ
ドストイェフスキイ・マニア  ドストイェフスキー  ドストイフスキイ  ドストイフスキー  ドストイヱフスキー  ドストエフスキー  ドストエヴスキー  ドストエーフスキイ  ドストエーフスキー  ドストヱフスキイ


動詞をランダムでピックアップ
取り合う立後れ休んみなす通り掛る砕けれ転げ込めにらむ切りとら仕え寄ろ怖気付いつまされすなどる入りこみゃ憂わまかせ入り込める逆だち
形容詞をランダムでピックアップ
濃かっえがらか黒き辛けれはれぼったく忌まわしき照れ臭くひどき軽かっめんどく偉いおぼし著しゅう精しありがたから危なかろ危なやわらかく好ましすさまじい