「ト」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ト見れば家来の藤助だから驚きまして  ドカッと深い穴へ落ちたら  トいって僕は然らば政治は圧制を旨としても思想的のデモクラシーを主張すれば足れりとは信じない  ト初めて口をきいた  トついにかすかにい  ト低い鼻に皺を寄せて  ト仰お向けざまにねころぶ  トまた話しだした  トこわごわ眼鏡を眼のそばへ持ってきて  トあどけなくい  トさながら不機嫌な教師のような声で叱  トまた大声で叱  トまた繰返して  トにじみ  トさながら返答を催促する  ドの位進んでいるか知らぬが  トそう思うほど  ト隔てなく口ごと持って来て  トどうかは知らんが  トはっと気を返して  トほっと真白な息を大きく吹出す  トすぐに続いて  トぶらりと提げる  ト立直して裏を見せると  トはっとした  ドドーンと垂れてきた  ト仰いで雨戸の顔を見た  ト見ると露草が咲いた  ト思ふと細長い手を出し  ドの百分の一にも過ぎない  ト云うと天覧を仰ぐという  ド偉い要求を出すとの  トその凝視めていなすった  トくるりと背後を向き  ト又聞える  トもまだ心着かないで  トその時料理番が引っ込むと  ト覗いていた  トねらいをつけて  トもじもじ立迷ったが  トこりゃお夏さんが心あっていった  ト取ろうとすると  トいって置いて  ト老僧は奥を指さして  トある四角に立つて居て  トまでは知らないが  ドの字も口に出さなかった  ドの壁に影を写す  ドっと雪崩のように落ちかかって来た  トあの鼠鳴がこっちを見た  ト御神燈の灯を避けて  ト見つつ夢のようにうっかりして  ドなる名を逆に読めば  ト高い男は顔に似  トある横町へ曲り込んで  ト言捨てて高い男は縁側を伝って参り  ト或時我を疑  トお勢は団扇を取出して  ト聞くと等しく文三は駭然としてお勢の顔を目守る  ト吃ながら言ッて文三は差俯向いてしまう  トいって何故ともなく莞然と笑い  トいいさして文三は顔に手を宛てて黙  トいってお政は茶箪笥を覗き  ト呼ばれて出て来た  トお勢を尻目にかけてからみ  トお勢は顔を皺める  トお政は又もお勢を尻目に懸ける  トお勢は文三の跡に従いて  ト笑いながら逃ぐるが如く  トおもう頃に漸く眼がしょぼついて来て  ト取旁付に懸りは懸  トいって歯を囓切ッて差俯向く  トいう訳でツイそれなり鳧にしてしまいましたがネ  トお政は此方を振  トまた口を揃えて  ト取外して言いかけて  ト言ったその声が未だ中有に徘徊ッている  ト云うお政の声を聞付けて  ト云ってどうした  ト突然お勢が尋ねたので  ト聞くとお勢は忽ち眼元に冷笑の気を含ませて  ト命じて其処から車に離れ  ト云う間もなく少年は駈出して来て  トたたみかけて意地目つけるネ  ト云いながら昇が項垂れていた  ト突如に昇が轟然と一大笑を発したので  ト云う声が忽然背後に聞えたので  ト咎められて  ト言い懸けて  トまた引懸りが有る  トさえ冠詞が附けば  ト云う説も出ようが  トいうから文三は喜びを述べた  ト言いながら膝から先へベッタリ坐  ト聞いて文三は満面の笑を半引込ませた  ト萎れ返  ト再び会釈して  ト言いながら狼狽てて  ト云いながら得々として二階を降りて  ト云わぬばかりの索然とした  トお政が横合から嘴を容れた  ト覚えず取外して云って  トは知らずして  ト云う声が頭上に響いて  ト苦々しそうに冷笑ッたかと思うと  ト思われるも  トある牛店へ立寄  トまでは調子に連れて  ト言いながら昇は坐  ト笑いながらお勢はまた文三の貌を横眼で視た  トお勢はまた作笑いをして  ト云う武器が有るから  ト云いながら二階を降りて  トお政が層に懸  ト云う所に文三気が附いた  ト思いながら二階を降りた  ト云いながら文三は部屋へ這入  ト聞くと文三は慄然と震えた  ト云った時はお勢もうるみ  トまだ言終らぬ  ト云った時にはモウ文三は部屋には居なかった  ト云い捨てて  トかすていらをペンナイフで切って出す  トむこうでも莞爾しました  ト見ると襖から承  ト先ず懐中に及ぶ  トその壁の上を窓から覗いて  ト先ず空惚けて  ト仰有っても  トは云え  ト仰ありまする  トは仰あって  トの字も知らなかった  トまた悪怯れず  トかう思つて見て居ると  トかういふ  ト始終さう  トかうおつしやる  ト忽ち矢の如くに流れ出した  ト考えて七面鳥に思ひ  ト居てそして一羽が六尺ばかり空へ斜に足から糸のやうに水を引いて立つて  トまたふるえた  トこう思って見ていると  トこう思って取った  トそう思ってるのに  ト考えて七面鳥に思いあたった  トそう思いながら破れた  トちらりと見た  トある警視庁官舎の門に没し去れり  トある竹藪の崖に臨んだ  トある寺の前の素人下宿に宿つて居るけれど  トある角に立つた  トある家の窓に火光がさして居る  トある森の中の小さい駅を通過した  ト同じ燈籠を手に提げて  ドの小路にいるという  トその垣根へ乗越して  トふわりと起ったが  ト見カウ見して  トが要する  トが欲するだけの  トの眼前で振り廻さしめ  トに命じた  トに訂正してあったりする  トに納まりでもすると  ト並んだと思う  トを省きて  ト釣っていた  トちょっと更まった  トいうよりはむしろ筋書も何にもなくて無準備無計画で初めた  ドカッと落ちている  ト寄らんとすれば  ト白い蝶はいふたので  トいふのを見ると  トいふて呼ぶと  ト少し落ちついた  ドの位かと云ふと實際の原價からしますと  トある社の杜に信吾を呼び出した  

~ ト[名詞]1
侍はト  ものがドの  能書きをド  石原はド  動坂のドの  文三はト  ようにしていたト  のには驚いたト  のだト  思出になるト  ト三羽一処にト  眼だト  んだろうにト  洲崎町のト  駿河台のト  米町裏のト  右側のト  眞砂町のト  真砂町のト  ドコのドの  塩梅などをト  男にトが  娯しめよとトに  タを消してトに  ミコトのトを  右手温泉側はド  三時近くにト  これのト  ツけてあげるからト  のはト  のだよト  積りかも知れないと思ふてト  其代償がドの  清子がト  

~ ト[名詞]2
ムッド  キチンド  ないト  段々ト  よト  なしト  

複合名詞
秋ハ夏ト同時ニヤッテ来ル  秋ト兵隊  一ト月  ド氏  氷ト花アリ  一ト葉  一ト通り詮議  今一ト足  一ト足先  屹度一ト月位  ト面  一ト通り  一ト声  ト言ッ  ト少女  ト男  ト平気  ト寛大  ト噺  ト頭  ト眉  一ト言  一ト合戦  一ト昔  一ト  一ト月足らず  鴉ト時間ト  アトハサガレンノ青褪メタ肋骨ト  エナイ絡ンデル薪ノヤウナ手ト  サラニソノ下ノ顔ト  シテヰル死ト現象  経験ト認識  迂曲ト離反ニ吹キ荒サブ北北西  ト泡立ツテユクノダ檻鞭  痕ト瀝青  火ト水イロガ混ザルトイフソノコトダケデ  館泡立ツ黒ト緑金ト  天ハサラニ展カレテ己ト酔ヒ磔木  フリ撒カフココニアレ友ヨ黒ト緑金  イ溝渠ト人影ト死ト  轍ト  イチメンノ砂ト無為ト  苛責ト  灌木ト死馬  拡リ擾レテソレハ沸キカヘル人口ト季節  リ作シテレ香ト焼ク  罪ト為シ十年以下  事ト信ズレバ  コロボックル人種ハ日本人ト交通セシコト  口碑ト雖モ事理ニ合スルヲ信用スルモ妨ナシ  貴局ト通信ガ出来ルコトヲ甚ダシク喜ブモノナリ  案内人ト別  消耗ト  忍耐ト奮闘ト  ト一  國防線ハ分テ三ト爲スコトヲ得ヘク第一線ハ則チ海軍  地形ト事態ニ視ル可キモノニシテ英國  カサルヲ得ス人民ハ海外貿易ニ倚ラスシテ衣食スルモノ幾ト罕ナレハナリ顧テ我カ帝國  ラ密接ト爲リ第一線  牢固ト破滅ハ忽チ帝國興亡  テ是ト揆  綱領ト爲セリ  ト一種海事的並ニ冐險的  輔ケテ實際ト違フコト勿ラシメント務メタリ讀者此書ニ藉リ海上  ト内  一ト晩  ト掌  ト伸  ト乗  ト絵本  ト舌  ズル時ハ賢王ト成ツテ愚王  行ズル時ハ僧ト成ツテ正法  新聞広告ニ出マス件ト  件ト二ツノ  今一ト昔  曰ク後藤庄次郎ト申候  一ト事  同様一ト安心  ト云  ト云旅人人馬断所々  帯ビ士官ト  ト左  合テ云々ト  一ト目  一ト月居続け  一ト間  その後一ト月  一ト息  ト斯  一ト口宛  ト枕  ト差  ト境  ト天  ト手  ト胸  ト頂  ト円心  ト恍惚  ト乳  ト一つ  ト笏  ト脛  ト大様  一齋ト號ス  言志四録ト稱ス  香ト號ス  ラクハ僧ト為テ心了セザルコトヲ  僧ト為テ心了セバ  ト撞木  ト娘  ト手首  ト両側  トただ一つ  ト板  ト斉  ト袖口  ト柱  ト行  ト後  ト熟  朝ニ猿ト遊ブト言フ  以テ金言ト成ス所ナリ  猿ト雖モ  ト呼ビ捨テラレルモ  知ラザル者ト言フガ如シ  武芸者ノミココヲ先途ト  一ト夏  一ト回り  ト言  ト瞳  ト中腰  ト頬被り  ト松崎  ト招ぎ  ト一度  ト無慙  ト貝鮹  今夜一ト晩  一ト稼  いつか一ト月  三家者位牌事三家ハ日本ニハ云フ二坂者ト一  一ト月あまり  一ト口  ト急  婦ト為ッテ羞顔  展ベ願ワクバ塵ト灰トヲ共ニセン  一ト足歩度  ト翁  ト研究  左右ニ列シテ玉龍ト金鳳トアリ皇都  ニ至ッテ恋々ト忘レズ  一トかた  東ハ孫権ト和ス  寄手ト野戦  以テ我ガ王世子ト  皮ト肉トハ  ト肩  ト一飛  人ト語ルニハ戯弄  君ト漢中王トハ  一ト鍼  ヂヤンプ雀ト山茶花山茶花  賊ト持久セントス  魏ト連和シ  ヨリ削除セラレタル一行一句ト雖モ日本  奈翁戰爭ガ十八世紀ト十九世紀トヲ劃セル如ク  人類ハ聰明ト情意  漫ナル愚論ナクシテ解悟スル能ハザル穉態ハ阿片中毒者ト語ル如シ  大義ト國民平等  之ト相反シテ  此間理論上天皇ハ凡テノ土地ト人民トヲ私有財産トシテ所有シ生  其範圍ニ於テ土地ト人民トヲ私有シ其上ニ君臨シタル幾多  諸侯國神聖皇帝羅馬法王ト符節  三期ハ武士ト人民トノ人格的覺醒ニヨリテ  歴史ト現代トヲ理解セザル頑迷圃體論者ト歐米崇拜者トノ爭鬪ハ實ニ非常ナル不祥  天皇ト國民トノ間ニ爆發セシムル者ナリ  國家ハ各々其國民精神ト建國歴史  天皇ト國民トヲ阻隔シ來レル藩屏  學ブ者ト速斷スベカラズ  權利ト一個不可分ノ者ナリ  權利ト此  現役將卒ト雖モ何等  彼ト同一程度ニ尊重シツツ婦人  融合時代ト云フ  社會革命説ト社會及人性  進歩ト共同  致富ト改造後  地主ト小作人トノ存立  廢止セント主張スル社會主義的思想ト根據  ニ小地主ト小作人  私産財産ト賠償公債トノ加算ガ私産限度  統一ト國民  土地問題ト  シ原則ト云フ者アラバ  住宅地ト  土地ハ資本ト等シク其經濟生活  動機ナリト立論スル舊派經濟學ト  人類ハ公共的ト私利的トノ欲望  限度及私有財産ト其加算ガ私有財産限度  都市ト限リテ町村住宅地  家屋ハ衣服ト等シク各人  スルニ凡テヲ通ジテ公的所有ト私的所有  私有財産限度ト私人生産限度トヲ同一視スベカラズ  制限タル前者ト  シツツアル現代支那ガ政治的ニ統一セル者ト云フ能ハザル如ク  ラノ義務ト權能トヲ無視スルコトヲ  ガ分立的競爭ヨリ遙カニ有理ナル實證ト理論ニヨリテ國家的生産  之ト同時ニ一百萬圓以下  資本ニ達セザル時ト雖モ  發展セシメタル國家的認識ト  海外投資ニ於テ豐富ナル資本ト統一的活動  通貨ト物價トノ合理的調整  分立セル銀行ト此  私兵ト日本  日本帝國ガ國民ト共ニ亡ビザル限リ銀行省  時私人鑛業ト併行シテ國有鑛山  惡ナル政治ト云フノ外ナシ  其等ト比肩スルヲ得ベシ  地主ト投機商人トノ有スル  購買能力ト世界市價トノ差額  南滿鐵道ガ富豪ニ壟斷サルルノ不義ト危險トハ鑛業省  國有タルベキ者ト民有タルベキ者ト  生産的各省ハ私人生産者ト同一ニ課税セラルルハ論ナシ  國家生産ト私人生産トノ併立スル原則ニヨリテ  同盟罷工ハ工場閉鎖ト共ニ此  背理ト認ムルニ  シク勞働者ト云フモ各人  能率ト賃銀トニ干渉シ得ベキニ  農業勞働者ト地主トノ間  年俸ト等シク作業中  社會組織ト云フノ外ナシ  勞働ト自己  アル者ト推定スベシ  勞働ハ男子ト共ニ自由ニシテ平等ナリ  勞働ニ代ハリ得ベキ爲ニ男子ト平等ナル國民教育  日本ト歐米トガ  婦人ガ男子ト平等  婦人ガ男子ト等シキ牛馬  國家ト協議  父ナキ兒童ガ孤兒ト同一ナル權利  婦人ハ男子タル父ト同一ナル勞働  國家ハ夫ト子女ト婦人其者トノ爲ニ其  結婚ト單ナル情交トヲ差別セズ  ガ他家ニ嫁シテ餘力アル者ト雖モ  贋的個人主義ト雲泥  不具ト國家  終了ト同時ニ完全具足シタル男女タルベク  男子ト同一ニ教育スル所以ハ  滿十六歳マデノ女子ハ男子ト差別スベキ必要モ理由モナキヲ以テナリ  亡國民タラシメタル阿片輸入ト  合理的組織ト簡明正確ト短日月  決定シ彼等ガ日本人ト語ルトキノ彼等  劣惡ナル者ガ亡ビテ優秀ナル者ガ殘存スル自然淘汰律ハ日本語ト國際語  丹田本位ト決定スル所以ハ  ト雲泥  如ク跪坐スル洋服姿ト  中學程度ニ於ケル月謝ト教科書トハ一般國民ニ對スル門戸閉鎖ナリ  蹂躙ト認ム  婦人ト姦シタル者ハ婦  ニ加ヘテ横暴ト悲慘ト  譯革命家ト人生  途方モナキ一夫一婦制ニ對スル反逆ト考フルハ  凡テノ自由ガ社會ト個人其人  國民道徳ト其  體刑ト明示セル所以ハ其  對ニ無罪ナル者ト假定スルトキ現時  特ニ職業辯護人ト限ラルルガ爲メニ被告  以テ直接ニ法官ト對セシムル能ハズ  者ト考フルガ上院制  凡テニ其日暮シ其年碁シノ生活ヲナサシムル者ト考フルガ如キハ  私産限度制ハ國家ト國民  拘束スル者ト考フベカラズ  日本内地ト同一ナル行政法  由來朝鮮人ト日本人トハ米國内  白人ト黒人トノ如キ人種的差別アル者ニ  暴動ト米國市中ノ黒白人爭鬪トヲ比較スルトキ其  言語ト風俗トノ一部ナリ  多量ニ引ケル者ハ彼ト文明交渉  ニ公卿華族ト稱セラルル人々  元首其者ガ朝鮮人ト沒交渉ニ  朝鮮太子ト日本皇女トノ結合  三大國ニ介在シテ自立スル能ハザリシ地理的約束ト  シ白耳義ガ獨乙ト握手シ而シテ英國  聊カモ英國ト  革命黨ノミハ大局ヲ達觀シ日本ト結ビテ獨立  自立シ能ハザル地理的約束ト眞個契盟スル能ハザル亡國的腐敗  其レガ高利貸ニヨルト忠實ナル勞働ニヨルトヲ考査セズシテ等シク守錢奴ト詈リ侵略者ト誣ユルハ昏迷者  學説ト薄弱ナル意志ト衆愚  足レリトスル虚榮ト  英人ト人種  一部タルコト北海道ト等シク  日本皇室ト朝鮮王室トノ結合ハ實ニ日鮮人  國ト平等ナラシメ  庭池トシテ南北滿州ト  二十年後ヲ期シ朝鮮人ニ日本人ト同一ナル參政權  西海道タリ朝鮮人ガ日本人ト大差ナキ民族タル理由ニヨリテ  口ヨリ民族自決主義ト呼バルルニ至リテ空想化シ滑稽化シタルナリ  失フ所以ハ外部的壓迫ト内部的廢頽トニヨリテ自決スル力  ニ於テ自決スルヲ得ル覺醒的民族ト  本旨ハ人道主義ト云フガ如キ合理的命題ナリ  民族自決主義ト名クルニ至リテハ人道主義  命題ニ代フルニ人間自決主義ト云フガ如キ笑倒  生長ト共ニ參政權  十年ト云ヒ  二十年ト云フ年限  是レ主權國民タル自負ト欲望ニ於テ忍ブ能ハザル所  二十年後ニ於テ日本人ト同一ナル生活權利  智ト事情不通トノ爲メニ日本内地ト同時ニ着手スルトキハ  侵略ガ官憲ト相結ビテ彼等  文化ニ於テ日本人ト略等シキ程度ニアル者ニ對シテハ  取得ト同時ニ此  賦與セラレ日本國民ト同一  ダ日本人ト同一ナル國民權  取得スベキ時期ニ達セザル者ト雖モ  支那ニ於テ傭兵ト云フ者英米ニ於テ義勇兵ト名付ク  ト名クル如ク英帝國其者  國防ニ於テモ組合ト組合員トノ間ニ雇傭契約  契約ニヨリテ組織シタル者ト一考セシコトモナシ  深遠博大ナル哲學的思索ト宗教的信仰トニヨリ發現セシメタル  ニ英米ト日本トガ國民精神  ト日本  軍國主義ナルカ否カハ傭兵ト徴兵トニヨリテ決セラルル者ニアラズ  從テ傭兵ト徴兵トノ強弱ヲ論ズルコトハ無用ナル詮議ナリ  建國ト信念トニ於テハ傭兵ハ必ズ弱兵ナルハ論ナシ  一人ト五人ト角力シテ已ニ三人  佛蘭西ト露西亞ニシテ  戰ニ於ケル英米ハ只海上封鎖ニヨリテ食料ト軍需品ト  傭兵ト獨逸  神ト動物トノ生殖行爲  ジキ意味ト程度ニ於テ  トシテ國家ト世界  ト教ユルニ  ト共ニ劒  スベシト云フ信仰ト  能力ト智  恨ニ爆發スルノ日ハ則チ勞働者ト結合シタル勞兵會  兵營又ハ軍艦内ニ於ケル將校ト兵卒トノ物質的生活  無慾ト其  ガ兵卒ト大差ナカリシ平等  ラ兵卒ト  キ將來ニ於テ千百人ト雖モ足レリトセザル必要アリ  マサカニ兵卒ト  權臣ト腐敗將校トハ  正義トハ利己ト利己トノ間  ニ於テモ日本ハ濠洲ト  軍閥ト財閥  眼前ニ迫レル支那ト英國トノ衝突ハ日英同盟  脅威セシ獨逸ト  ト青島ヨリ加ヘタル恐怖  戰中ト講和會議トニ於テ彼  基點香港ト相應シテ中部支那以南  根據トセル英國ト青島  獨逸ト等シキ軍國主義侵略主義  敢テ軍閥内閣ト黨閥内閣トニ差等  ト云ヘリ  聲ガ支那ト米國トニ一齊ニ擧レル所以ハ日露戰爭ニヨリテ保全サレタル支那ト  無策ト不徹底ト斷ジテ亞細亞聯盟  英國ト絶對的ニ兩立セザルガ  陸軍ト東西呼應シテ一擧露國  國ト印度濠洲トノ防備ニ兩分セシメ十分ナル優勢  陸軍ト英  脚下ニ俯伏シテ糞土ニ値セザル小群島ト一青島トヲ哀訴ス  獨リ世界史ト將來トニ於テノミ其  根本的條件則チ人類ガ更ニ重大ナル科學的發明ト神性的躍進トヲ得タル後ナルベキコトヲ無視シタル者  經典ト劒ナリ  石噐時代トハ石時代ト  石時代ト稱スベキモノヽ存在ハ  四英雄時代ト云フノ  金ト銀トハ  青銅ト鐵トハ  原料ニ鐵ト青銅トノ別有ル事  石時代ト云フ  此名ハ其形ニ於テ明カニ青銅時代鐵時代ト云フ名  底ト  研ギ以テ鏃ト成シ斧ト成シタル人民何ゾ自然  一人民ニシテ青銅器ト鐵器トヲ用ヰタル事有リトスルモ  時代ト金屬器使用  時ト金屬器使用人民棲息  ル時ハ殆ト  土人ト  土人ト等シク石器時代  ヲ以テ甲ト乙トハ  北海道ト本州  ト平和  ト云フ稱ナリ  貝塚ト現今  貝殼ト現存貝殼トノ相異等ニ由リテ推知スルヲ得  北海道ト本州トノ古物遺跡  間ニ存スル口碑ニ由リテモ幾分カ窺ヒ知ルヲ得ト雖モ  ト答フル  口碑ト古物遺跡トニ由リテ推測サレタル  ク女子ト容貌  製作品中ニハ繪ト名ヅク可キモ  殆ト皆無ナレドモ乙  種族ト混交シテ  日本ト云フヲ以テ  石器時代人民ト云フヲ以テ唯野蠻  ニ分布シ居リシカト云フ事ト  爲ニ忠ナル者ト謂フベク  一ト安心  一ト梱  一ト働き  一ト袋  一ト組  一ト片  一ト勝負後見  一ト捫着  一ト晩中  寧そ一ト思い  一ト眼  一ト風呂  前者ハ毛筆ト和紙ニ対シ適合性  スナワチ形カライエバ草書ト  シカルニ草書ト楷書ハ  字ト一緒ニ並ンデイルトコロハアタカモ親ト子ガ並ンデイルクライヨク調和スル  モシモコレヲ不調和ト感ジル人ガアツタラオソラクソノ人ガカタカナ  スルニ直線運動ト曲線運動トノ比較ニナル  コノ問題ハ活字ト関係ガナサソウデアルガ  ニ使用スル文字ト活字  マワシテモ書ク文字ト  書ク文字ト活字ハチガツテアタリマエナノデアルカラ気ニスル必要ハナイ  ソノ気ニナルノハワケハナイガ実行ガ面倒ダトイウ問題ト  女学生ト附キ合ツテGirl  ト云ッテモ  明神ト御宇ス天皇ガ詔旨ラマト  明神ト  明神ト大八洲所知倭根子天皇大命  金銀物貨宜シク外国ト平均  万国ト並行スルモ  以テ天下ト更始一新セン  ト腰  ト一人  つて五人六人一トなだれ  ト挨拶  一ト踊り  ト眼鏡カケナオシテ  悲痛ト  ト飛ビアガルホドノアツキ握手  旦那芸ト言ウテ  ト明朗  妻ト子トワレ  ト秀抜真珠  ケレバ千万人ト言エドモ  乞食ト会ッテモ  サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ慾ハナク決シテ瞋ラズイツモシヅカニワラッテヰル一日ニ玄米四合ト味噌ト  一ト雨  万国ト同列シ  目的ト為シテ強奪  我国ト世界中トノ貿易  夷狄ト雖ドモ為ザル所ニテ  野人ト同様ニ  仁ノ戦ト之  英国ト交  ト離別スルノ理  ト離別シ  国ト為リタルガ  幸福ト栄名  一トこま二タこま  一ト足  一トたび焦土  昨夜一ト口  一ト煽り  一ト固まり  一ト癖  一ト月二タ月未決  一ト月二タ月  ト懷中  ト紫  ト筈高  ト何處  今一ト勝負  土蔵一ト戸前  一ト歩  一ト筋縄  出羽奥州一ト  一ト汗  一ト揉  一ト高名  一ト器量  一ト気象  ト達  ト仕方  ト白骨  今一ト息  一ト花  一ト通り口早  毒水ト毒屑ト  赤土ト為セルガ  荒野ト為レ  嚮ニ選レテ衆議院議員ト為ルヤ  ヲ圧抑シ誣テ兇徒ト称シテ獄ニ投ズルニ至ル  以テ念ト為サヾルニ  地ト人トヲ把テ如此キノ悲境ニ  高御門ト瓦堂ト鉾大明神ト三ヶ所ニ  唱聞与ト専当  一ト列  一ト山越し  一ト筋  ト楫棒  ト向う  ト琴  ト風呂敷包  ト緋色  ト珍  ト遠山  ラガード  首都ラガード  ト調  サク5098ト墨書シアリ  以テ6033ト記シタル唐紙片  一ト夜  道子ト友田トガ何カヒソヒソト話シテ居ルノガ聞エマシタ  道子ト話ヲシタ事ハ  清三ニカクレテ私ト愛シ合ッテ居タノデハナクッテ  ト言イ  ト云イマスト清三ハ床  ト申シマシタ  ト云ッタノデス  心臓ト思ウトコロヲ一刺ニ刺シテ此  ト申サレマシタ  オ種ト私ガカケツケマスト奥様モ目  ト一言云ワレマシタ  主人ハサキ申シタ通リ殆ド死ンダヨウニナッテ居リマシタガ  たより一ト束  ト鳶ア昼寝  ト山  ト美濃  トイツタノ  ト切ツタノ  一ト朝  一トくさり  家々一ト時  一ト皿  一ト時  ト蔵海め  ト蔵海  ト云つて  一ト睨  30ト  トおい  一ト晩蚊  岩流小次郎ト  今回小次郎ト私トハ敵対  ト御座候処  対如何ト  ニ可申上ト存候ウトモ  態ト  あと一ト月  ト牛頭  一ト風異  唯一ト声  今一ト潮  パッカード  一ト月前  留学生ニ適応スルモノニ至リテハ殆ト皆無ニ  吸収ト相俟チ  一ト鞭  一ト頃  一ト品  一ト山いくら  一トつまみ  俗ニ西洋飾リノ門松ト詠フル如ク緑葉  支度ト  哉ト横目ニテ  浪人ト  ト突出  ト斜  ト小指  ト荒  ト唇  主人ト夫人  鍛養ト  一ト切  無名指ト中指ニテ大指  法ト謂フ  ト此  一ト月近く  ト俯  ト顔  なぞト云ふところ  才ト與レ誠合シ  警察署長ガ三人ト  判事ヤ検事ガ四人ト  官モ爆弾売リノ仲間ト認メマス  一トひねり二タひねり  商船隊ト覚シキモノヨリ発シタル無線電信  興廃ト東洋  一身軽舟ト為リ  家臣鳥屋尾左京ト申ス者  一ト綴  一ト矢  ト武朴  苛斂ト誅求  ト心  ト言ワレテ  ト詰問サレルコト  ト屋根ヤブレルホドノ  一ト月たち  部下ト共ニ東京ニ来航シテ居  墓穴ハ頻々タル火災ト時代  称スル日本婦人ト契リシガ  一ト節  髪一トすじ  一ト振り  一ト眠り  一ト走り  一ト太刀  一ト棟  基ト可  面倒ナガラ発行所ト如何ナル御作  君ガ自重ト自愛ト  完成スルハ君ガ天ト人トヨリ賦与サレタル天職ナルヲ自覚サレヨ  二百円ニテ衣服ト袴ト白足袋ト一揃イ  一ト旗  一ト粒  一ト浴  一ト悶着  一ト段  一ト握り  一ト冬  一ト年  一ト突き  諸君ハ別荘ト云フ言葉  ト呼ビ  一ト処  ト一ツ  ト前  一ト方  一ト群れ  一ト争い  一ト出世  一ト儲け  一ト張り  一ト旗組  一ト筆  一ト網  一トすじ  一ト枝  紙一ト重  ただ一ト声  一ト騒ぎ  一ト息入れ  充分一ト眠り  一ト筆お便り  一ト面目  一ト思い  一ト役  こと一ト通り  禄一ト粒  一ト筆これ  一ト先づ  一ト騒動  一ト屋敷  一ト包み  一ト時代  銭一トつかみ  早朝一ト煙  作用ト効果  一ト束  一トまとめ  一ト骨  十洲ト号ス  秀雅鮮麗ト挙ゲラレ  者ト生レ旃陀羅ガ家ヨリ出タリ  鏑矢一トすじ  一トつかみ  一ト休み  一ト思案  一ト搦げ  一トきわ  ここ一ト息  一ト泡  一ト屯  一ト笊  敵ト目ザス者ニ逢フ時ハ  人格ト権利  荘厳ト優美トヲ兼ネタル秀麗ナル男性  悲愁ト  概要ト  一トきわ目  ここ一ト月  一ト皮下  一ト肌  かなり一ト頃  一ト粒一ト粒  一トつぶ  一ト腰  淵辺ト言フ年来  ゴジブンノオ皿ト  一ト月余  爲ルレ鬼ト  兄稱シレ弟ト弟却テ稱スレ兄ト  是ト兼ヌレ  爲リレ楹ト爲リレ礎ト  客ト一  横山安武碑文横山安武稱ス二正太郎ト一  爲リレ人ト忠實ニ而泛ク愛シレ衆  冥助ト一也  一耳ト  補一乎ト  以テ爲シ二薩人ト一也  尸ト一也  爲スレ難ト者  至ト一也  ただ一ト言  府陸奥守北畠顕家十一月十二日鎮守府将軍ト為ル  一ト波瀾  一ト村雨  一ト難儀  一ト釜  おん一ト方  上ハ王皇ニ陪シテ栄ト為サズ  ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ  古人ト言語シテ以テ胸間  況ンヤ吾ト子ト江渚ノホトリニ漁樵シ  ト裳  ト前のめり  ト木彫  あと一ト組  一ト論議  一ト籠  一ト束ね  莫約根津ト称スル地藩ハ東西二丁ニ充タズ  現在大楼ト称スル者今其  松葉ト称  ハ小店ト称シ  ハ五軒ト号ケ  ハ局ト呼ブ者  岩村等ト曰フモノ  桝三河ト曰フモノ僉創立  大楼ト謂フ可キモ  曰ク何ト  南北険ド三丁余  首トシテ浴楼箆頭肆ニ造ルマデ幾ド一千余戸ニ及ベリ  一ト騒  一ト押し  一ト瓶  ト郵便  ト些  ト敵手  ト思ッ  ト返答  ト文三  ト風  ト笑顔  ト中音  ト一思い  ト落胆  ト層  ト厭味文句  ト半  ト肚  ト何時  ト口癖  ト独言  ト下女  ト熱気  ト我知らず言ッ  ト文三  ト極り文句  ト下  ト起  ト逆上  ト歯  ト何  ト御意  ト申  ト談話  ト昨日文三  ト昇  ト相手  ト眼  ト鄭重  ト独り  ト何処  ト云ッ  ト母親  ト愚痴ッ  ト心有気  ト眼元  トあじ  ト背後  ト無理  ト口  ト内心  ト手軽  ト記憶  ト一心  ト思出し笑  ト噂  ト口頭  ト今  ト会釈  ト余所事  sト  ト口早  ト文三憤然  ト憤然  ト無慈悲  ト殆  ト真黒  ト気  ト乗地  ト山口  ト自己  ト大声  ト叫喚  ト種々  ト確  ト鼻  ト横眼  ト微か  トお鍋  ト自家撲滅  ト決心  ト言葉  ト跡  ト手短  ト頭振り  ト僕ガ言つて  一ト反撃  一ト町  芸一ト筋  知ルヲ得ル事ト為シ候而  セサル事ト  殆ト四十年間交情渝ラス  上ノ理論ト計算カラ  位置ト形ト時間トノ  ト足  ト裾  ト左右糸  ト宗山  余生ト言ツテヨイ  物語ト符合シテヰルトハ面白イ  テイナバ主ナキ宿ト成ヌトモ軒端  一ト話  一ト番  大浜ト飲ミマワッテ  ト遊ビ狂ウテオリマシタ  花ト  ニ作レ客ト百年  毎日忙シイ仕事ト激シイ労働ニ  時間ト金ガナイノデ  一ト月余り  ト咄  潮流ト河流トノ関係  景色ト相俟ツテ有志  女子ト小人ハ養ヒ難シ  トお茶  ト襟  ト屋根  ト台所  ト夢  ト玄関  ト真赤  ト言ヒマシタ  ト身  ト首  ト目  ト睨  是ト馴染ン  山人ト人モ  あと一ト走り  一ト筋道横町  チ森しけガ森於菟ト同居年  正当ナル理由ナクシテ森みね及森潤三郎ト同居  潤三郎ト協議シ親戚故旧ニ  喜美ト協議シ其取扱方法  チ切ル重大事件ナリ奈何ナル官憲威力ト雖此ニ反抗スル事  棍ト曰フ  白棒ト曰フ  ハ玉葱ト芋  発射ト色沢  響ト音トハ其常ニ欲スル所タリ  健康ニヨキハ其休止ト適当ニ交代スルニアリ  精神的養生ト云ヘルモ  ク原版ト  長崎鹽田氏幸八ト云者  實ニ奇ト云フベシ  出間ト  ト戰ヒ  尤長崎住居大工幸八ト申者  一ト踏  一ト筋敷  今一ト  一ト世界  一ト膝  一ト風  大通リ山ガアツテハヂヤマニナルトンネルトンネルトンネルホリハコツチガハカラ太郎ト次郎  フガハカラ三郎ト四郎トンネルトンネルトンネルホリノ見物人ハ一子  此一ト言さ  儒教デモ善ト云フモ  ニ対スルホドニ善ト  ト指  西岸寺ノ前井上道益ト申ス医者  一ト廉  此職人河原細工人ト申者  河原細工人ト申也  穂彦ト申者発二謀叛一  左江久仁訛而細工人ト伝云フ  一ト掴  ト云ッテ倒レマシタ  トヘイタイ  トムクント  トフヱヲ  トイサマシイ  トオカアサンニオコサレテ  トワカリマシタ  唄ト踊リ  車ハ木ト金ニテ作リ  トさ  父様ト  トいつ  ト三羽一処  ト三羽一ところ  唄一トくさり  一ト頃外国製  下つたト  ト云つて山  和蘭人ト為サザルベカラズ  ガぷりまうすト命名セシ港ニ  良心ト信仰トノ活路  僧侶ト名ノルモノ一人モコレ  僧侶ト軍人  美ト  美人ト不美人トノ相違  人ト化シ  唇僅カ一糎短カケレバ美人ト化スト云ッタ塩梅  ト斜め  ト伏目  トそこ  ト私  ルトコロ孝ト忠  ト逗留シロトテ  頭ガ大久保上野介ト云イシガ  ト頼ンダカラ  宮川鉄次郎ト云ウニ  宮川並ビニ深津金次郎トイウ者ト一所ニ兵庫ノトコロヘ行ッタ  オレガ裏店神主ト云ッタヲ聞キオッテ腹ヲ立テ  大竹ト和ボクシテクレト云イオルカラ  橋本ト深津ハ後  信心ト  小倉主税ト云ウ仁ノ屋敷  兼ト云ウ男ニ聞イタ  何番ト云ウ  神事ニハ法ト云ウ物ガアリマストテ  何シロソレホド出来様ト思ウナラ  徳山ト一所ニトッタ  孫聟ニ水心子秀世ト云ウ男  阿弥三郎兵衛ト云ウノ  弟子ニ仁吉ト云ウ男ガ研ガ上手ダカラ  葉山孫三郎トイウ手代ト相談ヲシテ  ト云ウタラ  ト云ウカラ  ト葉山ガ始末  仕事師八五郎ト云ウ者ガウチヘ上ッテ  成田ト云ウ人ガ来テイルカラ  先孫一郎ハ隠居シテ江雪ト改メテ剃髪シタ  岡野ト云ウト  岡野ト聞クト皆  ト云ウ男ニモ  鈴木新二郎ト云ウ井上  利益ト思ッテ  又兵衛ト云ウ蔵宿  殿様殿様ト云イオッテ  勝様ハ三匁五分ト云ウカラ  一ト心得テ近所ハ  ニ三両弐分ト葉銭ガタマッタカラ  通リ町ノチチブ屋三九郎ト云ウ者ガ  妻ト  兄ガ妻ト  オレト黒部篤三郎ト云ウ兄ガ三男ガ同道人ニナッテイタガ  座敷ニテ大草能登守ガ与力神上八太郎ト云ウ者ト  娘ニシテ六合忠五郎ト云ウ三百俵  正之助ト云ウヲ気  ト挨拶シタラバ  御免御免ト云ウカラ  ト揚屋  金十郎ハ国デハアバレ者ト云ッタガ  ト云ッタ  関川讃岐トイウ易者ト心易イカラ  息子熊トイウ者ト  多羅尾七郎三郎ト  男谷忠次郎ト  大小ト鼻紙  ト瞻め  横眼遣い一ト  短冊一ト  何一ト  白粉一ト  一ト癖確  荒屋一ト  一ト足後  功名一ト  苦労一ト  つて一ト月目  ト風入れ  ト酔覚  ト今度  ト長火鉢  ト此方  ト其奴  ト車軸  一ト度  トだい  一ト飛  犬医者ト申スハ  一ト足二タ足ゑゝ何ぞい  男ト女ガフラフラト水  ケタダレタ娘ニ赤ト黄ノオモヒキリ派手  群十数名ト逢フ  ト身内  ト号泣ス  恭子ト兄トハ黒ノカアテンヲカムリテ  兄ト恭子ハ焼跡  華子ト兄ト原田好子  隣ニハ両手ト足ヲヤラレ  アブラ菓子ト桃  生徒ト女  浅野図書館モ死体収容所ト  不思議ト橋ハ墜チテ居ナイ  一トあし  為スレ勝ト  正月一ト月  丁度一ト月  学事ト  シ抔ト断决スルハ  臭味ト一様  ト唱フルハ昔ヨリ有リシコトナレド  古物館ト云フモノハ一宇モ  大阪ト横浜トニテ購ヒ得タリ  ハ空蝉ト  一ト揃  一ト夏漢文  一ト冬我慢  一ト肩  兵士達ト手  兵士達ト力  ト向直つて  トあれ  ト御新造  修善寺ニ於ケル洵ニ名ト實ト共ニ忘ルベカラザルモノヲ得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地  存シ記念ト爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適  流俗ト容レザルモノアリ彼  以テ贅疣ト爲サンノミ  一ト月以上  ト十一時  ト頬  ト鍵形  ト竹  フニ便リヨキ地ト思ハルレバ  南ト  ト改メタリ  日子ト讀ミテ  ト云ヘルハ  姫兒ト云フ稱ハ  命ト  ト何ん  ト膝  ト獅子  ト草鞋  一ト巡り  今一名増員可能ト認ムル者五名  不可能ト認ムル者四名トナリタリ  一ト度グレー  ただ一ト回り  喘ト吻  トいふ声  佶ト  トいふ  ト声  兵ト音  発止ト牙  地ト顛落  ト夕告  野良狐めト  名誉ト富  一ト通  規定ト目スヘキモノヲ設クルコトナキカ  ト規定セリ三  著作者ト  曾禰達蔵氏ト共ニ左記  歓迎ト答ウ  一ト簇  フル時ハ則チ茎ハ杖ト為スベシ  変化ト云  蓼類ト  側ニウエシ事アリ報恩寺ト云寺ニアリシト云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ  蕉ト名ヅク  ニ飛蓬子ト号ス  木ト  果瓜ト為ス  菜瓜ト為ス  為メ日本ニ輸出卸値ト同様  利ト云フハ  人参ト玉ネギトジヤガイモハ  美シイ晩ニ君ト腕ヲ組ン  一変シテ華族ト改称ス  ド論  ト変  ト続け様  ト黄  つたト  もの一ト息  虎ト揶揄スルカ  判決アリタルトキハ其程度ニ応ジ手数料ト同額以上倍額以下トス  報酬ト同額トス  ハ養子カ家女ト婚姻  一ト寐入り  一ト山積ん  モーアランド筆  先ヅ一ト先ヅ  鞆トあらたむ  ト丙丁中  舟ト為ル落日西山  ト君チャンガキクト  ト云ッテ  ト云ウノ  ト云ッテイタノ  ト二尺  西側ト思ハレル邊マデ進ン  ト漠然ト述ベシ所ニ一種  ト譯セリ  ト原文ニナキモ  木ト花草  曠ト連ラナリ  ト譯  ト思ヒ  ゆト譯シタリ  ト無理ニ引キツレ往キシ  語ト  必ズ何人ト明記ベキ所ト思ハル  太守ト  一ト憩  一ト安堵  一ト隅  二十年一ト夢  之ト  ト一生出戻り  一ト色  一ト時瞳  一ト綜二綜後れ  一ト気性  略ボ腕ト等効ナル動作  運動ト無関係ナル如キ身体  腕ト共ニ  本願ト同様ナル着想ハ  一興ト為サバヤ  人々ト会飲スル毎ニ  ト静子  時ト場所  ト発言スル  ト決定スル  日直上ト兵  日直上ト兵ッ  ト兵  一ト言彼等  一ト番い  一ト抱え  尊氏ト賜ワル  ため壁一ト重  一ト重  永暦ト改元サル  永暦ト改元  田鎖殿ト申スハ  家臣ノゴトキ友愛ト礼儀  宮本八右衛門ト称ス  此与右衛門ト申者  サク山ト云  



前後の言葉をピックアップ
  戸石川  取らせん  都田川  戸鹿野          


動詞をランダムでピックアップ
おしたおし差繰払い出しとどまれ揉み合い締め切っ敬う奉ぜ打ちきり付け替え書き込んめいっきめつける混ま心し回り込む醸せ突き刺さっかすん及ぼせる
形容詞をランダムでピックアップ
力強し磯臭い細長くさみしにくくっくちおしねがわしゅう眠たく畏きれいれいしくまだるっこく物凄かっ恋しゅう心憎きとんでもなく浅かっなつかしくっ嬉しゅうあいらしい似つかわしく