「ゥ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ウびくびくして  ウと地平線が見える  ウし凄くなってきた  ウと立った  ウがすかい  ウわウと殺到して  ウの目タカの目で探しても  ウと底の方からザワザワと寒氣がしてきた  ウと隅の方から誰か大声で叫んだ  ゥしとぼけ過ぎちゃいないですか  ウと降りて来た  ウと開いた  ウくお目にとめて  ウと出ると  ウく心をしずめて  ウく耳の穴をカッぽじって聞い  ウく三度引っぱってくんねエ  ウともつかない  ウと返事はしない  ウっと腹いっぱいの酒気を天へ吐いた  ウのみにするか  ウふウ喘いながら戻って来た  ウと息をついた  ウその音一ツに集ま  ウわが部屋で貌を両手へ埋めて  ウ棄ててはおかれぬ  ウ泣くものではありません  ゥばき  ゥばきだ  ゥればやめ  ゥけてこ  ウ呑みにできかねる  ウ何となく馬鹿気ていて  ウこう成ッては耳には入らない  ウお勢が相手にならず  ウに至る  ウへ向って  ウうウうウうウうーウと鳴り出した  ウ似てるけど  ウと高い所から聞えた  ウし不運過ぎるな  ウし我慢して下さい  ウい顔付にならはりまして  ゥし拙者まさに引き受け申したぞ  ウと畑の中に引ッ込んでいたりした  ウと暗くなった  ウと遠く迄聞えた  ウと自分の居間へ這入ってしまった  ウは発音の便宜上加えられた  ウと首をのばして  ウふウいって  ウふウいってすすった  ウふウいっていた  ウの目タカの目でなにしている  ウく考えてみろよ  ウく分り過ぎるほど分っていた  ウには例外がある  ウまたはイの音になり  ウくおぼえていますよ  ウく医師から聞いたが  ウく分別のして  ゥと火の付く  ゥと悄気ている  ウ貰ってる  ウと呼ぶ  ウの段には一つもありませぬ  ウと怒鳴った  

~ ゥ[名詞]1
何よウ  ぅいすぅいと擦りますウばかり  色のウ  ウ撫るウばかり  誰方様のウ  ホイほウ  アンゴウが現れとるウ  ウわウと  饅頭をぬゥ  牛肉一塊ぬゥ  髄骨一本ぬゥ  麺棒ぬゥ  ほかにないかとウの  身體のずウと  イるもよウ  先へぬウと  ここだぞウと  こいつをウのみに  間近かでほウ  ウふウ  間にもウ  注意はもウ  ただもウ  自分はもウ  明日もウ  ィちでつゥば  其つゥば  のつゥば  めが降ゥ  ェにかねつゥけて  夜麦をつゥ  かこイつウけ  克巳くウ  克巳くゥ  現代人にはウ  声ももウ  イからウに  アからウへ  空襲警報用意よゥ  髪ずウと  太平楽ヲヌカシテコキ遣ウ  正之助ト云ウヲ気遣ウ  音もなくすウと  釜を起そうとウの  なみたたずウ  ウよウ  圓朝といえどもよウ  イとウには  ア行のウと  純粋のウ  鼻音を帯びたウの  ngはウ  恋のうウ  銭よウ  口よウ  なによウ  おばちゃんよウと  二十七度だぞウと  

~ ゥ[名詞]2
早くウ  ううウ  ほほウ  あのウ  ううゥ  そのウ  このウ  一度ウ  ぽゥ  よウ  残らずゥ  よゥ  あのゥ  きつウ  かのウ  ないウ  無論ウ  ふとウ  有難ウ  さウ  厳つウ  しんどウ  同じウ  はやくウ  すぐゥ  

複合名詞
ウ氏  日偶然ウ氏  ウ列  ウ相川新五兵衞  二ウ  先生ウ  信ジタク思ウ  ウ中間  窺ウ  乞ウ  簡単ニ願ウ  ヤヤ衰減シタルヨウニ思ウ  ウむ  こウ  ウ鳴門  ウ行  ウ小父さん  ニ誘ウ文  ょウ  バ自然ウらむところ  負けとこウ  そウらおい  ウ真中  刺身庖丁ウ  砥ウ持イ  一二度ウ  二三度ウ  ウ撫  ウ菜切庖丁  ウ内イ  ウ処ウ  ウ割引イ  ウ三銭  処ウ  ウ螢  十ウ二十  熱ウ  ゥつて言  者ウ  ウ花  豆こウろころいつ  ウろ  四ウ耳  競ウ三千  加ウ主人  霊前ニ致シテ曰ウ  仁者相争ウ  必ズ出テ戦ウ勿レ  巣ウ  ウごぜ  イニ震ウ  思ウ所アッテ自分ハ魏  いよウ  天ニ従ウ者ハ昌ニシテ  男子遮光器ヲ用ウ  類ヲ用ウ  漁業ニ銛ヲ用ウ  ウ一寸何  ウ婆さイ  妙ウ法蓮華経  ソレラヲ離レテハホトンド生命ノナイモノト思ウ  法則ニ従ツテ様式化スルコトガ困難ナセイダロウト思ウ  行ケルノダロウト思ウ  ウよう  ウ州要覧  ぐウ  イ払ウ  飛道具ウ  一イ二ウ三イ  ヴ氏  ワタルゾト思ウ間モナクトンネルノ  以テ購ウ  納豆ウ  道子ガアサッテ六時ニイツモノ所デネト云ウ声ガハッキリキコエマシタ  何モ云ウ権利ハナイ筈ダワ  傷ゥ  ゥ歳  本名ゥ職順  ゥ辻占  納豆ゥ納豆  ゥ先生  そウら  エンカイイマナオエンキザンネンナリタンネンベルクカイセンノケツカハシゼンチホウミン  頼ウ申  十ウ  ぷウん  ー安ウ  むウ  ぴゅるウ  力丸ゥ  ひよウ  冬ウ  行商ウ  剣術ウ  そウ  ア弥イ陀ア仏ウ  ウ五十年  ウ娘  ウ明日一日  ウ二三日  ウ田畑  そウら御覧  ウ蕨  ウ自分  ウそッちの  ウ七ツ下り  ウ父上  ウ今夜ぎり  ウ客座敷  ウこれ  ウ消え消え,  ウ影  ウ間  ウぐウ  むゥ  ゥごろ  ゥら  ゥずみ  九ゥ十九でくゥ  ミダリニ行ズルヲ覚ウ  光ウ秀エ  妙ウ容子  ぎらないぢやないのよウ  ウ井スキイ  六ウ  ウ些  ウ帰ッ  ウ咄  ウ文三  ウ心配  ウ余事  師ツイニ問ウ  因ニ学人問ウ  ツイニ問ウ  黄蘗スナワチ問ウ  坊ゥ  七ツ十ウ  空襲警報ゥ  あげくウ  なほウ  猿ウ  着ウ  ゅウ  九ツ十ウ  しょウ  ウ猪  ウ母様  ウ舟  細ウ  ウ菊三郎ウ  能ウ  ウ察  ゥむ  ゥ行き  ニモアンマリ有ルマイト思ウ  ウノ云ウ通リニシタラ  ソコヨリ七里脇ニ向坂トイウ所ニ  慮外致スマイト云ウ書附  ドノ様ニモサセルカラト云ウ  ンナガ云ウ  殿村南平トイウ男ガ来テ居タカラ  小倉主税ト云ウ仁ノ屋敷  兼ト云ウ男ニ聞イタ  何番ト云ウ  神ハ速カニ納受ガ有ロト思ウ  神事ニハ法ト云ウ物ガアリマストテ  孫聟ニ水心子秀世ト云ウ男  弟子ニ仁吉ト云ウ男ガ研ガ上手ダカラ  仕事師八五郎ト云ウ者ガウチヘ上ッテ  成田ト云ウ人ガ来テイルカラ  篠田トイウ外科  ト云ウ男ニモ  鈴木新二郎ト云ウ井上  オマエガ断ワルト出来ヌカラ加入シロト云ウ  又兵衛ト云ウ蔵宿  市デハ商人ガハイハイ云ウ  通リ町ノチチブ屋三九郎ト云ウ者ガ  御用ガキキタイト云ウ  オレト黒部篤三郎ト云ウ兄ガ三男ガ同道人ニナッテイタガ  座敷ニテ大草能登守ガ与力神上八太郎ト云ウ者ト  娘ニシテ六合忠五郎ト云ウ三百俵  取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ  申シ分ナイト云ウ大兄ガ返事  ウ者  正之助ガ諏訪部トイウ男  キダト云ウ  サヨウナラ今日ハ吸オウト云ウ  込合ウ  乙ゥ啖呵  のゥ  ウ稽古何時頃  ぷウ  ぐウぐウ  不敬者ウ  先づウ列  ウ列音  連体形ウ  此ウ列  ア列イ列ウ列  皆ウ列音  づウ列音  一ィ二ゥ三つ  ウさん  胃袋ぅ  ウ使  ーそぅ  結城殿ゥ  ウ身  数ウ沢山知  嘘ウ  イ段ウ段エ段オ段  ウ段  イ段ウ段  ウ音  語尾ウ  救ゥ  ゴ散歩ウ  のウ  ことウ  ものウ  ウとんぼア畑  腎ウ炎  歓迎ト答ウ  十貫十ウ  三百ウ  一イ二ウ三イ四ウ  音ウ  松原ゆゥ  奴ゥ  早ウ  圖ウ圖  区別ニ従ウ  ハ事実審理ニヨリ被告人ニ有利ナル判決アリタルトキハ前号ニ従ウ  行ウ  奥ウ  ウ一人  ょウきん  こウ雲助  そウうろツ  ウ何ぢ  ぷふゥ  ミウ段  むむむゥ  図ウ体  汁粉ゥ  



前後の言葉をピックアップ
い藤  い集  ぅとお  ぅとした  ウー          卯月山


動詞をランダムでピックアップ
つけれきらめく落し入れ差し引きしに染め吹き込ま結い上げほぐれ賺さ聞き出す握れる取り越しせめかけ兆さふるわよびだせ穿ちもどれふらし
形容詞をランダムでピックアップ
厳しき軽くてきびしいわりなけれ分別臭くみにくしうすぐらい痛から物憂き目映い暑かっほのぐらきむなしかっちょろい気ぜわしく好かろ難かっかるく凄し心づよい