「わたっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ わたっ[動詞]
庭をわたっ  何年にもわたっ  路地口からどぶいたをわたっ  二階へわたっ  ザリガニのこうらが、わたっ  人に知れわたっ  放水路をわたっ  停留場から葛西橋をわたっ  フォードが行きわたっ  何日にもわたっ  何百年にもわたっ  谷をわたっ  水をわたっ  綱をわたっ  陸橋をわたっ  橋をわたっ  中には根強く行きわたっ  上が輝きわたっ  枯枝をわたっ  駒形橋をわたっ  墨水をわたっ  一般には行きわたっ  夜は案外早くふけわたっ  難波橋かをわたっ  川をわたっ  世間を広くわたっ  身に沁みわたっ  ほうばかり眺めて焦れわたっ  水道橋をわたっ  人数を張りこませ、目ざましいまでに色めきわたっ  一ノ橋をわたっ  科学教育全般に行きわたっ  ひとすじに憧れわたっ  なかに飛びわたっ  上をわたっ  微細にわたっ  二十数年間にわたっ  問いに、深く、強く、また行きわたっ  海をわたっ  蜿々四五町にわたっ  真直橋をわたっ  日本国内津々浦々に行きわたっ  広範囲にわたっ  数百年にわたっ  神経の行きわたっ  自分が案外知れわたっ  通りをわたっ  向こうへわたっ  一卒にまでよく行きわたっ  かしこにでも行きわたっ  海はひろびろと凪ぎわたっ  尻をまくってわたっ  ずみにまで行きわたっ  時期にわたっ  政令がよく行きわたっ  蜿蜒数里にもわたっ  内に充ちわたっ  まり一般に行きわたっ  ことは知れわたっ  二百五十年にわたっ  刻みをひとりわたっ  包含して輝きわたっ  はじめてから後にもわたっ  室じゅうに沁みわたっ  前後数十年間にわたっ  三通話にわたっ  掛官たちに知れわたっ  陸軍へわたっ  吊橋をわたっ  谷川をわたっ  ゆっくり川をわたっ  海をぐんぐんわたっ  八方に行きわたっ  範囲にわたっ  浅瀬をわたっ  はじめ五畿七道にわたっ  間に公然と知れわたっ  全紙にわたっ  ずみまで行きわたっ  眼鏡橋をわたっ  廊下をわたっ  三日にわたっ  土間をわたっ  三年にわたっ  終日にわたっ  ろ沼をわたっ  国へわたっ  静かなしめりが行きわたっ  自分のわたっ  まわりに満ちわたっ  馬車のわたっ  響のわたっ  さが漲りわたっ  それからみんなに知れわたっ  熔岩原をわたっ  雷のわたっ  飛騨境から越中越後の国界へとわたっ  幾年もの間にわたっ  世間に知れわたっ  ところまで、ぎゅうぎゅうおされてわたっ  返事に、いろめきわたっ  うえをわたっ  隅々まで行きわたっ  世界中に知れわたっ  愛情にわたっ  ところも、うまくわたっ  板をわたっ  こと九回にわたっ  狗ヶ瀬をわたっ  精気で輝きわたっ  手にわたっ  芸術的良心が行きわたっ  方面にわたっ  ことを聞きわたっ  東北にまでわたっ  連峰が長くわたっ  村落生活に行きわたっ  極意にわたっ  十数年にわたっ  小川をわたっ  話から余談にわたっ  日本全国にわたっ  各種にわたっ  精細に行きわたっ  二年越しにわたっ  元弘年間にわたっ  身うちに行きわたっ  海上はたいへん、なぎわたっ  渡船をわたっ  十日ほどにわたっ  世に知れわたっ  翌日へわたっ  地方にまでわたっ  風が吹きわたっ  屋鳴りが駆けわたっ  あいだで、すぐ知れわたっ  五体が冷えわたっ  高塚山にまでわたっ  流儀にわたっ  底を、わたっ  錦旗などが行きわたっ  時間にわたっ  リヤカアが行きわたっ  余談にわたっ  方面にまでわたっ  命が、行きわたっ  芽をわたっ  天をわたっ  席をわたっ  かいにわたっ  分倍河原から多摩野へわたっ  海をとおくわたっ  年代にわたっ  四月へわたっ  風俗にわたっ  梢をわたっ  みな乾き、しらじらとしらけわたっ  言葉がわたっ  全国にわたっ  所へわたっ  町に知れわたっ  中をわたっ  まんま水をわたっ  廊をわたっ  河内和泉へわたっ  浜へわたっ  山肌へわたっ  百何十ヵ所にもわたっ  拡大されて、轟きわたっ  通り輝きわたっ  宮方へまでわたっ  方へわたっ  大空をわたっ  瓦をわたっ  太平洋をわたっ  ぎごちなくわたっ  階級にわたっ  花から花をわたっ  ようにとどろきわたっ  黒田開拓使次官がわたっ  日本政府そのものが、わたっ  名が知れわたっ  ことも、知れわたっ  世間にも余りに知れわたっ  余事にわたっ  問題へいつもわたっ  朝鮮海峡をわたっ  霽れわたっ  弁難から弁難へわたっ  人身攻撃にまでわたっ  出席が知れわたっ  者に知れわたっ  中が白けわたっ  宝石はいつも最も清く透きわたっ  今日も同じに輝きわたっ  間に漲りわたっ  日光がみなぎりわたっ  四里以上にわたっ  夜もふけわたっ  オホーツク海をわたっ  いつものように清洲橋をわたっ  清洲橋をわたっ  三十年にわたっ  多岐にわたっ  白波を立てて轟きわたっ  ように轟きわたっ  河をわたっ  四山へ轟きわたっ  蒼天に流れわたっ  地方にわたっ  盤にゆるぎわたっ  沼面をわたっ  沼をわたっ  フランス全国に行きわたっ  住民に知れわたっ  道場いっぱいに、騒然とどよめきわたっ  町全体に流れわたっ  渡舟でわたっ  丸木橋をわたっ  細部にわたっ  現代物理的科学にみなぎりわたっ  数枚にわたっ  何ページにもわたっ  ことはすでに知れわたっ  ように冷えわたっ  官労組にまでわたっ  渾然と漲りわたっ  部屋にとどろきわたっ  スペインよりわたっ  燕麦の穂から穂へわたっ  燐光として閃きわたっ  実感がみなぎりわたっ  岸にわたっ  野をわたっ  ニュージーランド川をわたっ  浅瀬づたいに川をわたっ  多方面にわたっ  砲声がとどろきわたっ  大水をわたっ  面を飛びわたっ  渡船でわたっ  気持が沁みわたっ  全市に知れわたっ  から広く行きわたっ  吉野橋をわたっ  すみからすみまで行きわたっ  それから台湾へわたっ  台所に満ちわたっ  哀愁がみなぎりわたっ  川にとどろきわたっ  渡しをわたっ  ようにみなぎりわたっ  寒い風が吹きわたっ  宿直室に満ちわたっ  思いがみなぎりわたっ  一室にみなぎりわたっ  一室に充ちわたっ  涼しい風になびきわたっ  日本全国にみなぎりわたっ  ように輝きわたっ  気が充ちわたっ  赤城おろしが吹きわたっ  五年にもわたっ  西から東へわたっ  橋廊架をわたっ  吾妻橋をわたっ  上に漲りわたっ  注意も行きわたっ  南シナ海を泳ぎわたっ  伊吹山から野洲川地方へわたっ  前後五年の久しきにわたっ  昔から余りにも知れわたっ  湖のむこうへわたっ  なんマイルにもわたっ  四方に充ちわたっ  好みが行きわたっ  生涯にわたっ  毎日数寄屋橋をわたっ  軒下をわたっ  全体にわたっ  色恋ざたが知れわたっ  ざぶざぶと水をわたっ  処に満ちわたっ  二か月にもわたっ  者には知れわたっ  長時間にわたっ  処をわたっ  海の底をわたっ  海底をわたっ  二百二十年もの間にわたっ  煌々と輝きわたっ  端々まで沁みわたっ  夜は更けわたっ  石をわたっ  隅隅にまで行きわたっ  上を群れわたっ  ずんずん草をわたっ  隅々にまで充ちわたっ  ことが行きわたっ  二子の渡しをわたっ  日本へわたっ  宮廷中に知れわたっ  警官仲間によく知れわたっ  考えかたは日本に行きわたっ  日とわたっ  風がわたっ  銀行に知れわたっ  世をわたっ  この間アメリカへわたっ  津津浦浦まで知れわたっ  これら巨細にわたっ  画面全体に行きわたっ  三ヵ月以上にわたっ  御用所じゅうに知れわたっ  用箋八枚にもわたっ  全日本にわたっ  端にまでわたっ  東北地方にまでわたっ  前回から次回へわたっ  精密にわたっ  幾世紀にもわたっ  長文にわたっ  奥羽にまでわたっ  自在にわたっ  コモンセンスが行きわたっ  沼地をわたっ  石橋をわたっ  何回にもわたっ  感動が流れわたっ  



前後の言葉をピックアップ
渡そ  わたそ  亘っ  亙っ  渡っ  綿津見  渡殿  渡辺  渡邊  綿貫


動詞をランダムでピックアップ
そぼつ売りはらえ結ぶ期さ聞き合わし言合い炊き過し助くるわりきれ隠せる逃げださ言い渡せにぎやかそ止まれ亡くなる比すれこづきまわし暖めれだまりこむ
形容詞をランダムでピックアップ
惜しけりゃ等しけれ弛うたのしいぶかしき緩から荒々してっとりばやいつつましかっ永く多き耀かしい余儀なあかし清々しくやさしくっ薄ぐらき冷たくいたかっともかれ