「わし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ わし[動詞]
この間もわし  脾腹を吃わし  ゆるやかに見廻わし  里人にも譏らわし  入用ならば、わし  いふお触れが出たが、わし  

名詞

わし[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
わしている  わしく上って来そうな  わしはそれが知りたい  わしているかというと  わしはどうして孫をあんな恐ろしい所へ遣った  わしがよいものをやりましょうぞ  わしを斬つて  わしァ今度お母まが製糸から帰る  わしァどんなにしてでも  わしァふんと悲しくなった  わしもやる  わしんとこも十人泊める  わしが居ると  わしは好いとこへ行く  わしは氣い利かして  わしが立て替  わしやあんなずぼらもん嫌ひや  わしはきみに見せようと思って書いておいた  わしが生徒に野球をゆるした  わしは生徒共の肩身を広くさしてやりたい  わしの塾は壁が落ち  わしもこの年になって  わしの生徒はますます自尊心を失い  わしもおひるからは  ワシの政府から借りてる  わしていた  わしは欲しいけん  わしや幌かけに殿がばいた切りや枝そぎに  わしは胸が苦しくてならん  わしが死んだ  わしの魂が乗り移っている  わしは死んでいた  わしているかの  わしの心が判っているなら  わしのために節を守ってくれて  わしは今までグッスリ眠った  わしはまたしても  わしは神の名において神のみこころにお任せする  わしは甘んじて  わしはお前をもう信用しない  わしの愛する  わしにそう思い込ませようとする  わしの目をごまかしているとすると  わしを見棄て給わなかった  わしが死ぬ  わしの瞼を閉じてくれる  わしてはいない  わしは大層大きな鯨だから庭の上から冷い  わしが払はふ思ふとる  わしはつきあひに馴れんさかいに  わしてくれて  わしも弱っとりますわい  わしも寄附しても  わしは乗せてもらいましょう  わしといっしょにゆく  わしは責任をおいかねますよ  わしはきみたちの生活が知りたい  わしたことがあったが  わしたこともあったが  わしは夢をみている  わしになにができます  わしはロロー殿下といっしょに起き  わしもいっしょにそこにとまります  わしはあなたがたに敬意を表し  わしの論をすすめましょう  わしの考える  わしはその先生のまえで  わしは責任をもたん  わしはこれからその点について研究をすすめる  わしより先にその結論をつけて  わしが寝かけてから  わしがひきとる  わしが歌ってやる  わしが歌って聞かせる  わしていいか解らないという  わしはちょっと町を見物したい  わしは田舎から来たばかりなんで  わしの国も戦争放棄だといいだして  わしは君を保護する  わしの考案した  わしの口から言えない  わしと一緒に出よう  わしの愛艇メバル号に乗っていく  わしが日頃からひそかに注意を払って調べている  わしは特別に用心して  わしは知らない  わしは政府を動かして  わしは始めからこの協定は不成功に終ると思っていました  わしを例のとおり助けてくれるだろうな  わしも同罪になる  わしが連絡する  わしは君に保証する  わしは説明している  わしはいつもお前たちにいったのに  わしているとの  わしにそんな金がある  わしたのを感じた  わしが口をきいてやった  わしが推薦した  わしていってくれた  わしは今までお前がたに牽かれて  わしは死ぬ  わしはお前がたに奇蹟を見せてやろう  わしは喜んで  わして彼を迎えた  わして園にその電報を手渡した  わしの名刺に向うの番地を書いてやるから  わしはこの方のあとをつけて歩いて  わしは毎日五十円ずつ払う  わしはこの前のお方に二百年前かなりの貸しがあるので  わしはこの前のお方に昔すてきなかしがあるので  わしもあの時男の子は強いし大丈夫だと云った  わして聳え立った  わしの恋と思い込み  わしの言う  わしは庭に出ていた  わしの眼にとまった  わしのように老人になると  わしはやはりお前の終わりが  わしているではないか  わしの腹ひとつで今まで我慢し  わしは聞いとるでね  わしもちつとは書画骨董の眼は利かん  わしの聞いた  わしはその岡本さんと口を利いた  わしにはわからんのさ  わしが出てもい  わしの凄文句で顫えあがる  わしは絵のことはなんにも知りませんが  わしはなんにも言いません  わしは三年前に妻室に死なれて  わしの家に手伝いに来てくれてから  わしはお前の素性も聞いて知っておる  わしの世話になってくれ  わしにも判っておる  わしに云う  わしはもう十中八九駄目と思うて  わしがやった  わしが喋ったとて  わしの得意とする  わしがつくってある  わしに手向かう  わしがお前たちを片づけてしまう  わしのこの顔が見えないとでもいう  わしの声がわからないか  わしがここにいて  わしがとことこ山をおりて行くより  わしは演習をやっている  わしも見たぞ  わしが村の衆へ知らせよう  わしのいう  わしの部屋から貴様が盗んだ  わしがいるのに  わしが二つにも見えるという  わしのロケットを執念ぶ  わしがどこから見ているかわからんので  わしの乗っていた  わしはそれを残念に思っていた  わしは戦況をきいているから  わしは懸賞を出そう  わしの大事にしていた  わしをおびやかすなんて  わしは何でもお前たちのいう  わしが秘密にしておいた  わしの狙っていた  わしは失敗した  わしは日本海軍をやっつけて  わしはなにもいいたくない  わしはひどくつかれている  わしの邪魔をする  わしの発明した  わしの運命を買えという  わしは信じないが  わしも知っていれば  わしはそう思う  わしの邪魔をされた  わして小走って来た  わし給う病める  わしだけには解る  わしも札幌さ行きてえから  わしなんぼさう  わしづかみにされた  わしは十七で妻帶した  わしはわしの書きたい  わしに出した  わしはこの通り御持參の煙草盆で吐月峯だけを借つ  わしは相手の顏が見えんと  わしは器物に疵のある  わしの方では結納まで貰うて  わしも用のある  わしはまだあの時ほど心配した  わしはかう  わしは思ふの  わしが死んでも  わしがちょっと揉んでやろという  わしていました  わしが法門にはこれをつけてやるに足る  わしは諸宗を学ぶ  わしが内々十住心論に就て難じていた  わしは聖教を見ない  わしが師匠良忍上人も観  わしは大唐の善導和尚の教えに従い本朝の一心の先徳のすすめに任せ  わしが勝った  わしたこともあったという  わしの身に異例でもある  わしが九条殿へまいる  わしとは先きの世から因縁のある  わしは院の御所より外には車を立てた  わしにとっては受戒の師範である上に衣食住のこと皆悉くこの聖に扶持をして貰った  わしとは南北に房を列べて  わしが通ると  わしも往生要集の中は見たぞ  わしはやわらかに自分の房の方へ逃げて来ると  わしの師範であった美作の観覚得業も弟子になり  わしは今迄顕密の学問に稽古を努めたけれども  わしが撰択集を少し偏っているわいと思った  わしがこうして物を云うた  わしとただ二人きりいた  わしは法然上人の教えをよく受けているから  わしがお前に念仏をして  わしも年頃念仏の行者として西方を願う  わしは明年の二月八日往生する  わしはそれに答えて  わしは又云う  わしは大蛇になろう  わしがもしその時分にこの法を発見していたならば  わしはこの浦の漁師で子供の時分からすなどりを  わしはもと極楽にいた  わしが遺蹟というところは国々至る  わしは云い  わしは暁のねざめの床程のことは無いと思う  わしが若し人身を受けたならば  わしなら大丈夫入れるだらう  ワシがなる  ワシがある  ワシには金がなくてそれをやる  わしていいか分らなかった  わしていない  わしの貯金帳こしらえてくれると云って受取らず  わしがいたずらをして  わしの貯金帳こしらえてくれていると言って受取らず  わしたのはもう黄昏どきであった  わしは瓦斯の研究をやっているから  わしの人格にかかわる  わしの部屋に頑張られても困るが  わしには通じない  わしがいっても  わしは嘘をいっている  わしのところへ送ってきなさい  わしをかまわんで呉れ  わしの前へ落ちた  わして来た  わしは一面で世情の機微を穿っていて  わしの酒を呑んだ  わしがそれまで糺す  わしと一緒に阿波へこぬか  わしに力を貸せいというか  わしがお千絵殿をすてて  わしの肩へお貸しなさい  わしも子は亡くした  わしも気がこもうなって  わしが戦争にでも行く  わしが加勢するぞ  わしの手に仕  わしはいっそお宅に下手人になってもらいたかった  わしもやっぱり旦那に下手人になってもらいたかったよ  わして云った  わし得る人でないという予感もあったけれども  わしの家も当分はまだせわしいから手伝っていな  わしがっていた  わしているとします  わして立ち争っては  わしは龍泉寺に住む  わしも石家荘へ行きます  わしについてゐ  わしが拾ひ上げた  わしのところへ頼つて来た  わしが北京で世話してゐた  わしの部下が働いてますが  わしや朝ごはんを食べとらんと  わしが支那で仕事をする  わしがゐない  わしがきつと  わしを是非前線へ出して下さい  わしには相応しとるて  わしのやうな乞食絵師が相当しとる  わしのやうな者もなけれやならんのさ  わしなぞとは仕事の訳がちがはなけれやならん  わしは思ふがなあ  わしが誘惑するも  わしの知つてる仁のやうな気がするがな  わしは云つて来た  わしの処へ見える  わしは今一寸その事でおぬしを訪ねた  わしの処へ訊ねに来た  わしの知つてゐる  わしがさう  わしが行つてゐます  わしはあの像が傑作である事は認める  わしの方で大事に所蔵するだらう  わしにも傑作が出来たわ  わしの顔から生えた  わしのやうな遍路すがたでな  わしの目には一つも見つからぬ  わしが死んだら  わしはあすこへ行く  わしが昨日射た  わしは甲賀世阿弥と申す  わしに告げたい  わしが江戸表にいた  わしがここにいるという  わしの身から流れた  わしが大阪へ行く  わしをそうさせた  わしの側を離れて  わしは屋敷へも寮へも寄っている  わしは思っている  わしはきつく信じるよ  わしはその関係を一つ出放題に鮮明がしてみたいんでな  わしはきっと信じるが  わしもそれが真の説明だとは思わん  わしがあなたであったらすぐさま出立致しますがね  わしは外へ出て来て  わしは破れた  わしは何となしに嬉しくなって来る  わしがどのくらい苦る  わしはこの事件には深い犯罪というたようなものが全然ない事を知る  わしはその狂人のような律儀者を今朝向うの野菜畑で発見した  わしも見せて  わしは知った  わしには髑髏の一件が了解出来ん  わしにはどうにもできないと言って  わしの手ではどうにもならんが  わしや知らないが  ワシはパンを持つて来たよ  わしは五日間庵にとまるよ  わしも大に君と句作しようと  わしからはなんにもいはんが  わしに委せなさい  わしが双方の言分を聴いてみた  わしが公平な判断を下してあげる  わしも孫の顔を早く見たいが  わしています  わしていたりする  わし従ってその限りこの要求によって要求される  わした三色のネオンサインの交錯を仰いだ  わしは檣頭から汐を噴いている  わしとわしの運命とのあいだに多寡が氷ぐらいの邪魔物があるからといって  わしはこの前われわれと一緒に来た  わしがなんの係り合いがある  わしから逃げて行く  わしに彼女をみせた  わしが気が狂ったと思うだろうから  わしが気が狂っていると思うかね  わしはまだ経緯度を計る  わしを気違いだと証明する  わしであると思っていられるであろう  わしに感謝しなければならぬという  わしに感謝して  わしの身の上に起こったら  わしに代って  わしはこれをいつか君に話そうと思って  わしは君の厄介になるだろうと思うがね  わしは短気なことを言った  わしもそうして  わしが助けに来なければ  わしを呼び  わしの知っている  わしがうけあってきたよ  わしはこれから啓之助を連れて  わしは笏を持っている  わしの帯につかまって  わしの側を離れるな  わしで云えば  わしの上に向けるな  わしは石になる  わしに挨拶をしなかった  わしも聞き及んでいる  わしはお前のその嘘を憎む  わしはお前のその真実をも憎む  わしの腕には力を感じ  わしに覗かせてくれ  わしを見ろ  わしを見詰めていろ  わしの命を奪った  わしを殺さなかったな  わしはお前を殺してやろう  わしたのを見た  わしていたが  わして二人を見ている  わしの最期も江戸表へ通じるであろう  わしが江戸を出た  わしを殺しに来ようとは  わしの足跡が印してある  わしは阿波へ入り込むと  わしがお前の頭巾の秘密を知らないと思っている  わしは使いに出されていた  わしには読めた  わしが畳を敷き代えた  わしにもやがてやってくるだろうと思っていた  わしは話したい  わしにとると言い  わしは天井裏に潜んでいた  わしはその晩の有様を覗いた  わしの痩せ  わしが捕われの  わしのいおうとする  わしは死なぬ  わしはまだ死なぬ  わしが持ってやる  わしや渡る  わしがこんなに言っても  わしがこんなに云っても  わしは山科の僧院にいる  わしが討ってとった  わしから太守へ御報告に出かけよう  わしの処置を知っている  わしの気に入った  わしの見解があやまったにしろ  わしは徳島城へやってきた  わしはあえて非礼をする  わしはこれから岡崎の船関へいそごうと思う  わしがいつか落した  わしの精血を恥かしめるな  わしは浮かばれぬぞ  わしの後からは原士をつれた  わしは未来の靄に姿をぼかして行こう  わしは幕府へ仕える  わした時には恐怖のために足を止めた  わしがそれを欲しないからだ  わしは大変年老いている  わしは六十六になるが  わしが望む  わしてくれたという  わしはただ頭を垂れる  わしは貴公を藁人形のように八つ裂きにも出来ますぞ  わしも以前に聞いた  わしはその男のいつもの手を思いだしたじゃ  わしは始めて  わしがハートルプールで副牧師をしていた  わしははじめっから  わしはあの十字架を無事に届けにゃならん  わしがまたすり替えおったよ  わしはそれを途中に置いて来た  わしはあの菓子屋へ戻ってな  わしは持っておらん  わしが連れて来た  わしがそんなことをしおったかと言う  わしとてはじめは貴公の素性は判りはせん  わしはそこで貴公をためした  わしが勘定書を変えた  わしは行く  わしはしっかりしてる  わしはわしのもう一つの商売のもう一つの側からでも貴公が僧侶でないことがたしかめられた  わしの帰るまで  わしや滅相草臥れた  わしも一目見たいのう  わしも奈何やら気味わるうなつて来た  わして一喝した  わしは帰依をする  わしたる一冊を初編となし  わしもソロソロ失礼しようか  わしは何も仙郷へはいるが  わしには一向にわかりませんが  わしてはおらん  わしの連は今釣に行って  わしは心からそう感ぜられてならんが  わしは生きた  わしはここで召使の一人として天下泰平に暮らしている  わしはその時彼が舟に乗って  わしは知らんぞな  わしににじりつける  わしがいなんだら  わしを殺してくだされ  わしでさえ愛憎がつきた  わしはヴェルネと申しまして  わしの仕事にいらない  わしに噛って直せといふ  わしはお前のきばをぬく  わしたことになる  わしてミーチャは頭を掻いた  わしは知らぬ  わしには祟れぬので  わしを間接に苦しめる  わしも飯をもらおう  わしは一合で多すぎるくらいじゃ  わしてゲラゲラと笑い  わしは悪いことをしたので  わしを見かけた  わしはにげ出す  わしを殺してし  わしがその穴のことをしやべるか  わしを生き  わしはあいつを商人殺しの悪ものだときめてゐる  わしに何の得が来る  わしのにようぼは  わしの顔もおぼえてはゐない  わしを帰して  わしの大事な財産を買いもどしてくれ  わしはさっきから寝た  わしが至らねえからで  わしが使者に立つた  わしはさう  わしの背中に乗  わしの眼の底にこびりついて  わしに寄附しろも  わしは思ふ  わしの今考へてる  わしに出させてもらふこと  わしの思ひ  わしのところで出来る  わしは満足する  わしの家のそばに住んでゐますが  わしと対決さしてくれ  わしの地獄の業数を救うてくれるなら  わしがいつて下ろしてやらう  わしていて  わして見れば  わしの辞職に賭けても  ワシも長いこと神経衰弱に悩んどる  ワシは手のつけられない呑んだくれ  ワシはそう思うと  わしは今日も黄河の畔で天に誓ったではないか  わしの喰ってる  わしは長いこと待っていたよ  わしの待っていた  わしの言を信じたが  わしがお前を助けて上げた  わしに渡して下さい  わしは孝養を励む  わしは倖せ  わしからもくれぐれいってある  わしを歓ばせる  わしが告げよう  わしへ囁いた  わしを何者ぞと疑い  わしの言葉を信じ  わしの村まで孝子という噂の聞えている  わしは酒代の貸しがある  わしを訪ねてきたと  わしの陣を去って  わしの如き  わしの手もとへ持ってこい  わしには解けている  わしも一しょにと膝をすすめた  わしとした  わしじゃと思って  わしに鏡を見せん  わしの真似をして  わしがはいっても  わしが中へはいるとして  わしの鍬はどこにあるだかねえ  わしのリューマチは左の脚に出るかね  わしはそうは思わないね  わしでも腹が立つね  わしは仲間のやつと賭をしている  わしにもまだはっきりきまらない  わしの賭けもはっきり負けと決った  わしはどうあっても  わしの部屋にある  わしが永年苦心して作った  わしがこれまでに研究し  わしの感化を受けとるかも知れん  わしなどで代ってやりたい  わしなどで代ってやりたいじゃ  わしも嘆いていたが  わしに叛いた  わしをあのように恥かしめたではないか  わしも見込んでいただけの  わしの立つまでに  わしの見る  わしを貴邸へ招いてくれるという  わしは考えておらんよ  わしとこうして会った  わしが媒ちして  わしが帝位に昇ったら  わしは喋る  わしは叱られて  わしにも分らない  わしは幽霊かと見ちがえて  わしは家内と食事をする  わしを蹴落そうという  わしに相談もしないで  わしがこき使うぞ  わしにいわない  わしはお前を信ずる  わしの娘をとらえて  わしも直ぐそれへ臨むであろう  わしは御身らのごとき婦女子を殺す  わしは毎日空しくこういう日を過している  わしは考えると  わしもそれを痛感している  わしの手に預けたいと  わしの滅亡を希っておるな  わしに思案があるが  わしは張昭から薦められていた  わしを驢に乗せて  わしも良馬を集めたいと思って  わしも思いついていた  わしてはならぬ  わしが曹操にたのまれて  わしてみせるだけでも  わしてみせる  わしはその点を危惧している  わしは危ぶむ  わしの任ではないと思うだけだ  わしを鼠にしおったな  わしには分らんが  わしの眼から見ると  わしを肴に飲まれてたまる  わしは囈言をいう  わしの描いた  わしにその関羽を献じて  わしも実は深く関羽を愛しておる  わしが不同意をいおう  わしの面目にかかわるが  わしにたいして礼をこそいうべきであろう  わしの天命も尽きたらしい  わしに遠く及ばん  わしが捕われた  わしも疲れた  わしも知っている  わしのあやまりだったよ  わしの外弟にもあたる  わしもそう思う  わしを案内して参らぬか  わしのきた  わしをして  わしにゃあそいつがほんとに信じられねえ  わしにはわからない  わしはそんな女を知らん  わしが呼び出された  わしの肩に頭をあてていた  わしの出かける  わしの方は少しも心配などしなかったのに  わしが北塔へ連れて来られた  わしの袖についている  わしはそう言った  わしはそれをよく覚えている  わしの馬にどれだけの害を加えたか  わしは貴様らを誰だろうと構わずに  わしは途中でお前の傍を通った  わしの馬車にくっついている  わしがそれをお前のところへ生き返らせてやれるか  わしがその者どもを養えるか  わしを訪ねて来る  わしは十五分のうちに身支度を整えるから  わしはお前にそう言い聞かせた  わしにはどうもまるでわからんが  わしはお前をそれくらいまでの不自由な目に遭わせる  わしなら仕合せにもとは言わぬがな  わしにはそうとは信じられんよ  わしは遭うだろうとまでは言わぬ  わしは家門の名誉と安泰とを保ってゆく  わしに求めてもだ  わしはこれまで自分の従って来た  わしは持っておるが  わしは明日の朝またお前に逢いたいと思うておるよ  わしの甥どのをあちらの部屋へ明りをつけて  わしの亡い  わしは常に憂いておる  わしの今日あるは  わしは信じる  わしの心を怪しんでくれるな  わしの邸へ訪ねてくれなかったか  わしも今宵はもう眠るから  わしの剣を佩いて  わしがおまいりする  わしがあったは  わしがゆく  わしの病気ゃすぐ癒りまさあ旦那なおしておく  わしく覚し召さば  わしの死を意味する  わしにその罪科をしばし預けてくれい  わしに眼がないと思っている  わしは高櫓から合戦を見ていた  わしは最初から眼を醒ましていたから  わしの云い  わしを出せ  わしを追い討ち  わしは赤坂を落ちる  わしが火をかけて  わしてひょいとお辞儀をした  わしてくる  わしにやでけ  わしが話さう  わしを招いている  わしにこの醜墨をみずから示すか  わしはいう  わしがついている  わしの妻子一族がみな呉で投獄された  わしの顔を知らぬ  わしが通るに  わし始めていたが  わしのおる  わしはさっきから聞きたかった  わしがここを通っておるぞと報せて  わしの座敷へ集れ  わしの名を持ち出した  わしにはさっぱりわからん  わしが下谷まで送って進ぜようと思ってナ  わしは今から予言をする  わしはまだ明けやらぬ  わしにはわからん  わしはどうも貴官から言いつけられた  わしを留置場へおしこめると言う  わしが本気で心配している  わしが見えないか  わしをだます  わしはゆるせん  わしに知らせる  わしが留守にしている  わしのかねて  わしのそばへよって来い  わしは知らないぞ  わしのやっている  わしがお前をえらくしてやろうと思っているのに  わしの研究の結果だけを話そう  わしの言葉を信じない  わしの天文学に関する智力を知らない  わしを疑う  わしに聞くまでも  わしも死ぬさ  わしに貸しなさい  わしはまだよく研究していないが  わしを変だと思っている  わしが言って聞かせてやっても  わしが話をしてやっても  わしが君たちに警告した  わしは変だと言われたが  わしをだましているぞ  わしはしゃべらないぞ  わしはわしで勝手に思った  わしはこれを研究してみたいと思う  わしには前からわかっていたが  わしが聞いても  わしの目から見れば  わしに返事をしてくれれば  わしの顔を見た  わしは重大使命を帯びて  わしはかげの  わしが課長から命ぜられていて  わしが始めてだろう  わしが火星に行った  わしが助けた  わしが持っていた  わしが火星へ持って行った  わしは二人をかついで急いで  わしはさっそく二人を流れにつけ  わしは出来るだけの  わしは火星人に二人をうばいかえされる  わしの心はきまっている  わしはお前に金でこしらえた  わしがお前に言いたい  わしについて来い  わしが何か言えば  わしにも見えない  わしはそれを知っている  わしの声の特徴をよくしらべている  わしのしゃべる  わしの身のまわりを大警戒している  わしが火星の秘密を地球人類につたえて  わしは火星人の着ている  わしはこれからしばらくお前にもあわないよ  わしがうつまではお前もうってはならないぞ  わしのことは後でゆっくり新田から聞くが  わしもやられたらしいぞ  わしにもよくわからん  わしをのけると  わしにも見えたぞ  わしの後へ廻って  わしが言う  わしにあいさつがあった  わしには家族があって  わしに言わせれば  わしもこの前火星へいった  わしのところでいろいろと勉強もした  わしも今度は出来るだけの  わしが命令したら  わしの言うとおり  わしが今しゃべると  わしが大勝利をいのっている  わしからよく話をしてやろう  わしがひき受けた  わしは金星を攻略し  わしが言うよりも  わしの矢瘡を案じてか  わしは惜しむ  わしの唸き  わしが秘伝の書として家に蔵しておる  わしが書簡を書くから  わしの家まで行って  わしの名を知っている  わしは帰る  わしがここへ坐りこんでから  わしも安心して  わしは雲水になって  わしに書き越すからは  わしの命はまだ二十一日だけ残っているから  わしがかんがえる  わしは間もなくここで死ぬ  わしのことにはおかまいなく  わしているだろう  わしは家へ帰って  わしたものに他ならない  わして来た迄な  わしは知らぬぞ  わしもアッと魂消  わしはたしかにこの耳で聞いたぞ  わしも愚痴は言わんが  わしも存じておるが  わしが引きうけたから  わしがうまい工合にやる  わしが引きうけた  わしの身体は金のなる  わしの身体を預った  わしに払わねばならん  わしを預れば  わしをこのまま帰せば  わしも好かん  わしにはわしの考えがあるで  わしが書いた  わしてしまう  わしておる  わしに取っても  わしは目をふさがれて  わしから後に奏聞しておく  わしが来る  わしには水をいつ  わしも久し振りで登つてみようと  わしには持って来んじゃないか  わしはおっと  わしはただ花子をもませまいとして監獄にゆく  わしのぶんも米や青物をとっておかなかったかともうしますと  わしがみなをやっつけたなぞとあやしまれる  わしのこころがつうじたとみえ  わしから逃げだしたいとかんがえている  わしから逃げる  わしはそこではじめて花子にはらをあかし  わしのこころがわかり  わしがおりませんでした  わしはもう一匹のやつを炊事場の水槽の中に飼ってありましたで  わしにもなれねえ  わしも通夜するだと言いましたけ  わしをからかう  わしは危険をもかえりみず  わしの考えだした  わしになついてくるんでね  わしもたしかにそれを認める  わしには分らない  わしに聞く  わしに報告してもらいたいな  わしは月世界の生物を発見しとる  わしは旅人を救うてやろうと思い立った  わしが家は街道を離れているので  わしは人の野宿をし  わしがところではさしたる饗応はせぬが  わしはこれでお暇をする  わしにもわからぬ  わしがつけてやる  わしが受け合って取りなして  わしは道具を持って来た  わしはお前さんの髪をもろうて往かねばならぬ  わしに言わずに  わしが知らぬから  わしが知っておる  わしが午ごろ鐘楼から見ておると  わしに声をかけおった  わしは永い間からだを鍛えているので  わしはこうして静かに暮している  わしがこうしていても  わしはこの山で毎日いろいろの人と一緒にくらしているも  わしは説教なぞできぬから  わしとても床をとって休みます  わしは会うて話したいくらいじゃ  わしのかえる  わしの弟子で拉れて来た  わしは童子がわるいので何ごとも楽しいとは思いませぬ  わしはお前のよくなる  わしはもうなおらぬ  わしはその阿  わしは不図童子の着物らしいものを壁の上にある  わしはこうたずねた  わしの声が耳に入らぬ  わしは阿  わしはそのときこの阿  わしは禅杖を上げて阿  わしは再び杖をあげた  わしの見てる  わしがやりませう  わしの家の荷物をあらかた運んでくれてゐる  わしたりしていた  わして来る  わしたからにはようしゃはしない  わして勾坂甚内を呼び止めた  わしには見覚えがある  わしもそう見た  わしはいたく心配しておる  わしにも解らない  わしの力でもどうにもならない  わしは云わぬの  わしの手にまで渡してくれたのよ  わしにおいては存じて居った  わしを呼ぶ  わしの持っている  わしの許まで持って参り  わしはこの旨お館に申し  わしの手へ渡すという  わしが助けてやる  わしは一度も見た  わしは昼も龕燈をともして  わしはわしの信ずる  わしの持っていた  わしにも解らぬ  わしにも意味が解らぬ  わしには解らぬのでのう  わしは入ろうと思っていた  わしも兄上も同じなのではあるが  わしは一念頓悟して  わしは知っているが  わしに従いておいで  わしに従いてさえ来れば  わしは殺されて  ワシァ木村を負かした  わしの家は食物を売ったり  わしはこれを二三百欲しいと思ふ  わしにも分からぬが  わしがひとりでさがす  わしが乗って  わしが乗れば  わしを引きつけて置いて  わしは汽船に乗ったという  わしのトランクの中に入っている  わしが乗らなきゃ  わしのあの器械を使えば  わしは何か尤もらしくした  わしが馘になるだけではなく  わしの手を見て  わしたものだと思いました  わして行く  わしは見た  わしの手におえる  わしに救いを求めているらしい  わしは江戸へもどって  わしを召捕るなら召捕るが  わしを召捕って  わしのした  わしを称めている  わしの行いは判るであろうが  わしの志の判る  わしがおったので  わしを見た  わしの行いに打たれるに  わしの志は報いられる  わしはちがう  わしが譲るとしようよ  わしてはいなかったが  わして本国へ退却の色を見せる  わしは此処が一番気楽でようがす  わしを何と思っている  わしとして名誉でもあったろが  わしは一肌ぬいでやらなければならん  わしもしなかった  わしが洗うてやる  わしから訊くが  わしが有り  わしの工場をみてください  わしもこの五六年椎茸をち  わしのこの夏聞いた  わしにもわからん  わしを引っぱり出して  わしが隠居仕事で候のと言って  わしは長年のお務めを終えて  わしになりません  わしは存じて居りましたでがす  わし如き者に分ろう  わしのところへは置いておけない  わしの命令から逸脱する  わしの方は一体どうなると思う  わしの最後の一線が崩れ去る  わしには分らんね  わしは曲った  わしは知っていたので  わしのところへ来てくれる  わしはすっかり失敗してしまった  わしは知らん  わしの姪の草枝はどこへ連れていった  わして居る  わした感慨の根となる  わしが書物や筆を捨てて  わしも行くよ  わしはそこで働いていた  わしの職があくよ  わしには気に入らなくもあるさ  わしはきっぱりとやめろというね  わしはとてもたくさんの船で働いた  わしはなんの役にも立たない  わしにはわからんね  わしに忠告しようっていう  わしが船長のところへいかなき  わしは事務室へいき  わしの考えをいおう  わしも奥へはいるが  わしてしまった  わしは昨夜十時頃まで工場にいました  わしは調べものがあったから  わしと家内との住居に充てている  わしは家内の部屋へ行ってみました  わしは青谷技師以外の者を頼みにしていません  わしの面目も立つという  わしは一寸庄内まで行って  わしには知れずにゃいない  わしが知るまいと思っても  わしてくどくどと述べ合うという  わしたものだと思う  わしの責任になるがな  わしでは十六とか三十三とか云って  わしはほんとうのことを言っている  わしはこの火の見梯子をお前に請負わせる  わしもそれを伺おうと思っていた  わして説明した  わしもこれからちった  わして歩きまわります  わしているから  わしたのさえあった  わしになっていた  わして見せるなんて  わしが教えてあげ  わしが逢坂の水を汲ませる  わしを呼んでる  わしは今睡りかけている  わしは随分ながくここに住んでいるが  わしが自分の法力でこしらえた  わしはそういう馬が是非一頭ほしく思ったから  わしは幸福の棲む  わしはあれに乗って  わしが尋ね残した  わしはすっかり年をとってしまった  わしはむかしからずっとここに立っているが  わしがお前のように方々飛び廻りたく思わない  わしもこの頃になって  わしと一緒に棲んじゃ  わしはもう出かけなければならない  わしの一生かも知れない  わしは出かけなければならない  わしが自分で煮つけた  わしが産れ落ちた  わしはさつ  わしの緑柱石の耳輪をとらせるが  わしの男ぶりを然るべくととのえさせては貰え  わしの弟の宿へ行って  わしの目通りへ出す  わしがして上げましょう  わしが坊主であるとはいえ  わしが言っておいた  わしは手紙を書いて  わしは左遷せられて往く  わしは罪を持っておるが  わしは行かぬ  わしは勝ち手にとらせる  わしは御馳走役じゃと云うて  わしが縫つてあげよう  わしの命令にしたがうか  わしは懲り  わしをどう扱った  わしを呼んで  わしは二十六まで嫁はとらん  わしは宿で寝てる  わしは百万円の金をこの腕で作った  わしの弟のことが気に喰わんなら  わしは百万円を無いもんと思うた  わしの様な者の所へ縁あってとはいいながら  わしには四人の弟と二人の妹がある  わしはこの目的を抱いた  わしの目的をよくのみこんで  わしが目的を遂げられる  わしは氷河鼠を食ひに  わしを抱いてつれていけ  わしは船長として貴様にめいずる  わしに呉れる  わしの気に入ったからですよ  わしを日本人にしてしまわないと  わしの部下らしく見上げた  わしにこんな映画を見せて  わしが号令をかけるから  わしはなんにも知りませんが  わしの知らない  わしには何にもいわないで  わしにあずけておいて  わして堪えしのんでいる  わしつつある  わしにも一番いい服を出しておくれ  わしがある  わし来つつあった  わしが言った  わしの娘をおよめ  わしのだいじなだいじな娘はどこへ行った  わしの息子のおよめ  わしの娘になっておくれ  わしにできる  わして私に慰藉の言葉を与えてくれたとしか考えられない  わしがひなにやる  わしを巣から追い出して  わしがまい  わしを追いたてました  わしのようにとがっていました  わしはいよいよ最後の努力をする  わしがこうして連れて往かれる  わしてあります  わしてきた  わしがしっかりのみ込みました  わしの背中に当つたんでがすよ  わしは半年遊んで  わしや万福に心配させん  わしの家内とを合せると  わしが背負つて行く  わしが腹にすえかねる  わしはうらみますよ  わしが殺してやる  わしにも便所そうじをやらしてくれ  わしが食ってやるぞよ  わしに来ようという  わしにいい機会がきた  わしは幽霊なんぞこわがりはしない  わしが世話するが  わしは保証するよ  わしが一度言ひ  わしはなにを言はれたか  わしに暇を出すちふ  わしが案ずる  わしが今覚えている  わしから時限爆弾のことを聞き出し居った  わしは今でも憶えている  わしておると  わして置いて  わしはそれを疑いはしないよ  わしが見た  わしの顏をみて  わしもこれには一杯食はされた  わしのやる  わしの虫が好く  わしに食いもの  わしが勘定の滞りに  わしはわしの身のしんを揺り動かして  わしが差上げた  わしにもうありません  わしはこれを摂らんと  わしづかみにして  わしがした  わしが掃除しとく  わしが引き受けた  わしのところへ連絡してもらいたいね  わしを呼ばない  わしの仕事場へ送っておいて貰いましょう  わしの見落している  わしはたいへんふしぎに思いました  わしは家へ入って  わしは腰が抜けるほど  わしの存じません  わしはピストルは見た  わしが証人に立ちます  わしがおトメさんの横に寝ていましたから  わしが家内にそういって  わしは御主人殺しの関係者と睨まれて  わしは自宅に居た  わしはおトメさんの蒲団の中にいながら  わしにはずいぶん永い時間のように感じましたが  わしはもう小さくなっていました  わしにははっきり分らない  わした者があった  わしは鎖で縛られた  わしのする  わしにくれた  わしがお詫びせねばならん  わしが悪るかった  わしがウッカリしておった  わしの話を退屈に思いはしないかな  わしはアンガスさんのお話のうちに二三ちょっと暗示を得た  わしたような翁や姥の面はいうまでも  わしも行こかな  わしや知らぬ  わしの眼の性か銀座で見たりや  わしや帰へる  わしこの辺のことよう心得てますが  わしはとうから察して居りますじゃ  わしは会わせたいが  わしの面目も立つと云う  わしが添う  わしが苦情をいう  わしが叱る  わして居ります  わしの事を噂している  わしとを較べて  わしは気が進まぬし  わしは出たくも  わしに優っておろうとは思わぬ  わしの荒稽古一つ受けられん  わしはわし一人で戦う  わしの槍を恐れて  わしを押えにかかった  わしの運のつきる  わしを称めてくれるだろう  わしは外に持っていないからな  わしのような者がこうやって  わしの方も大いに援助するし  わしているが  わしは荷物をして  わしもわしで木村さんから頼まれとる  わして椅子の背に手をかけた  わしはお先するが  わしはお前の家には一度もよう行かずにいる  わしただけに過ぎません  わしもすぐ後から行くから  わして柳は緑に花は紅に見える  わしも佐世保へ行きます  わしの蒲団へ入れてやるから来な  わしの出る  わしがこさえた  わして重い瞼を開くと  わしてつべこべ弁じ立てなかった  わしは言っただよ  わしもこの年になって始めて聞いた  わしも一人の息子を満洲の兵隊へ出しているだが  わしはそれを手に取って  わしもよく知ってるだが  わしは言つといた  わしは体が冷えて寝つかれもせん  わしと寝て呉れんか  わしているという  わしの考え違えだった  わしも安心しただよ  わしはこれで引きあげる  わしやしらんよ  わしにわからんと思ふ  わしも譲歩せん  わしも何かを忘れた  わしが卒倒したら  わしは単なる破  わしの修養を嗤ふだらう  わしに得点がある  わしがこれをも外らしたら  わしは断じて折れてはいかん  わしは不識を観じ  わしについてきた  わしの落としただ  わしは原の町へ至急出張せんけり  わしのいっている  わしは相談に乗ろうから  わしの声を放送した  わしが低速砲弾に応用した  わしの自慢したい  わしのところへ戻ってくる  わしの自慢にしている  わしているかもしれない  わしたりして見せて  わしい銀行の地下室に預けるよりも  わしはせはしなく  わしの手に落ちる  わしは學問がないから理窟はなにも知らん  わしはなにもおつ母さんの世話がいやでいふ  わしの荘園におった  わしという万年白歯を餌にして  わしの銅像をたてる  わしい呼吸をしている  わしが落ちたら  わしも起きるとしよう  わしの話を聞いて  わしは地球儀をかく  わしが戻ってきたら  わしの触角につけてから喋らないと  わしには一向お前の声がきこえないよ  わしが号令をかけて  わしが月の世界への第一歩をふみだすぞ  わしの家へ来なさらんか  わしは同志をつのるよ  わしは知らなかった  わしも知らない  わしもいっしょに行くから  わしを徳の高い坊主だと思っているかもしれんが  わしが殺した  わしが手をかけて死なせた  わしは坊主となって  わしを満足させてくれぬ  わしがこのあいだ貸してやった  わしはひそかに毒をあたえて  わしが殺したとは  わしのために切りとられた  わしがその良順の肉をどうしたと思う  わしもたびたび人を殺す  わしはひそかに手ずから蝋燭を作ったよ  わしは沢山思いどおりのものを作った  わしの作った  わしは言うに言えぬ  わしはなんともいえぬ  わしは食べ物も咽喉をとおらぬくらい考え悩んだ  わしの心を満足させてくれ  わしの不思議な心をたのしませる  わしはもう容赦しない  わしの人殺しを手伝ってくれるか  わしの話した  わしがとっさの間にこしらえた  わしの話を本当だと思って逃げて行った  わしをもっているという  わしの詞を聞かなかったから  わしをわざわざ呼んでおきながら  わしをどうしようという  わしのいうとおり  わしの話はむずかしすぎて  わしの説明を了解するであろうか  わしのいった  わしは惡いこともした  わしや身分が欲しかつたと  わしこそは悉達多太子の生れかわりだ  わしも手伝おうよ  わしは釈尊のおつたえをいっている  わしにもまだ分っていないらしい  わしがとこの息子を戦に連れ出して行った  わしの方から出向く  わしがとこの息子を唆して  わしの眼をぬすんで誘き出したばかりか  わしは戯れ  わしの首を斬って  わしがしようという  わしにいわれても  わしが三日の間に捕まえてやるよ  わしが縛め捕ってやろうという  わしが引き受けるには  わしはその公明正大な厳罰と明賞を行おうとする  わしは読んでおる  わしにちょっと貸してくれい  わしも腹がへったよ  わしの法縄に縛られぬか  わしの縛る  わしに縛られると  わしが偉いにしておいても  わしが三日のうちに捕えて来なかったら  わしの処分にまかせると  わしが呼んだ  わしと暮す  わしの面目は立派に立ち  わしは寝る  わしは勝者となって  わしがいうた  わしの指図も仰がず  わしの誓いも  わしはこういって待たせて来た  わしが喋舌った  わしのゆく  わしはこれで氣賀で降りて  わしが此の間ひよつくら見附け出したから  わしも丁度今のお前と同じやうな苦労が絶えな  わしがつい勝手にかう  わしだつてあんた等を飢ゑさしやせん積りで此の通り身体の続くだけ働いとる  わしの云ふ  わしがものを云ふと直ぐ意地になる  わしをうるさがるなら  わしがうるさいなら世話にならないでも  わしをしたものの  わしうるものをそのままに発句にした  わしを抜いてくれないか  わしとはわかるまいが  わしを吉岡の嫡子と知っている  わしのこの袂をはなさせてくれ  わしを措いて  わしが取りにゆくから  わしがこういったと伝えてくれ  わしは奈良へ先に行っている  わしの首を打て  わしは心もとなく思うが  わしが代って  わしの側を九尺も跳んで通った  わしの鍬の先へびりッと感じていた  わしはやはり鍬を持って  わしもともに習うた  わしとここでわかれる  わしから離れろ  わしが突き殺されたら  わしを盲目と思うてな  わしも奈良へ戻るとしよう  わしが挿けた花は生きておろうが  わしは剣道で生ける  わしが茶を教えてやる  わしにもすこし古今調を手ほどきしてくれい  わしくその軒下に駈け込んで  わしは興奮を其の種類によって分析する  わしの注意を集めた  わしの研究結果によると  わしの結果でも三人の内で此の犬塚が一番低いけれど兎も角も8を越えている  わしが其の他に測定した  わして一句だに他人の作とまごうべくもあらず  わしにさせて下されと申し越されて  わしに会いに参った  わしが気がつかな  わしは母御の頭から生れた  わしのことなら心配せんでおいてください  わしはこれでもコントル・ダンスというのを知っている  わしを嚇した  わしの許可なくして  わしは水牛の背に積めるだけの  わしの好きな燻製が朝から出て来るぞ  わしが王先生と醤買石の寝室を覗きにいった  わしは人の部類に入らない  わしの調合によれば  わしもよう覚えているでな  わしはたびたび無心いいとうは  わしの物をみんな取っている  わしは腹が立って  わしはお前のところから遠く離れる  わしにゃ判らない  わしから依頼して  わしがいう  わしもついている  わしを負うてくれる  わしから迷惑を詫び出る  わしは乗らない  わしの留守中に起った  わしが頼もうという  わしもすこし物足らぬ  わしは殺生したくないが  わしへ思い当る  わしの身を思うてくれる  わしに喰ってかかる  わしが写経した  わしが書いて遣わした  わしでは分らん  わしを困らせずに  わしの帰った  わしの住居へ訪ねて来い  わしはもう上がる  わしの眼をくわっと見る  わしの止め  わしから話そうか  わしの肚をはなす  わしも年齢を老った  わしが善鬼を斬った  わしは彼に負けたとは思わない  わしはわし自身を慚愧して  わしは思う  わしはその非に対して慎んで降ったといった  わしが所へ来て寝  わしは後から行く  わしているであろうか  わしに委しといたら  わしがどうにでもする  わしが引き受けるから  わしにはおまえの心持ちはわかっているよ  わしは着てゆかない  わして芸者にもたれかかっていたりでもすると  わしが現にこの手でお嬢様たちのお墓を刻んだでやして  わしもそう思うとるでがす  わしの代りになって  わしのいる  わしの戯れだ  わしがわざと羽目板の際までおまえを追いつめたが  わしの肩を越えて跳ぼうとした  わしが行く  わしは退がろう  わしもしている  わしに従いて  わしは家にいても  わしは関東から来た  わしにはいっこう分らぬが  わしのお供いたしておる  わしが禁じておいたのに  わしの家へもらって帰るよ  わしはいらぬ  わしに会いたいとは  わしが以前に見かけた  わしにくれぬか  わしも修行と思って  わしも参ろうよ  わしの草鞋の紐でも結んでみろ  わしはまだ見ないが  わしも入れてもらいますよ  わしを入れまいとして  わしには何でもわかっている  わしが若いころ井戸掘りやっていた  わしが井戸掘り  わしの鼻に廻転錐を直結しなさいという  わしはお前をさらに叱りつけねばならん  わしはお前を新に叱るぞ  わしは安心したよ  わして後三十分でこれらの事が運ばれた  わしもしばらくやってゆく  わしが考えている  わしの席を見ていたと  わしは草の上に財産を広げた  わしが行って探して来る  わしは牛は売るがは  わしははづなは売っても  わしは自分でこの子を尋問する  わしが預かる  わしづかみにつかんだ  わしと善太をこれかうと  わしもそこを睨んどる  わしは役目柄ズッと入るけに  わしが気休めに書いて遣った  わしの遠方行きをどうして知って御座るかいな  ワシも泣かされた  わして螺のようなやつを突きつけながら  わしい馬鹿さわぎを眺めても  わしい和歌を詠み  わしの手を見ているが  わしの命令どおりにやれば  わしが行こう  わしからひきとる  わしのつれてきた  わしは卵を生む  わしは近所に住んで  わしが預っておる  わしも江戸の親戚に急用が出来てな  わしの教えた  わしもよくは知らねえが  わしは大事を控えた  わしにかかり合い  わしは江戸を抜け出して  わしも最初のうちは欣んでいたが  わしが眼で見れば  わしがその正しい剣道の師匠を其許に推薦する  わしとは若い頃から気が合うて  わしもお前からさんざんの嫌味を並べられ  わしの前で言えるか  わしにあるか  わしが家へ帰って  わしに喧嘩をしかける  わしも近々京都の方へ行こうと思う  わしもそれに頼まれて  わしをどこへつれて行きなさる  わしもそれを心配していた  わしはどのようにして  わしはこうしてここまで来はせぬわいな  わしに京都へ帰れと言う  わしはもう京都へは帰られぬ  わしが今日の身の上を知らぬ  わしの家は先月の十六日の夜に盗賊が入って  わしが京へ帰れぬ  わしを一人置いて  わしは死なねば  わしが国さを弾いてゐる  わしはいっそここで死にたい  わしも京都へは帰れず  わしも思う  わしに言わせると  わしはお前を遊女傾城にしたくは  わしの生国まで見抜きなさる  わしが身は急に忙しくなった  わしは人に追っかけられてる  わしをつけ覘っている  わしが来たとは  わしが唱えるから  わしが赦すまで  わしに買えと言わし  わしが立つ  わしもおどろいたよ  わしも近頃すつかり見えねえも  わしもね息子は早く持つ  わしのくされでがす  わしもこれ息子が生きて  わしも此で幾らも擔いちや出ねえでが  わしも何處でのたるか知れたこつ  わしは神に仕える  わしはもうこりている  わしはなにも持ってこないよ  わしは荒療治をやる  わしも注意が足りなかった  わしを恨んで  わしはよいことを考えた  わしもいろいろ考えた  わしはお前をつれて  わしが考え当てた  わしの見ぬ  わしが送って行って  わしがところにおる  わしが家の道場を見てもらいたい  わしはこれからお豊をつれて逃げます  わしも一旦は縊り殺された  わしの首から細引をといて行ってくれた  わしはお前さんの家へ忍び込んで  わしの心の丈をよく聞いてもらった  わしの心の丈を聞いてもらいたい  わしがどれほど苦労したか  わしも人殺しなんぞをしなくても  わしはこれほどまでに悪い人にはならなかった  わしはお前さんに済みませんと言われた  わしは思い切りたいが  わしは死んでしまった  わしは死にます  わしは死んでしまう  わしに一人で江戸へ行け  わしはこう思っている  わしの親たちはね  わしが亭主になって  わしが役人につかまったら  わしと一緒に逃げて下さい  わしの心を汲みわけてさえくれたなら  わしにくれないの  わしはその火の中で焼け死ぬ  わしに会わせなかった  わしが思いつめた  わしは全く心を入れかえて  わしも考えるから  わしに任せる  わしと一緒に逃げてくれるか  わしの願いが叶った  わしの親たちが温泉宿をやっている  わしもいったん地獄を見て来た  わしがところなり組合の衆なりへ申し出てもらいたい  わしはこれから熊野権現へ行く  わしと一緒に帰ろう  わしも一緒に行こう  わしはここで待っていよう  わしはここで待っている  わしと江戸へ逃げたい  わしが送って行って上げる  わしはこう睨んだ  わしてみたい  わしにひと言も挨拶をしねえ  わしはちゃんと見ていた  わしは見違えていた  わしへの腹癒せにわざと怪我をさせた  わしに腹癒せがましい  わしを威かして  わしがその年になるまでには  わしへ歌う  わしが物申す  わしを子供と思うてぞ  わしはおもしろいと思うておる  わしの方から話してつかわそうか  わしも折ふし飽いた  わしもまた初めて知った  わしが奇異を感じた  わしは怖ろしくなった  わしを又太郎高氏と知ってか  わしも告げよう  わしも笑いたい  わしの性根を見てやろうと  わしの後にでもついて来た  わしは観て来た  わしにも舎弟や老臣もおる  わしの幼名を呼ぶ  わしもそもじの  わしが悪いようにはせぬ  わしを訪ねてくる  わしすら知らぬ  わしが童の頃より傅役として付き添い  わしを呼んだ  わしを誘うた  わしの血縁もおれば  わしが迎えてやるまで  わしを思うなら  わしに姿を見せずにいてくれい  わしの子でないとはいわぬ  ワシづかみにつかまえていた  わしの孤独がわからぬ  わしに教えてくれた  わしは悲しい顔して  わしの心に勝った  わしをも仲間に入れてくれまいか  わしの願いを聞き入れて  わしがたまらぬ  わしがよく見て上げるから  わしのところへ相談に来てみるが  わしは眠くなって  わしは眼が見えぬ  わしが生国はその隣り  わしもどうやら故郷へ来た  わしはなんとなく腸に沁みる  わしもあちらへ行く  わした男といえば  わしの嗜好に一致する  わしは鐚一文もあんなのに出す  わしが人目に立たぬ  わしの胸倉を取った  わしの方から言えば  わしも面白半分で出かけて行って見ると  わしが奥様を迎える  わしはただの猫ではなくして  わしが今このように落ちぶれた  わしに食わせおった  わしの臓腑がことごとくはじけ破れたからじゃ  わしはこの通り形が小さくなって  わしの眼は何ひとつ見えん  わしを怖がらんでも  わしは目玉までが抜けてしまったわい  わして言わなくとも  わしの力を借りるまでも  わしが力添えをしたとて  わしは別にかまひはしないけれど  わしはハッキリ分らん  わしが斯うして生きてゐる  わしは別に殺しはせんよ  わしはこれから有野村の馬大尽へ行く  わしは助かった  わしは馬もろともこの古井戸へ落ちて助からぬ  わした面を見ると  わし忌ま忌ましく  わしにだって分らないで  わしに喰えといった  わしの大金庫から新兵器の設計書袋を二抱えも持って逃げよった  わしはすっかり腹がくちくなって  わしは人間は喰わぬ  わしが五年かかって  わしのところへやって来たら  わしも琵琶を抱いて  わしが鎌倉へ曳かれた  わしを怨んでいるではないか  わしの嫁迎えか  わしは戦場で仆れる  わしの妻として添うてゆけるか  わしへも心をひかれつつ  わしを恋の敵手と見  わしの行く  わしは立合う  わしを見ると  わしの手を握り  わしの小心を見抜かれたか  わしを見て  わして来  わしづかみに  わしのところへ来てくれると  わしの家へ来て働いてもらいたいが  わしは会いたくない  わしの羽織だけをここへ持って来てくれる  わしが呼んでも  わしが許さぬ  わしはお前にまだ話したい  ワシの倅が三年前に医学校を卒業して  わしているか  わしが先に立ちましょう  わしがこの耳で間違いなく確めて来た  わしが磨らねばなりません  わしがする  わしの云う  わしにはよく見えんでのう  わしには見えん  わしは恐竜が泳ぐ  わしは信じませんね  わしが飼っている  わしは恐竜にたべられる  わしが恐竜を飼っている  わしが昂奮しているって  わしが下りよう  わしだって注射はできるぞ  わしは彼らに同情する  わしは恐竜の方に味方する  わしはかけをしても  わしがお前を引き取って上げよう  ワシづかみにする  わし始めたことに過ぎない  わしに聞かしてくれ  わしはこの通り眼が見えないけれど  わしになった  わしは敵討という話を聞くと  わしは敵討をする  わしが留守の間をよく気をつけて  わしがところへ相談に来た  わしが思い当った  わしのところへ来て  わしの後ろへ跟いておいで  わしの寺からということにしてあるから  わしは知っているから  わした旅人がありました  わしに何の用向きか知らんが  ワシに花押をかけというから  ワシを軽々と抱えて降りた  わしのような気怯れ  わしは欲しいからいう  わしの指図は受けんという  わしに慣例の金子さえ持って来ん  わしが教えてきいた  わしを非難する  わしをひどくいうだろう  わしにどこに立つ瀬があるか  わしに斬りつけるという  わしを討つ  わしはつまらない喧嘩を売られたとしか思っていない  わしを討つよりか  わしを討って  わしの面目にかかわる  わしの面目を潰す  わしの差図をきかない  わしを斬り損じたが  わしは十分斬られている  わしを斬ろうなどと  わしに何の罪がある  わしは殺される  わしは内匠頭に殿中で斬られた  わしの方が何か名誉回復のために仕返しでもしたいくらいだ  わしが前に斬られかけたという  わしもお前もこんなことにならずに済んだ  わしの心をいくらか知っている  わしには正しい言い分があるぞ  わしも知つとる  わしがどうしたといふ  わしは出んぞ  わしとこの者が度々御厄介になつとる  わしの方からお礼を云はなきあならん  わしを搦めぬ  わしは心もどうかしていた  わしの計らいで  わしはどこへも行きはせぬ  わしの向けた  わしが直々会おう  わしへくれぬか  わしとて困る  わしも書く  わしは急がぬ  わしには見えるが  わしにはわしの信条がある  わしは学問としておるが  わしを何だと思うている  わしの待つ  わしも帰るぞ  わしも聞いている  わしには腑におちぬ  わしも一と身代つくる  わしへ向って  わしがそちへ命じる  わしが公然と宮方を名のる  わしを売り込んでくれまいかの  わしに嘘をいって  わしはこれで行きやすから  わしのお嫁になれ  わしが連れて参りました  わしはほかに用事があっての  わしてこう申します  わしも安心したと  わしにはよくわかりませぬ  わしはお前を知っている  わしの調査によると  わしがいくらでもしますよ  わしは云ふだ  わしの口からは云へんけんど  わしの小屋へ来  わしも鳥打ちかたがたあのへんまで出掛けても  わしのゐる  わしもがつかりしてゐます  わしもなんだか気ぬけがしたね  わしの耳にははひつておらんしね  わしが個人で買取つてもい  わしは去年の夏立花さんの別荘へ出向いた  わしはちょっと出掛けるからね  わして反問した  わした時に逸早く見つけようと云う  わしが知る  わしは貞を隠した  わして顔を背向けようとした  わして突立上った  わしはさっきからお前を待っていた  わしも職務を果す  わしを恨んでいるだろう  わしにどんなに心強く響く  わしは八十円程金を持っている  わしはそのうち二十円もあれば  わしはもう何にもいらぬ  わしはその金を自分の事に使う  ワシは唖子になる  わしにもおくれ  わしには飛べない  わしは山伏となって  わしは死なぬぞ  わしが兵学を仕込んだ  わしが石を投げた  わしの方へ咬みついて来た  わしがいるよ  わしも悩んでいるという  わしにも人間の臭いがして来た  わしは人間の垢を知らなかった  わしの刀に付けておる  わしが斬り落した  わしの顔を覚えている  わしはここを動けない  わしの袴の血を洗って  わしを見んかい  わしや思ひますけんど  わしの考へでは分裂しても  わしには事務所の書記中心の農民運動はもうだめぢやといふ氣がしますが  わしのところへも何度か来た  わしの気に入ったよ  わしに説法はいらんよ  わしも行く  わしも帝のおあとを追うて  わしが納屋へ行こう  わしにも解せん  わしから行こう  わしが帰って来たからといって  わしも近ごろ忘れておる  わしは近くでは見るにたえん  わしの顔が仰げぬ  わしに申したか  わしはこれから宿まで様子を見に行って来ますから  わしを信用して  わしにその金を融通してくれた  わしはこれからあの人を訪ねて  わしはよく知つているけど  わしあ惚れ込んでいる  わしにして見れば  わしが踊り明かしていると  わしを華雲殿のただ中に投げおった  わしの応対に突ン出されしか  わしをだましたな  わしはもう大蔵などへは戻らんぞ  わしを送る  わしも明日から柳営へ出仕する  わしの呼ぶまで  わしに害意をもっておるな  わしを殺そうとの  わしは知らんな  わしもさっぱりした  わしの任はすんだと  わしも決して弓の手を弛めはしまい  わしなどは古びた  わして見たが  わしの城にもぜひ来て見なさい  わしよりもそちらがこの問題についてはセンシブルな意見を持たるる  わしが一旦は受納を致した  わしたのはありません  わして約束をしようという  わしは何も知らぬ  わしは復讐を甘受しなければならぬ  わしにもわかっていなかった  わしは一本の剣で二人の女の魂を貫いてしまった  わしにも一言いってくれると  わしも弱ったよ  わしが行って  わしのように十五もの会社の重役をしている  わしが変心していなかったら  わしも結局憑かれた  わしは知る  わしはあの時あのおきたと  わしがおきたと  わしは快く殺されよう  わしは命を取られなかった  わしは歌麻呂のかいた  わしは信州の追分宿で聞いた  わしたこともあった  わしの眼力は狂わなかった  わしが尊敬しておかぬ  わしに兵法の講義をしろとは  わしに会いたくば  わしを知らん  わしは居所をかえねばならん  わしは吐雲斎と申す  わしもそれが知りたい  わしも神ならぬ  わしの兵学が実験できる  わしの大江兵学に一だんの考究を加え  わしに助けられた  わしにくれるという  わしを軍師とあがめると申しても  わしに毒づきおった  わしの訪ねる  わしの兵学をも盗みおった  わしをここにおき去りにして  わしもみなと一しょに弓を持って  わしの腹を知りたい  わしはお受けして  わしにまかせろ  わしの分別に預けておけ  わしにも分らぬ  わしにも言いおかれていたが  わしはおまえを憎いとは思わぬだろう  わしは引っ返してしまうだろうと思ったからです  わしはこの藪のかげで待っているから  わしはもう牛の仔をいっ  わしが涙を流すなんて  わしからは乳は出ねえよ  わしはこの仔牛をあずけられた  わしはいまいい酒をひとびん西の館の太郎どんからもらったので  わしは笑い  わしはこんなことを白状する  わしはもう御老人をあざむいている  わして働いた  わしてあると  わし得ぬものと見られていた  わして相手の感情を刺激する  わしております  わしが連れて来ましたよ  わした時に初めて知りました  わしは飛騨の国を取りたいと思うて  わしに貸してたもらぬか  わしはこうして仕事をしているから  わし得るかも知れませんが  わし尽すことが出来ない  わしはここにいるよ  わしは誓います  わしが情けないこったと思った  わしてたくましい腕に木槌をふるうている  わしには名がある  わしの言を容れる  わしたこともないような色をした  わしからいおう  わしにある  わしにすすめていた  わしが念をおしている  わしを変だと思う  わしは負けたくない  わしのどこが取り乱している  わしは世間を眺めて思う  わしが可愛がっていた  わしが当代の工匠どもをあつめて  わしがゆるす  わしは果てる  わしの顔さえ見れば  わしの最期を見とどけるまで  わしも泣きたくなった  わしとの仲の幼い者がふたりいる  わしに殉じて死にたいと望む  わしは自分を知っていた  わしの薙刀をよこせ  わしが何とか小舟を手に入れて  わしがあった  わしはその昔そなたと宗論をして  わし難いものがある  わしとでしよつて来た  わしに楯をついても  わしも多少責任は感じてゐるし  わしはにらんどるが  わしながら侍が聞いた  わしが手を下すまでの  わして流しに立った  わしも長く附合っている  わして優劣が問題になった  わしに見せておくれ  わしは代々この木曾で医者を商売にする  わしが海馬に蹴殺される  わし得ようとも思えぬので  わしと法印との仲なればだ  わしは見ているばかりだ  わしの佐女牛の屋敷へ持参せい  わしが効いて  わしも無事にゆうべは眠った  わしの病む  わしく見えておりましたっけ  わしは行った  わしの手をしっかりと握って  わしの意中を理解された  わしはわしの生命の影を作りたいと思う  わしがウンと笑ってやりました  わし得るというあなたの見識が動き出しましたか  わしてみる  わしは今日から百姓になりてえ  わしては来ないが  わしは天皇の御寵恩にそむき奉る  わしを窮地へおとす  わしも途方にくれる  わしが仕尽くす  わしはここの将軍邸を捨てて  わしは寺へ移る  わしが今夜言ってきかせた  わしは世に告げてある  わしの守護仏ともいわれておる  わしの寝首を掻こうと  わしにさまでな  わしの室へ舞い込んだ  わしに起てと  わしは今日にも多賀城を立つ  わしの中軍に付け  わしに代ってだ  わしが入れてやる  わしていなかったから  わしが取ってやる  わしが足で踏みつぶしてしまいましたよ  わしもイヤな額だと思った  わしは知らねえが  わしに打明けて話して  わしはこう見えても  わしに供養をしろというから  わしやどうしても思ひ切れましねえ  わしも其積りで辛抱して働きませう  わしうつちやつち  わしがそこは引きうける  わしも手古摺つた  わしは決してうちへは寄せねえといつたんでがす  わしが夜は泊りに行き  わしに捉まつた時二度と決して足踏はしませんて  わしはうつ  わしの身体は鸛のやうにふ  わしてはいる  わしていないという  わしは沼之上の家を出て  わしに逢いたいと思うたら  わしは思うね  わしはお前さんのわずらいが  わしとでたくさん麦を打っといて  わしが兵隊をこさえたら  わしに言ってくれれば  わしはお前さんの好きなだけこさえてあげる  わしはもう兵隊はこさえない  わしはもうこさえない  わしがこの間道傍の畑で仕事をしていたら  わしはだれが死んだかたずねてみた  わしの主人を殺した  わしは兵隊は唄を歌って  わしの家へやって来て  わしはあの金貨を持って遊ぶ  わしはもうお金をこさえてはやらない  わしはどんな病気でもなおす  わしの婿になれ  わしがありました  わしの事は聞いて  わしの眼が今日はどうかしている  わしに相談する  わしのところへきた  わしにほんとうのことを洗いざらい言わないなら  わしは今の問題に関係ないことをむし返す  わしに隠してある  わしに隠してあるなんて  わしはもう元気がなくなった  わしはもうたくさんのことを全部見ている  わしに強い打撃を与えたからだ  わしをだまさないでくれ  わしに対しても悪ふざけをひかえた  わしにふとんをかけようとした  わしにはわかっている  わしはまだふとんなんかかけてもらっていないぞ  わしの心にかなった  わしが彼のために泣いた  わしを押えつけたと思っている  わしをよく見ろ  わしが動けるか  わしは喜劇を演じた  わしという年老いた  わしの生きている  わしがこれまでに仕上げた  わしがお前を愛さなかったと思う  わしはお前なんかいらないさ  わしに与えてくれた  わしに立ち向ってみろ  わしはあの女をお前のそばから払いのけてやるぞ  わしから筆記具を取り上げる  わしがあの男に手紙を書いてやった  わしの手紙のほうは右手にもって読む  わしはじっと待ち構えていた  わしが何かほかのことに心をわずらわしていたとでも思う  わしが新聞を読んでいるとでも思っている  わし難いところを現わし得ている  わしの部屋までちょっと来てくれい  わしの書物を見せたとて  わしがといわぬ  わしをおすてなさい  わしまでが文字の霊にたぶらかされておるわ  わしが女色に溺れているなどは  わしを虞氏に溺れた  わしもその間に山上の金剛山寺へまいるであろう  わしなどには負けられんな  わしの領内でもし危害を加える  わしの慰めにとこれへよこしたのに  わしも臍をかためよう  わしの合図を待て  わしを待っておる  わしに仕えていた  わしと伯父さんとでお世話をします  わして奇妙な物を売り  わしはこれで帰る  わしてもって  わしがここまで来かかるとな  わしの知恵にも及ばん  わしはその水を飲んで  わしの病気もあらかたよくなったで  わしはなんにも知らん  わしはもういい加減懲りとるでな  わしていると  わして其の刃物をたたき落して  わしの顔を見つめている  わしは明日出陣するが  わしからすすめる  わしから明朝言ってきかせよう  わしは元々そうあって  わしの麾下に余す  わしが選ぶ  わしも七たびでも人間の子に生れたいが  わしの令に待たんでも  わしが近江へ打って出る  わしく二人の女をよび起した  わしは日本にいくども行った  わしの支配する  わしはすでに司令官のおゆるしを得てあった  わしは目が見えない  わしの引張ってきた  わしも凄い運につきあたった  わしにはさっぱりわからぬ  わしが神経衰弱にならなかったとしたら  わしが沈めた  わしを海中へひっぱりこもうという  わしは今夜司令塔へ詰めようと思う  わしに要求する  わしが一々立て直した  ワシにはよくわからんがのう  ワシが持って生れた  ワシの罪じゃないかと思うとる  ワシは長巻直しの古刀を一本持っておった  ワシの刀は一度も研がない  ワシもつくづくそう思うたなあ  ワシも赤面したのう  ワシの顔を振り返りおった  ワシの一存で片端から斬り  わしが聞き役になってやるけに  わしが正しい方に加勢してやる  わしが御馳走になった  わしが不断から武芸を指南する  わして其方を振向く  わしく訊いた  わして行ける  わしのこつば悪う思ふとりやせんかしらん  わしや断わつた  わしが待つぞと  わしや泣きませうに  わしが願ひを  わしや黒猫よ三鳥は空飛ぶ  わしやゐた  わしの扱帯も春降る  わしは井戸を掘らせん  わしはここから帰る  わしが出してあげよう  わしの代りにつかわしておいた  わしが開基となれば  わしの答えでは意味をなさん  わしとが家来をあいてに斬り  わしに見せてくれ  わしとそちとの和睦に先だつ  わしは負けた  わしは二十二年前の若さに返って  わしがまいれば  わしはまだなかなか死ぬまい  わしは何ものにもすがってはいない  わしはこの邸にはふつうでない空気がただよっているし  わしは思った  わしは抵抗しない  わしはうっかりしていて  わしがいたが  わしがつけた  わしもあわてていて  わしの仕事をじゃまする  わしは実力を持って  わしは終世大事にします  わしには嫁ごじゃ  わしの身ぢかにおる  わしは美少年コルマックの怒を恐れて逃げては来ぬ  わしの国にもデヤドラに劣らぬ  わしはその女を愛して居ったが  わしを憎んでいた  わしの砦に来て  わしは自分の砦に火をつけた  わしの夢の声もそういうておる  わしはわが欲望の達する  わしの手から盗まれてしまうた  わしは老いてしまうた  わしは居室に行って呼んで見よう  わしは見る  わしの心は夏の日の草に消える  わしは笑おう  わしは灰色の狼の唸り声を聞いたが  わしは此処にいる  わしは待っている  わしに対してあの苦いにがい罪を犯さなかった  わしが自分の夢をお前の顔の光明に照らした  ワシはどこへ行つたらいいんぢやらうといふ  わしの家のコウノトリのく  わしに訊ねられてから  わしは間違とるかもしれん  わしには思われる  わしかもしれんな  わしは考えました  わしはタアラント君は見かけのようにあの人は一人ポッチだとは考えませんじゃったよ  わしはかなり悪いように思いますじゃ  わしはそうは思わんよ  わしは航海中の半ばはそれについて考えとった  わしはあんたはもう行ってしまわれた  わしだったと言われる  わしは宿屋へ戻りますじゃ  わしはもうとうにそれがわからんければならん  わしに話されるべきじゃった  わしが疑う  わしが常識と呼ぶ  わしに話して見なされ  わしに聞けば  わしはパーネルの幽霊が現われなかったというよりは  わしが信じない  わしは歴史を信じない  わしもわし自身多くを知っとる  わしは殺人者について話してます  わしが気づいた  わしの職掌にあった  わしは一目見て  わしは当然それの残りのものはどこにあるかを  わしはそのときにはそれを判断する  わしはそれが解った  わしは多少他の事も推察する  わしが述べた  わしは彼は半気違いになったと思いますわい  わしはあんたもその冒険はやる  わしが考えた  わしは彼がなすべき  わしはなるほどと思った  わしを山の中へ置き去りにして  わしにうたえとおっしゃる  わしはこれからまた乗鞍越しをして  わしが手にも負えぬ  わしが若い時分日光へ参りました  わしで用の足りる  わしでもいる  わしが欠けてしまった  わしには立たない  わしが胸の中を察して  わしには見えなかった  わしにはわしの了見がある  わしの屋敷へおいで下さらんか  わしてお目にかける  わしになっており  わしの意見もなかなかわかっちゃくれまい  わしがあの梅の木を伐る  わしが考えついた  わしはまだよく知らねえですから  わしもこの土地を離れられませんねえ  わしも一緒に行きますね  わしは下男としてでも  わしに相談をする  わしもお松さんを置いて出かける  わしがお松さんに会いに行くからってね  わしは江戸へ落着く  わしがこしらえた  わしの家にいるが  わしの待遇がわるかったじゃないかと思って  わしく云った  わしと一緒に一せめして  わしが食い足りるほど泳ぎたい  わしもここに閉じこめられて  わしを不憫と思うて慰めてもらいたい  わしの傍へ寄りつかない  わしは無聊に堪えられない  わしが知れる  わしが屋敷へ行こう  わしのために定めてくれた  わしはひとり納められて  わしと一緒にここに起臥してたもらぬか  わしが望むと言えば  わしにくれと言うておいたのに  わしが仲達の憂目を見せられる  わしはいっこうかまわぬ  わしがいる  わしが施主となって  わしは気は狂わぬ  わしも知っとる  わしを手込めになさったな  わしが好きこのんでするのみか  わしの舌の根を見ておく  わしをおっ  わしが行ってやる  わしの部屋まで持って来い  わしが舞うてみせる  わしは睨んでいた  わしに今のお役目が勤まらぬ  わしの手足となって  わしの部屋へ来い  わしも初めて知った  わしが救い上げる  わしも自分の父が石とならぬ  わしが今あの娘っ子の家を覗いたら  わしが早く早くと急き立てたから  わしの箪笥の抽斗が明いて  わしが知らんでいる  わしが直々に吟味する  わしが贔屓の腰元は見えぬな  わしがその皿を見たいといった  わしに意見してくれいと当て付けらしく申しておった  わしも黙って  わしが君がたの結婚に反対とはいっていない  わしをこわい目で睨むな  わしの頤をつきあげようという  わしの頸をぎゅーっと締めつけようという  わしが君に殴り殺される  わしの総身の毛が一本一本逆だち  わしは十五年かかって  わしの器械が吸いとってしまった  わしの苦痛がわかるかね  わしはまだ喜んでいない  わしの器械に吸いよせ  わしはそこまで考えつかなかったよ  わしは絵里子に命じ  わしはあまりに成功を急ぎすぎた  わしが知っていよう  わしにもわからないがね  わしたことを以て見ると  わしがわからないな  わしにはわしだけの考げえがあるから  わしを待ってて下さる  わしが西の方へ行って  わしは不人情のようかも知れねえが  わしがいなくても  わしだって人情というものがあら  わしに譲って貰いたい  わしは先刻承知している  わしは今仮りにこの油断のならぬ  わしは今説明する  わしが目をつけている  わしのこれまでの研究によって推察すると  わしていると存じます  わしながら云った  わしの経験によると  わしは考えた  わしは眼こそ見えないが  わしは孫の三吉を連れて  わしの耳とを一つにすると  わしながら勇しく  わしたと思われる  わしを窘めたとて  わしもこれから祈祷しょうほどに  わしを見  わしもその方に会った  わしは五雷天心正法を知っておるぞ  わしを尋ねるが  わしが偈を云って置くから  わしの講義には出席しろといふ  わしの子供になれ  わしに仕へてはくれまいか  わしの飼って来た  わしについててくれたら  わしを責める  わしはちっとも気は狂れておりやし  わしは金力で女の色香を弄んだ  わしは言うてやりましてん  わしは今日はもうこれで二度目の日の出じゃい  わしはあんな別嬪をちょっと生れて見た  わしは女給に検黴すれば  わしも自分に飽き飽きしておる  わしはこの気球で脱れる  わしは泳げない  わしはよく知っている  わしと根賀地とは公園を出た  わしでも抱きますが  わしたものがございましょうか  わしもああして拝むべ  わしは指図をする  わしがひとっきりやってみますから  わしは今までお前に向って隠していたが  わしは道庵に違えはねえが  わしは九州にいて  わしは焼へ参って  わしの身を通してお前さんの身にとおったという  わしはいただきませんよ  わしの大事にしている  わしの身よりもお前の身に集まっているに  わしは逃れられない  わしが助けられたい  わしく持って出て  わしてはくれまいかな  わしてくれ  わしにはちっとばかし合点の行かねえ  わしづかみにつかみ出して食いむさぼる  わし得ないほど尊さと厳粛さとを持っている  わして互いに顔を見合わせた  わしがところにいてもらえないかな  わしの家の養子になって  わしはお前に頼みたい  わしに養子としてくれる  わしはお前のほかに頼もしい人を知らない  わしに任せてくれないか  わしてみると  わしは今その前を通って来た  わしはどんなことをした  わしのような生活をし  わしがついてる  わしがお前にやった  わしが注意して育て上げた  わしはお前を恨んだ  わしを会わせたくない  わしてあった  わしが現在どういう職におるか  わしの姿がここに見えなかったならば  わしが大切にしている  わしが新兵衛のことなぞ知る  わしは自分の考へを率直に述べた  わしの知りたい  わしは暴力は絶対にき  わしの山にゐる  わしはもう知らんよ  わしから仁田さんに頼んであげるよ  わしは思い切って  わしは派手な真似をする  わしを馬鹿にする  わしがいなくなったら  わしに渡して  わしていいかわからなかった  わしの腰に何があるか  わしは往く  わしの用いる  わしが云うた  わしの袂へ泥だらけの芹を押し込んで  わしとは少し違うて  わしにも入らんがな  わしの所へ法を問いに来たじゃて  わしの所へ修業に来ていた  わしもまだ二三年は生きる  わしはかまわないが  わしも感心して読みました  わしが流された  わしを分るのけ  わした時には気の毒な様子をしていた  わして直ぐに抑えた  わしは信州にいる  わしも若い時分は江戸の三座の楽屋へ入り浸って  わしに少し菓子をくれないか  わしのけがをしたという  わしのけがをした  わしは今ちょっとチーフメーツさんが呼んでるから上がって来るから  わしが血だらけになって  わしかなにものかと戦って  わしにのませてやりました  わしをさらっていこうとしていた  わしが落としていった  わしがいつか命を救ってもらった  わしのくれた  わしにばかり謝まらせて  わし得られるかもしれない  わしは村の自慢なんどした  わしはいつかこのひとの家で話した  わしや知らん  わしは知らんが  わしや驚いた  わしがいま行くで  わしは最少限度にしか用いておらん  わしが口を利いて  わしの顔で入れた  わしの学歴は高卒となつてるが  わしに委しといてもらいたい  わしの会社にも大学を出た  わしが英語を習つとるなんて  わしが独占するまで  わしを愛してくれるからだと思う  わしの父親としての責任が果せるか  わしやあ錢ほしいぢやあねえでごわす  わしや知んね  わしがいないでも  わしに頼まん  わしがお前に説教する  わしはお前のきばをぬくじゃ  わしをつけていきました  わしが泊まるけ  わしが気になった  わしが通りすぎた  わしの帰国と同時に起こりよったのでな  わしの胸中にある  わしから椎の実をうけとり  わしとなって駆けまわり  わしを見そこなったな  わしがおかしなことをいったので  わしは八丁堀の右門と申す  わしながら颯爽として足を向けた  わしがめんどうみていた  わしてしまいましたが  わしの慈悲がわからぬか  わしの慈悲が肝に銘じたならば  わしながらいいました  わし得ない不満足が心の底にあった  わしがそなたの相談相手となってしんぜるが  わしも多少は人に知られた  わしも清吉どんの果報に少しあやかれば  わしの仕事は終わった  わしのロケットはあの第三十八階ですべての出発準備を整えていた  わしに代わって  わしが二階へ寝てみよう  わしが恋をした  わしは何一つ分隔てをしないが  わしより経験の浅い人に話しをする  わしにも殆ど信じる  わしはみじめな田舎の僧侶をしてゐたが  わしを加護してくれた  わしの心に残つてゐて  わしの記憶から拭ひ去る  わしの話す  わしは浮世の歓楽に倦み  わしは恋をした  わしは寧ろその熱情がわしの心臓をずたずたに裂かなかつた  わしはそれ迄に世間を見た  わしの世界は大学と研究室との壁に限られてゐた  わしはわしの思想が此様な題目の上に止る  わしは何も悔いる  わしは眠り  わしは信じてゐた  わしが君に此様な事を云ふ  わしの身の上に起つた  わしの同輩が五六人ゐたからである  わしの前にゐる  わしが触れる  わしから可成離れて  わしの眼の前に現れて来た  わしは外界の事物の影響を蒙る  わしが何をしてゐるか知らぬ  わしの心を捕へてし  わしは眼を開いた  わしは昨日の如く思ひ返す  わしはどぎまぎしながらも  わしは驚く  わしは凝視を続けながら  わしが開いてゐる  わしの前に示してくれた  わしには舌が上顎に附着してし  わしは否定の綴音を一つでも洩して  わしは眼が醒めてゐながら  わしの殉教の苦しみを知つてゐるかの  わしを励ます  わしにかう  わしの耳に無限の情味にあふれた  わしの生命の中に声を吹き込んだ  わしの心臓の奥迄も反響した  わしの舌は猶機械的に式の凡ての形式を満したので  わしの胸が聖母の剣よりも鋭い刃に貫かれる  わしはまるで縊り殺されてゐる  わしの肩の上へ平になつて落ちて来る  わしの頭だけで支へてゐる  わしが戸口を出ようとすると  わしの手を捕  わしは一度も女の手に触れた  わしの手首を燃やす  わしの傍を通り過ぎた  わしの上に投げた  わしを憐れんで  わしの側へやつて来た  わしの手に小さな金縁の手帳を忍ばせると  わしはそれを袖の中に隠した  わしの部屋へ帰つて独りになるまで  わしは其控金を開いた  わしは何度となく推量を逞くして見た  わしは其恋を思切らうなどとは  わしの性質は一変して  わしの生命の中に吹き込んだ  わしはもうわし自身の肉体の中に生活しないで  わしは何時間も続け  わしには彼女の姿が其処にゐる  わしの前に暴露された  わしの血は烈しくわしの動脈をめぐ  わしの久しく抑圧してゐた  わしは何をする  わしは市にゐる  わしは暫くでも此処に止つてゐられ  わしが今後就任すべき  わしは窓の鉄格子を取去らうと試みた  わしが夜に乗じて  わしの思ふ  わしは恋の闇に迷ひながら  わしの頸の上に垂れるだらう  わしは一廉の貴公子になれる  わしは永久に生きてゐる  わしの悲哀と寂寞とに辛い対照を造る  わしは之を見てゐる  わしの心は恐しい  わしはわしの指を噛み  わしの夜着を噛んだ  わしがどれ丈かうしてゐたか知らない  わしを注視してゐる  わしには少しもわからない  わしを平常のわしに帰してくれた  わしの気も鎮つて来た  わしにお命令なすつた  わしは頭を垂れて  わしの部屋を出て  わしは祈祷の書を開いて  わしの気が附かぬ  わしの手から落ちてし  わしと彼女との間に置いてある  わしには不可能になるだらう  わしは誰にわしの手紙を託けると  わしは僧侶と云ふ  わしの心の中を打明ける  わしを陥し入れた  わしの心に急激な変化が起ると共に  わしの信心が一瞬の間に消えた  わしを伴れに来た  わしは他の一頭に跨つた  わしはわし達が通りすぎる  わしにあたりを見る  わしはクラリモンドが住んでゐる  わしはセラピオンに尋ねた  わしの指さす  わしには実際か幻惑かはしらぬが  わしを彼女から引離してしまふ  わしが再び下る  わしを招く  わしの心と同情に繋がれてゐたので  わしの馬も同じ歩みを運んで  わしの眼から隠されてし  わしは決して其処へ帰る  わしはわしの管轄すべき  わしは犬をやさしく叩いて  わしが猶引続いて  わしの就任がすむと  わしは助力をして  わしの心に浮び始めた  わしが黄楊の木にくぎられた  わしの家の小さな庭を散歩してゐると  わしと同じやうに歩いてゐる  わしは庭の隅と云ふ  わしにはこれが不思議に思はれてならなかつたが  わしは心の中にはげしい焦  わしには湧かなくな  わしは神聖な使命を充す事から生れる  わしの唇に上る  わしの生活の幸福は永久に失はれてし  わしの手を執つて  わしの泣いた  わしがあのやうに深くあのやうに烈しく恋してゐた  わしは寝床の上を見るのに  わしが通夜の間に嗅ぎなれた  わしは艶いた  わしの胸を洩れて出た  わしにはわしの後で誰かが亦吐息をした  わしの眼は其時迄見る  わしを酔はせ  わしの頭脳に滲み込んだ  わしの心臓ははげしく動悸を打ちながら  わしは再び寝台に近づいた  わしは之も白状しなければならないであらうか  わしは胸も裂け  わしの動悸は狂ほしく鼓動して  わしが大きな大理石の板を擡げでもした  わしの得度の日に見た  わしにも解らないが  わしの手に触れた  わしは再び彼女の上にうつむいて  わしはぢつと彼女を見守りながら  わしは徒にわしの生命を一塊の物質に集めて  わしを苛む  わしは永別の瞬間が近づく  わしの頸を抱きながら  わしを引止める  わしを抱いてゐる  わしは牧師館の小さな室の中にある  わしの手を舐めてゐる  わしが眼を開いた  わしは未だ疲れてゐたので  わしは殆ど何事も記憶してゐない  わしが牧師館を出た  わしを連れて来て  わしがきれ  わしは其恐しい  わしは夢を見てゐた  わしがクラリモンドに再会した  わしに対する愛情ある  わしの感ずべき  わしは当惑と有罪の感じを去る  わしの心中の苦痛を察したのに  わしは実に此洞察力の為に彼を憎んだので  わしの健康を尋ねながら  わしの上に注いで  わしの霊魂の中に投入れる  わしがどう云ふ  わしは是等の問ひを出来る  わしの答を待たずに  わしの耳に最後の審判の喇叭のやうに響いた  わしは確かにビイルゼバッブだと信じてゐるて  わしを見始めた  わしの見た  わしの胸を畏怖と懊悩とに満たした  わしが出来る  わしの顔に現はれずにはゐなかつた  わしを見たが  わしはお前に忠告せねばならぬて  わしを離れない  わしが眠るか眠らないのに  わしは帳が開いたなとかう  わしの前に真直に立つてゐる  わしが前に気の附いた  わしの室へはひつて来た  わしが何等の恐怖をも感じなかつた程  わしの寝床の後に坐つた  わしの口に当てた  わしをぢつと見  わしは恥しながら白状する  わしの服してゐる  わしは何の抵抗もせずに  わしの皮膚に滲み  わしが後に見た  わしは今も猶彼女が悪魔だとは殆ど信じる  わしの髪の中に入れては  わしの顔に似合ふかを見る  わしの髪を撚つたり捲いたりしてゐる  わしが此様な不思議な出来事に際会しながら  わしの感覚と理性とを悩ませて  わしを抱きながら叫んだ  わしは夢中になつて叫んだ  わしの額にふれた  わしの上に落ちて  わしを前後を忘れさせて  わしは何時ものやうに朝遅く眼をさました  わしは来るべき  わしは直に深い眠りに落ちた  わしの夢も続けられた  わしはクラリモンドの姿を見た  わしを叩きながら  わしは直に寝床からとび出した  わしは急いで  わしがどうかして  わしの不器用なのに呆れては噴き出してしまふ  わしの髪をなでつけてくれる  わしの前へ出して  わしを全くの別人にして  わしは或型通りに断つてある  わしはどうやら一廉の豪華の児になつてし  わしは室の中を五六度歩いて見た  わしをあの城へ伴れて  わしは片手をクラリモンドの肩にまはして  わしの手に執  わしの肩に靠れて  わしの腕を圧する  わしが母の腹の中にゐた  わしの上にかけた  わしの内に二人の人がゐて  わしは自分が夜になると  わしは夢と現実とを分つ  わしの二つの生活を気長く観照してゐた  わしにも説明の出来ない  わしの不思議に思ふ  わしはヴェニスに住んだ  わしが此幻怪な事実の中にどれ程の幻想と印象とが含まれてゐるかを  わしは大統領を通すので  わしより傲慢不遜な人間が此世にゐたとは信じられぬ  わしは常にクラリモンドを忘れなかつた  わしの愛を百倍にして返して呉れた  わしが貧しい田舎の牧師補になつた夢を見ながら  わしがクラリモンドと知る  わしの記憶に現れて  わしは此様に徐々と死んでゆく  わしの苦悶に動かされたので  わしの顔を見てほ  わしは彼女の寝床の傍に坐つて  わしが一分でも彼女の側を離れたくないと  わしは誤  わしが嘗て見た  わしの傷口に飛びつくと  わしの血をすゝり始めた  わしの手に接吻しようとしては  わしの傷口に其唇をあてるので  わしの首に縋り  わしの記憶に上つて来た  わしに起させた  わしを牧師館に移した  わしを見つめてゐたが  わしを動かした  わしの心からそれを移してし  わしは杯をとり上げて  わしの閨へ退いて  わしは少しも眠らずに  わしが睡つてゐる  わしの腕をまく  わしの腕を執りながら  わしを刺した  わしの眼を醒ます  わしの腕を括つてくれた  わしはクラリモンドを愛する  わしは殆ど彼女を怖しく思はなかつた  わしの血を一滴づつ取引するよりも  わしの愛をわしの血潮と一しよに  わしは実際それに関する何事にも与らなかつたが  わしは事実にせよ  わしは此懶い幻惑の力に圧へられる  わしは指で瞼を開いてゐたり  わしが平素より一層心を苦しめてゐると  わしはクラリモンドの埋められた  わしは此二重生活に困憊してゐたので  わしは全くわしの心の中にゐる  わしには彼の苦しさうに吐く  わしは氷のやうな汗が大きな粒になつてわしの顔に湧いて来た  わしの髪は恐しい  わしは望遠鏡をとって  わしもやってくだせえよ  わしに親切にしてくれた  わしは丸尾のために仇をうたなくちゃ  わしのにらんだ  わしもちらりとあの秀の浦とやらいう  わしがそなたの姉とやらをどうしたという  わしじゃと申す  わしは先ほどここへ下手人を召し  わしがなんという  わしづかみにすると  わしに力を借りたいというは  わしづかみにしながら  わしにも知らせた  わしに述べた  わしもことのほかかわいく思い  わしが目をかけて使うていた  わしながら呟いた  わしながら精霊を捜したが  わしては見たが  わしても構わないが  わしづかみにしていましたよ  わして出て行ってみようかと思ったが  わしが師匠の知らねえ  わしたところを見ても  わしく動かしている  わしはエロで話す  わしも困っていると  わしの母親というやつが道庵を産むくらいの  わしに名指しで頼まれた  わしにも撃てるか  わしにもお前ぐれえの  わしがところへは持ち込むなと申してあるのに  わしは少し急に思い立って  わしは隠れて行く  わしの家内のゐる  わしの眼にはちやんと見える  わしの家内は其所にゐる  わしの家の財産を横領する  わしを狂人にし  わしに隠れて  わしもそう思った  わしてはいけないし  わしづかみにしながら飛んできた  わしが使い込んだ  わしづかみにしながら逃げ出そうとした  わしにとってはかけ  わしが一人まえの  ワシの言う  わしたが併し  わしも黙っておった  わしは信じておる  わしは舟で立つ  わしがそこへ行ったなどと知れたら  わしに貸してくれ  わしの父や母方の縁故をたどれば  わしはわざとここへ泊った  わしもいつかもう若者の組には入らなくなって来つるわ  わして聞く  わしにとっては欣しく  わしは堪らなくなる  わしは多分に抱く  わしの苦衷を語り  わしも書面をしたためておいた  わしの来る  わしく廻れ  わして言いますから  わしいというだけで  わしにさえ鑑定が出来る  わしの嫁になりん  わしうるある  わしたのではないかと思われる  わしが十八の少年の時遇った  わして説明せず  わして行って  わし程のものの娘の生命にかかろう  わしが詫びてやる  わしが無理借りに  わしがあやまったら  わして老主人の顔を一寸見たが  わしの眸のように黒くて光っていました  わしたり何かしたら大変な事になると思ったので  わした一種特別の惨劇と見る  わしは知らなえよう  わしが出るわね  わしの身になりや  わしは汽車賃を使つて五度も郡長さんに会ひに行くしさ  わしにやかましゅう云う  わしに来い云うて  わしのような世話役はついていない  わしがよろしくいったと伝えてくれ  わしはいろんなことを研究している  わしは地理学をよく知らんが  わしは先刻伯爵からご言伝になった  わしの方では要る  わしがこの紙をひとつぱらぱらめくるから  わし得ざるところを古芸術において暗示せられたまでである  わしのことを由布守といってくれるでの  わしはこれ一枚で御免を蒙るんで  わしがこの歳までに見て来たものの  わしは前まえから  わしの受持だからいうじや  わしは思います  わしのへ乗つて帰つておくれんか  わしは代りのがあるでなあ  わしはどつちでもい  わしは向うへ行くで  わしはサイゴンではじめて聞いた  わしの言つたことが気に入らな  わしはすぐ本気にするで  わしの生涯であの奥さん一人きりだと思うとるに  わしはどうもそういうお世話をする  わしの口で推せんの  わしの童心が傷つきますから  わしは奥さんの静かな生活を乱さん  わしもしばらく外地の生活をしてみて  わしが案内しまし  わしのそばで勉強すればい  わしは一俵二俵を目当にしとらんからね  わしがやり方をかえてみただが  わしがおぶるか  わしがやらずか  わしの名はそれに因んだ  わしの国へ行つてみないか  わしのいふとほりにしなければいけないよ  わしを拾つていかなければいけないよ  わしをポケツトに入れなさい  わしてすくんでしまい  わしの山は見込みがある  わしたが宗十郎頭巾で顔を包み  わしは道を急ぐから  わしが身をこちら様でお使い下さらんかいな  わして寺を守る  わしの草鞋を棚へしまって下すって  わしもひとつ三志様にお頼みをしようと  わしが打った  わしは旅に慣れているから  わしを持っている  わしたというような逆姿勢となって  わしも見ましたよ  わしも変だと思いましたわい  わしにまだいろんな悪戯をする  わしはお前さんを捨てる  わしの腹の役にたつ  わしはよく夢ばかり見るが  わしがふだんよくよく注意して  わしがむずかしいことばかり言っていた  わしもこれで禅師の賜物に酬いる  わしのでないって  わしはさっきさんざさわった  わしもさわろうか  わしは感じた  わしが若い者を説いて  わしが自分でしめます  わしたってなんの役にたとう  わしが死ぬというからには  わしにくれると言うた  わしの方で言う  わしがお前を先に死なそうか  わしを一思いに殺してたもるか  わしが搗いてやるよ  わしなんぞは書生時代からこれで勉強した  わしは若いですから餓死するとも  わしも歩く  わしたところもあるし  わしははっきり感じていた  わしはもうすっかりあらゆる野心を捨てて  わしはブレインさんが喫うておられたという  わしはブレインが彼の首を切る  わしは何週間もあの人のそばに居った  わしの教会へはいろうと考えとった  わしは半分ばかり解って来たからな  わしに力を与えて下さるだろうか  わしは考える  わしは今朝あなたがこの事件について五箇条のえらい質問を出された  わしに御質問になれば  わしはベッケルという小男はほんの一部分だけここに存在したという  わしを八ツ裂にする  わしはそこへ行こうと思うとる  わしはあの方に白状してもらわにゃならん  わしから話をつけよう  わしは射落さなかったら  わしも黙って去る  わしの心になって鎮まって下され  わしが戻りませう  わしは荷物がありますで  わしだけお初穂をあげないでゐ  わしはこな  わしも和尚さんも白米をかうしてふみにじ  わしにだけばちが  わしも同じことをして  わしは死んだ  わしにはふに落ちませんので  わしに負ぶさ  わしはたしかひるまへに死んだ  わしはしや  わしの物でとおす  わしているらしかった  わしはすっかり嬉しくなった  わしから冷やかになっているにしても  わしに話してはくれなかった  わしていると云って  わしの眼違いかも知れないが  わしはやる  わしも張る  わしも思っている  わしはやろうという  わしたが躓いて  わしは外して来た  わしも麒麟と呼ばれて居るよ  わしにかかわる  わしは眼をつけた  わしは確実に知らない  わしはこう思った  わしは宿を出て  わしは源女殿を連れて  わしの消息を知ろうとして  わしが行くだろうという  わしに逢おうとして  わしもそうと見た  わしの夜具を掛けてやろう  わしだけは相当奥まで行った  わしが挫いてやった  わしについて剣道を学んだ  わしはしなかった  わしたり消えたりしていた  わしが氷に閉じこめられていた  わしのからだのかっこうがついているくぼんだ  わしのからだの形がのこっているじゃないか  わしがお前に話してやった  わしは氷河期時代の人間だなどとみょうなことをいったっけ  わしの持船で出かけたら  わして見ようならば  わしたように得意になって言う  わしてののしられている  わしえようとも思えない  わしになって  わしはお前さんのお雇いでもなければ追い廻しでも  わしは江戸から来た  わしはいま和蘭陀の方を眺めておる  わしを殺すと  わしは決してかついだりした  わしは腹が減ったから  わしとしても甚だ迷惑する  わしも覚悟をきめた  わしが損害を受ける  わしのやれるだけの  わしが行って探してやる  わしの察する  わしにそんな風なことを囁いた  わしも少々辟易した  わし得ない感謝をもって  わしてはいけない  わしていたに  わしになっただけである  わしたいと中宮は思召した  わしを信用しつち  わしの目から見ると  わしも呼びに  わして言う  わしたいと願わない  わして来ない  わしは招かれる  わしは今晩ドコへ行って宿ったら  わしを送り込む  わしが一人でさまよい込んだ  わしのあとばっかりつきたがる  わしになりました  わしになっただけで行って  わしからお母さんにはお話する  わしも子供のときを想い出す  わしはよく調べて来た  わしは仏軍を常勝軍たらしめようと思ふからいふ  わしにはあ奴は分らんよ  わして彼らの背後から飛びかかった  わしがとじ  わしでも買いたか  わしも云うたい  わしは命あって  わしは世帯くずしの  わしは長生きをし過ぎた  わしは七十九になった  わしは救うに  わしは見なかったが  わしたことは間違いなしだと思う  わしのところへ報告する  わしにはちゃんと分っている  わしは知っている  わしの担任している  わしは断言する  わしは確証をつかんでいる  わしにおしつける  わしが白眼をむいてひっくりかえったじゃ  わしよりも課長さんの方に大きく響きますぜ  わしの職掌は犯人と取組あいをする  わしは幽霊がでてくる  わしの知行所である越前へ送ろう  わして膝をすすめた  わしたがる  わしは御免こうむる  わしに隠しだてをする  わしが話してやろう  わしも一度死んで生きかえりたい  わしの名まえは  わしはこれをやるよ  わしはまだ死んではいない  わしは球が蹴れたから  わしは耳が遠いせゐか  わしの方に向けて云った  わしの室の入口の前で停るが  わしの顔を見るなり  わしの顔をジロリと見て  わしは挨拶をした  わしの耳に近づけて  わしに声をかけた  わしはソッと壜を横瀬に渡した  わしを迎えて  わしは呶鳴った  わしは扉の前に突立って云った  わしが命令するまでは  わしが入って  わしの手が触る  わしは叱りつけた  わしは云った  わしが先登に昇るから  わしはそういうなり  わしの胸倉に縋りついた  わしの傍へ近づくと  わしが助ける  わしが掴んだ  わしの指の間から脱けて  わしは尋ねた  わしはずっとここで生長なる  わし思ってるわ  わしながら下りて来た  わしの友人が来て知らぬ  わしの年齢に成つたら  わしにも見当はつかんぞ  わして駒井の方へ近づいて来ました  わしは酔うてはいない  わして見せる  わしも乗る  わしは少し心当りのことがあるから  わしに献上と言って  わした山科の骨董屋なる  わしたその人を見て  わしは一種の軽蔑の念をさえ持ちましたがな  わしの方はかまわない  わしに附き  わしも少しは知っています  わしのところにたくさんございますから  わしが教えて上げますよ  わしは江戸で見たがな  わしも食ってみたよ  わしがところへ持って来て見せた  わしはああいう  わしなんぞは腹が出来ている  わしが本心が通らぬのみか  わしはそれと違いまして  わしは最愛のこどもでそれをした  わしの腸はこんなに螺の貝のように捻じ巻いた  わしが貰おう  わしの観相によると  わしによこせ  わしを剥ごうとする  わしが案内しようという  わしもいっています  わしはその宇宙艇ギンガ号の乗組員の一人に変装していますから  わしをおっかけてくる  わしは死んじまう  わしもみなさんも大火傷しますからね  わしが見つけて上げても  わしの方から行こう  わしたといって  わしにも覚えがある  わしを出してくれないか  わしも気がのらぬし  わしが背に負って行こう  わしは余りに自分だけのことにとらわれていた  わしにお分け  わしの量見  わしの屋敷へ来い  わしの申しつけた  わしにまかせておけ  わしは大処から考えてしておる  わしの手に預っておいた  わしが現われる  わしに巨男を殺そうと考えました  わしはどっかでお前さんを見た  わしも今では他人の家に厄介になってる  わしもいつまで  わしも暇さえあれば  わしにその名を明そうともしない  わしには包まず  わしにはわしの主君がある  わしも好んで  わしからは金輪際口外すまい  わしにも大切な阿  わしも察している  わしに話したいという  わしは今夜久しぶりに酔ってみたい  わしは最初からそなたを瞞していた  わしも去年の暮から加わった  わしもその中に交って及ばずながら働いている  わしは未練があって  わしの死んだ  わしにはお前を手に懸ける  わしは一人で行くと  わしの身寄りの者が誰一人それを聞いていてくれる  わしの兄はあっても  わしが世間から囃される  わしは思いなおした  わしも安心した  わしは決心した  わしはそうする  わしの心にもどうぞ死ぬ  わしはとうとう世間へ顔の向けられない  わしを除いた  わしはその仲間に外れた  わしはもうお前の良人と呼ばれる  わしのようなものと縁を結んだ  わしはただわしの行く  わしは七十の阪を越して  わしこそ死んでしまひませう  わしの妃となっているが  わしでさえ本年三十八歳になる  わしに会いたいという  わしの意見を聞いて  わしはする  わしに何らの他意のないことはお前もよく知っているじゃないか  わしが命令したのに  わしは檻のない監房に入っている  わしはもう永遠に美しい女性を手に入れる  わしはもう国民の顔を見る  わした樹の枝はバラバラに独立しているが  わして雨の滴を顔のあたりへ飛ばせて来る  わしい日を送らなければならなかった  ワシもしびれて  わしたのを見ると  わして大きいところへ目を付けたな  わしかけて居た  わしがすぐに行くと  わしはこの手でたたきのめしてやる  わしはあの子をかあいがっているが  わしをじらす  わしが見ておれば  わしやちいと腹しもてる  わしが受けた  わしが指圖は出けんけど  わしはこいで  わしは取り代えた  わしは承知しなかった  わしから身を隠した  わしはすっかり満足した  わしは死んでも  わしはもうたくさん持ってないよ  ワシはお経をケンヤクするから  ワシもダイコクを三人もとりかえたり  わしが宅へ寄ってくれろ  わしは違う  わしはそう見る  わしから言えば  わしが逃げ出す  わしとは縁もゆかりも有りゃしない  わしの知ってる  わしが手をかけてある  わしに権利一切を譲るって  わしの知った  わしの手に転げ込んで  わしづかみにして持っている  わしは軽蔑するぜ  わしはどうすれば  わしのおじいさまのおじいさまが生きてござらっし  わしはこれから坑夫を調べに行くが  わしの訊いとる  わしく云いだした  わしに見られたくなかった  わしは幸ひ  わしに来い来いいう  わしも行きたいなあ  わしも行くけになあ  わしも辛抱しとんや  わしにおいでおいでをしとる  わしにちょっとでも触ると  わしの申す  わしは知らねえだよ  わしが網を繕っている  わしが漕いで  わしも別段不思議とも思わず  わしの迎えに行く  わしにもおぼえがある  わしも感ちがいをして  わしはどこどこからとつぶやく  わしが借りている  わしの此の家に対する債権は八千円にチョット足りない  わしも何とかしたい  わした刹那の印象が心に留まった  わしが説得に来たという  わしは細木を斬る  わしに斬ってくれという  わしにはお千代というものがある  わしはしないね  わしがそれを生捕ってあげよう  わしもそう思います  わしも腹が空くが  わしも期待しています  わししげっている  わしは心ぐるしくてならない  わしよりずっとえらい魔法つかいにちがい  わしのあたまをかんがえてこらん  わしの風しもに立つべき  わしはもう一度人々にそれを知らせて  わしも生命のある  わしに免じて  わしも伊豆の夜叉王と言えば  わしたボオイの跡にくっついて  わしは産まれた  わしのこの素足がしっかりと踏みしめている  わしは生きたい生きたい  わしはきょうまでさまざまの悲しみを知って来た  わしはお前に執着する  わしは煩悩の林に遊びたい  わしは死なざる  わしを知らぬかの  わしの名を呼ぶ  わしはモータルには顔を見せぬ  わしは初めは無論幻だと思っていた  わしは彼の法則を知りたい  わしの生活はいつも脅かされるから  わしを呼んだな  わしに気がつきかけている  わしをまっすぐに見ない  わしは言わない  わしはペンで力いつ  わしにはもつて来いの  わしが盗んでゐた  わしの命もなくなる  わしの一生にやつてきた  わしも乗せて  わしは今夜はたいへん胸騒ぎがしてならないよ  わしもわからないが  わしは石につまづいて  わしもどれほど逢ひたかつたかしれないよ  わしは急に声が出なく  わしも呼吸が苦しくなつてきた  わしを苦しめようとしてゐる  わしの釣る  わしを雇いに  わしは片足をあげて眠る  わしの好き勝手にさして眠らしておくれ  わしが北海道の奥の高原に入りこんで  わしもこの辺は何度も来て  わしは四尺仕込む  わしが持って行きやすから  わしはまだ値段のことなぞよく知らねえんで  わしは郵便局をやっていながら  わしにはチャーンとわかりやす  わしまで泣いちゃった  わしがおぶって  わしのつとめじゃから  わしの所へ議論に来て  わしのおやじがやった  わしと終夜激論をしたくらいな  わしがくれという  わしに佳い梨がある  わしが食わない  わしもくわしいことはよう知らんが  わしをそだててくれた  わしはまえから  わしは告訴する  わしにあたったり  わしは不幸な気のする  わしはそれを考える  わしがもし死を願う  わしはたびたびそう思う  わしがわしのただ一つの希望を失ってしまったら  わしは泥のようにくずれて死んでしまうであろうと  わしには再び希望が媚びる  わしの子はもう髪を結うほどになっている  わしに話しかけていました  わしの車を擁して待っていた  わしの袖をつかんで  わしは無礼な野武士らの前にひざまずいて  わしがあの時に受けた  わしの懇願を下等な怒罵をもって  わしの館を蹂躪した  わしがかかる  わしはそれを聞いた  わしは馬車の中で警固の武士らに父の安否をききました  わしをはずかしめる  わしは彼らの話の細部は信じなかった  わしは同志の安否を気づかいました  わしは牢獄の中で幾たびも壁に頭を打ちつけて死のうとしました  わしの武器を取り上げてしまったから  わしは死にきれない  わしを死にきれさせなかった  わしとを同じ備前の国に流しました  わしは父が殺されたという  わしは聞くに耐えない  わしはまるで人間のような感じがしません  わしに力を与えてください  わしは絶えいり  わしはその名を呼ぶ  わしも観音さまを信仰すればこそ  わしに知らしてくれ  わしが教えてやる  わしはみんな知っている  わしも叔父御と連れ立ってあきないに出る  わしに隠していた  わしも今夜から一緒にゆく  わしの家の戸をたたいて  わしは歌を詠めぬ  わしにはなんとも歌う  わしと一緒に来やれ  わしが誘いにゆくまで  わしい靴の音がきこえた  わしの役目が立たぬ  わしも今は詮議すまい  わしは何と申して  わしは不思議なことを見た  わしも薄気味が悪うなって  わしもその後しばらく藻に逢わぬが  わしも知らぬ  わしが見違えて  わしはその場へ通りあわせて  わしの眼は見透しじゃ  わしがことを阿呆とよう言うたな  わしをなぶろうとしいる  わしの叔母御のところへ来て  わしに偽ったか  わしの頼みを聞いてくれぬか  わしは来年は男になって  わしが腕かぎり働いたら  わしの身にはかからいで  わしもきっと拝みにゆく  わしが家へも相変わらず遊びに来てくれよ  わしもまだ起き臥しも  わしの仕合わせにもなる  わしがこの瓶子を飲みほす  わしは女子に逢わぬ  わしは烏帽子折りの  わしもおそばに仕えて  わしもせいぜい修業して  わしの力で悪魔を取り鎮めて  わしもお暇を願うて  わしは急ぎの用がある  わしも叱らるるわ  わしもこれまでいろいろに丹精してみたが  わしはお師匠さまから勘当された  わしのためにならぬ  わしもそのつもりでこの頃は稼ぎに出る  わしも思い当たる  わしを小町の水の森へ案内してくれぬか  わしも出世する  わしも人づてに聞いたばかりで  わしはすぐに屋敷へ帰る  わしはあの地を通り過ぎて  わしも初めて聞いた  わしですらもその話を聞くと  わしの意見を忘れまいぞ  わしは自党の候補なら誰でもかまわん  わしは露満国境から帰つてきた  わしは肥へてゐるでのう  わしは判らなく  わしは好かん  わしに紙や活字の魅力的な匂ひは  わしより先に読むなといふと  わしはまだそれは研究しとらんよ  わしは答へる  わしは感激したよ  わしに着せてくれた  わしの頭の中はいつ  わしの仏像は決して金には変へられる  わしに思案があります  わして神妙にしろ  わしのやうな人間の割り込む  わしのお得意さまだとは思つてやしません  わしの持つて来る  わしと奥さんで合資会社をこし  わした数軸の地図を拝見した  わしの子にする  わしていいかわからない  わしがおらん  わしはもう二度とお前を見る  わしづかみにしようとしている  わしづかみにしている  わしと半分ずつ持って  わしのふところから出して  わしがほかへ小分けしておいたと  わしの手から動いておる  わしにいっさいをまかせてきた  わしがとらえて  わしも知らん  わしは話してやったぞ  わしの気もちに合う  わしはあんたが好きになった  わしのほうから若松屋どのに話をして  わしがすきになれ  わしを好きにはなれぬといわるる  わしという人間をまだよく知らん  わしといっしょになると  わしから供を申しつけるという  わしが考えると  わしのところを教えた  わしのところへよこした  わしの女房になった  わしが酔狂だからというて  わしをたずねて来て  わしが話しておる  わしに保管させてはくれぬかな  わしにはあまり似ておらん  わしにもわしの用がある  わしは食わせもののような気がしてならぬ  わしの手の届かん  わしの気もちはわかっておる  わしはすぐに靴と睨んだ  わしも相談にのりがいがあったという  わしにも気にいらねえ  わしはこの壺をもらっていって  わしも手つだってやろうかと思ってナ  わしのつきあいはできぬであろう  わしは言うたじゃないか  わしに礼を言う  わしにお言葉が下がったので  わしのそばを離れぬと言う  わしはもう寝る  わしを拝んだり  わしの兄弟の漁師からだけでなしに  わしは美しいヒポデイミヤ姫と結婚しようと思っている  わしは彼女のようなすぐれた  わしの信じているほど  わしが是非美しいヒポデイミヤに捧げたいと思っている  わしはお前の力でそれを取って来てもらいたいと思っている  わしは姫との話を取りきめたいと  わしにゴーゴンの首を見せよ  わしはうんざりしてしまう  わしはさわった  わしの目は普通のことには不自由はしないし  わしは本当に大切に思っていたものの  わしはいくら喉が乾いても  わしはあの子の頤にある  わしの足もとにいる  わしが海を五足か六足で渡って行って  わしの頭と同じ高さになるだろう  わしがお前の使いをしてやる  わしの荷物をお前の肩に乗せていてくれたら  わしはあの木になっている  わしは出来るだけ  わしほど長い間そこに立っている  わしの気が向く  わしが持っててあげよう  わしは今までの千年を送った  わしはまだ犬がこんなに大きな声で吠える  わしをここに置いて  わしが知ってからは  わしが牛乳をついでいたら  わしは年取った  わしはペガッサスなんて信じませんよ  わしは覚えが  わしがそれを見た  わしを呑みに来る  わしはこの馬の三倍の値打のある  わしはちゃんと見た  わしを突倒して逃げてしまった  わしも一肌ぬがぬ  わしが出てきて  わしにピストルを向けられたら  わしの名前になっとるな  わしは彼奴の筆跡はよく知っとる  わしが挨拶する  わしに予告をしておいて  わしもしらべてくれ  わしが自分でする  わしはお冷水を貰おう  わしは何もかもちゃんと知っていた  わしに聞いて  わしは死に  わしを偽瞞しに来なすったか  わしをたぶらかそうと思っても  わしに出来ない  わしはルーズベルト大統領がいつも鼻の上にかけている  わしは嘘をいわん  わしを信用せよ  わしの持ってきた  わしは燻製となって  わしはちょっと苦心をしたよ  わしの大事な説明を聞く  わしはもうこの辺で沈めて置こうと思う  わしのことは心配するな  わしが引揚げさえすれば  わしは新参でよくわからんですが  わしもようはわからんが  わしは芝居や映画を観る  わしは五十八回通つた揚句一年のびたとか  わして来ました  わし得ないで終ってしまった  わしは王侍御にお目にかかる  わしのあらをさがしている  わしの息子たちが王子様であるのを忘れたか  わしておりません  わしといっし  わしは寺男にさんざんさがさせた  わしのいいつけをまもりおおせたなら  わしの手落ちじゃった  わしたと思えば  わしに抜かしてつか  わしに抜かし  わしや知らんが  わしと並んで行きたいの  わしは絵が下手ぢやけえ  わしや判らん  わしもよう忘れる  わしの所へ来た  わしがよく言いきかしておいてやる  わしが言いきかしてやるから  わしから教えてやっても  わしはわるいことしたおぼえは  わしは街へ伝道に行かねばならないから  わしが讓り受けてからも  わしあ驚かんよ  わしは幻術を好まぬよ  わしの気に入らんよ  わしの店に来る  わしのうちなどに来て  わしの魂はもうテエベを去った  わしを過去に結びつけていた  わしももう生きた  わしのヒゲを引つ  わしはわしの考へを変へません  わしのヒゲを離して下さい  わしが研究室を案内してあげ  わしが研究をうけもつてゐる  わしは月野さんにヒゲをつかまれた  わしも月野さんのヒゲをつかんで  わしや腹が立つて  わしのヒゲにぶら  わしは居ないとはいはん  わしも見たかつたな  わしを火星で知つてゐたか  わしの研究を火星で知つてゐたかね  わしは驚ろいたよ  わしもびつくりしたよ  わしは殺す  わしは便所へ行って来る  わしもそんな音は聞いた  わしはそう思うがね  わしはこんな歌を詠んだ  わしは近いうちにそれを決行する  わしからの信号により行動する  わしのところへ持込んでくれりゃ出来るだけの  わしは全船室に点灯を命ずると共に  わしは受信紙をとって読んだ  わしは愕いて  わしも君には今まで何度も何度も仕事の上で助けてもらった  わしの姿を見たいという  わしの名が聞きたいか  わしに手向う  わしは安心した  わしのすばらしい透過現象を見ただろうね  わしも今それをいおうと思っていた  わしに危害を加えようとした  わしは君に警告しておく  わしが姿を見せないと思っている  わしの姿が見えるだろう  わしは君と友好的に協力し合いたい  わしに対して感情を害している  わしに求めるが  わしを呼んだね  わしには出来ない  わしに出来る  わしの書いておいた  わしは君に力を貸しても  わしは保証する  わしの力を信じない  わしの力の不思議さを探求したかったら  わしは悦んでいる  わしも知っているよ  わしの励行が大分によい結果を示しているらしい  わしは火星の研究をやっていたが  わしの助手をやっとる  わしが注意をあたえているのに  わしが話してやっても  わしはこのごろ気がかわって  わしが説明しても  わしは当分喋る  わしの研究によると  わしの観測によれば  わしにも見当がついていない  わしの計算によると  わしは思わず喋りすぎた  わしはたまげてしまったよ  わしはしかと約束した  わしもひそかに塩冶を救うてやりたいと存じていたが  わしの口から内通もならぬので  わしにくれ  わしが案内する  わしも共々に頼む  わしはお礼をせずにはいられない  わしが死んでしまえば  わしを殺そうとした  わしからゆずられた  わしは知りたいと思った  わしのところへ報告してきた  わしは取引を完了したい  わしはそんなものは知らない  わしは早い取引を希望している  わしが知らないとでも思う  わしは乱暴をはたらく  わしが用のある  わしが知りたいと思った  わしはおどろきましたね  わしは君に聞きたい  わしはその文句を宙でおぼえている  わしが春木に渡す  わしの靴の中にしまってある  わしが手に入れた  わしはある  わしははからずも黄金メダルを手に入れた  わしが自由の身になったからには  わしをあんな眼にあわせおった  わしはどんなに楽しみだか知れません  わしの聞いている  わしはチャンフーと名乗って  わしの手に入る  わしを裏切ったばかりに  わしも実地検証をしたが  わしが特使に立った  わしが好んで  わしは自分の名声のために特使に立った  わしがあれほどくどくどといっても  わしが一口喋る  わしのところへ届けなさい  わしも上衣を脱ごう  わしが東京へ出て  わしやあんたつち  わしきうちに暮れて  わしの外にいでんとするを  わしと昼出る  わしや暮す  わしは嘘をいってし  わしの言いたい  わしてはいるが  わしてゆくので  わしの顔を手本にして  わしの研究室に来て見ないかね  わしの人物試験にパスした  わしが救い出し  わしの研究をしておる  わしの仕事がぼんやりでもわかってくれたら手伝ってくれた  わしが大切にしとった  わしはすべて数字ほど信頼出来る  わしには数学的な電気が性に合うらしい  わしにつづけ  わしてくれないとしても  わしていいか知らない  わして見よう  わしを恨むなよ  わしが勝ちじゃぞ  わしは第一番に死んで  わしもびっくりしたよ  わしだと思ってくれよ  わしてしまわなければ  わしの戦ぎを感じた  わしの秘密の威力が其方の心の底に触れた  わしの方を見て居りますナ  わしのやうな小国の王の杯は受けぬと  わしは何を措いても  わしは飛んでも  わしは未だ嘗て明るみのうちで見た  ワシも思ふ  わしく室の中に姿を隠しぬ  わしの甘い事を知って  わしはギリシア語かわからんでも  わした女があった  わして走って来た  わしは何んでもしてやりたい  わしを尾行けて来た  わしの部下にはそんな者はいない  わしも一安心する  わしは亭主運が悪かったけど子供運はええいうて  わしは覚えとらん  わしも高等文官をやろうと思うとったけど  わしも若い時は恨んでいたけども  わしはおもう  わしのことなら気にせんで行っといで  わしはあの子に辛く当って来た  わしの剛慾がこんな罪をつくったので  わしは神様におす  わしがむかいに行ってやるからな  わしは何とかして探し出して  わしにも貰ふとくれてな  わしのところへ頼みに来た  わしが頼まれた  わしが契約しとるのでな  わしはそんな弱虫と一緒に探偵していたくは  わしは知らぬよ  わしが探す  わしで判る  わしが出ます  わしの性分にあわねえ  わしをつれていけ  わしがすぐいって  わしが指揮をとる  わしの背中にくらわせる  わしが負けるなんて  わしの永年の経験からいう  わしに出来るなら  わしの腕の太いところをよく見てくれ  わしや恋ひし  わしをばかにしているからだ  わしの杭は何処へ打たう  わしが造ったからだ  わしはその君のいう  わしはそのあらゆる方法を使って  わしは全霊を打込んで  わしはわしの苦心を見世物にしようなぞ  わしが充分と思うまで  わしたように思われていた  わしの背中を拭いて呉れんか  わしたかというと  わしは逢った  わしの心が変った  わしを殺しに来たぞよ  わしがその剣を隠匿した  わしを討ちに  わしでも云うよ  わしを討ちに来るから  わしを野中の道了へ連れて行っておくれ  わしの記憶が蘇生るかもしれないから  わしはここで一人で考えごとをしていたい  わしの頭脳はまだ快癒りきらないのかもしれない  わしの手で葬ろう  わしの力できっと生きかえらせてみせる  わしはどうあろうと  わしの料紙筥の底をさがして  わしの悪業の終りは来ていた  わしがこの牢獄へ坐ってから  わしが坐っていた  わしから先ず訊くと  わしがまた訊くと  わしを始め  わしは頷いた  わしがやり  わしは事々に猿へ辛く当りちらした  わしはいつもの僻みで  わしばかり幸福になっちゃ  わしなどは見向きする  わしも明日は七日目になるからな  わしも畏まって  わしの思いつめた  わしが出てから  わしが何処にいて  わしは驚いた  わしはどんな声を発したか  わしの姿を見た  わしにも猿殿に対する敬慕が強くわいて来た  わしが家へ帰ってから  わしは猟師や百姓仕事をして食っていた  わしもその日の夕方にはやっと知った  わしは老母を背中へ背負って  わしは末期の村を見た  わしは仰天した  わしの肩から力なくぶら下がった  わしは幾日も冷たい空骸を背負って歩いた  わしは老母の空骸を千年苔の下に埋めた  わしは両手をつかえ  わしは嗚咽していた  わしはあわてて  わしは振向いた  わしを見かけて  わしも今ではよくよく善良な土民と人目にも見えて来た  わしは察して  わしは包まず  わしの人間を見届けて  わしの背へ担わせた  わしが馬泥棒に入った  わしは身に過ぎた  わしを連れ  わしも一乗谷の御城下へ移ってからは  わしが立身してゆく  わしの御主人を邸へ訪ねて来られた  わしを憚られて  わしへちらと目をくれた  わしに至るまでが  わしは後になって考えても  わしを側へ引かれ  わしは意外に思った  わしは嘆息した  わしはそこで御主人に追いついた  わしは正しい事をいう  わしの声を胸から衝き出した  わしを睨みつけて  わしを足蹴にしかけた  わしはお手討と  わしの襟がみを掴んで叩きつけ  わしの体を突き刺していた  わしはすぐ気がついた  わしは懸命に這い上がって来た  わしは四山の眠りを驚かす  わしが再びそんな魔道に落ちぬ  わしは一瞬に世の中が厭になった  わしは坐りこんで  わしに呼び起させた  わしは歩き出した  わしは西へ降って  わしは闇の中で別れた  わしの勤めも共に重くなって  わしも側で聞いていた  わしの見知っている  わしは御主人を裏切る  わしは六月朔日の未明から歩き続け  わしの両腕を捻じ上げた  わしはそういって  わしが石井山御本陣へ曳かれた  わしは本堂の階段の真ん前の大地へ坐っていた  わしの頭からじっと見た  わしの顔をさしまねき  わしの背中を鉄扇で一つ叩いていわれた  わしの頬を抑えた  わしの根性を知ってくれてか  わしは身の恐ろしさに顫く  わしの接待としてついていた  わしは辞退した  わしは眼をつぶった  わしは毛利家の家訓を思い出して  わしもそう案じないではいられなかった  わしは計らずも  わしは壁ごしに  わしのいた  わしは持宝院の一室から駈け出していた  わしはわれを忘れて  わしのその時の捨身を阻み得なかった  わしへ聞いていた  わしはぶっかかりたい  わしの旧主でもあった  わしも意気地がなくなった  わしはもうお側から離れずにいたが  わしはどこの大名方の家庭でも見た  わしを邀えたら  わしはただ順逆を学び  わしの欣びは裏書された  わしも大股に隊伍の中に交じって歩いた  わしは仏様を焼いて  わしだけ上の方に今朝早う行たて見ました  わしはお恨みを申しに来ましたがな  わしがボーイを呼ぶ  わしの子分を連れて来る  わしの一分が相立たん  わしがいうてやろ  わしも泣く  わしは子供を棄てて来た  わしが出る  わしはこの胸ん中が張り裂き  わしがためには守り神送りましょかよ送られましょか  わしは就役して来た  わしの机のうえに積んである  わしが貧乏はらくよ水の苦もない扶持減らしもお座らない  わしが土竈の火も見ていてやるし  わしは君侯と領民のあいだに在って  わしに従え  わしを逃がしてくれたなどは  わしも至らない  わしも行って来る  わしが立派にする  わしは泣きながら  わしの為にした  わしに急わしい  わしにくいものを表現しようと狙っている  わしているらしい  わしが貰うて進ぜよう  わしが飼うておくまで  わしのいすに腰をかけた  わしのお皿のものをすこしたべた  わしのパンをちぎった  わしのやさいをたべた  わしのフォークを使った  わしのナイフで切った  わしのさかずきでのんだ者があるぞ  わしの寝  ワシかけてかけて  ワシなどとある  わしを殺そうと思うている  わしが薬をのましょうと思うた  わしも手荒な事をした  わしを殺す  わしを親じゃと思わねばなるまいがな  わしを親とも思わぬ  わしをどう思うたか  わしはおばばを懸想していた  わしはおばばに情人がある  わしのきらわれたという  わしはこう思うた  わしが命にかけて思うた  わしを畜生じゃなどと言う  わしが阿  わしがとどめを刺してやろうかと思うがな  わしの寢床が見馴れたら  わしの身體ぢやままならぬ  わしの姿が見えぬとて  わしの從兄弟がいふ  わしも死ぬ  わして云うと  わしは山から来た  わしを引きとめる  わしを引きとめておきたいなら  わしはお前達のたき火の煙の中にいて  わしを捕まえて  わしを袋の中へ入れてしまったな  わしの方が敗けてしまった  わしはもう決して出て来ないよ  わしはお前達のような子供の前に出て来る  わしがいないと  わしを手頃な方法で打ち切って  わしのため力を貸してくれ  わしの目の前においてふしぎなことが起こっている  わしを機械人間の制御台のところへ早くつれていってくれ  わしをあいつの行った  わしを連れていってくれ  わしが仕事をはじめる  わしに報告してくれ  わしは根も葉もないことをおそれている  わしを信じてくれ  わしを完全に保護してくれ  わしを殺してしまうかもしれない  わしの予感があたっていれば  わしは長いあいだ研究をかさねた  わしの手で作った  わしが生物を人造する  わしのところへ申しでてくだされ  わしの目も今はすっかり直って  わしは知っているよ  わしも困っていますわい  わしは十分の手あてをしているから  わしにのりうつって  わしの仕事に協力してもらう  わしの話が分かるでしょう  わしを山形警部だと思ってくれない  わしはおどろいて起きあがりました  わしのからだはいつのまにか少女のからだになっていた  わしを心配して  わしはうれしくてならない  わしの家へもどって来たから  わしの手でもってしとめたよ  わしを苦しめた  わしの脳の働きを盗んだ  わしの気持ちが非常によくなり  わしの正体を見やぶったな  わしの姿を見て  わしの前までひきずりだせ  わしが行くわ  わしをだまそうとしたって  わしの声が聞こえるか  わしは無限の生命を持って生まれた  わしをおそってくると思う  わしを助けて  わしがなつてやらう  わしつつ雨戸を引き  わしかなんぞなら知らないが  わしがあんたをわしのそりでつれていってあげるがね  わしは歩くよ  わしはあのかたがまどろんでいらっしゃる  わしているかもしれませんのよ  わしの話を聞いとり  わしも応援するよ  わしがパトロンをめっけてやっても  わしはかえる  わしが工場ではたらくが  わしが中風で仆れたら  わしをい  わしを助ける  わしが行って来やすから  わしにだって出来るから  わしは足が早いからすぐに追いつきやす  わしから出さう  わしとも少し強く握手すれば  わしの方に預からして貰えませんかな  わしが当分預かってみたいのでしてな  わしの考え通りにはさせ  わしの祭にも供物一つ持って来ん  わしはいまなら誰のためにでも命をやる  わして冷笑している  わしに取消させようという  わしもそれで安心しましたわい  わしにこんな葉書をくれましてな  わしはお芳を正木さんにお預けした  わしも助太刀をしてやるから  わしがちゃんと睨んでおきました  わしがひとつ気になりました  わしの顔を見ましてな  わしもこんなに早く計画が図に当るとは思いませんでしたわい  わしも今日はひさび  わしの描く  わしの話など聞かなくても  わしがごとき老骨でさえ浮かれ出しとうなるて  わしは何も受け取った  わしのもとへ送ろうとした  わしが参った  わしもまだ御挨拶をしない  わしがくんで来てやるが  わしは出かけるからね  わしは拾って来た  わしは安閑としてはいられない  わしもつい弱気になって  わしの妹にしておこうなんていった  わしはそこで姿を変えてかせいでいた  わしの頼みとあらば  わしをさがしたと  わしが稽古をつけていた  わしは昨夜中あんたのことを思いつづけると眠る  わしの耳に鳴りつづける  わしはドイツの軍艦のようなあんたのからだを思う  わしは気がくるって  わしのことをどう思っていてくれる  わしにたのんだ  わしが今日限り抵当ながれにならなくてはならない  わしを死ぬ  わしはだまされた  わしに湯水も下さらぬ  わしはカーライルじゃと村夫子が答える  わしの事をチェルシーの哲人と云う  わしはわしで自由に見物するからという  わしもそれで今まで起きて待っていた  わしが案内して  わしのうちに生徒がたずねて来てくれた  わしはあの牛を盗んだから  わしの小屋へ曳いて来ただけですよ  わしはいずれにしても  わしは人から聞いた  わしは長年教師をしていたから  わしはまず駄目だとあきらめている  わしは一切何も言いません  わしがお前を高いところへつれて行ってやろう  わしと一緒にくるが  わしは助けてやらないよ  わしは知らないが  わしも呆れた  わしはもう知らない  わしの胸を射貫いても  わしの研究室で使う  わしと一緒に死んでくれるか  わしとこの島に残されるか  わしと君は数十人の敵を同伴して  わしのつくった  わしと行動を倶にしろ  わしの味方になるか  わしに反抗する  わしを信じ  わしが殺されるだけじゃないか  わしに怖れて  わしの学説の実験に使う  わしの老ぼれた  わしに移し植えたら  わしを信じない  わしに料理されるが  わしの学説を完成させる  わしの求めていた  わしと妥協しよう  わしの創案した  わしに貸してくれぬかな  わしの頼みをきいてもらおう  わしの願いをきいてくれぬか  わしの実験が失敗して  わしに見込まれて  わしの見込んだ  わしにかまわずに  わしをかばってくれる  わしの実験の済むまでは  わしの所有といって  わしながら銀次の胸にバッタリと縋り付いた  わしましてコッソリ彼の一軒屋に忍び込み  わしの噺には少くともこんな本の三冊分くらゐの  わしなど初めつからこの世にゐなく  わしをどつかへ隠まつて呉れ  わしをどこかへ隠まつて下されい  わしが来  わしが来て  わしが教へたと  わしはこの煮  わしは豚は嫌ひ  わしの最後の言葉を聴いておくれ  わしには刑罰が怖ろしい  わしの霊魂は無限地獄の業火に焼かれるばかりで  わしの霊魂を救つてくれる  わしは何もかもを棄ててしまふの  わしは懺悔めて洞窟へはいり  わしのための菩提を弔つて貰ふの  わしは鎖なぞ怖れはせぬの  わしが手足を縛められてをると思ふ  わしは奴等の眼を晦まして  わしは自由の身になる  わしはもう永くは生きられぬからだ  わしは逸はやく兄弟分のダニーロに手を貸さうとして駈けつけたの  わしはお前を笑ひなどする  わしだけは合格の見込があるち  わしづかみにしていた  わしづかみにした  わしは十分同情もしている  わしのうちに遊びに来ないか  わしの家に来てもらうか  わしはかまわんが  わしの家に来ては  わしが配属将校になったんで  わしの気持をよく理解して  わしは全力をつくして  わしは決して朝倉先生を人格的に疑ってはいないという  わしの気持はわかるかね  わしまでその名前を届けてくれないかね  わしはきょう君と話して  わしが無法な権力をふるっているとでも思っている  わしもこれで手をひく  わしの祖父といへば  わしの耳の中で聞えてをりますわい  わしが女帝陛下の供奉をして  わしになんの用がありますだね  わしもそんなやうな話を聞いた  わしがとこの納屋に坐  わしを同輩かなんぞのやうに思つてけつかるの  わしはちやんと憶えとる  わしの野菜畠へ豚を追ひこんで  わしのうちの麦搗きを拒んだ  わしのところへ拘引するの  わしは代官に告発するぞ  わしの家へ昼餐に立ち寄られるの  わしの家へ食事に立ち寄られるの  わしの魂はとつく  わしは相手に知られない  わしの言った  わしがこっそりと見ていると  わしはうそをいわんよ  わしは心配しておる  わしの家へお集まりなされ  わしをお客さまあつかいしてもらっては困る  わしは艇長ではありません  わしがすぐなおしてやる  わしがこんど持ってきた  わしは持ってこない  わしのほうからうかがいますといってくれ  わしのほうがでかけますという  わしはこのロケットのなかを見た  わしは礼をいう  わしがぐずぐずしていた  わしもさっそく扉をあけて  わしの家まできてくれないか  わしはふたたび地球へかえる  わしはそうは思わない  わしは何も気にしていませんから  わしの気持はわかってくれるだろう  わしが用意をしましょう  わしが持っていってあげましょう  わしは陰謀加担者として罰せられますからね  わしを殺すというの  わしはきみのところへゆこう  わしてゴロリと横になってしまう  わしも青年指導には興味があるんで  わしは午後までゆっくり見学さしてもらう  わしとあんたの間で問答しても  わしで掃除していたが  わしづかみにし  わしも見学にあがりました  わしが外から見とほして  わしもさう思ふ  わしをたずねて来かかった  わしができないけれども  わしは断言しよう  わしはムスカットへゆく  わしがここからそっと電波を出して  わしく辞し去りたまいぬ  わしはその時一個の鵞鳥の卵として生れ  わしとお前とは深い因縁がある  わしの子を生むべきだ  わしはもとからの悪い天狗ではありません  わしが立て替へときやせう  わしの女房も働かしとくんで  わしの女房のゐる  わしの言ふ  わしに掴まつて  わしが話してやる  わしの方で掴まへて  わしがつれて  わしはもうこの商賣を始めてから  わしはこの家にゐられなくなる  わしはビクともせんぞ  わしが君を応援する  わしは始めて分った  わしの周囲にいる  わしが代りにいて  わしに見せとくれ  わしもそう思うです  わしも肚が立って怒鳴りつけてしまうし  わしも酔狂であんたに頼んだでねえです  わしもこの町にいられねえし  わしをぺてんにかけた  わしは土木工事の請負をやっている  わしの家で呑め  わしのところへ知らせて  わしは一つお前さんに相談がある  わしの親類とかなんとかいっとくよ  わしはうんと叱られた  わしのほうから頼む  わしは自分の子のやうに思はれるいふてはります  わしの役目は済んだ  わしは逢いに来るし  わしは急ぐしするから  わしは他のお医者と立ち会う  わしばかりでは診られない  わしづかみにして来てしまう  わしも連舞の群に入ろうぞ  わしが打とうぞ  わしもこの子に言う  わしにもたしかにきこえた  わしの力で出来るだけの  わしはすっかり吃驚してしまった  わしを怨んでいる  わしは最初は疑がったが  わしていようという  わしは何も知らない  わしにした  わしのぼろ靴で歩く  わしがながい間かかって  わしはやつをつかまえなければならん  わしは逮捕状をもってきてる  わしが仕事をやりはじめれば  わしがやっと知りあった  わしの手がたしかにさわったし  わしをなげとばしたからな  わしが呼ぶまで  わしが運勢を見て上げる  わしや恋し  わしに会いに来たという  わしに話しかけるなんて  わしの報復成るか  わしはそう思っとる  わしのところから出ていく  わしが留守ぢやというておけば  わしの留守でも搆はずづんづん上る  わしのお父さんがそれでしくじつてはる  わしがいひ  わしの留守には出て見てくれぬさかいいかん  わしの留守に喰う  わしも今出て行こうといふ  わしに聞かしとくれ  わしもまたその了簡がある  わしの役目が済まぬ  わしもきっととは云い兼ねる  わして強い將士がたくさん立ちあがり  わしの國に來て内緒話をしている  わしが先にその手を掴むぞ  わしており  わしはスパイ禍をさける  わしの考え出した  わしを射落さうとしてゐる  わしは今考へ  わしの頭が並はづれて大きいことを言ふ  わしはそれがためにいつも苦労ばかしし続けてゐる  わしの持つてゐる  わしは唯自分を大きくさへすれば  わしはその目的を遂げようが  わしは何事をもじ  わしを持ち  わしは自分の大きくなる  わしはその時これまでついぞ経験した  わしの心の奥で匕首のやうな白い歯を見せて  わしは其奴の白々しい笑声を洩れ聞く  わしが自分の運命の前に身顫ひするとでも  わしは勇気を持つてゐる  わしの憂鬱もどつかへけし飛んでしまつた  わしはさうしよう  わしの熟れる  わしはお前の言つた通りにやつてみた  わしは毎日のやうに皮を割かれ  わした言葉によれば  わしてき  わし得ている  わしているともいえる  わし難い微妙な調和をもって  わしたものであろうと感じた  わしたものはそうでなくてはならなかったであろう  わしていると言い切る  わしていると見る  わし難いほど強い力をもって  わしているというべきであろう  わしているとはいえない  わしているごときが  わしているかも知れない  わして居た  わしながら森厳しき玄関前にさしかかり  わしつつ願えば  わしからもよろしくと申上げてくだされい  わしはゆうべ持っとる  わしが頼むから  わしは死ぬかも知れない  わしを言いくるめようたって  わしの過分の仕合せの厄払いをしようとしたのに  わしに押しつけるとは  わしが金を欲しがっていると  わしは一生その人の従僕になっても  わしがずり落ちても  わしもいよいよ一人前の角力取りになったか  わしはこれからいよいよ角力の稽古をはげんで  わしが帳場に坐る  わしがお嫁入りして  わしは国元を出る  わしはきょうまで我慢に我慢を重ねて  わしの苦労もそれこそ水の泡になります  わしがついて守って行きますから  わしはこれからまた一旗挙げる  わしの家で三本買って置いたから  わしが持参した  わしにお世辞を言っても  わしにも覚悟はあるが  わしと一緒に死のうじゃないか  わしは生れてから  わしだって好きでかついでいる  わしの前に坐り  わしはこれから一寝入りだ  わしにも右肩を上げて歩けと  わしも少し惚れていたが  わしはお前を恨みに思ったり  わしはもう殺される  わしが身にしみ込んでいる  わしもせず  わしはいつ  わしを救けると  わしの村の堂守になつて下せえ  わしが堂守になつたとて役に立つまい  わしが堂守になり  わしにはできぬ  わしの村の鐘をつくる  わしは知らな  わしは潰してし  わしを苦しめる  わしの心につきささるわい  わしも今それがはつきりわかつたわい  わしは人々のためになる  わしより源兵衛に逢うて行くが  わしにはわしの苦労がある  わしは何を贈物にしたら  わしの今やった  わしはお前にその真珠の秘密を明かすとしよう  わしの手紙はとどいたかな  わしが持っている  わしに担がれたとでも思ってやしないかの  わしに何か言いたい  わしの使った  わしは大して信用もしないし  わしは持参金をつけてやらなかったが  わしを恨みに思って  わしのところへよこしたがらない  わしなんぞに土下座するなんて  わしはお前に秘密を明かそうと  わしがお前に贈物にした似せの  わしが何か云はうとすると  わしにやわかつとる  わしにまかし  わしが知っておるから教えてあげよう  わしといっしょに往こう  わしに跟いて来るが  わしが人間界におった  わしの処へ来たくなったら  わしが迎いに来てやる  わしは君を殺す  わしの実力を以てすれば  わしはまだ彼を訪問していません  わしがこんな年齢になるまで  わしはたいへんな船にのりこんだ  わしが一生かかって  わしはもう気が変になり  わしについてくる  わしが途中まで送っていってやるよ  わしは坊っちゃんのお伴をする  わしの大力をお前さんに見てもらう  わしはこんなところにねころがって  わしの背中に噛みついた  わしはエフ氏にくい殺される  わしはなかなかほんとの正太君だとは信じないよ  わしは山の中でやがて日が暮れるだろうと  わしをひとりおいていっちゃいけないじゃないか  わしがつれてでようと思っても  わしのつれている  わしがイワノフ博士としられたからには  わしが作った  わしの背中におんぶする  わしをおさえて  わしの手は動かない  わしから聞きだそうという  わしの手におえない  わしにねだるというと  わしが極秘にしている  わしに知らせれば  わしには鳥渡分らん  わしが生れて  わしが死骸にさせられない  わしに心痛をさせる  わしはお前には黙っていたが  わしは早く見たいぞ  わしが再び世にあらわれるまでは  わしが生命をかけて  わしが停めた  わしが設計した  わしのものを失敬して  わしはこれから江戸へ出ようと思うが  わしが袖合せて  わしが剃  わしにまた用が出来たら  わしのような者が位を継ぎ  わしが王位にのぼった  わしの力になってくれる  わしを安心させて下さい  わしに何か願いがあるとか言っていましたね  わしからお願いします  わしが仮に王位に即きましたが  わしは君に跡を継いでもらって  わしの傍にいて  わしを助けてもらいたい  わしも立って話しましょう  わしと顔を合せる  わしが部屋へはいると  わしを睨む  わしはハムレット王家の血を受けて生れて来た  わしは今では信じて居ります  わしを一ばん苦しめている  わしの顔が山羊に似ている  わしには一つお願いがあります  わしと仲の良い振りをしていて下さい  わしを愛してくれとは申しません  わしの言葉をはぐらかしてしまいます  わしに反抗してみているだけな  わしだって知っています  わしはそれを動物的な本能だと思っています  わしは断言できる  わしにも打ち明けられぬ  わしが呼んで置きました  わしが心配して  わしの身のまわりの世話をよくしてくれる  わしは聞いている  わしも全く安心したと  わしにしては  わしの駈  わしは驚いたよ  わしが位を継いだ  わしとしても出来るだけの  わしには信用できない  わしだって覚悟していました  わしの気持が変った  わしが先王の幽霊の噂を耳にした  わしの行くべき  わしと一緒に来ておくれ  わしの声は聞える  わしの姿も見える  わしはお前を大事に守ってあげる  わしがきょう迄くるしんだ  わしの居間にちょっとおいでを願います  わしも一緒に失礼しましょう  わしに相談しない  わしは涙が出ました  わしに進言してくれるので  わしは君をここへお呼びした  わしに食ってかかる  わしはもう覚悟をきめています  わしから王さまにお伺い申し上げたい  わしのいまお伺い申している  わしも承知して居ります  わしの人徳のいたらぬ  わしが自らを責めて  わしは信じている  わしはその騒ぎを否定せず  わしが頗る軽率に騒ぎ出して  わしは子供ではありません  わしから言ってあげます  わしの最も憎む  わしは之まで信じていたが  わしは最悪の場合を覚悟していた  わしを冷笑して来た  わしはそれを知っていたので  わしの一家を罰して葬り  わしは万全を期して  わしの一ばん信頼していた  わしは眠っていました  わしは知らないと思っている  わしに見られた  わしを失脚させようと  わしは窮地におとされて  わしは覚悟をしていました  わしは正義のために叫びたくなりました  わしの罪障が洗われてしまうと  わしは全部を言いました  わしを切る  わしを助けてくれる  わしの宿命を全うする  わしのような孤独の男を愛してくれる  わしは罪人だから苦しんで  わしはお前に依頼心を起して貰いたくない  わしてよいかと云う  わしの知る  わしの気に入らん  わしはお前を助けてやるから  わしにはまったくわからん  わしはお前のためになんでもやってきているし  わしは今日までそれを誇りにしてきた  わしは思わん  わしから正気を奪ってしまうほどだ  わしがそういうことを言いだした  わしがお前のかわりに事をやれば  わしはもうこれで二十年もほとんど田舎に居きりなので  わしは田舎で少し見捨てられていた  わしにこれまで起った  わしのことをわるくは思うまい  わしはそうは思わんぞ  わしの要求する  わしも無理には要求すまい  わしにあるなら  わしもたいへん幸せだと思っている  わしの心臓がそれに耐えられないという  わしに許される  わしは弁護士を慎重に扱わなければならん  わしを応援してくれる  わしをかばってくれた  わしはもちろんほっとした  わしが別れを告げた  わしをこうやって  わしがおそらくあなたにおわびしなければなりませんからな  わしは前からそれを大目に見ていますし  わしを興がらせる  わしはこのことにたいして驚きはしませんね  わしの返事はあなたを満足させる  わしの前に立って  わしが申上げておきたいと思う  わしの仕事とについて詳しくお教えしておいた  わしを十分ご信用にならない  わしのことを軽く考えてくだすっては困りますね  わしは大きな事務室を持ってはいますが  わしのために働いてくれていた  わしが自分の専門を変え  わしと特に親しい人々の言う  わしが投げ捨てた  わしは過労で病気になってしまいました  わしは自分の決心を後悔はしていませんが  わしはかつてある  わしがこんな大仕事で全然後悔していないなんて言えば  わしの仕事が完全に誤解されるとなると  わしはこう思う  わしの法律顧問としての地位を間違って  わしはこの男にそれがいくらかでもわかったとは思わないね  わしがこの男の弁護のためにやっている  わしはいったい誰のためにやっている  わしはこの男にわからせてやるよ  わしは話し  わしがブロックのことを話しはじめたら  わしは言った  わしは言ってやった  わしも非の打ちどころなくしゃべった  わしの依頼人もいらっしゃる  わしにおいてくださっている  わしの後楯っていうものがある  わしが何を言ったかね  わしとは別な時期において考えている  わしの禁止にそむいて  わしは力を持っている  わしも出かけよう  わしが誰かをよく考える  わしとなった  わしをあてにして  わしはすかん  わしも商売に行くけん  わしも気が小さくなってねえ  わしや私の動脈は別に油をさしてやらないのに  わしも男運がないと云った  わして見た  わしの口からはどうも云い  わしが手でぶつぶつと切っておましょ  わしのプライバシーをおかした  わしは九十八まで生きる  わしは時雨女史にする  わしは何やらいっこう知らんが  わしが活かした  わしがその鬼を追いのけた  わしが人世に功があると言われて  わしが皆ひきうけた  わしが連れて戻りやすから  わしは町へ行こう  わしはこの年になるまで  わしが町へ行ってしまったら  わしが町へ出てしまったら  ワシは居るか  わしの女を崑生にめあわしたい  わしく入り来る  

~ わし[名詞]1
代りにわしが  骨が折れてわし  總代がわしん  ここで負ければわしの  初めのがわしは  炭たきやわしや  これはわしの  人がわしに  お前がわしの  これまでわしを  なつたわしは  きみならわしと  それよりもわしは  これがわしの  それについてはわしは  次へとわしの  あれはわしが  それにわしが  それだからわしも  世間にあるならわしの  星がわしの  なにもわしが  者のわし  あれならわしも  ここにわしが  妹とは云ってもわしの  みそなわし  心臓をわし  わしはわしの  それはわしに  あれはわしの  これはわしが  気根比べにはわしが  雖もわしの  お前はわしが  九条殿とわしとは  月輪殿とわしとは  慈眼房はわしにとっては  聖とわしとは  前をわしが  最初のわしの  お前とわしと  金造叔父がわしの  金造伯父がわしの  いつまでもわしの  お前たちはわしの  方へはわしが  のをわしが  第一線でわしの  男はわしの  日本でもわしの  それがわしには  云つてもわしなぞとは  もんぢやないかとわしは  お客はわしの  男がわしの  今度はわしが  傑作はわしの  お蔭でわしにも  そんならわしの  どっちもわしの  お前がわしを  事をわしは  今までわしが  それはわしも  事実をわしは  誰に焦れたかわしや  君はわしと  あいつはわしが  君はわしが  法廷でわしを  のはわしの  ためにわしに  何かわしの  命はわしが  眼をわしの  お前はわしの  眼をわしに  お前はわしを  口からわしの  のはわしに  今日はわしの  松明はわしが  唐橋誰が渡るたれも渡らぬわしや  時のわしの  時にわしは  方はわしの  本色を見わし  何んでもわしに  男のわしでさえ  ほんまにわしの  それをわしに  どこかでわしを  むかしにわしを  これもわしの  これもわしが  経費をわしに  あれを呼んで来てわしと  ワシもワシも  理窟はわしよりは  尊兄もわしの  者がわしを  貴公がわしの  道場をわしじゃと  そちはわしに  この間から見えなくなったわしの  今年のわしの  これはわしから  玉璽をわしの  性情をわしは  おまえはわしに  辛毘ならわしも  先生にわしの  彼女はわしの  これまでにわしの  害を加えたかわしにも  泥坊めがわしの  ムシュー・シャルルがわしを  ものをわしに  イブへとわしが  死はわしの  城主たるわしに  中よりわしを  公綱としてはわしを  しまつた今度はわしが  剣を執ってわしの  のはわし  考えがわしには  これほどわしが  貴様はわしを  望遠鏡をわしに  さっき話したわしの  わしはわしで  火星人はわしの  あれはわし  こんどはわしの  英雄をわしは  家人へ宛ててわしが  金城のわしの  沢がわしに  後はわしが  一分ずつわしに  わしにはわしの  二人はわしに  それだのにわしは  うちにわしの  手へ渡すまでがわしの  名はわしが  ことはわしも  住持のわしに  枝からわしに  此処はわしの  闍利はわしの  のもわしの  物を云うならわし  それはわしにも  人はわしの  のがわしの  以前にわしの  勝手にわしの  話をしてわしを  面前でわしの  賭はわしが  丁稚奉公に遣らされるならわし  のはわしとして  顔を見かわしも  そんならわしから  そこがわしにも  理由はわし  昔からわしは  ことをわしは  博士がわしの  あんたはわしの  人たちにわしの  そこはわしと  日本の云いならわしでは  溺死するならわしに  さっきからわしを  太守がわしは  マルテロはわしは  ときからわしを  此のわしは  兄としてわしは  毒蛇をわしに  昔からの云いならわしが  それがわしに  声でわしを  弟とわしの  先生にはわしが  おかげでわしに  君とわしと  貴公とわしとの  ものはわしの  妙にわしに  以前にもわしが  目当てはわしに  鞄をわし  それはわしが  早月さんはわしが  今のわしの  死体はわしの  蒲団から出るとわしの  中にわしの  気の咎めるわしには  ジャージーのわしの  獵師がわしに  オウこれはわしが  ホウこれはわしが  君達はわしの  猟師がわしに  傘さげてわしも  中にやわしと  十五夜さまよわしの  百円はわしの  社長はわしの  わしもわしで  あれからわしは  飢饉はわしも  ときにわしも  泥棒もわしの  ことをあやしまないならわしを  一つだってわしは  毎年招かれてゆくならわしに  通さんとわしと  役人根性へわしは  武蔵はわしが  先はわしに  ものならばわしの  身はわしの  おれとわしが  ここでわしを  時分はわしも  妙にわしの  忙がわし  中でわしの  事はわしに  法王はわしに  長男のわしの  塵までわしの  門人佐々木小次郎とはわしの  嫌ならわしが  咄嗟にわしを  方からわしの  小金ヶ原でわしが  きょうまでのわしが  のがならわし  今のはわしの  バッとわしの  戸締りはわしも  あれほどわしが  仔細あってわしが  お前もわしが  自分で走るからわしは  おまえがわしが  犬はわしが  弾丸をわし  流石のワシも  猥がわし  太平洋委員長兼海底要塞司令官たるわしの  ためにわしは  罪はわしに  そんならわしが  人がわしを  お前はわしとは  暫らく預けておこうとわしが  のもわし  うちにわしが  身体をわしに  そこにはわしの  なんだってわしに  腸がわしへ  いつまでわしを  何も与えられぬわし  そなたはわしの  のではわしが  嫁女がわしに  お前さんにたいするわしの  手向けをして通るならわしに  おかげでわしは  それにわしは  君がわしの  和御前はわしの  一升徳利をわし  お前にわしの  今ではワシよりも  墨はわしが  恐竜はわしが  者にまでわしが  ナガレ目をワシ  辺から出て呼びならわしに  のをわしは  今度はわしの  殿中でわしに  あいつはわしを  精神的にわしは  家来までがわしを  言い分やわしの  それやわしの  内容もわしの  これでわしも  一言はわしに  ワルサをやるからワシは  それに憑かれてわしも  一度にわしの  どこへ行ってもわしが  問題ぢやとわしや  それにわしの  搜して歩いているわしが  どこへわしを  そちはわしを  これでわしの  内を見廻わして  捌け口まではわしは  意味かわしにも  真理をわしは  兵書はわしの  一命はわしに  生涯をわしに  そちはわしの  舎弟にもわしにも  母はわしの  彼奴がわしを  すべてはわしに  口をそろえてわしに  おまえたちまでがわしを  急にわしも  犬神憑きじゃとわしが  うちに作って立てるならわしが  秀策先生とわしとで  刀の尖を振わしながら  それをわしは  乱れがわし  わたしには疑がわし  貴女はわしの  近日中にわしは  道誉はわしの  たましいはわしが  それぢやわしも  女ならわし  いふ時にはわしが  んですからわしも  うちへわしが  兼次もわしに  そんだからわしは  ことではあるまいとわしは  妹とわしとで  兵隊がわしの  子供たちがわしの  ことでわしに  ことがわしには  お前よりもわしに  お前はわしに  ことはわしには  力をわしに  お前がわしから  あとでわしの  そちまでがわしを  それも思わぬわしは  それはわしの  以前はわしに  札束をわし  三度やりたがわして  さっきからわしの  ことをわしから  者はわしが  直義ならぬわしの  事はさだまるとわしは  ここはわしの  なにをわしに  頭山とワシの  これにはワシも  杉山はワシよりも  地蔵様がいてわしが  ツ母さんがわしの  鳥よわしが  云ふならわしや  恋路で死のとわしの  山よわしが  一夜で解けるわしの  なにもわし  そちとわしとが  能憲はわしと  室にはわしが  女はわしを  眼をわしは  王はわしでは  家がわしに対して  兵よりもわしには  あんたがわしに  ようにわしには  彼はわしかも  呪いの話しはわしに  ことをわしに  煙草を差上げたという話しをわしに  歴史じゃないからわしは  それについてわしが  あんた方のよりはわしの  ぢいさまはわしを  伊那節をわしに  成算がわしには  すべて父と呼ぶならわしに  気持ちがわしの  一人もわしの  ここでわしの  次第によってはわしが  前にわしが  用事があるならわしの  ようにわしが  苦に病んでわしに  君はわしの  のはわしが  ところをわしの  わしにはわしだけの  生命をわしに  一座を見廻わしながら  主もわしを  浄慈寺に来てわしを  これまでわしの  ようになってわしを  栗戸利休はわし  腰はわしでも  今日はわしが  これがわしから  握り飯をわし  山はわし  二人一緒にわしの  彼奴にわしを  ことならわしから  そこまではわしは  それを死にかかっているわしに  いつか命を助けてやったわし  方はわしん  なにしにだかわしは  小萩はわしの  長久保家から去らせるわしの  それがわしの  そちにはわしの  道具屋にしてはわしを  不意にわしが  従来もわしの  上覧あそばさるというならわし  宴を催すならわし  のならわし  こと労咳でわしが  右門といえばわしの  自分ながらわしにも  熱情がわしの  二十四歳までのわしの  女はわしが  其時わしはわしの  蠱惑がわしの  何でもわしは  門をわしが  彼女もわしの  彼女はわしに  唇がわしの  円天井がわしの  重量をわしの  手がわしの  其時迄わしは  僧正がわしの  一瞥をわしの  一人がわしを  扈従がわしの  意志をわしの  閉ぢればわしには  明かにわしの  やうにわしの  為にわしは  事はわしには  やうにわしに  僧院長はわしの  書はわしの  事さへわしには  誰にわしの  彼女がわしを  凡てのわしの  翌朝セラピオンはわしを  此処に来れとわしを  永久にわしの  日暮にわしが  陰にわしと  彼はわしの  神がわしと  永久にわしから  吐息がわしの  空気はわしを  匂はわしの  呼吸はわしの  外へ垂れたわしの  其三日間はわしは  輿にのせてわしを  バルバラもわしと  バルバラもわしの  云へばわしに対する  調子でわしの  透視をわしの  何時でもわしの  其声はわしの  懊悩とはわしが  一刻もわしを  掛念もわしの  忠告もわしの  冷さはわしの  手をわしの  手にわしの  其撫愛はわしの  胸にわしを  眠りがわしの  今度は急いでわしの  #昔のわしに  袍はわしを  布がわしの  中にわしは  #前にわしの  一頭はわしの  片手をわしの  頭はわしの  其間にわしは  此悪魔がわしの  其夜からわしの  時はわしは  時はわしが  疑惑をわしに  心配がわしの  彼女はわしが  彼女がわしの  布でわしの  愛をわしの  彼女がわしに  破滅がわしに  夜にわしは  玄関で始めてわしに  之がわしの  前にわしは  ここでわしは  右門というはわしの  切り盛りするならわし  小判をわし  そちがわしに  年金三百両あてお下げ渡しくださるならわし  四辺を見廻わしながら  周囲を見廻わしながら  差し紙をわし  両手でわし  いそがわし  名主からわしに  煙止めとなるならわし  家内はわしに  馬術を練るならわし  弁当をわし  紙をわし  家老たるわしが  心根を思いやるとわしは  惧れもわしは  これへわしも  泣声を振わして  人間はわし  指を突いてわしが  風呂よりもわしは  役にはわしが  村長さんやわしは  彼やわしに  地下防空室へ連れこんでくれるわしの  薬はわしの  相手がわし  わけならばわしも  のならわしを  お前さんがわしに  お前さんはわしの  十年ってわしより  命をわしに  米はわしが  ブレインさんはわしの  神様はわしに  のだがわしは  あれをわしに  両所はわしの  証拠にわしは  のはわしだけ  和尚さんもわしも  次からはわしも  源女殿とわしとの  そこへわしは  それをわしが  其方はわしについて  其方はわしの  刺戟されるならわし  帰りがけにわしに  書きかわしに  取りかわしに  纏頭を出すならわし  無理やりにわしに  幽霊接待係のわしが  めいわくはわしよりも  すもわしの  釘で打ちつけてあるわしの  横瀬がわしに  合宿から抜け出してくるわしを  最後にわしが  政とわしとの  此のわしの  四囲を見廻わしながら  今度こそわしにも  お前がわしに  種子はわしの  着物をわしに  どの人がわし  燕はわしが  卑劣なわしでは  あんた方はわしの  兄弟のわしには  それもわしは  天下晴れてわしの  未練なわしの  お前もわしの  養ひ育てたわしを  身がわしに  どこまでもわしの  鬣を振わして  心ぜわし  がまんのならぬほどわしを  六十兩でわしん  房代はわしの  法定後見人はわし  次第でわしに  柳子とわしの  箱をわし  お前さんをわしは  それにわしには  のだからわしの  枝をさしかわし  男はわしより  何事もわしに  モータルを見るとわしは  浪花節はわしも  今夜お前さんたちがわしの  指輪をわしが  いまにきつとわしの  王様がわしを  床土を仕込まねえじゃと言いますからわしは  金太郎はわしの  刀を提げてわしの  計をわしの  自暴になってわしに  日ぐらいわしは  わしがわしの  片言を言ってわしに  兵士らがわしの  野武士らはわしの  ままでわしの  明らかにわしを  彼らはわしの  復讐心とがわしを  父とわしとを  ゆうべもわしの  晩もわしが  これでもわしの  ように言い触らしてわしを  罰としてわしが  それはわしばかり  そばにいてはわしの  むかし馴染みが帰って来てわしも  それに就いてわしも  それを見とどけたらわしも  話はわしも  旅に馴れたわし  身を疑うたはわしの  近頃のわしに  のだろうわしは  奥さんはわしの  男だつたらわしの  若松屋惣七をわし  きょうまでわしに  武士でないわし  あんたがわしの  仁をわしの  さっきからわしが  のであろうとわしは  わしにもわしの  床の間のわしの  ことがあってもわしの  神様はわしを  馬がわしの  一にわしは  物陰からわしが  ランチでわしが  これまでにわしに  最後にわしも  あいつはわしの  世の中にわしに  二点についてわしは  三人のわしの  者がわしの  甚しくわしの  ここがわしの  変へませんわしは  月野もわしの  んですねわしは  代理人たるわしに  君はわしに  派遣せられたわしの  健康だわしの  ころからわしは  和泉介はわしとも  場所をわしが  ようなわしでは  現品をわしの  隊務いそがわし  鳥ならわしが  木美子はわしの  ことからもわしには  今朝はわしが  大御神がわし  熟すればわしの  こととワシも  急がわし  ことならわしは  嫁を貰うたらわしも  絵はわしに  何はおいてもわしが  車はわしが  銃弾をわしの  白ら地がわしや  のもわしが  勘兵衛はわしより  来栖勘兵衛がわしを  今のわしでも  牢頭のわしから  牢頭のわしの  牢頭のわしなどは  夢かとわしは  鍬を捨てるとわしは  ようにわしは  空腹でもあろうとわしは  光秀様はわしを  主人のわしが  侍坐しているわしを  記憶をわしに  道を急ぐわしの  主人持ちのわしの  キラとわしを  猿殿はわしの  気配をわしは  何用かとわしへ  光秀もわしを  承知でわしは  津軽貧乏見されわしが  絶対にわしに  貰へばわしが  だれかわしの  鼻でおくわしの  それもわしと  昔のわし  上のわしの  二日でわしも  谷博士がわしを  だれもわしを  君たちはわしを  それはわしには  号はわしの  片方はわしが  あんたをわしの  忌とわし  低能組はわしの  教育料はわしから  近頃はわしの  次郎君がわしに  眼をしてわしの  あれだけはわしの  なんならわしが  自分からわしの  呼吸がわしの  ようになってわしに  がれにならなくてはならないわしの  あんたはわしを  ぱりきったねがいごとそれかなわぬとあたりつけわしに  世間ではわしの  あすはわしが  燗徳利をわし  牛はわしの  家とわしとが  それはわしは  のにはわしも  君とわしが  お前さんはわしが  亭主がわしを  異端者のわしの  血書をわし  帽子をわし  右手にわし  帰りにわしの  配属将校としてのわしの  あとでわしまで  今もわしの  ためにわしの  特別にわしを  匿名寄附者がわし  きょうはわしの  ガン人であるわしを  今日はわしは  塾生たちを見わして  棒だわしで  葉書をわし  宿料はわしが  外までわしが  恩知らずだとはわしは  鳥のわしと  失禮やがわしは  これだけ言えばわしの  人生をわし  鼓はわしが  さっきからわしも  事情をわしに  いまにわしが  腕がわしを  笑つてゐるわしの  これに対してわしが  事はわしが  昼飯はわしの  蒲鉾はわしも  極内でわしに  身を果たさせてはわしの  お前達がわしの  お蔭でわしの  四方を見廻わしながら  事でわしを  きょうからわしは  今夜もわしの  きょうまでのわしの  丹三郎はわしの  塩鮭もわしの  宴会でわしの  有無で見るならわしが  つて来てわしを  二人はわしを  細君をわしの  いつでもわしが  犯人はわしの  あなたはわしを  人造人間がわしの  お前に仕立ててわしが  なにもわしに  お前たちやわしが  袖とわしが  はがきはわしが  いまからわしの  きょう迄わしを  王城から追い払われるだろうとわしは  国王としてのわしの  フルトはわしの  元気がわしに  叔父さんはわしの  時のたつにつれわしにとって  これまでもわしの  裁判組織とわしの  法律家がわしの  あなたはわしの  ここにはわしの  方がわしにおいて  心配はわしに  中にわしに対する  ものをわしとは  ことだけでもわしには  お前もわしも  グルリと見廻わして  四ツ木君はわしを  ことはわしは  末吉はわしが  此の方はどつちもワシ  崑生はわしの  

~ わし[名詞]2
たたわし  いつもわし  このわし  もうわし  これからわし  ちょうどわし  とにかくわし  どうかわし  やっぱりわし  もっともわし  もしわし  さっぱりわし  何だかわし  汚わし  必ずわし  又わし  そうわし  本当にわし  どうしてわし  著わし  どうもわし  既にわし  疎いわし  まだわし  後でわし  とうとうわし  何でわし  あまりにわし  あまりわし  すぐわし  もっとわし  むろんわし  今さらわし  よくわし  絶えずわし  幸いわし  果してわし  なんでわし  いかにもわし  到底わし  どうぞわし  なぜわし  よもやわし  ようやくわし  だんだんわし  早くわし  現にわし  さいわいわし  再びわし  何ともわし  とんとわし  勿論わし  ずっとわし  一体わし  いまさらわし  丁度わし  まずわし  いかにわし  いくらわし  ちゃんとわし  先ずわし  実際わし  断じてわし  万一わし  たしかにわし  いよいよわし  恐ろしいわし  決してわし  一向わし  かりにわし  何故わし  はやくわし  時々わし  当然わし  なにかわし  今更わし  ひどくわし  そぞろわし  やはりわし  もうワシ  そのままわし  ないわし  いつぞやわし  きっとわし  嘸かしわし  ついわし  何とわし  さほどわし  たとえわし  さんざんわし  そのわし  そのうちわし  いちいちわし  痛わし  ひっきりなしにわし  とうにわし  おそらくわし  もちろんわし  はやわし  まあわし  いくらでもわし  これからワシ  なんてわし  一度わし  少しわし  なにとぞわし  いきなりわし  いわばわし  ほんとにわし  ともにわし  何しろわし  遂にわし  未だにわし  殆どわし  恐らくわし  烈しくわし  悉くわし  つとわし  常にわし  軽くわし  徒にわし  注意深くわし  時にわし  屡々わし  深くわし  強くわし  一寸わし  厳しくわし  全くわし  いったいわし  あのわし  とてもわし  穢わし  眩わし  またわし  ゆっくりわし  なにもかもわし  そういうわし  漸くわし  辛うじてわし  やっとわし  可愛いわし  ちょっとわし  そんなにわし  たびたびわし  ついにわし  ひいてはわし  ましてわし  よろしいわし  仮にわし  どうやらわし  もしもわし  なんにもわし  折角わし  およそわし  せっかくわし  まさかにわし  殊にわし  くわしくわし  たちどころにわし  ホイホイわし  畢竟わし  むしろわし  はったとわし  やにわにわし  間もなくわし  こうわし  同時にわし  もう一度わし  どんどんわし  いつしかわし  しばらくわし  わざとわし  始終わし  亡きわし  ときどきわし  甚だわし  やがてわし  さきほどわし  元来わし  どんなにわし  こんなにわし  少なくともわし  

複合名詞
啖わし  言顕わし  男わし  わしゅうござりますれど  わしら方あたりぢゃ生産  煙草入れわし  わしかいな  顕わし  わし首  著わし  喫わし  わしら  わしア  わしア死  慄わし  わしたち  麗わし  わし自身  称びならわし  匐わし  振り廻わし  廻わし  ひとつわし  今夜わし  あと廻わし  わしぁ一日一杯  顫わし  美わし  わしぢ  物事忙わしくも  夜中わし  わしの  御身達わし  みんなわし  刀わし  心忙わし  美わしさ  池わし  愁わしげ  わし達ゃ三畳  呪ろわし  わしぐらゐのもんぢやないか  云いまわし  顕わし明  振り廻わし方  麗わしさ  憂慮わし  わしども  忙わし  わしやまだ  オオわし  わし等  アアわし  煩らわし  応わしい  廻わし方  毎年わし  漾わし  悼わし  十分わし  もとわし  相応わし  恥らわし  忙わしくし  憂わしげ  わし我々  ワシガ  忙わしきもの  わしゃ今  わし一寸  わしとこ  わし所  わし処  わしかい  張廻わし  ガクガク顫わし  秘巻此わし  上わし  わしはか  わし個人  香わし  わし気  慣らわし  痛わし  露わし  わし一代  わし一人  永年わし  相応わしい  ぶっこわし  わしゃひとり虫  わしたち父子  わしひとり  わしげ  さっきわし  壊わし  わしらア  あいだわしら  穢わし  涙わし  わし達  みなわし  わし掴み  わしら一同  忙わしそう  わしい  憂慮わしげ  わしたち科学者  わし方  わしゃあ甲府  回わし  わし鼻  後回わし  わしん  縫合わし  邂逅わし  配わし  羞らわしげ  わしら人間  わし同様  ぐる年わし  傷わしそう  昼主税めわし  わし達兄弟  全部わし  美わしい死  引装わし  裸らわし  人形舞わし  恵比須舞わし  ワシ鼻  手廻わし  わしら留守番  わしらドイツ人  廻わし是  薫わし  美わしくも  声慄わし  わしら誰  憂慮わしい  万が一わし  わしゃ  住わし  わし方そのもの  おん者らわし  わしゃ計略  麗わしい  晩わし  わしら彫金師  ちりわし  ときわし  当分わし  サアわし  娘さんわし  わし子ども  相応わしいが  わしら腋の下  わしゃそれさえ  わし以外  饒わし  覗わしむる目標  わしゃ金持ち  わし等親子四人  ひまわし  わしもち  突つき廻わし  徴わし  わし所の  わし姉  わし等一家  時わし  費わし  目下わし  最近わし  わし不可  押廻わし  言いまわし  それゆえわし  わしら町人  心忙わしそう  単身わし  流通忙わしくし  掻廻わし  わしゃもう  わしゃチンコッきり  わしゃかなしい  アわし  わし共  勤め了わし  痛わしい  後廻わし  住わしめ  わしゃあ  エエわし  旦那方わし  なあにわし  わしいが  昨夜わし  ことわし  いちどわし  いつかわし  縫わし  わしら二人  わしくま  わしごと買い取り  ワシ一人  一ワシ  荷わし  わしゃまた  ひと通りわし  わし一人ぢ  わしはちよ  わしども代表二人  正体顕わし  一時わし共  クラワシ  わしらここ  傷わしげ  會わし  お前わし  昨日わし  忙わしいし  わしゃもう大  わしさ  毀わし  すべてわし  わしぁ  わしゃ十九  ナアンアエわし  わしこと  わし今  わしら処  親分わしゃここでお暇  わしゃ一人  結局わし  毎朝わし  引廻わし  環視わし  わしはじぶん  きりわし  わしみずから征  廻わしちゃ不可  此わし  わしアびつくり  わし自身多く  わしたちはじめ  わしゃ業  わしはさ  乗合わし  一わし  いまわし  わしゃ爺さん  わしゃあね  わしぁこれから廻国  わしゃどうしても一度  今日わし  表現わし  顫わし顫わし  愁わしいもの  わしゃ思い  コスリ廻わし  本来人形舞わし  わしゃ酒  組合わし  麗わしいも  わしこの間  絡わし  廻わしたん  わしゃあ江戸者  わしゃ一生  ワシデッキ  わしら父子  わし雲  わしがきさま  わしいもの  わしもとつて六十六  危くわし  却つてわし  わし以上  其時わし  わし自ら  つてわし  当時わし  今後わし  唯わし  屹度わし  此時わし  夜わし  日頃わし  上つてわし  わし達二人  わしゆえ  応わし  わしゃいったい  美わしいも  美わしいもの  わしらお家  わし初め  盟わしめ  匍わし  季節告ぐる美わし燕  おん痛わし  忙わしい  わしぁ好き  わしゃ何  愁わし  わし等主事さん  格別わし  間わし  美わしきみ手  どれどれわし  ナニわし  愁わしさ  もっとも美わし  美わしい  わしよう  わしぁ学問  買ワシ  ワシタガ  わしらん所  わしやう  味わし  どれわし  啖わしむると温柔  随わしめ  猴舞わし  春猴舞わし  初春猴舞わし  ナラワシ  わしゃどうしよう  舞わし  湛わし  相応わしいも  わしそう  頃わし  わし水車  咀わし  万事わし  左手わし  大まわし  毎朝わし達  わしらみたい  わし本気  一二寸露わし  日わし  かもわし  らわし  一時わし  わしひとり面白  通り麗わし  わしン  痛わしいもの  ん廻わし  望み通りわし  ぱつてわし  失礼わし  このごろわし  自然わし  相応わしいもの  わしゃ運  今わし  愁わしそう  馨わし  遇わし  わしゃちょうど馬  わし無し  時分わし  わしゃ九十九  ところわし  わしはじめ  わし始め  わし独り  わしら与右衛門様  わし流露  擬わし  廻わし者みたい  応わしくも線  こんどわし  きのうわし  わしら老人  わしどおり  わし等とつさま  今度わし  わし言  わしゃもう米櫃  わしみたい  わしども家内  わしども覚え  著わしフレデリック大王  著わしディスレリー  このごろわしあて  わしあて  わしたち子供一同  けっかわしたち  味わしむるに余り  わしたち三人  さっきわしら  猿舞わし  夷舞わし  わし足  たらい廻わし  わしプライス博士  対わし  わしひとり十両  わしたち下々  万事わしたち  一つ二つわし  酔わし  まんがわし  ぶん廻わし  話わし  危わしげ  わし一人きり  相応わしいところ  一生わし  わしたち二人  わしたち一家  それ以来わし  わしら生き残り  師走いっぱい忙わし  相似わし  慄わし不安  わしら子ども  わしら百姓  わし一方  



前後の言葉をピックアップ
  わし  鷲峰山  鷲頭山    和し  和紙  ワシイモノダッタノデス  鷲尾  鷲家


動詞をランダムでピックアップ
承けよ学ん塞がっ突っ走る唱う元気づけ分捕っ写し出そ潰そ奉っねがい響か献じ思い知らせる押しかける負かさあけはなさたまげるたげる施せ
形容詞をランダムでピックアップ
懐しくっ惜しけれめんどうくさ幽いせまくるしかっ粘っこい気味悪き幼くせち辛いこかっ辛し安かれかん高く憎らしいおぐらくくさししろく賢しきしかつめらし疎々しかっ