「よろめく」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よろめく[動詞]
一撃を食わしよろめく  脚のよろめく  息を上げてよろめく  ところでよろめく  これまたよろめく  彼はよろめく  足もとのよろめく  者、よろめく  上へよろめく  しろによろめく  腹を白く浮きあげ、よろめく  お久良はよろめく  樹がよろめく  外国人が、よろめく  身体のよろめく  なかで大きくよろめく  あなたのよろめく  平次、よろめく  足はよろめく  引ッたくって、よろめく  女は、よろめく  感じでは、例えば、よろめけばよろめく  躰を捻りましたが、やがて、よろめく  気を失わんばかりによろめく  彼女がすこしよろめく  助はよろめく  中によろめく  車のよろめく  なかによろめく  足どりが、よろめく  警官をつまずかせて、よろめく  円柱はよろめく  前のあのよろめく  脇間から出てよろめく  後に、よろめく  足がよろめく  佃は、よろめく  発端、と、よろめく  蒲団を蹴って、よろめく  中に、突然よろめく  ように真っ白くなり、よろめく  キャラコさんは時々よろめく  上によろめく  後によろめく  広告人形がよろめく  渡辺刑事がよろめく  顔いろを変え、よろめく  それに堪えられず、よろよろとよろめく  老人は少しよろめく  着物をぬらしただけならいいが、よろめく  赤土路をよろめく  たじたじとよろめく  家内がよろめく  羽音をさせながら、よろめく  時、よろめく  帽子をとりあげると、よろめく  急によろめく  こころでよろめく  蛇は、よろめく  私はよろめく  一瞬間身体のよろめく  衝撃によろめく  首を突き貫かれて、よろめく  それとも知らぬか、よろめく  足元定まらずよろめく  一突き突かれて、よろめく  洗面所へと、よろめく  者を踏み、よろめく  声がよろめく  パトラッシュは、よろめく  木下大佐は、よろめく  羽虫のよろめく  言葉は一層よろめく  手を取られてよろめく  前後によろめく  靡へてか、よろめく  前へよろめく  僕はときどきよろめく  チロチロとよろめく  顔とよろめく  上に押し上げて、よろめく  楊博士は、よろめく  馬が嘶きよろめく  馬上でよろめく  笑ひながら、よろめく  武蔵が、よろめく  座を立ち、よろめく  それを踏んで、よろめく  裾をはねて、よろめく  ヒョロヒョロヒョロヒョロとよろめく  中から一人離れてよろめく  気を失って、ひょろひょろとよろめく  フラフラ立上って、よろめく  耳は、よろめく  先生はよろめく  フラフラとよろめく  木の下へ、よろめく  小泉がよろめく  喉が渇くので、かれはよろめく  湖水を超えて、よろめく  小女はよろめく  



前後の言葉をピックアップ
ヨロボウシ  よろめい  よろめか  よろめき  ヨロメキ  よろめけ  よろめこ  よろよろ  ヨロヨロ  ヨロヨロヒョイヒョイ


動詞をランダムでピックアップ
鬱い己惚れるかたはかりかき落とそ呟くやり合いなだめれ召抱える召捕ろ操り恋い焦がれるつくる死すやぶき没し悔い改め次がとりなおし研く
形容詞をランダムでピックアップ
恐ろしくっ用心深き遽しき神神しいものぐるおしい毒毒しい汚らわしい慌ただしく恋しからほしくっ易から賑わしき少けれ狭かっさかしいゆゆし手重くいとし快い数多う