「よろこぶ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よろこぶ[動詞]
やうによろこぶ  春だとよろこぶ  人間もよろこぶ  草木がよろこぶ  不健康をよろこぶ  さをよろこぶ  お母さんも、よろこぶ  零点をもらって、よろこぶ  風味をよろこぶ  誕生をよろこぶ  風景をよろこぶ  館員のよろこぶ  深刻をよろこぶ  出版を、よろこぶ  それをどんなによろこぶ  囲みてよろこぶ  継承を知ってよろこぶ  心からよろこぶ  方をよろこぶ  ように、愛すべくよろこぶ  やつて下さればよろこぶ  一本二本を見附けてよろこぶ  心より、うれしきや、よろこぶ  子供も歌ってよろこぶ  彼女のよろこぶ  上から見下してよろこぶ  食道楽のよろこぶ  おゆるしいただけましたら、さぞ、よろこぶ  表現して笑わせてよろこぶ  妹もなどよろこぶ  米にとってよろこぶ  秘密をよろこぶ  私のよろこぶ  事をよろこぶ  用事をさせられてもよろこぶ  我もよろこぶ  精神的高揚をよろこぶ  子供はよろこぶ  マルテもきっとよろこぶ  知つたらよろこぶ  思いやりをよろこぶ  旅川周馬、まだよろこぶ  味をよろこぶ  それはよろこぶ  ために最もよろこぶ  延津弥もよろこぶ  力こころゆくばかりなるをよろこぶ  眼を細めて、よろこぶ  母のよろこぶ  ひとだって、よろこぶ  その男がよろこぶ  一つ一つがんみしてよろこぶ  作家のよろこぶ  ときいてよろこぶ  兄もよろこぶ  あみんなよろこぶ  得意になってよろこぶ  ところをよろこぶ  通人のよろこぶ  東京人のよろこぶ  トロとしてよろこぶ  壮年のよろこぶ  なによりよろこぶ  子のよろこぶ  それをよろこぶ  西洋人も定めてよろこぶ  発展策と称してよろこぶ  ことをよろこぶ  みなさんとともによろこぶ  失業をよろこぶ  男娼はよろこぶ  風致をよろこぶ  にわかによろこぶ  国福を共によろこぶ  滅亡をよろこぶ  手を叩いてよろこぶ  幸福をもっともよろこぶ  一二輪机上に活けてよろこぶ  のだと思い、よろこぶ  誕生を、最もよろこぶ  子供のよろこぶ  近江屋七兵衛がよろこぶ  アメリカ人がよろこぶ  わけもなくよろこぶ  私はよろこぶ  林町に行きよろこぶ  僕のよろこぶ  茶漬けをよろこぶ  人がよろこぶ  自然を愛しよろこぶ  のを見たら、どんなによろこぶ  人を嚇してよろこぶ  趣味をよろこぶ  浜尾校長もさぞよろこぶ  教員たちはきっとよろこぶ  皆は、よろこぶ  ようによろこぶ  夫人道子が知ったら、どんなにおどろき、そしてよろこぶ  唄をきくと大層よろこぶ  弄してよろこぶ  あはれみ且つよろこぶ  ことを知ってよろこぶ  しんによろこぶ  単純によろこぶ  肯定して、よろこぶ  成仏を思うてよろこぶ  出現をよろこぶ  つたのをよろこぶ  奇瑞をよろこぶ  耳にいれると、たいそうよろこぶ  高時がよろこぶ  お前がよろこぶ  物によろこぶ  密報だけでは、まだ、よろこぶ  好意をよろこぶ  うちから、よろこぶ  美言をよろこぶ  没落を、よろこぶ  尻尾を振ってよろこぶ  腹の中ではよろこぶ  殿様もよろこぶ  春をよろこぶ  涙を流してよろこぶ  誓願をよろこぶ  南朝方のよろこぶ  さわ子もどんなによろこぶ  甚三郎が思い出していると、キャッキャッと言ってよろこぶ  茂太郎がよろこぶ  それをきいてよろこぶ  相手がよろこぶ  繭を積んで、よろこぶ  けっきょく、よろこぶ  のは、よろこぶ  人をいじめてよろこぶ  疑念もはさまずに信じてよろこぶ  之を看てよろこぶ  大明神がよろこぶ  私は心からよろこぶ  美味さをよろこぶ  無事をよろこぶ  旅人はよろこぶ  作家が必ずよろこぶ  恵みをよろこぶ  一人としてそれをよろこぶ  誰しもよろこぶ  和尚もよろこぶ  何をしようと構わぬとあって、結句、よろこぶ  どんなにかよろこぶ  変化をよろこぶ  保に見せたら、どんなによろこぶ  保がよろこぶ  お母様がよろこぶ  老人のよろこぶ  大統領のよろこぶ  客をよろこぶ  今なほ風流詩文をよろこぶ  雪をよろこぶ  山川草木にまみれてよろこぶ  皆がよろこぶ  反対に、躍りあがってよろこぶ  友達がよろこぶ  のをよろこぶ  吐露してよろこぶ  社会的標準となるとよろこぶ  全うせしをよろこぶ  間なるによろこぶ  母さんにみせたらよろこぶ  アロアにやったら、さぞよろこぶ  アヽ、そうだ、そうだ、とよろこぶ  何のよろこぶ  髷物をよろこぶ  ものは案外よろこぶ  人間のよろこぶ  小谷さんのよろこぶ  自分は如何程よろこぶ  から、うんと伸ばして、きちんと結って見せたら、よろこぶ  効果をよろこぶ  乱暴すんの、とてもよろこぶ  のを見てよろこぶ  芸当をさせてよろこぶ  相会ひてよろこぶ  たけも、なんぼう、よろこぶ  ヘソを見て、よろこぶ  私がよろこぶ  客がよろこぶ  ことはよろこぶ  不幸を見てよろこぶ  祥子がよろこぶ  修身修身と言ってよろこぶ  血をこねまわしてよろこぶ  迎へよろこぶ  それは、よろこぶ  涙をだしてよろこぶ  ことを、どんなによろこぶ  母の、よろこぶ  小母さんとでも呼んでもらえば、よろこぶ  ルーズベルトまでがよろこぶ  身の上を心からよろこぶ  口まねまでしてよろこぶ  焔をよろこぶ  禍ひをよろこぶ  なほはるかに泣くをよろこぶ  わがよろこぶ  伝六のよろこぶ  心自らこれをよろこぶ  男はよろこぶ  傾向があり、甚だよろこぶ  歌をよろこぶ  晴をよろこぶ  年寄はよろこぶ  雨をよろこぶ  原田内助、よろこぶ  お母さんもよろこぶ  我ぞよろこぶ  きみがよろこぶ  エミイのよろこぶ  幸吉さん、よろこぶ  秋とをよろこぶ  ためによろこぶ  恋愛をよろこぶ  下すったら、きっとよろこぶ  鼠を嬲ってよろこぶ  擡頭をよろこぶ  粒をよろこぶ  不幸をよろこぶ  方が一層よろこぶ  帰りをよろこぶ  父が持って帰ったら、よろこぶ  責任を感じ又よろこぶ  わたしが余りよろこぶ  疎開をよろこぶ  他愛なくよろこぶ  三日月パンを見つけだしたら、どんなによろこぶ  自分はよろこぶ  宿縁をよろこぶ  児のよろこぶ  何がよろこぶ  今日のあひをよろこぶ  苦痛をよろこぶ  人のよろこぶ  子どもたちがよろこぶ  ことをしてよろこぶ  木だのみてよろこぶ  私が、よろこぶ  二郎のよろこぶ  奇遇をよろこぶ  墓を弔いするで、よろこぶ  遊戯して、よろこぶ  隊員もどんなによろこぶ  



前後の言葉をピックアップ
よろこびあい  よろこびあっ  ヨロコビデ  喜ぶ  慶ぶ  歓ぶ  悦ぶ  喜べ  よろこべ  悦べよ


動詞をランダムでピックアップ
燻っ遣り込めよ巻きこま聞きつけれ吹すさぶかきとっ狙い打つ据え置くほうりこん押し返さおいすがっむきゃ微睡もはなれよ乗り越える燃えたちことたりる飼わみそなはし取り極める
形容詞をランダムでピックアップ
分厚い勿体なかっ懐しく勿体なき忌いましかっめでたかろ目まぐるしい遅かろ幼かっ気味が悪く明るくやにっこくひなたくさいいきぐるしいとうと眩しあらっぽいせち辛き涙脆い