「よろ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よろ[動詞]
敬坊ひよろ  から苦にはならなかつた、よろ  蛇が、すぐにによろ  ふし、よろ  ミスがよろ  ミスには、たぶん、よろ  戸が開くと、よろ  外へよろ  語に、しよろ  併し、しよろ  綱にひかれてよろ  夢中によろ  瀬戸物へつまずいて、よろ  綱は、よろ  陰から、よろ  方あるいはよろ  玉石につまずいて、よろ  かなぶん、よろ  やうによろ  ために、よろ  相談あるもよろ  そこらをきよろ  うにきよろ  うなづきながら、よろ  失つて身體をよろ  肩から離れて、よろ  羽掻ひじめにしてよろ  野盗に襲われてはぎ取られてしまい、よろ  卵もよろ  足がまだよろ  葉をよろ  港をよろ  其一を選べばよろ  上石ころはきよろ  ろによろ  目をきよろ  形のふらりひよろ  一面によろ  やうに、よろ  足許がよろよろよろ  頼み様がよろ  父親はよろ  これでよろ  つもりや、よろ  手を放してもよろ  鹿子はきよろ  何をきよろ  空席をきよろ  中をきよろ  俊徳丸が、よろ  而もよろ  轉車をよろ  時のよろ  影は、共に、よろ  足許もよろ  酔払いはよろ  支倉がよろ  影は、なお、よろ  前に出ず、よろ  天皇もよろ  餅がある、よろ  姿を、よろ  叔父さあも、どんなによろ  しろへ、よろ  雲霧は、よろ  カキはよろ  二足三足歩きかけては、よろ  急にきよろ  陣羽織も、よろ  灯かげに、よろ  眼をきよろ  両手を震わせながら、よろ  珠運はよろ  承知せず、よろ  心易く言うが、そいでは、そうしてもよろ  腎臓脚気でよろ  途端、よろ  何處でもよろ  黄頷蛇が、によろによろ  息をはあはあ吐いてよろりよろ  日をよろ  乙束区長が、よろ  巷をよろ  穴からはきよろ  から、くれぐれも、よろ  何の気なしにいつものきよろ  変りのない、きよろ  徳次はきよろ  照させながら、よろ  身體からによろ  私は、よろ  身体がよろ  絶食、すこしよろ  半次は立たんとしてよろ  やうに、きよろんきよろ  ぎあへぎ砂濱をよろ  半分以上死骸ともいふべき、よろ  ルターは再びよろ  病後の、よろ  人柄がよろ  こりんぞや、もうでくる、なよろ  きみは、よろ  字形にひよろ  窓にはよろ  窓口で、よろ  細君は、よろ  ぐ、よろ  眼はきよろ  風にひよろ  雲の上のよろ  みとよろ  ひじりにて在しければ、よろ  秋風のよろ  教僧侶、よろ  二三歩後退りによろ  肩につかまって、よろ  身をよろ  楯をつくがよろ  何かに躓いて、よろ  産室をよろ  あたりをきよろ  姿でよろ  



前後の言葉をピックアップ
寄れる  よれる  縒れる  寄ろ  拠ろ  選ろ  依ろ  因ろ    よろい


動詞をランダムでピックアップ
攻めのぼろ調子づきしのげる刃向かえ振るう打ち切れ消さ頂こ頻りあやぶまかたまれはみですがり付い陣取ろいみきらっつづれはかれよこおら泊まり
形容詞をランダムでピックアップ
真新しく若かっ醜けれ手っとり早いくやしい人恋しいしどけなきせまかっ水っぽしらじらしい厚うありがた憎らしかっ物凄はやからうつくしかれほの暗いたのし難しゅう軟らかく