「よめ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よめ[動詞]
ゲージもよめ  本をよめ  群衆のぞよめ  三年たてば、およめ  ひとり、およめ  母はよめ  英語のよめ  英語はよめ  原作をよめ  話をよめ  余所へおよめ  桂屋へよめ  娘をよめ  祖母さまがおよめ  字のよめ  本もよめ  一冊の本をよめ  恋愛小説をよめ  ものはよめ  本のよめ  満足によめ  のものもよめ  ものもよめ  母はまだもらったばかりのよめ  母もよめ  ことであるが、ただよめ  部屋に、よめはよめ  姑が食べると言われるか、どうだかわからぬと思って、よめ  中身ですが、よめ  太郎さんにもよいおよめ  土地へおよめ  人のおよめ  お姫さまをおよめ  息子のおよめ  ところへおよめ  娘をおよめ  あなたのおよめ  ことは、実際によめ  人の通るとよめ  物音ととよめ  王子のおよめ  ぼくのおよめ  つれ子をしておよめ  王子には、およめ  一文をよめ  一般集会でよめ  改造さえよめ  其有竹のよめ  先によめ  家へよめ  美濃部方へよめ  竹のよめ  貞松院が寂しがってよめ  英語がよくよめ  これはよめ  これがよめ  先におよめ  ふり仮名なしにはよめ  やうに、うつくしくよめ  心経をよめ  當主のよめ  日記をよめ  わたしのおよめ  経一節ろくによめ  新聞がよめ  ことばが、さっぱりよめ  それをよめ  腹がよめ  誰さんのおよめ  だっておそらくこんなよいおよめ  三十とよめ  むすこさんのおよめ  ときにはおよめ  ことがわからず、およめ  あいだにおむこさんをはさんで、およめ  のであればいいがとおもって、およめ  泣き顔になって、およめ  涙でかすんでいるおよめ  きょう、およめ  長者とよばれて、やさしいおよめ  ごらん、なんといいおよめ  作をよめ  数行をよめ  文章でよめ  本質をよめ  たびによめ  年をとっておよめ  お前、書きつけがよめ  新聞はよめ  三字がよめ  ことだがよめ  ドイツ語少々よめ  書をよめ  王女さまをおよめ  王女さまを、およめ  げなどよめ  総領のよめ  思つたが、よめ  町のぞよめ  息子によめ  年になったので、ぜひよめ  仲平のよめ  女をよめ  仲平がよめ  兄いさんのおよめ  弟のよめ  仲平におよめ  世間のよめ  あからさまによめ  ところへよめ  新聞ではよめ  十七歳でよめ  者におよめ  姫をおよめ  若い者ばかりでなく、よめ  イワンのおよめ  國たみは震ひどよめ  数なぞよめ  文字がよめ  自由によめ  守のよめ  人のよめ  土によめ  目的がよめ  故郷で、よめ  人がよめ  搖りとよめ  ウチを探してよめ  充分によめ  本はよめ  自分にはよめ  マリ子にもよめ  本文をよめ  訳ではあるが、よめ  本は全くよめ  のがよめ  こと、書いたものの実際についてよめ  あいうのはよめ  本がよめ  只ものをかけないよめ  字もよめ  十月二日におよめ  本をしまってしまってよめ  只字と思ってよめ  題もよめ  古語のよめ  たっぷり一時間半あるとよめ  自分がよめ  小説はよめ  とき来ておちおちよめ  ために、よめ  参考書がよめ  それから、およめ  町のやしよめ  字がよめ  無事におよめ  下調べをぞよめ  若い主婦やおよめ  



前後の言葉をピックアップ
詠む  読む  讀む  ヨム  よむ  詠め  読め  読めよ  讀め  読めれ


動詞をランダムでピックアップ
植え付けよおしつけよ助くる動く授かっあやまるはね上がり踏み外すしゃちこ張りへらしうつさ繁る挙る覚め慕ったりるしも言いきり組合し
形容詞をランダムでピックアップ
空しから憂し耐えがたく辛かれ若から聞きづらき善い詳しいつまらなからむなしわるがしこい手早くねたく厚うまずかれすがすがしき疑わしく賢い細かしい恥ずかしくっ