「よどん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よどん[動詞]
なかに、すえてよどん  さとが重くよどん  行く手に黒くよどん  空気がよどん  鉛色によどん  ひとつところによどん  曇影のよどん  水が、どんよりと深くよどん  から、青黒くよどん  しろから、恐ろしくよどん  ように、よどん  中によどん  まま大陸によどん  一寸言ひよどん  奥にとじこめられて小さくよどん  果てしもなくどんよりとよどん  悲哀がこちんとよどん  ままに任せて置いて、重くよどん  ようにただどんよりとよどん  下に暗くよどん  中に立ちよどん  水がよどん  溜り水が深く濁りよどん  監獄のよどん  異臭が重たくよどん  眼つきや、黄色くよどん  ためによどん  どろんとよどん  プールのよどん  水のよどん  傍らにいるおもよどん  家から迎えがくるか、おもよどん  大店の、よどん  河原に立ちよどん  つた空氣が重くよどん  空気のよどん  家々は、よどん  雫が降りどんよりよどん  みづうみがぎらぎらひかってよどん  ようによどん  石は少し云いよどん  徳三郎は云いよどん  雲がよどん  空気はよどん  いつでも、止ったり、つかえたり、しぶったり、よどん  ように赤く、よどん  時分になると、重くよどん  音楽が、少しよどん  霞もよどん  夢が、よどん  泥が、ふかくよどん  異臭のよどん  ため水がよどん  底によどん  内省に重くよどん  汽笛が響いて、よどん  生活にもまれ疲れて、とろんとよどん  ぼんやりとよどん  形相をして云いよどん  山吹は云いよどん  薄墨色にどんよりとよどん  ちょっと云いよどん  泥のよどん  どこかによどん  紅もうすく、よどん  色がよどん  急によどん  淵が、清くよどん  カンナもよどん  蝶は云いよどん  氣持惡くよどん  



前後の言葉をピックアップ
淀む  澱め  淀め  淀屋橋  淀ん  澱ん  世直し  夜中  ヨナカニコエヲ  夜長


動詞をランダムでピックアップ
蕩かせそがれるいぶからかたづい利こ縛り引き摺り付加える走らし打ち合っうろたえる生延びる溶かすめしあがれよくけれさばかうちおとし冴え返るはぎとりめあわせよ
形容詞をランダムでピックアップ
逸早く怪きもの悲しくやましくたか耳遠い浅い奥深き少なおお麗しけれ精しきつらく手痛軟かくっ重々しかっうすかっ幅広から青っぽく