「よし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よし[動詞]
石垣によじ  烏帽子をよし  ほうから、よし  ほうは、よし  学校をよし  蹴球をよし  坊やは、よし  坊やだけは、よし  中途でよし  いまは、よし  のはよし  すずめがそれだけはよし  それでよし  のをよし  見世物あつかいはよし  それはよし  冷水はおよし  ものですから、よし  白ねこがあがっていて、あばよし  話はよし  ここらでよし  娘なら、己惚れはよし  のはもうよし  道楽さえ、よし  ことはおよし  方はよし  これでよし  私小説だけをよし  枝によじ  信仰をよし  ことはよし  さ、それだけはよし  仲之町をよし  ことをよし  のもよし  風に話すのおよし  洋装をよし  のはおよし  途中でよし  から、およし  無駄だからおよし  ア、よし  冗談はよし  真似はおよし  結局自分でよし  事をよし  鰻屋をよし  蕎麦屋をよし  事もよし  岩塊をよじ  無駄だからよし  桟橋をよじ  迷惑ならよし  愚痴はおよし  仕事をよし  樹へよじ  頂上までよじ  やうですよ。もうよし  岨峻をよじ  崖をよじ  壁をよじ  女子大出はよし  あれはよし  ものだから、よし  方をよし  のをおよし  詞もよし  詞はよし  ことですから、よし  上へよじ  もったいない真似はよし  紙芝居をよし  髪結いもよし  雑役夫をよし  あんが酒をよし  人はよし  のを、よし  のは、よし  話は、よし  へんでよし  から、もうよし  嶮岨をよじ  そんならよし  から伝染するといけないおよし  いくらでも書けるがまずよし  嘘はもうおよし  きりでおよし  先生、およし  ちがいないから、およしなさい、およし  丸木さん、およし  小学校をよし  からいばりは、もうよし  今夜はもうよし  首きりはよし  一時会社をよし  ダンサーなど、よし  どうぞどうぞ、よし  点も多ければよし  スルスルスルスルとよじ  お話はよし  相談はよし  面倒はよし  演説をよし  三口でよし  色話はよし  の、よし  ッこはよし  話、よし  独断はよし  競争はよし  競争は、よし  戦争はおよし  所が歩けないで、やっとよじ  お湯はよし  山はよし  お酒だけは、およし  話はおよし  生意気をよし  頬を流れ、よし  ことは、およし  お話、よし  ハイカラはよし  所でだけはよし  事はよし  幹をよじ  からどうか縛らないでくれというのでよし  アオカンやってたけど、悪いと思ってね、よし  これくらゐでよし  曰はよし  お互いによし  ことは、お互によし  岩をよじ  つて言つたら、よし  大嫌い、よし  曲節も見るによし  手紙はよし  のだけはよし  かいはよし  客室へはいり込むのでよし  串戯はよし  所どころひょろひょろと、いじけてよじ  屋根によじ  いい加減によし  金蔵さん、それだけはよし  話はもうよし  考え方はよし  ことだけはよし  撞木杖をよし  ところでよし  そこは、よし  今回はまあよし  お話をよし  いやならおよし  真似は、よし  から、よし  ちがいないと思うと、聴けばかえって辛くなるだろうと、よし  彼女は、よして、よし  地震はよし  ことなるにと思い返し、よしよし  学校もよし  三年でよし  お父さん、よしなさい、そんな、よし  今日はよし  兄さん、もう、よし  みんな、もう、そんな、よし  上扱ひは、よし  日から病人かこつけによし  溜などは、およし  苦楽座をよし  格式ではよし  籠球部をよし  話は、もうよし  足なんかいらないから、もう、よし  議論はよし  ピアノなんかもよし  煙草入はよし  眼が、ああ、もうよし  つき合いなんか、およし  作家をよし  ボロが出るからよし  絶壁をよじ  今後はよし  義理立てはよし  柿の木によじ  戦争はよし  戦争をよし  事、よし  十年前によし  會うの、よし  ことは、できるだけよし  てっぺんへよじ  だって僕がよし  ポオズをよし  キセル乗りをよし  ことは、よし  女史はよし  闇屋なんか、よし  仕事はよし  物笑いですから、よし  お喋りはよし  板縁へよじ  渓谷をよじ  ネンネはよし  ことを話しただけでよし  木の根をよじ  ことよ、およし  ぢやよし  はなしはよし  四ンばいをよし  岩壁をよじ  殿様とよし  万年青をよし  地方裁判所をよし  茂ちゃん、およし  ためによし  方は、よし  そんなら、よし  ようですよ。もうよし  いちど私が、およし  中を見もせず、およし  感傷はよし  葡萄蔓がよじ  椅子によじ  芝居をよし  極り悪くなって、ぴたりとよし  真似なんか、およし  そいつは、よし  向背ぐらいは、いずれでもよし  散歩を一度よし  上によじ  とおり標石によじ  ことはよしてくれ、よし  土手によじ  ことをもうよし  串戲はよし  嶮をよじ  足をひいてよじ  こと、およし  らんでもいい、よし  厭味たらしい、およし  それは、よし  人をよし  それもよし  そんなら、もうよし  二切たべて、よし  真似はよし  バアをよし  まり長話はよし  うご冗談はよし  事はおよし  出動ならよし  アンダラインのみを拾いながらでもよし  ことなんかよし  一杯でよし  のもお恨めしくてよし  のはふっつりよし  ンぞはよし  吸入を、よし  間、よし  チヨツト伸び上つて眺めるが、直ぐよし  戯談はよし  ところまでよじ  数時間前によじ  無駄話をぷっつりよし  変だよ、よし  一度きりで、よし  茶店は、よし  悪事は、よし  喧嘩はおよし  ことを、よし  雑誌をよし  雜誌をよし  イヤ、イヤ、イヤ、よし  前によし  答辯ならば御よし  ことは、もうよし  冗談だけはよし  話だけはよし  今はよし  ステッキはよし  何か言おうとしていたが、よし  事なぞよし  日参はよし  政治家によし  悪戯はよし  ことはもうよし  さむらいをよし  酒だけはよし  よせなかった酒をよし  ことだけは、よし  女なんか、よし  だてはよし  つた話はよし  つて、よし  世辞などはおよし  悪口はおよし  喜助さん、よし  そ汽車をよし  ツ、およし  遊びはよし  木はよし  心配は、よし  もの開けるのおよし  からおよし  もみ手はよし  やり方をよし  半分でよし  機嫌なのによし  踊りなんか、よし  こと、よし  リサイタルなんて、よし  お話は、もうよし  窓から屋根によじ  鼻をよじ  趣味だ、よし  んですから、よし  鐘をよし  岸へよじ  おいおい、よし  字だけはよし  字をよし  お前はよじ  胴体をよじ  たか察するによし  ところを尋ねて見ようとしてよし  我慢はよし  造り事はおよし  おせっかいはよし  成功しないから、よし  勤先をもうよし  恥かしがるなら、よし  今はまだよし  小細工はよし  恰好、よし  學校途中でよし  毛布をよし  雑誌社をよし  交渉をよし  ア、およし  んするので、よし  豹吉はききかけて、よし  朝をよし  所などはどうでもよし  臠すによし  物言いはよし  カッフェーなんかよし  急によし  あすこはよし  言はうとしたが、よし  言はうとして、よし  この世をよし  斎藤さんもうおよし  モウおよし  ようになったのでよし  日記ならだんぜんよし  先生をよし  歌はもうよし  あはははは、およし  商売をよし  癖をよし  ご飯も、もうよし  父さんがよし  どっちでもよし  女給をよし  私は、よし  辺でよし  兇器だけはよし  飛ばっちりはよし  それをよじ  五六日でよし  肩をよじ  手をかけて、よじ  ように、よじ  の、もうよし  勝負はよし  計画をよし  写真だけはよし  彼はよし  鬼魅が悪い、よし  方へ往かなくちゃならないが、もうよし  当推量は、よし  父君に対し、およし  岩によじ  それはおよし  喧嘩腰はよし  そればかりはよし  これはよし  オセッカイはよし  話、もうよし  投書をよし  馬の脚だけはよし  舞踊をよし  んだから、よし  これや全くよし  室蘭で、よし  からね、およし  頭をもたげかけたが、よし  一時間によし  の、およし  ことは、もう、よし  縄梯子をよじ  つるをよじ  言葉はよし  嶮所をよじ  プツンとよし  木によし  旦那がまた云い出すと、およし  金用丸、よろずによし  若旦那、およし  危い事はよし  ジョウ、およし  説教はよし  まねはおよし  たよたよし  天ぷらによし  塩焼きによし  笑いはよし  だめよ、およし  兄ちゃん、もうよし  博士、おどかしは、もうよし  態度は、およし  他所話は、およし  かたは、およし  悪ふざけは、およし  いい加減におよし  ポローニヤスどの、もう、およし  いい加減に、およし  表情は、およし  愚図愚図ためらったり、言いかけてよし  柱をよじ  道をよじ  さなんてよし  サウロ彼の殺されるをよし  まねはよし  唄ふときいて、およし  猫撫で声は、よし  んだけはもうよし  こないだ、もうよし  君がよし  ウィスキイ、よし  からもうよし  柳子さん、もうよし  助教授をよし  お願いですから、もうよし  あなた、よし  私はよし  牛はおよし  尤だ、よし  昼飯をよし  私にはないがよし  悪いことが出来て、よし  お酒はよし  くせに、もう、よし  みなぬれる、よし  食つただけでよし  食事もよし  ことをして、又どんな祟りがあるかも知れないから、およし  バンドはよし  馬鹿だなあ、よし  のだつたら、よし  都合でよし  論はよし  お酒は、もうよし  船頭はよし  む、しらばくれはよし  挨拶はよし  天蓋見物は、よし  

形容詞

~ よし[形容詞]
もうよし  緻よし  月夜よし  こゝろよし  まずよし  よりよし  よしよし  つたよし  屑よし  ひとよし  便よし  よしこよし  ビフテキよし  チキンよし  すべてよし  器量よし  都合よし  ずるよし  つてよし  いとよし  中よし  りょうよし  アよし  福よし  色よし  甚だよし  なすよし  必ずしもよし  あたかもよし  候よし  幸先よし  方よし  景色よし  倍よし  先ずよし  此故よし  さわってよし  サアよし  潔よし  こころよし  気味よし  大いによし  凡てよし  氣よし  容色よし  天気よし  それよし  頃合よし  新緑よし  月よし  風景よし  ソウカよし  いつもよし  つるよし  受けよし  のよし  人よし  更によし  首相よし  老侯よし  外相よし  仕合せよし  眉目よし  致よし  容貌よし  恰もよし  万よし  行脚よし  三昧よし  最もよし  面よし  ともよし  酒よし  売行きよし  始めよし  益よし  評判よし  趣きよし  極めてよし  山河よし  ようじよし  味よし  一層よし  きがよし  いさきよし  心よし  さよし  用意よし  聴音よし  通りよし  ころよし  語根よし  はしけよし  甚よし  北よし  更よし  まだよし  云よし  滿よし  多きよし  有よし  小さきよし  白魚よし  鯛よし  老婢よし  なきよし  野菜よし  魚よし  初めよし  目よし  首尾よし  春よし  景気よし  既によし  無きよし  度よし  吸入よし  大体よし  笹屋よし  ぢよし  道よし  眺望よし  気持よし  姿よし  春雨よし  すこぶるよし  病院よし  時よし  一番よし  アヽよし  リョウよし  末よし  夜どおしよし  しあわせよし  ビールよし  シャンパンよし  木村よし  実によし  娘。よし  よきよし  多いよし  心持よし  であるよし  よしなよし  客よし  気分よし  誠によし  暑いよし  少しよし  名よし  其よし  歯よし  さんよし  女中よし  亦よし  のものよし  海よし  山よし  愛想よし  大尾よし  土よし  五よし  かえってよし  那智山よし  機嫌よし  喜よし  

~ よし[形容詞]
それもよし  人柄もよし  夜なべはよし  玉座心のよし  ロセッティ心のよし  これもよし  侵略はよし  費用はよし  雨もよし  雪もよし  眺めもよし  春はよし  なにしろ舞台顔もよし  声もよし  唐画夏はよし  闇はよし  系図はよし  世界をよし  要求をよし  交わりをよし  時分はよし  折もよし  子供達皆無事のよし  養生にもよし  それはよし  自分はよし  一月はよし  陽気はよし  半日はよし  一日はよし  お方のよし  頃合はよし  小春もよし  天気もよし  氣前はよし  のもよし  私もよし  肩はよし  これでよし  宛もよし  らん本居宣長人はよし  時もよし  友人はよし  結婚者はよし  入用のよし  気持がよし  まことによし  それぢやよし  引籠のよし  肌もよし  容貌もよし  から取廻しはよし  器量もよし  儘にてよし  煩惱はよし  すよりよし  影はよし  葉子のよし  岡もよし  それがよし  花さへもよし  遙によし  音樂雜誌創刊のよし  容色はよし  器量はよし  年頃もよし  天気でもよし  それにてもよし  矢頃はよし  これはよし  流行性感冒のよし  国男無事のよし  絶食もよし  冗談はよし  長閑によし  夜月はよし  時はよし  彼がよし  時候はよし  方がよし  パルミパイもよし  斷代史をよし  時間もよし  芸術家はよし  参詣にもよし  景色はよし  人品もよし  男のよし  語りもよし  眉目はよし  芸もよし  廻国のよし  利用もよし  風力応用もよし  日和もよし  海もよし  二合をよし  お天気はよし  つてもよし  元気のよし  日はよし  地はよし  おのれのよし  月はよし  かぎり軽装をよし  世はよし  あれもよし  事をよし  縹緻はよし  言葉のよし  一味のよし  人々のよし  お通夜もよし  仲もよし  女房もよし  工合もよし  押出しはよし  容貌はよし  機もよし  場所はよし  持はよし  ことをよし  負けもよし  いいわけはよし  風はよし  まればよし  濡れ場によし  殺し場によし  ものによし  一緒がよし  女とでもよし  大兵のよし  中のよし  首尾こそよし  御意はよし  成績もよし  臨幸のよし  大軍のよし  身上はよし  手前もよし  酒はよし  手酌でよし  のはよし  肉桂でもよし  若布にてもよし  海老ソボロにてもよし  男はよし  図でもよし  自分のよし  ままにてもよし  味もよし  情景をよし  天気はよし  おのれによし  身上もよし  おいらがよし  凪はよし  月もよし  時機はよし  御意もよし  一容色はよし  気立てはよし  まねはよし  頭もよし  懐中はよし  春さきききがよし  ききがよし  名もよし  他人をよし  もっともよし  魔力かよし  へきのよし  ことはよし  美がよし  われ時折東京をよし  一形もよし  病気のよし  基督はよし  絶滅をよし  笑いだけはよし  部屋もよし  誰でもよし  今はよし  蔭もよし  家柄はよし  窓際でもよし  腕車がよし  傍はよし  那公といふよし  行儀もよし  私がよし  雪月花によし  込のよし  様もよし  体にもよし  彼等はよし  遥によし  宿疾大によし  漫歩によし  宿痾大によし  病大によし  ところ漫歩逍遥によし  事件はよし  読者受けもよし  友としてもよし  所にてもよし  六をよし  空気もよし  景色もよし  から出直してもよし  雪はよし  ぢやよし  色彩青はよし  山はよし  確めざるをよし  いふもよし  都合がよし  藪蛇はよし  うちによし  気候はよし  汁物によし  穴はよし  わがはいがよし  世辞もよし  勘はよし  場所もよし  おしるこもよし  方はよし  欧文でもよし  あたりでもよし  機関としてもよし  気だてはよし  里でもよし  風吹かば風もよし  女にてもよし  入りはよし  心境まことによし  創意もよし  妻のよし  景気もよし  それなりによし  全快のよし  壮健のよし  帰省のよし  消光のよし  死去のよし  バ六月廿九日のよし  申事のよし  上許のよし  故のよし  ことのよし  つもりのよし  上京のよし  いずれもよし  二人づゝ有之よし  猛烈のよし  たふさぎといふよし  乞食もよし  牧童もよし  氣質はよし  それをよし  なり御意はよし  盡すをよし  俟つてもよし  男振りはよし  夜はよし  所がよし  花火をよし  もののよし  季節もよし  居眠るにもよし  

よし[形容詞]
よしでもの  よし夜ふけ  よしきり  よしと思ふといふ葉書  よし後  よし僧  よしといふ長谷  よしよしわ  よしツ  よしと見るの  よしと見ること  よしと三  よし百  よし神  よし趣味  よしといふ時  よしがなかった  よしから  よしへまぐれ  よしとする通  よしといふやう  よしと思ったか  よしと此  よしと思う時  よしと信じること  よし議員  よしとしてゐられるといふこと  よしとするわけ  よし性質  よし自分  よしよ爺さん  よし気質  よしと云  よしと稱  よしと觀  よし死ぬ  よしと裁可  よしと見るもの  よしとして称讚  よしはなかった  よし学問  よし愛敬  よしと雖  よしぢ  よしという瞬間  よしてちょうだい  よしという所  よし載するに僧  よして威勢  よしとおっしゃって書いて下  よしということ  よしという寄席  よし気分  よし不義  よしと申すもの  よし灰色  よしとてある人  よしと言って金  よしとみて進む処  よしといふ便利  よしと合図  よしとするの  よしてゐ  よし中  よしと心  よしといいながら提灯  よしとするもの  よしと喜び合  よしと頷きにけり我  よしと信ずる理想  よし匂い  よしと云えど月  よしッ  よしでもなかった  よし世間  よしである  よしという評判  よしとし自分  よしと銅鑼  よしさら  よしなどを省  よしと言  よしはら  よしと答  よしと思うは偶然  よし成けれど正太  よし見え  よしと聞いて自ら  よしとする兵器  よし武部  よしが新聞  よし彼  よしと私  よしとしているもの  よしというよう  よしな人形  よしも姓氏  よしというわけ  よしという若い  よしと出づ  よしと気  よしと喜びていくたび  よしと許  よしは人形町  よしを新規  よしへ届けてから  よし雑言  よしを言  よし他  よしとするよう  よし申しいで候  よして嫁  よしとして元来  よしてゐるん  よしでも俺  よしと思い雪渓  よしそれ  よしよ嘘  よしとするところ  よしフム  よしと思ふもの  よしといふ所  よしなど十  よし見つかっても半獣半人  よしという気  よしと云う事  よしなど言  よし男山  よしといったよう  よしと受  よしという心境  よしという気持  よしとするにやあ  よしと次  よしと酔  よしというところ  よしと感じるひと  よしニ  よしは将軍  よし也  よし是  よしと云っていらっしゃるよう  よし明治  よし時  よしと替る所  よし八  よしとき  よしと見做  よしとする見方  よしと思へる事  よしにて処々  よします  よしとし給  よしてしま  よしという日  よし花  よしといふ雨  よしも照る月  よしといへば水  よしと云う寄席  

副詞

よし[副詞] ~ 1
よし持久戦  よしツ  よしッ  よし人柄も  よし途中で  よし次の  よし私は  よし一つからかって  よし古風  よしそれが  よし原の  よし原に  よし異物なりとも  よし卿に  よし一時は  よし山賤に  よし其身の  よし歸ら  よし人目には  よし悲しみ苦しみそれも  よし足引の  よし云々  よし山を  よし剣の  よし蛇の  よしつね  よしつねという  よし一声  よし秋子も  よしそれをば  よし天気も  よし氣前は  よし口に  よし笑  よしそれは  よし介添人など  よしたまえ  よし光君は  よしなん  よし原で  よし静かに  よし吾  よし皆  よし來  よしツや  よしかんの  よしッ今日こそ  よし夫  よし彼の  よし端から叩  よし温厚  よし給へ  よしあれだけの  よし人が  よし娘が  よしおら  よし原  よし有罪とき  よし僕が  よし昔  よし一度は  よしお前たちは  よしそれで  よし真裸に  よし消滅  よしおさんと  よし前者と  よし坊は  よしたまへ  よしカネ  よしといふところ  よし誰が  よしそれ  よしそこから出立  よし原へ  よし見当つたに  よしちまい  よし俺は  よし復興  よし学校の  よし迷惑  よし私も  よし墓は  よし飯焚を  よし相討ちに  よし山の上へ  よし十人二十人の  よし日と  よし殿様へ  よし半分の  よし牛祭  よし眼が  よし勝負には  よし渠は  よしそれも  よし話が  よし彼奴を  よし両輪船  よしこれほど  よし一人の  よし明晩は  よしヶ久保と  よし何も  よし横ざまに  よしこれは  よし父には  よし怪我が  よし内々は  よしこれも  よし俺のを  よし原が  よし根  よしよし図に  よし海も  よし先に  よし俺が  よし俺達が  よしお通夜も  よしこれへ  よし町の  よしそん  よし今  よし助けを  よし私の  よし万死に  よし十何円の  よしこれが  よし癩  よし顔は  よし蚊が  よし熟睡中に  よし僕等の  よし家を  よし旧の  よしきりの  よし今宵は  よし悪は  よし飯が  よし今度こそは  よし今度は  よし額の  よし一時間でも  よし単調  よし折枝さんが  よしきりは  よし申  よし是も  よしあそこを  よし一杯つげ  よし手と  よし芽が  よし書面に  よしそれ唯の  よし六蔵  よし馬  よし異国人が  よしイヤ  よし大人たちには  よし結構  よし針で  よし恋の  よし原と  よし自慢に  よし疑いは  よし産婆の  よし手に  よし今晩は  よし原では  よし木から  よし何にても  よし原廓内は  よしこれを  よし好き  よし戸は  よし母様の  よし一しょに  よしこんどと  よし彼が  よし十万坪といふ  よし百人の  よし立派  よし坊が  よし坊を  よし坊のを  よし老人たちは  よし敵を  よし貝谷  よしわれ  よし癩文学といふ  よし恋にても  よし虎徹  よし自由の  よし女こなた白方  よし下層民衆を  よし笠神博士と  よし笠神博士が  よし偶  よしッと  よし三男で  よし源叔父  よしこれ  よしそれに  よし今晩  よし彼等が  よしそっちへ  よし裏座敷には  よしあそこへ  よし朝  よし推測  よし如何に  よし也  よし盗人の  よし勸むるものあればとて  よし簀を  よし三万尺四万尺と  よし母は  よし鍬を  よしほかの  よしあからさまに  よしそれを  よしちやつて  よし君が  よし妹への  よし幼  よしそこに  よし吉良邸へ  よし地上の  よし犬には  よし蘆垣の  よし五  よし自らは  よし十七八で  よし心構えだけに  よしこれで  よし平凡  よし浪が  よしそれまで  よし良人を  よし一つや  よし初めの  よしおさんが  よしおさん  よしおさんも  よし坑夫に  よしおれが  よし輓近の  よし其  よし今の  よし父ちやんの  よし何物であるに  よし何物で  よし君たちが  よし仮りに  よし物が  よし松枝が  よし智慧の  よし夢に  よし照子と  よし思つたとしても  よし夜が  よし刃の  よし様々  よし外に  よし今夜だけ  よし夢は  よし長時間  よしツと  よしツ俺が  よしニて  よし切りが  よしミハ  よし私が  よし実行を  よし我上は  よし若干の  よし凡  よし今は  よし答は  よしみんなが  よし汝に  よし名の  よし其奴を  よし家来共が  よしつて云  よしこれに  よし流れは  よし惡  よし同地には  よしそれじゃあ  よし今夜こそ  よしそれじゃ  よし自ら  よしあいつを  よし手前が  よし個々の  よし賤  よし先王が  よし気が  よし千五百萬圓の  よし突貫  よし田ん  よし色恋の  よし離ればなれに  よし助けに  よし何事が  よしこっちから  よし俺も  よしやまだ一介の  よしゴルロフカ  よし今度から道場へ  よし母  よし河の  よし窓の  よしこっちも  

よし[副詞] ~ 2
よし来た  よしきた  よし遊ばせ  よしつかり  よし遮  よしやろう  よし訴え出た  よし分かった  よしたまえ  よしたと  よし帰っ  よし替へん  よし会っ  よし拒まず  よし給え  よしなせ  よしあった  よし生き得られた  よし渇いた  よしなされ  よし行け  よしつづれ  よしな  よし抱く  よしやれる  よし分っ  よし行こう  よしなさいまし  よし居  よし振らざる  よしなさいませ  よし振らぬ  よしあそばせ  よし追返されない  よし歩こう  よし心得た  よし見  よし決まった  よし読んだ  よし承  よし分った  よし聞いた  よしおった  よし好まない  よし攻める  よし定め  よし出られれ  よし降り  よし申す  よし感じ  よしで  よし借りた  よしであった  よし退れ  よし飲む  よし頼む  よし聞かれた  よしかかる  よし這入れ  よし書く  よし訊く  よしやっ  よし描け  よし申し出る  よし当たらない  よしである  よしなる  よし聞かず  よし死にきれず  よし分つた分つた  よしよし  よしだ  よし殺す  よしやらう  よしなさい  よしあり  よし知り  よし云おう  よしある  よしわかっ  よし借りられる  よし賣  よし訳した  よし関わぬ  よし覚え  よし使っ  よしひっぱたい  よしにござりまする  よし出  よしぐれる  よし帰る  よし忍び込む  よし泊っ  よし有り  よしあっ  よし譬え  よし分らない  よし響いた  よしずで  よし聞き及べり  よし聞えける  よしつかりとなき  よし漕がう  よし出ない  よし聞き  よし取っ  よし申し  よし打っ  よし通った  よし飲め  よし有った  よしまがい  よし知っ  よしされ  よし疑  よしなったら  よし知らず知らず  よし死のう  よし来い  よし蝕まれ腐  よしなり  よし堪へ得  よし帰れ  よし遊ばせったら  よし行く  よし救え  よし限られし  よし見すてた  よし打ち負ける  よしなれ  よし始まっ  よし殺される  よし解った  よし死ん  よし持っ  よしできる  よし去ら  よし心得  よしなります  よしたまい  よし会おう  よし向かっ  よし通れ  よし撫で  よし出来た  よし買おう  よししるせる  よし告げけれ  よし嗅ぎつけられた  よししから  よし考え  よしいたっ  よし分つた  よし書かれた  よし見ず  よしやり抜く  よし来  よし通じ  よし生きな  よしわかった  よし足らじ  よしとけ  よし承り  よし解らない  よしいこう  よし頼まぬ  よし捨て  よし許す  よし聞及び  よしちゃえ  よし捕まえ  よしいづ  よしなっ  よし囀り  よし泳げ  よし倒れ  

( ~ )よし( ~ )
よしなし  よしよし  よしわるし  よし又浅い  よし又  よしきっと  よし直ぐ  よし本当に  よしもう  よしいっそ  よし寒  よしあかき  よし無き  よし嬉しき  よし悪し  よし早く  よし早速  よしこれから  よしそれほど  よしどう  よしおそくとも  もうよし  恰もよし  よしまた  よしそう  よいよし  よし遠く  よし悪くっ  よし悪い  よし全く  よしなき  よし広  よし多少  なきよし  多きよし  よしよしともかく  よし大いに  よし偉い  よし一しきり  よしよし今に  よし異  よし又長く  よし一々  よしやよし  よし又浅く  よし真に  よし辛うじて  よし多く  よし時々  

名詞

よし[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
よしになった  よしもなき身をばいたはる  ヨシを守していた  よしと思う  よしは台所の板の間におとなしくすわって  よしのお伽話にはおいらんとお客とのみが人物として出る  よしの黄色い茎が枯れてかさなりあっている  よしを言上しけるに  よしになつたらどうでせう  よしが御祭礼図に見えてゐるが  よしを読聞せし  よしを話してゐた  よしを帝に達すると  よしとする  よしをいへば  よしとよく見て  よしになって  よしにて小生より今一応願いくれる  よしもない墓のあなたの故人を呼び  よしにならなければ  よしになっても  よしをほのめかされた  よしになされば  よしを知り  よしを言づけて  よしが認めてある  よしにしてください  よしの報らせをうけ  ヨシの湿地にはいった  ヨシのしげみを圧しわけた  ヨシの中に歩いて行った  ヨシやアシや熊笹などを踏みつけて上って行った  よしとせざる  よしを報じてもどった  ヨシ安いにしても  よしでみな揃うておりますが  よしを六波羅へ告げ知らせるこそ  よしを答え  よしを使いにのぼせ  よしにございますが  よしを聞いております  よしにございまする  よしになったら  よしが追従した  よしを触れしておけ  よしを聞いていたが  よしにうけた  よしを上官に報告した  よしをふれて  よしにしてくんなさいよ  よしも還り入る  よしが洗濯をする  よしと階下に下りて行った  よしといふよき物は君に集ひぬ  よしを書き送り  よしになれば  よしを蝦蟇法師に伝えて  よしを兄が申しておりました  よしにならない  よしを申上ければ  よしの妹とずっと同棲していて  よしにしといた  よしになって下さい  よしもあいつの命はないもんやと思ってあきらめていると  よしというのをじょうだんに家の中へ閉じ込め  よしを告げ  よしは大藥罐を持つ  よしは笑ひながら  よしにいい伝う  よしにて名高き高砂石といえるは  ヨシを善しに通わせ  ヨシの生えていた  よしもない寂寞とした  よしもない文芸作品としての象徴を見まもるにつけ  よしを伝へたさ  よしが襖を開ける  ヨシは太田のことからビラの話をし  よしを聞きて  よしを聴いて  よしを述ぶ  よしをいへり  よしを谷川磐雄氏から聞いた  よしも梓弓梅咲く  よしとふ  よしを聞き  よしに扮する  

~ よし[名詞]1
末子のヨシを  自分のよしと  あしやよしの  気念もほどこすによしが  逢ふべきよしの  把るよしを  答へたよしが  奉行死罪のよしを  不在のよしを  右のよしを  意志のよし  いまはみるよしも  人のよしと  今は見るよしも  土師人のよし  入婿の来るよしを  登山のよしを  良藤を思うて居るよしが  顔色は窺うよしも  危難のよしの  茫洋としたヨシの  前年のヨシの  事のよしを  ことなどもあるよし  懸念のよし  隠者と申しあげているよし  時刻のよしで  者のよしに  笑はれしよしに  ことのよしを  刑ずみのよしを  渡しへかかっているよしに  入洛中のよし  下のよしの  加勢に近づきつつあるよしに  五歳になるよしが  からだのすぐれぬよしを  勝戦のよしを  困窮のよしに  自己のよしと  僧があるよし  頃やよしと  原作を見るよしも  造化のよしといふ  寓居とするよしを  真実幸福であり得るよしも  お話になるよしを  詳に知るべきよしも  自覚するよしも  島のよしを  腐心など採り上げて買ってくれるよしも  悲しみを消すよしも  刑戮を止めるよしの  ことを防ぎうるよしも  風雲益急なるよしを  窺き見るよしも  雨ふるよしに  ように見ゆるよしにて  ほか見るよしも  寺子屋を開いてゐるよしを  出張のよし  論のよし  周旋のよし  墓参のよしを  後々はものよしの  此ものよしが  ぐる能はざるよしを  通用ならぬよしの  祭礼のよしにて  つて去ると伝へてゐるよしを  木ぬれしよしも  さきはひのよしと  禍いされたよしを  私自身も持っているよしも  かげは見るよしも  

~ よし[名詞]2
なきよし  其のよし  そのよし  このよし  遠きよし  いそがしきよし  

複合名詞
よしちゃん  青丹よし奈良  青丹よし寧楽  ヨシハラ  ヨシヨシ船尾  ヨシキタ  ヨシヨシ  なかよしこよし  ヨシクマ炭坑その他  よしよう  ヨシちゃん  時ヨシちゃん  よし給  よしつて  よしさん  アリヨシ  よし婆さん  よし婆  よしさんその他  ヨシ話  よし図  光よし様  よし可哀そう  ヨシ先  よし水  ヨシワラ雀  ヨシトク  ナカヨシ  よし罪  人よし  玉藻よし  役石井よし女  よし戦  よし切り  人よしぞろい  よし級  ヨシ心  よしお婆さん  ヨシユキ  よしばあさん  よし線  木村よし  普通ヨシハラ  砂山よし  ヨシ俺  よし式  此よし兄上ニ  大仲よし  ヨシ彼ら  伊藤ヨシ  ヨシ公  デモヨシ  ヨシツネさん  



前後の言葉をピックアップ
善し  縦し    よし  止し  与志  吉良  よし  吉統  吉野口


動詞をランダムでピックアップ
過ぎとらわれる引きずれ切り落としもぐりこめる突っ走る荒立てる跳ねよ応ずれえばれ取り消せ迸り見取れせまれる期さ伝え聞いあおるかする怯みつけ加わっ
形容詞をランダムでピックアップ
硬ううまかっさわがし木ぐらい詮無くおびただしきよしあたたかし篤かっ情なくっ気づかわしく恥しおそき近しい正しき煩いしどけなき芳しから