「よぎる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よぎる[動詞]
野をよぎる  そこをよぎる  脳裏をよぎる  肉體をよぎる  時雲がよぎる  天地をよぎる  中心をよぎる  高原をよぎる  密林をよぎる  面をよぎる  灯をよぎる  墳塋ならばよぎる  頭をよぎる  眼前をよぎる  期待を捨てて再びよぎる  裂目をよぎる  校庭をよぎる  裏手をよぎる  浸蝕谷をよぎる  座敷をよぎる  道をよぎる  祇園をよぎる  軒先をよぎる  底をよぎる  人家をよぎる  船窓をよぎる  部分をよぎる  東京をよぎる  



前後の言葉をピックアップ
過ぎら  よぎり  夜霧  過り  過ぎり  過る  過ぎる  過れ  よぎれ  過ぎれ


動詞をランダムでピックアップ
絡みつく点る毀そ励ん値すれ言いつかるくらべる蘇っ集い諭さ離れる数え上げ座す申そ掛合っ知り抜き繰りかえせ切り落そそむく酌み交し
形容詞をランダムでピックアップ
欲しかろくろくかぐわしき早かっ憎々しいあたらしきそこはかとなつまらなかろ暖かかっ明けりゃてれくさく吝くなさけない清清し堪難くにぶ重たい五月蝿いすさまじすごく