「もて」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ もて[動詞]
角をもて  陀羅尼をまがふことばもて  興味がもて  程なるをもて  とこへ借りに行かうかおもて  植ゑる、おもて  家からおもて  らっぱをふきもて  お前に怖もて  うちかくる、ひたおもて  指をもて  墓のおもて  ファシストのもて  悔をもて  雅堂なみにはもて  貝をもて  すぐるをききわけつおもて  幾度水のおもて  自費をもて  いやがうへに書いつけもて  精神をもて  情熱がもて  色の浅黒い、細おもて  ふたりがおもて  水のおもて  うすい絹のおもて  のどかにしなしなとしておもて  責任がもて  手をもて  口をもて  時間さえもて  なにをもて  大望をもて  あはれみをもて  好感がもて  眼をもて  池のおもて  のは、おもて  ディーンのは、おもて  心をもて  電文のおもて  気持をもて  屈辱をもて  表情をもて  何しろ大したもて  ろうそくをともして、おもて  バルカ、おもて  バルカは、おもて  君はおもて  名声がもて  神イエスキリストをもて  鏡をもて  栄光をもて  不義をもて  指針をもて  涙をもて  とたん、おもて  三味線はおもて  月のおもて  沼のおもて  店のおもて  直感のひらめきとなって、おもて  人は、よくもて  ビューイック・センチュリーをおもて  話をしていると、おもて  望遠鏡のおもて  自信がもて  うどがおもて  ようにおもて  麓のもて  言語をのみもて  宿墨をもて  室を出て、おもて  ことば我れもて  涙のおもて  金泥をもて  責任はもて  発言権をもて  あちこちが黒いおもて  医者へ行くって、今おもて  顔をもて  尽力をもて  入来のみをもて  畳をはね越えておもて  やうにおもて  優おもて  毳をもて  槌をもて  寶冠のおもて  いふ希望がもて  彼は遂におもて  会話を繰り返していると、おもて  遺恨はもて  なんぢら乾葡萄をもて  林檎をもて  薫物をもて  銃をもて  び三度見もて  物へもて  御前にならべもて  鏡のおもて  役儀のおもて  政道のおもて  これをおもて  梁のおもて  づしたる矢の、もて  山こともなげなるおもて  自信のもて  なに女にもて  ファゼーロはおもて  学生は、とてもかうはもて  希望ももて  柔弱男女のもて  赤ちゃけた木目だけを見せているが、あのおもて  猿はさけんで、またあわてておもて  たよりをもて  神がおもて  之をもて  のですけど、丁度おもて  仲町、おもて  熱意がもて  好意はもて  こはもて  裏おもて  機会さえもて  興味のもて  海のおもて  紅玉とをもて  声をもて  共感のもて  生活感情から共感がもて  小説書きながらも、つくづくと生き、もて  活動写真を見もて  一緒におもて  川のおもて  庄吉がおもて  ところへ、いきなりおもて  紙風船をつきもて  鉛筆をもて  此をもて  これより漸く繁くなりもて  小半時ももて  関心がもて  障子のおもて  からおもて  さがうらもおもて  オイ子供お茶をもて  人形などをもて  女をおもて  十郎は大もて  地球がもて  火星のおもて  計器類のおもて  あちこちでもて  善人なおもて  役目のおもて  翻えして、おもて  身をひるがえしておもて  威勢よくおもて  時、おもて  ところへおもて  呶鳴り散らしていると、おもて  悪意のもて  歴史がおもて  気をもて  よそ行きの、おもて  もんだから、おもて  問題がおもて  好感がもてるもて  質問のもて  店にはいると、やはりおもて  同情がもて  敵意はもて  自覚がもて  しかし、もて  雪を戴くをもて  製造をもて  戯曲とをもて  興味はもて  子供をもて  特に好感がもて  覚悟をもて  らを返したり、おもて  珈琲のんでしもて  小柄なよく働いていた細おもて  旅行は、おもて  話がもて  かた手でおもて  親しみがもて  石棺のおもて  血が騒ぐか細おもて  正体なのだ、おもて  所謂誠意をおもて  拘束がないと、もて  愛をもて  彼等はもて  希望がもて  まり自信がもて  発起人って、おもて  期待はもて  むとするなれの果、おもて  恐怖をおもて  念がもて  好意がもて  のもきかずに、暗いおもて  愛情がもて  鶯やおもて  平野のおもて  おこなひをもて  河原おもて  名前はわすれた、おもて  そこは、入るとすぐおもて  左には、おもて  三下が、始終、おもて  料簡の、そのなつかしいおもて  いのちをとりて、おもて  カテリーナおもて  我執をもて  芸術をもて  裸でおもて  文學をもて  歌のおもて  微笑を含みて読みもて  一切おもて  着物を着せにかかったかと思うと、突然おもて  女にもて  仁義のおもて  話、もてたとかもて  琴三味線を弾きもて  湖水のおもて  自我をもて  落付をもて  船長のおもて  帆もそのおもて  靉靆をもて  ことをもて  沒美學的俗見をもて  矢ぶみもて  兵をもて  あながち奇兵をもて  寓意語をもて  あなた、もて  ことには、なんでもて  国おもて  自由ほどもて  身がもて  人ももて  三ブロック歩いておもて  封筒のおもて  プログラムのおもて  先生間にもて  走馬灯のおもて  整つた細おもて  左辺に、細おもて  何をもて  野心はもて  作品のおもて  ダリヤ臭い菊がもて  速力をもて  柄をもて  威容をもて  正直をもて  銭をもて  機会をもて  余り自信がもて  めぐみをもて  ふしぎをもて  折柄おもて  僕は大ぶおもて  碑のおもて  風がおもて  外套を着て早くおもて  繰り返し風がおもて  ボンヤリ庭のおもて  身振もて  韻をもて  女たちにもて  せいか、その蒼白い細おもて  想ひをもて  すえ、とうとうもて  身をもて  手紙のおもて  是をもて  勇気がもて  一命をもて  京極おもて  奉行人も、もて  熱意ももて  雪のおもて  勇者をもて  十分にもて  光淡くなりもて  彼のおもて  ように、おもて  主膳は始終おもて  奥様は、大もて  旦那様からももて  色の白い細おもて  弘通をおもて  御堂をもて  彼女のおもて  婦女子にもて  幼童のもて  自分でおもて  手持無沙汰をもて  鞄をもっておもて  ような、おもて  清高のおもて  優越をもて  三歩おもて  至誠をもて  尉高真は、おもて  時親のおもて  具足師をおもて  藤夜叉のおもて  高氏のおもて  ぼうと、おもて  水屋口からおもて  それはおもて  ときみんなはおもて  俄に、おもて  唇をむすんで、やがて、そのおもて  なにごとかと思って、おもて  晩、たれにもまして、もて  円心が、おもて  朗として、おもて  正成がおもて  腹巻にかえて、おもて  蒼白なおもて  ハタと、おもて  意外にもて  美女たるをもて  北原賢次がもて  あごの細おもて  はしに、ふとおもて  色のあさ黒い、細おもて  死骸をおもて  介のおもて  焦躁をおもて  紙包のおもて  葉のおもて  三十ぐらいの細おもて  そばでふとおもて  地熱はおもて  みな、おもて  今来たおもて  草をもて  苦痛を、おもて  正行のおもて  感情もおもて  琵琶法要は、おもて  知識はいまだにもて  清潔なおもて  開廷されていて、ほそおもて  顔は、細おもて  茶話がもて  のであるが、おもて  ネリはおもて  内に読みもて  二階の、おもて  時計のおもて  極熱、ひたおもて  鍬をもて  齢をもて  血をもて  これをもて  恐怖をもて  内からあいて、細おもて  毛が細おもて  空のおもて  自信ももて  一号がもて  つて責任はもて  責任をもて  経験とをもて  掌をもて  糸をもて  妻をもて  總髮で、痩せた細おもて  微笑をもて  確信のもて  筆をもて  二度三度見もて  雪におもて  かってにさせたらいいでしょう、おもて  死をもて  さをもて  子供のもて  女中にもて  君はいへどもて  茶を飲み乾して、おもて  夢をもて  象をもて  五六行読みもて  オレンヂ色のおもて  所なくもて  鮮明さをもて  趣味がもて  布をもて  まま、まおもて  玲瓏たる声をもて  罪とをもて  自覚をもて  事犯をもて  もっと同情がもて  尊敬がもて  ばりを買ってきて、たたみのおもて  けっか、おもて  諭吉は、そのおもて  内心困ったなと思ったが、おもて  彼邊にて聞しをもて  淑女にもて  尾崎一雄におもて  額の、細おもて  幇間一人殺さうおもて  氣出さないかんわいおもて  耐まらんとおもて  自動車がおもて  感激をもて  朝にもて  命がもて  確信がもて  物部のおもて  石をもて  精氣をもて  つういつういと、泳いでいる、そのおもて  痕らしく、おもて  万年雪のおもて  外套のおもて  しあわせと、おもて  大平氏のおもて  牡丹刷毛はもて  詞をもて  こと飽くをもて  評価がもて  弓矢をもて  石のおもて  料紙のおもて  身のおもて  冷艶なおもて  檜扇に白いおもて  清らかな神々しいおもて  檜扇におもて  変化のおもて  真実をおもて  自分をもて  返事してまだおもて  からだがもて  お国おもて  お前、案外もて  好感はもて  まり興味のもて  好意のもて  五兵衛はおもて  荷を見におもて  吉田屋は、おもて  公儀のおもて  ここは、おもて  三人がおもて  井戸のおもて  陽のおもて  気をつけながら、おもて  座敷から、おもて  工合にして、もて  はじめて舞楽のおもて  はじめて舞樂のおもて  常とせるをもて  文芸革命家をもて  飜訳料をもて  机のおもて  僕はすぐおもて  むのごとき乳房をもて  手をひたしそのうるほひをもて  カルタのおもて  昨夜はもて  ぐひすは金屬をもて  把柄をもて  線のくっきりした細おもて  冷静をもて  んじゃァねえ、おもて  これがもて  急におもて  顔のおもて  金が素晴らしくもて  そをもて  ものをもて  扛きもて  娘は、おもて  矢おもて  根気ももて  座を起ちたるおもて  いふをもて  靴の尖もて  事おもて  座をたちたるおもて  外国士官というをもて  ことおもて  健造のもて  方角で小さくなってゆくおもて  圓朝の細おもて  華魁にはもて  高齢をもて  軍人にしようおもて  夏だけもて  希望のもて  望みがもて  煙に吐きもて  全速力をもて  蛇の目をえがきもて  二人話しもて  百姓二人話しもて  三時を打つと、おもて  雉子などの遊べるをもて  原広く流れ緩きをもて  誰かがおもて  だれかがおもて  鳥銃をもて  感じがもて  花瓶のおもて  君なぞは大もて  それからそれへと書きもて  秋草野花をもて  雖も如何せんもて  たか責任がもて  甕のおもて  朝日を映しもて  雲に、おもて  鑿をもて  花にも似たりああこのうるほひをもて  だれかおもて  二人で、おもて  立て続けに吹きもて  そのままおもて  油火のおもて  いそしみをもて  ツきをもて  太陽におもて  熱情がもて  起点から終点まで乗っている、おもて  彼はおもて  彼はもて  女がいろいろとおもて  少女はまぶしくおもて  佳賓をもて  女歌のもて  非常に、もて  直接往来にむかっているおもて  ために、おもて  青菜煮もて  確信はもて  旋律をもて  それをもて  かなしみはなし石をもて  事をもて  会ふごときよろこびをもて  笑ひき酒をもて  椅子をもて  毛が、おもて  葉で、おもて  尊敬はもて  仕事に少し親みがもて  職業をもて  語気をもて  挙動をもて  足並みをもて  太のりと詞をもて  清かりしをもて  街道に当るをもて  中川にも通ずるをもて  考をもて  由をもて  小社なれどもその古きをもて  下に至るをもて  祠あるをもて  負ふをもて  雲のおもて  古道具店、おもて  暖かいからおもて  組織をもて  建物を出ると、おもて  袖をおもて  油にてあげたるをもて  ものなるに、わが買いもて  あなたがおもて  まま、おもて  ぼんやりおもて  色の白い、細おもて  顔つきをおもて  あかり子をもて  チョイとおもて  肴籠などもて  縞フラネルの薄きもて  狂人をおもて  風が吹きつけるおもて  彼らはもちろんもて  ほんとうに思わず知らずおもて  はずのおもて  からないが、おもて  ときおもて  女房をもて  余裕がもて  そいつが、黙っておもて  出立しようとおもて  三吉はおもて  全然おもて  同情をもて  酒をもて  此者狐貉夥しく殺しもて  これでしもて  雪がふってくるとおもて  どこへ行っても大いにもて  女子にもて  毎日おもて  信用して、おもて  木槿垣をもて  棹をもて  袖をもて  槍をもて  棒をもて  白銅をもて  茂みのおもて  ほら穴をぬけておもて  一号は、さっとおもて  海原かおもて  はつたので、可笑しいとおもて  奧さんにしようとおもて  風がもて  家をもて  光海のおもて  目をもて  日和のおもて  仕込みだ、もて  騒音をもて  真実はおもて  等、おもて  ふたり、おもて  自信はもて  家はかやぶきで、おもて  岩のおもて  すべて自信がもて  女のおもて  てんかんなにがおもて  札のおもて  力をもて  ふたつ、総じてもて  壺のおもて  阿諛佞弁をもて  舞台がもて  岩本の申込みもて  確かにもて  本屋でもて  信頼がもて  外套をひっかけると、おもて  ボリース・チモフェーイチはおもて  浪紫をもて  慈愛をもて  音からおもて  言葉で慰められたかといつて、始終もて  私が現にもて  ところがあるので、もて  ことも、おもて  ぎのりわざをして、ぜにももて  恐れをもて  故をもて  聲をもて  からざることをもて  憐みをもて  尾をもて  片脇をもて  怒りをもて  足をもて  歎息をもて  腕をもて  杖をもて  劇しきをもて  印をもて  悲報をもて  術をもて  劒をもて  身なりしをもて  價をもて  嚢をもて  方向を等しうせるをもて  ことばをもて  事之をもて  目これをもて  歌をもて  雙腕をもて  づ杖をもて  髪をもて  汝僞をもて  偶人をもて  肉叉をもて  弓をもて  蹠をもて  容をもて  づほるゝにあらずば之をもて  前足をもて  色をもて  餘をもて  鑢をもて  翼をもて  君信を賣るをもて  一をもて  荷をもて  半身をもて  彼鏈をもて  らをもて  頭をもて  ため八度尾をもて  鎖をもて  衣をもて  焔をもて  體をもて  敬ふをもて  嘴とをもて  ポリュネイケス一騎打をもて  づ二手をもて  仇討をもて  なほ詞をもて  傾斜するをもて  易のおもて  ものが、おもて  コックはおもて  給料を下げてまでも、おもて  あとでおもて  水夫五人と、おもて  彼は、おもて  水夫たちは、おもて  それを、今おもて  小倉はこういいながら、もうおもて  もんだなあ、だが、おもて  ボースンはおもて  安井と、おもて  仕事に出て行って、おもて  月二割で、おもて  錨を巻き始めると、おもて  ように喜んで、おもて  振りかえって、おもて  藤原は、おもて  だめだったら、おもて  ことであったら、おもて  四人はおもて  さで、おもて  ように、楽々とおもて  気にまでなりながら、おもて  ともは知らずおもて  彼一人でおもて  話で、おもて  委員会で、おもて  ゃなるまいぜ、え、どうだ、おもて  のですから、おもて  お前はおもて  猫のように、おもて  のを、おもて  ボーイはおもて  彼らはおもて  ものボーイは、おもて  ごぼうきをもて  綿をもて  三人きりでおもて  伊豆守のおもて  さまにもて  散財しても、もて  つて汗多く出るをもて  女には、もて  源内にもて  ものか、たいへんなもて  骨董屋をおもて  こまかに見もて  下手人は、いかにもて  おことばならば、いかにもて  表示をもて  ところをもて  羽をもて  矢をもて  理性をもて  民手背をもて  燈火をもて  茨をもて  願ひをもて  憐をもて  彼霧をもて  獲物をもて  約束をもて  眞心をもて  薫をもて  釘をもて  技をもて  慈悲をもて  初め白をもて  黄をもて  彫刻をもて  苦しみをもて  さま詞をもて  光をもて  智をもて  西にむかひて歩めるをもて  ざる目のみをもて  古をもて  問ひをもて  走り進めるをもて  望みをもて  休徴をもて  はじめ詞をもて  蔭をもて  僞をもて  しき表示をもて  ミルトをもて  シチウントをもて  ほかそのかみ桂樹をもて  言葉をもて  腰をもて  會釋をもて  恥をもて  人をもて  音をもて  細波をもて  車をもて  醍しをるをもて  顏をもて  樂をもて  網をもて  小枝をもて  人智をもて  破門をうけしをもて  好みをもて  謀をもて  ため始め絲をもて  商へるをもて  肉眼のみをもて  天使羽をもて  蝋をもて  本部を置きたるをもて  覊絆を放せざるをもて  昔ロをもて  空氣をもて  木蔭を歩むをもて  露をもて  枝をもて  輪王寺宮慈性親王病革なるをもて  注意力をおもて  見合すをもて  二匹はもて  芸者たちが、おもて  名人のおもて  高祖頭巾でおもて  身を震わせていたが、とつぜん、おもて  千萩もおもて  のは、いかにもて  しき調をもて  汝謬れる思ひをもて  善をもて  何物をもて  物をもて  費をもて  信仰をもて  雫をもて  思量をもて  徳をもて  任務をもて  懷をもて  これらのもの己をもて  白熱をもて  技とをもて  しき絆をもて  ため自ら責むるその事をもて  光とをもて  麻とをもて  鋏をもて  偉業をもて  われ先見をもて  殉教とをもて  己をもて  勵ます聲をもて  斷食とをもて  燃ゆる思ひをもて  理をもて  願ひとをもて  毛とをもて  目にもて  火をもて  齒をもて  しき歌をもて  戲語とをもて  聲とをもて  事あるをもて  如く驚をもて  例をもて  善行をもて  汝等了知をもて  つて喜びをもて  マルタをもて  祈りをもて  畏敬とをもて  肋骨をもて  數をもて  もの鋏をもて  喜びをもて  コムパスをもて  強をもて  弱き視力をもて  強き光をもて  ら施物をもて  榮光をもて  心眼をもて  間がもて  朸にかけて、もて  ざきせしころ筑波嶺のおもて  矛迫め來、おもて  花をもて  串をもて  松の木に在るをもて  おもしろ夕されば折りもて  水をもて  一度も、もて  私だけもて  私はもて  焼鏝をもて  りょう手にもて  らん、総じてもて  荷はもて  お前がもて  興味をもて  自分でももて  静かに立って、おもて  薄手細おもて  彼女の美しい細おもて  むるように思いもて  言葉のかずかずもて  いきるるひたおもて  白鷺雪のおもて  権をもて  肉をもて  一人、もて  減つてしまつた湯のおもて  仕事がもて  来年六月頃私が又来る迄はもて  一日だけもて  若衆はもて  善人なをもて  気がもて  唐音をもて  費用を得たるをもて  特色をもて  所なるをもて  靜寂のおもて  型の細おもて  あなたに友情以上はもて  霧のおもて  盾のおもて  なめらかな白いおもて  木理がおもて  泉のおもて  家がもて  人間でなくてはもて  知らない人にはもて  稱へて黒いおもて  太のりと言をもて  おおかみはおもて  朝廷尊崇をもて  猜念とをもて  庖丁はもて  やり場にこまる拳をもて  意識のおもて  七人の子をもて  歴史のおもて  念をもて  たかまりをもて  時間をもて  赤腹をもて  棲家ももて  誠意おもて  字をもて  説によるに、すでにもて  大悲をもて  利をもて  親鸞がまうすむね、またもて  ここをもて  ものは、はなはだもて  名号をもて  範衛してもて  光宅してもて  こと、もて  づ王法をもて  仁義をもて  土をもて  女がもて  実感がもて  韮をもて  細君がもて  姫のおもて  職務のおもて  花魁にはもて  薬をお飲みになったら、もて  のにもて  いちども、もて  足尖もて  大功あるをもて  壁は、おもて  ままおもて  最初おもて  地雪のおもて  白に塗り立てたおもて  愛がもて  蓋のおもて  留加里をもて  花のおもて  鍼をもて  まなざしをもて  彼が大もて  全然女にもて  真暗なおもて  ものに書かれたり、もて  錢さへもて  幸福はもて  親しみのもて  愛情のもて  自分自身をもて  適度にもて  好感のもて  強もてにもて  確信をもて  



前後の言葉をピックアップ
モテ  持て  持てよ  持てれ  持てん  弄ば  玩ば  もてあそば  弄び  玩び


動詞をランダムでピックアップ
滲ま出迎えよひきつづい縁どる老ける列なっ刺し殺せ浮かせる誇っゆびささ威かしゃ往い火照るへばりつきすがり付いぱちつかせ弄べききおよば犒うぬぐいとる
形容詞をランダムでピックアップ
細長有り難い好けれ手ひどいかる遠うぬるから浅ましい雄々しい陰気臭いにぶう見苦しからなさけなきほそい寒けりゃ堅から尊う醜かっむず痒むずかしゅう