「もつれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ もつれ[動詞]
詞がもつれ  啓吉にもつれ  電線のもつれ  秋蠅がもつれ  旅にまでもつれ  孤独のもつれ  一尾のふなもつれ  感情のもつれ  夫婦間のもつれ  香をさがし、もつれ  ばらの花とがもつれもつれ  花とのながしめ、もつれ  それがもつれ  際限もなくもつれ  愛と憎とのもつれ  心のもつれ  藻がもつれ  舌はもつれ  糸のもつれ  舌がもつれ  腕にかけてもつれ  髪のもつれ  音にもつれ  曲線がもつれ  此奴はかなりもつれ  感情をもつれ  恐怖ともつれ  絹糸のもつれ  上をもつれ  感情上のもつれ  上にもつれ  二人ともつれ  そうだが、いったい、どんなもつれ  此段が著しくもつれ  夢のもつれ  お初をもつれ  音に添うてはパッとはなれ、はなれてはまた添い、共にもつれ  心はたのもしいとは思ってもつれ  鬢のもつれ  髪の毛がもつれ  声とが、もつれ  肉のもつれ  ことがもつれ  論争がもつれ  上意下意、相もつれ  言葉がもつれ  糸はまたももつれ  散歩にもつれ  本国へもつれ  場所へもつれ  歯を通し、もつれ  みほどの、もつれ  一筋二筋と、もつれ  怜しく、こうもつれ  髪の毛は少しもつれ  より糸を結びつけ、しかしやはりもつれ  仕事場にもつれ  色々にもつれ  名人自称問題がもつれ  思いはもつれ  情交のもつれ  相当にもつれ  現実がもつれ  光がもつれ  風にもつれ  架空線がもつれ  話がもつれ  女の子をもつれ  着物にもつれ  回りにもつれ  煙がもつれ  身をも投げかけてゆすらば落ちよ、さてもつれ  それらをつなぐもつれ  お互いにもつれ  人だつたら、きつともつれ  二つの影はもつれ  女と摺れつもつれ  足をもつれ  足跡がもつれ  氣がもつれ  三人でもつれ  一つになって、よれつ、もつれ  直吉はもつれ  ようにもつれ  足元がもつれ  ところを、よれつもつれ  静岡へまでもつれ  岩にもつれ  蝶がもつれ  さのもつれ  おとももつれ  果てが、もつれ  一そう、もつれ  足もとは、もつれ  親心を、もつれ  因づくもつれ  關係が益々もつれ  絶叫のもつれ  二統のもつれ  連枝連枝がもつれ  暗闘がもつれ  ように、もつれ  音とが、離れたりもつれ  何にもつれ  神経は次第にもつれ  それが絡まりもつれ  うちへもつれ  糸で織ろうとしたので、もつれ  舌をもつれ  草のくしゃくしゃもつれ  穂は、ただくしゃくしゃにもつれ  生活にもつれ  情景にもつれ  男と女のもつれ  互いのもつれ  糸にもつれ  二疋がもつれ  調子のもつれ  父はもつれ  それがあり、そのもつれ  色恋のもつれ  あこがれとが、もつれ  一曲にこんがらかって、もつれ  ように、すれつもつれ  葉から葉へともつれ  身許を突き留めれば、もつれ  喧嘩のもつれ  ささかなわだかまりがあってもいけないと考え、そのもつれ  影が、もつれ  いふ風にもつれ  夕日が低くさし込んで、もつれ  一つにもつれ  矛盾撞着、もつれ  糸が無暗にもつれ  鳳凰とがもつれ  へんにもつれ  先になり、おたがいにこうして、よれつもつれ  者でもつれ  足がもつれ  複雜にもつれ  葉のもつれ  手をつがひ、もつれ  にぎやかにもつれ  これまでのもつれ  ようなもつれ  形で、すれつもつれ  嵐にもつれ  髪は少しのもつれ  清らかで、少しのもつれ  六人ともつれ  端までもつれ  児どもつれ  のであるが、もつれ  因縁のもつれ  方へ上がって、もつれ  中にもつれ  跫音がもつれ  生活のもつれ  面でだけのもつれ  世俗性のもつれ  人影が、ちらちらもつれ  何だか感情のもつれ  香気のもつれ  先でもつれ  舌はやはりもつれ  複雑にもつれ  壁にもつれ  主人夫婦にもつれ  神楽坂へもつれ  泣き声にもつれ  小説骨ぬすみ、もつれ  間のもつれ  心持のもつれ  昨夜のもつれ  事のもつれ  誰でもつれ  葛藤がもつれにもつれ  老爺が、よれつもつれ  何となく胸のもつれ  手がもつれ  話が、いよいよややこしく、もつれ  話が起って、もつれ  方のもつれ  由子にもつれ  ひとつのもつれ  男と女がもつれ  変にもつれ  挨拶を交しながらもつれ  願望とが、解きほごしがたく、もつれ  二筋三筋のもつれ  光沢のないもつれ  糸に美しくもつれ  情にもつれ  嬉々として、互いにもつれ  糸がもつれ  金銭に絡みもつれ  耳たぼを優しくつまぐりながら、もつれ  伝統とのもつれ  足とがもつれ  足とが、互いにもつれ  緋手柄を掛けた、もつれ  愛のもつれ  拍子にもつれ  声が、もつれ  沈み石や、時々ひらめきもつれ  それでもつれ  そばにもつれ  煙がぶすぶすともつれ  端をくぐらせて、もつれ  尾行がもつれもつれ  江戸弁が快くもつれ  彼にもつれ  舌もつれようともつれ  相互にもつれ  恋のもつれ  ようなばかばかしいもつれ  何處へでもつれ  どこへでもつれ  たびごとにもつれ  前にもつれ  址にもつれ  爺さんがよれつもつれ  防風林にもつれ  さともつれ  笑い声にもつれ  隙間が出来て、もつれ  夏休みになったら、すぐにもつれ  煙草の煙のもつれ  脣のしたにもつれ  しかし、そのもつれ  惡臭とがもつれ  言葉が、もつれ  暑い魔睡がもつれ  二つの白い影が消えてあらわれて、よれてもつれ  事件がもつれ  一人従者をもつれ  水とがもつれ  中がもつれ  風ともつれ  筋途がもつれ  いくらでもつれ  あたりにもつれ  二人は、もつれ  頭にもつれ  ますます糸のもつれ  谿いっぱいにもつれ  情火のもつれ  歌舞伎座にもつれ  夜道で、どうもつれ  から舌がもつれ  連呼して、もつれ  意外にもつれ  破片ともつれ  席でもつれ  情のもつれ  嫉とがもつれ  人影は解けてもつれ  思いそめましたなれど、憎いほどもつれ  なぞのもつれ  髪、もつれ  後のもつれ  芝居にもつれ  のか、甚だもつれ  舌のもつれ  ことにもつれ  風のもつれ  奇妙なもつれ  心持がもつれ  どこへもつれ  程強くもつれ  具合にもつれ  王さまはお聞き入れにならないで、ぜひともつれ  肉親とはかくもつれ  状況のもつれ  微風にもつれ  棲間のもつれ  風にとんでしまふかつては重たくやさしくもつれ  やうにもつれ  恋にもつれ  兩足は歩きながら互いにもつれ  それにもつれ  尾はもつれ  娘たちともつれ  蝶のもつれ  くしがちろちろと、粘りついたり、もつれ  箱根へでもつれ  耳にもつれ  体一面にもつれ  



前後の言葉をピックアップ
モツキリ  モッコク  モッツァルト  没薬  モツレ  縺れ  もつれあい  もつれあう  もつれあっ  モツレル


動詞をランダムでピックアップ
あばれだす好むつまみだし示し合わせる折りかえし読みとっ熟する立ち行きかきくどくそこね掻け弄ぶたかめようずきのばさくみ上げながれついまじわるあまやかし借倒し
形容詞をランダムでピックアップ
生臭くかるき新しく恥い照臭近しくあぶなくわずらわしかろやすくっ軟かく誇らしいかなしかっ賢かっずるう強い涼しから生なまし気疎しやわらかい