「めし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ めし[動詞]
殿様がめし  口どめし  初瀬観音聞しめし  ネジどめし  服をめし  風邪をめし  叩きのめし  もっとお年をめし  糊を湿めし  引きとめし  張りのめし  お気にめし  齢をめし  当日ただちに内田臨時首相をめし  から打のめし  から叩きのめし  偉観をきはめし  おのれは生れながらにめし  引とめし  叩き伏せ叩きのめし  お呼びとめし  め湿めし  打のめし  茶釜じゃなく、めし  気なしに買ってきた、めし  左右にめし  中軸にのさばっていてめし  ためかきためし  応用しためし  仲間ぼめし  ブチのめし  位たたきのめし  乱行がいつもそのめし  瞳をめし  帽子をめし  あながちにひとりぼめし  お茶をめし  片端から叩きのめし  ものはためし  さいごに、めし  針どめし  月冠をめし  おごち走をめし  掻のめし  

名詞

めし[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
めしをしてやろう  めし上らず御寝もゆっくり遊ばされず  メシをつくって  めしも喰へねええんた  めしよりもむしろちょっとカフェーにでも入って  めしの代用を氷水でやっている  めしかえさしむ  めしにありつこうか  めしがくいたくなる  めしをくっている  めしに至っては  めしが忽ち発売禁止の厄に会ひて  めしになりました  めしを食っている  めしの心配がいらない  メシがすんだら出かける  めしを六杯食うという  めしを食う  めしを御馳走になったっけ  めじという小さなのがあるが  めしを食いたいよな  めしはとんとげえせん  めし合せて挟み撃ちにしてやろう  めしを喰い出す  めしが煮えだす  めしが煮えかけていたという  メジをはがした  めしを食っているという  めしを食っても  めしにしなければ  メシに一升の酒をぶちこみ  メシが酒くさすぎる  メシを茶漬けでカッこむ  メシを一しょにして  メシ食らいで有名になった  メシなんぞ食ったって  めじかのようにはしっこく  めしを五杯たべて  めしはすんだ  めしにしよう  めしにしようと思う  めしを噛む  めしを食ったり  めしなどは食わないものの如く  めしを食はせてくれ  めしをねだ  めしを食べなければ死ぬ  めしを食べなければ死ぬから  めしを食べなければならぬ  めしを食えたら  めしになるとも  めしのつもりでやって置いて  メシを貰って食ってる  めしをしていた  めしをしてみよう  めし遣ひ下され  めしをくわしてもらえば  めしひに似たり  めしひの少女痩せにたれか  めじひかばあたへむ三尺の袖春かぜに桜花ちる  めしには叶ひません  めしの中へ入れて食べる  めしを食ったりする  めしの時に食べたが  めしをげんなりするほど喰って見て  めしを置いとけば  めしを拝む  めしをつけてくれ  メシを食うより  めしに殺される  めしが如き  めしが如く  めしを食って  めしを食っていても  めしものいただく  めしがよく估れた  めしとなり  めしおろしおく  めじの刺身を一臠箸で挟んで  めじるしに  めしをかし  めしの太い鼻緒のすがった  めしを食いつつ見おろした  めしでも食べたら  めしより好きな人があり  めしがうまくなって行ったので  めしをたいて貰って  めしは食堂へ食いに行く  めしは陳施寧と呼ぶ  めしをなされたい  めしをたべる  めしをごちそうするよ  めしをたいてください  めしともいえる  めしと伝ふる  めしのような小説を三つ四つ読んで  メシの種にしていた  めしを食ってる  めしに焼いた  めしをやった  めしがおそいので食べたくないと言うので  メシはたいとく  メシの食い  めしを食ってくる  めしを食っていた  めしをしてみようと思います  めしやのおぢいさんとも話した  メシと呼ばるべき  めしをやろう  めし喰いにも追従せられぬので  めしを食い  めしさえ食って行ければ  めしにしようか  めしを入れた  めしが来ましたぜ  めしをみんなに配る  めしをしてみたがっている  めしを食べた  めしを炊いて  めしに彫ってみたい  めしになる  めしに往来の人を取って投げた  めしをしてみたくなりました  めしのしたくしろよ  めしをたいて食った  めしができた  めし食うとすぐに赤ん坊に添寝して  めしを食わしてやらないぞ  めしを食ってこい  めし上がっていらっしゃいナ  めし合わせてした  めし合わせて今度の駈  めしべの柱頭はおしべよりも長く外方に飛び出して  めしをした  めしでも食べな  めしを食った  めしの食いあげになる  メシを食う  メシよりも好きと法螺を吹いている  めしをすると  めしになって  めしつかわれる  めしをなさる  めしを食べ  めしは返り  めしの看板を軒に掛けて  めしの看板をかけた  めし合わせてする  メシを便所へ持つて  めしなけりやならない  めじるしとして感じられた  めしをして来たくなりました  めし食って大汗かくもげびた  めしに申侍れ  めしが皆くさりかけて  メシを食わして寝かしてくれりゃ  メシ食らいはウチへ置けねえから  メシを盗んで食うだろう  メシをたいた  メシをくい  メシを食い終って  メシを炊いて食った  めしに精神的に虐殺されつつある  メシがくえない  めしより氣位ゑらく成りて  めしひなり  めしは身を責むる強き軛に嘆き侘び  めじないろ  メシを食っている  めしをする  めしに剣を揮ってみるばかりで  めしやと書いて  めしやのおかみさんが持って来た  めしやに帰って来て  めしをうんと食って帰りな  めしにしようじゃないか  めしは後で食うと追い返す  めじるしの椎の樹の下を思わず行きすぎた  めしの字は俗なるゆえメシと改むべしなど  めしやの看板を見分くる  メシを食ってる  めしが如きは  めしを食いたい  めしを食わせたりなどしている  めしより起りし  めしをかむ  めしをとる  めしを食はずにすんだ  めしをくう  めしは床の上の死骸なり  めしどきを樂しみにしてゐた  めしを知らせに  めしを食っていますから  めしてゐる  めしに出かけました  めしをするか  めしが利かなくなると  めしを噛みしめた  めしを食べたい  めしの当番が鉦をたたいたら  めしの遊びがはじまる  めしの当番はへい  メシを食って  めしを大いに食べながら  めしをたいてもらい  めしかえを遊ばしまし  めしは何の罪なるやを尋ね  めしはわが世に行へる錬  めしは乃ち彼等なればなり  めしに過ぎずとし  めしも能はざりしかばダンテ斧を揮つて大理石を破  めしをいふ  めしにその身變じて女となれり  めしを作って置いて  めしたべに出ませうよ  めしをかッこんだ  めしやでめしを食べ  めしほどなれば  めしを花を萎れし  めしを喰わせて下さい  めしも一緒に食わない  めしやをいはざるべからず  めしを喜ばざりき  めしを食ふだけでも  めしの時間には出て来られる  めしを食ふといふ  めしの方に気を取られるといふ  めし寄らるることあり  めしが済むと  めしをくらって死んだ  めしのこげる  めしをくらって  めしを食わぬと言って  めしはどうする  めしつかいたちを残して  めしにありつこうかしら  めしをつくってくれている  メジがころがりこんで  

~ めし[名詞]1
ひとつ使いだめしを  御供もめし  三八九はメシの  瞳はめし  海に投ぜしめしは  殉せしめしは  當にめしも  正当なめしよりも  一碗のめしに  米のめしが  朝昼けんたいのめしを  気を生ぜしめしは  運だめしに  出版せしめしが  天才をたしなめながらめしを  男がめしを  眼まぜでしめし  鮑信としめし  こっちで炊いためしを  孫桓としめし  ソヴェート政府としめし  竈のめしが  釜のめしが  柳川鍋でめしを  これもメジを  鍋のめしを  五分だめしに  一升のメシに  一升のメシを  肴とメシを  宿へ行ってめしに  茶碗一ぱいのめしの  棚下しでめしを  人にめしを  俺にめしを  五分だめしの  運だめしを  奥でめし  だれかめし  三度のめしを  なさけ闇をおそれぬめし  のにほひ興がるめし  我れとめじ  彼等が寝たりめしを  米のめしを  一分だめしに  飛語巷説を尋ねしめしが  寺を修せしめしが  運だめしが  一緒にめしを  老母の手馴れのまぜめしが  書写せしめしと  鮓のめし  襲撃のめじ  知友を死せしめしが  闇をみつめしを  白なめしの  旗亭でめしを  料理屋でめしでも  御酒はめし  絵がめしより  手製のめしを  七時にめし  #根だめしを  めし根だめしを  運だめしとも  復活せしめしと  運だめし  蘭学などをメシの  いつまでめしを  運だめしと  腕だめしを  貴島もひるめしが  その間にメシは  時のメシの  何かめし  食事がメシ  一つ運だめしを  嫡子でいながらひやめし  勝手にめしを  絵でめしさえ  三度三度のめしを  女房がめしを  力だめしに  腕だめしに  力だめしを  自分でめしを  晩げのめし  今晩はめしを  マアはいってめし  美少年としめし  色男としめし  胴だめし  胴だめしを  左でめしを  伝六はめしの  隆盛をきはめし  タダでメシを  ものがメシよりも  小説がメシより  一二度羽根だめしを  胆だめし  飯櫃のめしを  小だめしは  相手としめし  厳にせしめしが  椀のメシを  彼は急いでメシを  鶏肉屋でめしを  先生ではメシが  師はめし  喉しめし  森のかげにめしやと  最前のめしやに  お仙はメシ  腕だめしは  タクシーがめじ  下で立ちながらめしを  社会部のメシを  對照せしめしが  農家に入ってめしを  承諾せしめしより  カツレツとめしを  楽屋のめしには  山水楼のやきめしと  明朝のめしが  宿のめしを  音楽でめしを  私たち三人はひるめし  兵隊のめしを  先しめしが  めし屋のめしを  大急ぎでひるめしを  麻痺せしめしを  胆だめしの  胆だめしは  わしはめしは  米をかついで行ってひるめしだけ  陷らしめしは  心をとめし  鑄らしめしは  冠らしめしに  位を退かしめしを  杖にて撃ちて放れしめしに  みんなでひるめし  めしやでめしを  ざらしめしほど  辱しめしを  滅多にめしも  的に向けしめしやを  我を飽かしめし  卓子でめしを  話よりめしの  十五銭のめしを  晩酌とめしが  うちはめしを  泛けそめし  一同はめし  私達にいりめしを  瓦のメジが  

~ めし[名詞]2
ことにめし  こわめし  同じめし  どうもメシ  あのめし  たためし  たらしめし  だんだんめし  白いめし  くろいめし  まったくメシ  やわらかいめし  早くめし  まずめし  まずメシ  ゆっくりメシ  ようやくメシ  つとめし  やがてめし  このめし  先ずめし  まあめし  黙々とめし  思しめし  

複合名詞
一膳めし屋  肉めし程度  辻めし  ショウロメシ  メシメシ  めしめし  握りめし  めじまぐろ  諫めし  めし持参  めし屋  牒めし  なつめし  めし皮  厳めし  支那めし  めしもの  すゝめし  めし使  脩めしむることなり  晩めし  厳めしいが  一升めし  牛めし屋  めしつぶ  宿屋めし  ヒルメシ  めしひと  人すゝめし  一服めし  一度牛めし屋  牛めし一杯  めし茶碗  めし髷  蠣めし  牛めし  一膳めし  昼メシ  朝メシ前  厳めし気  支那めし屋  めし物  めし一ぱい  牛めし焼とり  一ぜんめし  夕めし  そめし  物めし  うえめし  二三日めし  鰻めし  名所節句筍めし藤  筍めし  厳めしげ  めし門  めしら梅人ふたり  川那子メジシン全国  川那子メジシン新聞広告  めし時  おこわめし  剣サダメシ  祕めし思  今めし屋  日本めし  毎日日本めし食い  栗めし  めし根  冷やめし  朝メシ  茶メシ  タケノコメシ  昼メシ直後  伸めし  メシ歴史風俗画ニ於テハ艶逸比スベキモノナク  歛めし  籠めじ  独占めしよう  晩めし前  めし上つて  酒めし  めし食い  みんなめし  窪めし  めし屋風  鰻めし一杯  籠めし贈物  めしい  めし日本全国津々浦々  ソロソロめし  めし飲  一口めし  めじゃござんせんか  メジエール  むだめし  タダメシ  恨らめし  めし賜良之  めしうど  めし所  めし線  染めし  ヒケめし  赧らめしむることはあつても  めし者  眼めし  一升メシ  晩メシ  試めし  確めし  横笛潛めし聲  御酒めし  勸めし男  めし一つ  めし前髪  めしはじめ  凝視めし眼  標めし野  真実籠めし艶書  ゆえメシ  購求めし  一ぜんめし屋  厳めし屋  めし業  道理切めし文角  ウラメシ  赤めし  とせめし  めし三杯  めし五十四杯  めしごろ  ソボロめし  カツめし  鯛めし  五目めし  浮めし  晝めし  なりめし  力めし  めし事  日めし  一杯めし  めし五分  めしちりめん  タケノコめし  竹の子めし  深川めし  近代的めし屋出  麥メシ  めし頃  めし当番  めし大会  一夕晩メシ  赧らめし  苺需めし  收めし處  しづめし獸  目覺めし母  勸めし者  誡めし  收めし者  めし火花  覺めし  めし血レビ記一七・一一  眠り覺めしアキレウス  淨めしこと  さめし後象徴  讚めし  五目めし  めし日輪  鎭めしとき乘  讚めしめ  收めし物  めし意  勸めし  覺めし次第  めし汗巾傳説  めし上  みそめし  鍋めし  銀メシ  めし三十有余  そ牛めし屋  



前後の言葉をピックアップ
メザル  目笊  メザルベカラズ  目障り  目ざわり    飯田山  召し  めし  メシア


動詞をランダムでピックアップ
脱せ立てる作り出し捧ぐる憎が立ちならべ明け暮れなめれ走り出含まり笑えよふりはなす零す出あっひらける奉ら満ち足り謡え腐さおぼしめせ
形容詞をランダムでピックアップ
さみしあつかまし悔しなまぬるあったかく惨いとめどなしかるがるしい青かっ草ぶかい泥くさ敢な頼もしい憎たらしまるき面白けりゃ酷しく血なまぐさかっくわしかっ我慢強い