「めぐっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ めぐっ[動詞]
むとリノリュームをいきなりめくっ  番のめぐっ  テキストをぱらぱらめくっ  ようにめぐっ  菰をめくっ  辞書をめくっ  上でめくっ  一枚、そっくりめくっ  仏蘭西革命史をめくっ  縦横に駈けめぐっ  個所をめくっ  まわりを烈しく馳せめぐっ  カーテンをそっとめくっ  カーテンをめくっ  パラパラとめくっ  ペラペラとめくっ  水がめぐっ  蔵書を、てあたりしだいにひんめくっ  新聞紙をめくっ  胃の腑から直ちに血管にめぐっ  エプロンをめくっ  敷蒲団とをめくっ  春がめぐっ  ところをめくっ  ッと巡りめぐっ  ソッとめくっ  はりをめぐっ  カーテンを引きめくっ  全身をめぐっ  なかを翔けめぐっ  蝶が舞いめぐっ  本をぱらぱらめくっ  葭簀をめくっ  一つ夏がめぐっ  札をめくっ  書類をめくっ  旋風を描いて舞いめぐっ  検査図を色々とめくっ  すそをめくっ  いつかはまためぐっ  墓をめぐっ  山をめぐっ  ノオトを取出しぱらぱらめくっ  岩山をぐるっとめぐっ  二度ほどめぐっ  裾をめくっ  画帖をめくっ  それをぱらぱらめくっ  五臓六腑を駈けめぐっ  生き血がめぐっ  パイをめくっ  皮をめくっ  記念日がめぐっ  上をせわしく飛びめぐっ  そうになりながら、やはりせわしくせわしく飛びめぐっ  上をとびめぐっ  一枚引きめくっ  いちばん慌しくめぐっ  私のめぐっ  濠をぐるっとめぐっ  頁をめくっ  クロースをひきめくっ  酔いがぐるぐる駈けめぐっ  原をめぐっ  ぐわらぐわらと顫きめぐっ  ゆるやかにめぐっ  紙をめくっ  帳面をめくっ  忌年もめぐっ  馳けめぐっ  頭脳を駈けめぐっ  屋敷中を駈けめぐっ  すれすれにめぐっ  さが小おどりしつつ走せめぐっ  当もなく踏みめぐっ  原稿紙をめくっ  それをめくっ  今こそめぐっ  ぐるりに立ちめぐっ  身体を流れめぐっ  連鎖がめぐっ  一枚一枚調べてゆくと、いくらめくっ  先から先へとめぐっ  ずんずん血がめぐっ  あたりをちょろちょろと駈けめぐっ  鼠が駈けめぐっ  本をめくっ  水車が激しくめぐっ  因果はめぐっ  まわりをはせめぐっ  しずかにめぐっ  空がめぐっ  何心なくめくっ  瓦をめくっ  何重もめぐっ  ページをめくっ  一しょにぐるぐるめぐっ  天気がめぐっ  山野を駈けめぐっ  重にめぐっ  底でもめぐっ  石をめくっ  一年がめぐっ  縦横無尽に駈けめぐっ  勝曼華が透間もなく咲きめぐっ  静にめぐっ  ここにめぐっ  頃がめぐっ  白布をめくっ  光もまためぐっ  夏がめぐっ  何処からどうめぐっ  隈なくめぐっ  東西南北を駈けめぐっ  花吹雪さえ立ちめぐっ  一冊をめくっ  入墨をめくっ  順次にめぐっ  塀がぐるりとめぐっ  面影は相変らず飛びめぐっ  窓をめくっ  夫人が次にめくっ  夜具を引きめくっ  なかにめぐっ  床板をめくっ  廂を吹きめぐっ  上をめぐっ  ように飛びめぐっ  三分ほどめくっ  ノートをめくっ  帳をめぐっ  美貌をめぐっ  水車がめぐっ  仕方がないから布団をめくっ  半分引きめくっ  紙も引きめくっ  海岸を馳せめぐっ  手を放して、めぐっ  後ろへめぐっ  床板を引きめくっ  頬かむりを引きめくっ  杯もめぐっ  手に取ってめくっ  間を立ちめぐっ  徒らに巡りめぐっ  音なくめくっ  山がめぐっ  空を飛びめぐっ  桟敷をめぐっ  鈴子がめくっ  図書目録を色々めくっ  運がめぐっ  状態私共をめぐっ  隅をめくっ  毛布をめくっ  ざまでめくっ  下をめぐっ  耳を傾けながら、めくっ  上にめぐっ  清風明月が来りめぐっ  詰をめぐっ  丁をめくっ  テントをめくっ  胸がとどろいて、めぐっ  死はめぐっ  二回ほどめぐっ  頁を、ぱらぱらとめくっ  新聞をめくっ  次をめくっ  紙をぱらぱらとめくっ  頁をぱらぱらめくっ  何ものかを獲ようととびめぐっ  スケッチブックをぱらぱらめくっ  四分の一ばかりめぐっ  日本へもめぐっ  一年は、こうしてめぐっ  毒のめぐっ  紙片をめくっ  詩集をめくっ  考えがめぐってめぐっ  円を描いて翔けめぐっ  周りをたよたよと飛びめぐっ  雑誌をめくっ  たまを駈けめぐっ  譜をめくっ  画帖をすこしさかのぼってめくっ  大野を吹きめぐっ  春はめぐっ  輪になってめぐっ  壁板がめくっ  シールをめくっ  腿をめくっ  月日がめぐっ  パラパラ頁をめくっ  周囲を渦巻きめぐっ  逆にめくっ  一枚一枚をめくっ  酔いのめぐっ  天井板を引きめくっ  畳をめくっ  まわりをめぐっ  全島絶壁がめぐっ  幾たびかめぐっ  地面が引きめくっ  九月一日がまためぐっ  全身を駈けめぐっ  手違いなくめぐっ  弛緩時代がめぐっ  カンバスをめくっ  頁をやたらにバラバラとめくっ  わけもなくめくっ  二三枚をめくっ  一枚夢中でめくっ  街中を駈けめぐっ  羽根布団をめくっ  ように離れずにめぐっ  記録をめくっ  あたりから金をめくっ  時代がそろそろめぐっ  上にもめぐっ  前をめくっ  事情がめぐっ  血がめぐっ  速度で駈けめぐっ  土地を遍めくっ  運命がめぐっ  時節がめぐっ  中へめぐっ  ようにめくっ  懐中から手帖を出してぱらぱらめくっ  野猫のようにはせめぐっ  時がめぐっ  今日身の上にめぐっ  ぼんやり雑誌をめくっ  原稿をぱらぱらとめくっ  蜜蜂が群れて飛びめぐっ  紙を重ねてめくっ  ためにばかり、めぐっ  白布を少しめくっ  蒲団をめくっ  春のめぐっ  世紀のやがてめぐっ  鈔本をめくっ  ように、めぐっ  事をぐるぐる考えめぐっ  中をめくっ  彼らが取りめぐっ  天下を吹きめぐっ  一枚をめくっ  福運がめぐっ  空をめぐっ  お前にめぐっ  胸中駈けめぐっ  彼にめぐっ  手から再び受け取って、バラバラとめくっ  順々にめくっ  武蔵野にめぐっ  十二月二十日がめぐっ  大福帳をめくっ  脂気と、貧しくもめぐっ  自分にめぐっ  彼自身に巡りめぐっ  針はめぐっ  なんどもめぐっ  からだじゅうを駆けめぐっ  ためアルバムを開き、少しめくっ  時間表をめくっ  むしろをめくっ  須永のめくっ  これは黙って捨てて、めくっ  意識がめぐっ  説教日は度々めぐっ  扉を引きめくっ  フトンをめくっ  端をめくっ  暫らく頁をめくっ  周囲を駈けめぐっ  一冊抜きだして、バラバラめくっ  上から下まで馳せめぐっ  ページをぱらぱらとめくっ  苦行をしてめぐっ  ときいざりがめぐっ  四国をめぐっ  



前後の言葉をピックアップ
めく  メク  目釘  目腐れ  目腐れ金  捲っ  目配せ  目配り  盲目的  メクラ


動詞をランダムでピックアップ
薙ぎ払う買い入れん撃と角ぐむこびよふきあれ打ち明けよ逆だつしにかわら這いつくばう録する聞きもらさぼる越せ漏らすしら関わわりあてる陣どり見入ら
形容詞をランダムでピックアップ
疑わしいどすぐろいきいろ汚かっいけ図々しいうたがわしかっぶあつい生温またとなく忙しいとしくっ青けれよわくきまずくみやすほしい残り少なきあどけなくてっとりばやく弱々しき