「めがけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ めがけ[動詞]
耳をめがけ  女たちをめがけ  男をめがけ  男女をめがけ  光りものをめがけ  透明なかべをめがけ  壁をめがけ  父親をめがけ  燈火をめがけ  僕をめがけ  家をめがけ  へそをめがけ  久須美をめがけ  方向から僕をめがけ  裾をめがけ  僕にめがけ  ボトムから頂上をめがけ  月の輪をめがけ  足をめがけ  森をめがけ  獲物をめがけ  窓をめがけ  中央をめがけ  バーをめがけ  頬をめがけ  てっぺんから小屋をめがけ  大悪魔ひとりをめがけ  空をめがけ  まん中をめがけ  若い女医をめがけ  胸をめがけ  巖石をめがけ  中にめがけ  いるかにの頭をめがけ  彼をめがけ  一行をめがけ  頭上をめがけ  卓子をめがけ  天主閣をめがけ  顔をめがけ  月世界をめがけ  それをめがけ  三人をめがけ  綱をめがけ  胃袋をめがけ  腹をめがけ  こちらをめがけ  往来をめがけ  頭をめがけ  背をめがけ  女をめがけ  間から太陽をめがけ  車をめがけ  妹をめがけ  庭をめがけ  波打ぎわへつないでおいたボートをめがけ  谷底をめがけ  船をめがけ  いかだをめがけ  火星人をめがけ  蟻田博士たちをめがけ  先生をめがけ  星をめがけ  喬之助めがけ  はじをめがけ  平地をめがけ  ぼくをめがけ  彼方をめがけ  青空をめがけ  天をめがけ  方をめがけ  ロシア人をめがけ  頭蓋骨をめがけ  出口をめがけ  一つ三木をめがけ  留守をめがけ  岬をめがけ  火をめがけ  目をめがけ  右手をめがけ  面をめがけ  駕籠をめがけ  そのまま腹部をめがけ  兵馬をめがけ  方向をめがけ  姉小路少将をめがけ  石段をめがけ  中をめがけ  ムクをめがけ  砂浜から窓をめがけ  人をめがけ  舟をめがけ  牧場をめがけ  身延街道をめがけ  米友をめがけ  川をめがけ  下をめがけ  ところをめがけ  馬をめがけ  身体をめがけ  土蔵をめがけ  市中をめがけ  参籠堂をめがけ  しろから家をめがけ  弁髪をめがけ  私一人をめがけ  明りをめがけ  丸山をめがけ  淀川舟をめがけ  滝をめがけ  方角をめがけ  軽井沢をめがけ  拳をめがけ  船底をめがけ  舞台をめがけ  あれをめがけ  中へめがけ  から小屋をめがけ  村をめがけ  包囲線をめがけ  婦人をめがけ  七里の渡し舟をめがけ  犬吠崎をめがけ  月をめがけ  あたりをめがけ  市長をめがけ  造船所をめがけ  湖水をめがけ  男山行宮をめがけ  領土をめがけ  鷲をめがけ  心臓をめがけ  山かげから青天をめがけ  白光をめがけ  駄馬一頭とをめがけ  水門口をめがけ  古巣をめがけ  咽喉をめがけ  動物をめがけ  髑髏をめがけ  間をめがけ  拙者頭上をめがけ  一座をめがけ  夏をめがけ  眉間をめがけ  川下をめがけ  胆吹御殿をめがけ  河をめがけ  灯火をめがけ  時間をめがけ  四次元世界をめがけ  果物籠をめがけ  隙間をめがけ  顏面をめがけ  ここをめがけ  金具をめがけ  大地をめがけ  頭部をめがけ  上をめがけ  チョビ安をめがけ  最高頂をめがけ  岡本をめがけ  由をめがけ  軍船をめがけ  くる電車をめがけ  子供をめがけ  沼をめがけ  盛んにこつちめがけ  船長をめがけ  富士男をめがけ  灌木林をめがけ  のどをめがけ  伊勢湾をめがけ  狼岩をめがけ  中から波をめがけ  東京をめがけ  ほくろをめがけ  木をめがけ  峰をめがけ  研究所をめがけ  胴腹をめがけ  鶴をめがけ  安をめがけ  なかをめがけ  背筋をめがけ  老婆をめがけ  袋をめがけ  ガラス器をめがけ  私をめがけ  ざま床をめがけ  君にめがけ  姿をめがけ  トーチカのおくめがけ  空から地平をめがけ  太郎をめがけ  城をめがけ  馬車をめがけ  肩をめがけ  暗礁をめがけ  一点をめがけ  鼻柱をめがけ  橋詰めをめがけ  俺をめがけ  左をめがけ  角をめがけ  ものをめがけ  胴中をめがけ  入口をめがけ  遠藤屋敷をめがけ  毘沙門天をめがけ  健二をめがけ  猫をめがけ  碧いそらをめがけ  八重をめがけ  深淵をめがけ  後をめがけ  正太をめがけ  発展ばかりめがけ  一つをめがけ  頼光をめがけ  梢をめがけ  火口をめがけ  煙をめがけ  自画像をめがけ  夜空をめがけ  私たちをめがけ  太陽をめがけ  これをめがけ  



前後の言葉をピックアップ
女鹿  目顔  目垣  目がけ  目掛け  目がける  目掛ける  メガサイクル  目頭  メガタ


動詞をランダムでピックアップ
くたば哀れむ触れ突き詰める点ずるなごまそめあげへるろ歩き回っわけよ頂けれ逃げ失せるましませ慎む絞まる泣きじゃくら証拠立てるあまやかすおいかえすくるまり
形容詞をランダムでピックアップ
めずらしゅうあさつつましきはやかっ焦臭い可笑しく清くわるがしこおそろしいはしたなくだらない手早かっあやう稚くっ目新しいわざとらしき手早き瑞々しき粗い