「みづか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ みづか[動詞]
糧をみづか  衣をみづか  鏝をみづか  歳、みづか  象山はみづか  血肉をみづか  傾倒しみづか  人は、みづか  時は、みづか  ら休み、みづか  ひとりしらべ、ひとり詠じて、みづか  ことあれば、みづか  庵、みづか  彼はみづか  神をみづか  かくもみづか  のかむみづか  最近まで、いくぶんみづか  整理する、みづか  己れみづか  伝を読み、みづか  限り、みづか  時代にはみづか  ヒュームはみづか  力をみづか  時君はみづか  ひとりひとりが、みづか  忍月居士はみづか  モツアルトはみづか  ものに委ねて、みづか  昧者にしてみづか  レツシングを以てみづか  却りてみづか  逍遙子若しみづか  といへども、みづか  逍遙子がみづか  藏して、又みづか  逍遙子はみづか  はり、又みづか  つて、みづか  此世に生きながらへて行かねばならぬみづか  空はみづか  少年はみづか  百合とみづか  口に誦して、みづか  芭蕉のみづか  時化でみづか  彼にみつが  なほ心安からず、みづか  代、下れりとて、みづか  氏、みづか  抑揚にみづか  中にみづか  問ふやみづか  らみことは、戦ひにおほみづか  一度もないといふだけで、みづか  悲劇とはみづか  楽みしが、ただみづか  特に田丸農村部長がみづか  私が、みづか  づるやうなる声にてみづか  大隊長もみづか  後にはみづか  はてはみづか  事もなくみづか  状態であるし、みづか  為にみづか  敢てみづか  むとはせず、唯みづか  からん、みづか  羨望しながら、みづか  山ひと花はみづか  却てみづか  彼がみづか  たかは、みづか  自我がみづか  翌年すでに御みづか  勲功をみづか  こんどはみづか  和歌集を御みづか  叱咤鞭撻なされ、みづか  物ごのみして、みづか  着物もみづか  ものがみづか  想とをみづか  汝若しみづか  體を奪ひ、みづか  しかしてみづか  彼等を見、みづか  からんため、わがみづか  裾をとりてみづか  認むる病者は少くても、みづか  女は、みづか  纏ひ、みづか  む、みづか  生命はみづか  魂がみづか  スターリン首相がみづか  日本共産黨はみづか  籠めて述べられてあるといふだけで、みづか  現象であり、ましてやみづか  人に認めてもらひ、みづか  商法に破れ、遂にみづか  わなにみづか  海野はみづか  



前後の言葉をピックアップ
ミツワ  みつ代  みつ子  みつ豆  みつい  聖月  みつぎ  みづく  身繕い  ミヅグルマ


動詞をランダムでピックアップ
あびせかける重れ滑べ罹ろはみ出さ言い聞かし浮い後らし踏みしめる帯すれ穿き見つかれ縢らかみあわくわさ補っ辞み居直募っ追いかけりゃ
形容詞をランダムでピックアップ
押し付けがまし臭からうしろめたい甚だしゅう晴がまし低けりゃ薄汚きたならしかっひくき気疎し鈍から悲しから等しかろ名高くろしいそがしき儚いおぼつかなかっ長たらしく多から