「みえる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ みえる[動詞]
首をして、青く透いてみえる  ようにみえる  殺風景にみえる  ものとみえる  マスクをとおしてみえる  舌は、わかるとみえる  眼にも、痩せたとみえる  自由に動かないとみえる  透明にみえる  未練が残るとみえる  二十四五とみえる  知らない無邪気さかとみえる  心を占めているらしくみえる  もんじゃないとみえる  風にみえる  簇ってみえる  煙波にかすんでみえる  四十そこそことみえる  二本ならんでみえる  顔がみえる  品がさがってみえる  樽がみえる  往来からみえる  はいえないとみえる  陽がみえる  言葉を、もう忘れているとみえる  中に剥いてみえる  秘密がおありとみえる  好きとみえる  江戸であるとみえる  逃げ足にみえる  下心とみえる  色青白く、めっきり痩せ衰えてみえる  一見しろうと女にもみえる  六とみえる  やうにみえる  おぼろにみえる  ばうばうとして霞んでみえる  目にみえる  情緒とみえる  はいもみえる  のが、よくみえる  葉がみえる  わからんとみえる  一つ時曇つたとみえる  色がありありとみえる  色がみえる  いるかにみえる  永患いをしているとみえる  姿がみえる  さな心にもあるとみえる  真っ白に光ってみえる  同心とみえる  兆がみえる  燦然と光ってみえる  筋向いにみえる  立派にみえる  おとこうんがわるうて、くろうしていると、ふてくされてみえる  使ともみえる  惑星にもみえる  のがみえる  まり旅を好まぬとみえる  御灯がみえる  眼にみえる  入り口がみえる  断崖がみえる  鯨のみえる  通路がみえる  そうにみえる  頭がみえる  ひとつの祈にみえる  人ッ子ひとりいねえとみえる  依頼人とみえる  そこからかすかにみえる  敵でないとみえる  おいでになるとみえる  痩がみえる  目玉でも見えなかったとみえる  無表情にみえる  冷徹にみえる  音も出ないとみえる  急にとがってみえる  星がみえる  ように、白く光ってみえる  三十近くにみえる  水馬で疲れたとみえる  つもりとみえる  鬱雲のはれてみえる  抜作とみえる  様にみえる  お客さんがみえる  今夜はきわ立ってみえる  風がみえる  ところがみえる  利口そうにみえる  気風は呑みこめぬとみえる  間がないとみえる  塊とみえる  習性になっていたとみえる  裏口からでも戻つてきたとみえる  ごちそうにもありつけなかったとみえる  なかにも光ってみえる  様子がみえる  謙虚にみえる  男だとみえる  命数も極まったとみえる  気分もみえるにはみえる  のだとみえる  二十七にしては、老けてみえる  もんだとみえる  痩立ちのみえる  気とみえる  幸いに生きているとみえる  人とは違うとみえる  むしろ物足り無くみえる  旗持ちとみえる  何ものかがあったとみえる  ひとりで買いかぶっていたとみえる  趣味はあるとみえる  叛骨とみえる  分りにならないとみえる  線がみえる  お話しすると、ひどく際立ってみえる  うえのみえる  海原もみえる  敗北を期しているとみえる  庵があるとみえる  衰えのみえる  日光帰りとみえる  前にみえる  もうろくなさったとみえる  命がおしいとみえる  知らないとみえる  気が附いたとみえる  下にみえる  気を失っていたとみえる  乱心致したとみえる  山吹色が詰まっているとみえる  語のみえる  名がみえる  記録文書にみえる  右にみえる  雲がみえる  同情もお持ちにならないとみえる  風はみえる  急所には触れにくいとみえる  野心を秘めるかにみえる  大将とみえる  結果とみえる  忠孝の何たるかは、少しでもわきまえていたとみえる  愚弟をお忘れないとみえる  方は、なんとなく引き立ってみえる  法とみえる  いつまでもいつまでも遺つてみえる  細工はないとみえる  疑いを抱かれておられるとみえる  火を放ったとみえる  大軍がはや来たとみえる  重態とみえる  おれには、神々しいほど美しくみえる  それを掴むらしくみえる  ようにもみえる  とおりに結んだとみえる  悠長にみえる  退屈にみえる  男とみえる  必要があったとみえる  所為とみえる  みんなから待ち受けられていたとみえる  窮屈にみえる  まじめらしくみえる  美禰子のおもわくであったとみえる  無邪気にもみえる  どっちかにみえる  きょうは少々謹んでいるとみえる  ところへきたとみえる  連とみえる  情がみえる  梅次郎にも洩らしたとみえる  ものが並んでみえる  ように丸く輝いてみえる  ものがのぞけてみえる  紙は使うとみえる  平気らしくみえる  綺麗にみえる  屋根のみえる  三にみえる  ″\うち霞んでみえる  程度とみえる  いやに大きくみえる  一策があったとみえる  野中にみえる  彼れはそのほのみえる  御殿もみえる  塔もみえる  叔父さんよりは老けてるとみえる  だれか拾うか見届けていたとみえる  ことはやめたとみえる  心配しているとみえる  黄金色のものが光ってみえる  品位とがほのみえる  声が出ないためとみえる  ころから強情だったとみえる  意気が残っているとみえる  二つ殖えたとみえる  自分がどんなにみえる  俤がみえる  目的がみえる  畏怖動揺したとみえる  みのみえる  了見を出したとみえる  可愛いお嬢さんがいらっしゃるとみえる  名もみえる  眼立ってみえる  点もみえる  切れぎれに長くみえる  仄白くみえる  尊げにみえる  立て札がみえる  栽させられたとみえる  のん気にみえる  案外に弱くみえる  紫色ににおってみえる  発達してるとみえる  酒好きだとみえる  眸にもみえる  物にもみえる  耳を刺したとみえる  発憤だったとみえる  寝顔にみえる  日もないとみえる  宿酔気味にみえる  人間がいるとみえる  合せもあったとみえる  何かに、憑かれてでもいるとみえる  志操凛々とみえる  意向が見えればみえる  些細らしくみえる  神経質にみえる  烙印もみえる  下の透けてみえる  ヴァレリイが俗っぽくみえる  人からはどうみえる  旦那方のみえる  宗良は、いかにもいたいたしくみえる  人々とみえる  膳がみえる  ゆかないとみえる  子どもにみえる  案内人であったとみえる  なじみとみえる  つたのにみえる  やつたつても、みえる  ガラス窓がみえる  人とみえる  加担とみえる  朴とつ漢にみえる  裏を掻いていたとみえる  不審がみえる  者、あらかた引き具して来たとみえる  所かとみえる  六波羅探題もあきれたとみえる  者だったとみえる  簾ごしに透いてみえる  こまかい書入れが、やたらにみえる  潔癖かであったとみえる  供奉にみえる  裏切りとみえる  空気がみえる  八かとみえる  嫁であったとみえる  六万騎とみえる  池とみえる  眠りは浅かったとみえる  金つくりとみえる  雨が降っているとみえる  昔が恋しいとみえる  さかんにみえる  死力を出しつくしていたかにみえる  限界がみえる  水が光ってみえる  附近でないとみえる  今日はみえる  朝ともみえる  姿にみえる  ここにみえる  気色にみえる  師泰がみえる  のを知ったとみえる  なりとみえる  静かに入って行ったとみえる  あすこにみえる  いびつにみえる  焔もちらちらみえる  お客様とみえる  ポチとみえる  一角はみえる  心にみえる  獄中に光ってみえる  土ぼこりで煙ってみえる  姫宮ともみえる  額がみえる  数千ともみえる  出撃あり、とみえる  騒ぎとみえる  義助がみえる  敵がみえる  ような窶れにみえる  古典にみえる  海口ぢかい砂丘一帯にまでみえる  軍に取られてしまったとみえる  話を聞いてたとみえる  堅氣とみえる  堅気とみえる  気もみえる  腹が読めぬとみえる  正成が、めずらしくも出てきたとみえる  案であるとみえる  文盲とみえる  強権意識であったとみえる  意地張りになるとみえる  仲とみえる  古典には、こうみえる  彼らにみえる  いつか夜更けていたとみえる  我武者を振いおこしてきたとみえる  軍紀整然とみえる  惑いだけが残ってみえる  我慢のみえる  時代とみえる  草子にはみえる  者であったとみえる  方にみえる  人品はいいので、なかなか神々しくみえる  跡がみえる  果てとみえる  顔にみえる  旗がみえる  矛盾とみえる  つんぼとみえる  火光に染まってみえる  なかった形勢であったとみえる  観念のみえる  軍隊もみえる  称もあったとみえる  仲であったとみえる  まやかし物を持ち込んでいるとみえる  それにもみえる  ここにあったとみえる  ろがみえる  親船とみえる  責任感にあったとみえる  ふしがみえる  後詰がみえる  あとがみえる  こともみえる  莫迦に輝いてみえる  女とみえる  翳がみえる  策とみえる  者どもであったとみえる  ようにさえみえる  実施させていたとみえる  声も出ないとみえる  心持ちがどうかしているとみえる  何かがすでにあったとみえる  はなしはいろいろあったとみえる  ものがみえる  女性とみえる  首尾ではなかったとみえる  白眼にみえる  権力とみえる  人目をきらったとみえる  不安にみえる  日記にみえる  ていにみえる  申し子だったとみえる  息子とみえる  あそこにみえる  ことにも通じているとみえる  誇張しているとさえみえる  羽搏き飛ぶかとみえる  背が弾んでみえる  ゆえともみえる  粗にして取るに足らぬともみえる  熱中しているとみえる  観察しているともみえる  春が訪れると、いつとはなしに、枯れたとみえる  青が、少しく冷たくみえる  頑健であるとみえる  所だけが少しばかり明いてみえる  心にはないとみえる  余地はなかったとみえる  一面があったとみえる  熟考中とみえる  今年は良かったとみえる  つていうけど、老けてみえる  娘とみえる  聡明らしくみえる  仲間入りはできないとみえる  町がみえる  たか目にみえる  地が透けてみえる  そばにみえる  ものにあふれてみえる  蒼茫としてみえる  文句もみえる  手記にみえる  寺崎志齋日記にみえる  手記にもみえる  氣さへおびてみえる  絶望してゐるかにみえる  いちばん好きらしくみえる  遠慮深いとみえる  雜居したとみえる  華奢にみえる  陰にみえる  ふうがみえる  調子にみえる  さへみえる  障子がみえる  二十一日すぎたら帰ってみえる  路考贔屓とみえる  好戦的にみえる  余ほど若くみえる  くりをさげて買いにみえる  目があればみえる  チエは、また、しらみをわかしたとみえる  人間とみえる  たくさんあつまって、すこしふくれてみえる  やうにもみえる  くるくると浮んでみえる  なかったようにみえる  ほかにもあるとみえる  催し事があるとみえる  目にあふれてみえる  そこに浮いてみえる  自分が乾いてみえる  町のみえる  もののみえる  危険区域を脱したとみえる  夜空に浮いてみえる  平穏にみえる  あちこちにみえる  妙に痛々しくみえる  灯がみえる  両方から掘っていったとみえる  逢着してゐるかにみえる  それ以上陳腐にみえる  彷徨してゐるかにみえる  本意とみえる  紫にもみえる  何がみえる  そのままにして行ってしまったとみえる  癖が出たとみえる  者ひとりもおらぬとみえる  意味はわかったとみえる  においがするとみえる  そうに輝いてみえる  茶目ぶりはなおらないとみえる  友人がひとりみえる  きらいじゃとみえる  穴はふくらんでみえる  緑に広く布いてみえる  誰かいるとみえる  浪花節にみえる  さがみえる  ぐつと世間馴れてみえる  憐れつぽくみえる  こともできぬとみえる  羽根のすけてみえる  容子にみえる  喉袋みたいにみえる  よそから証拠があがったとみえる  年よりも若くみえる  正面にみえる  御存知ないとみえる  それがうまくおさまらないとみえる  小屋がみえる  きれいな金にみえる  洞穴があるとみえる  日にあたらねば解けぬとみえる  金を使っていたとみえる  蝋燭をつけたとみえる  器用にみえる  雀の子を飼っていたとみえる  素振りさえみえる  年よりはずっと老けてみえる  誇りにしているともみえる  ざえと浮き立ってみえる  内外にみえる  塔のみえる  目がみえる  中にもはっきり光ってみえる  ことがあるとみえる  のが、はずかしいとみえる  空だとみえる  頭分とみえる  君はまだ知らぬとみえる  マダムのみえる  拡つてゐるとみえる  錠をあけで逃げだしたとみえる  哀れにみえる  飯ごとじみてみえる  肌の、黒ずんでみえる  いふ風にみえる  人家がみえる  臆病だとみえる  田圃がみえる  行燈がみえる  影が浮いてみえる  姿勢とみえる  山々が青く霞んでみえる  薄白くみえる  酔いもあるらしく、ひどくやつれてみえる  悄然とみえる  下に敷かれてみえる  やうに、さぞちつぽけにみえる  単純ともみえる  厳粛にみえる  何事か思い当たったとみえる  筋ではなかったとみえる  神輿をすえて、だいぶきこしめしているとみえる  箍がゆるんだとみえる  腕ききとみえる  結句安心したとみえる  行灯のみえる  言つたとみえる  私はそうならずにいられないとみえる  一とめにみえる  底に、かえってくっきりとみえる  相を帯びてみえる  意志はみえる  秋暴れのおわかれだったとみえる  薄あかるくみえる  豪放磊落にみえる  集団牧場がみえる  水力電気発電所がみえる  性とみえる  武者修行に出ているとみえる  美醜は映るとみえる  骨になりきれねえとみえる  まり出来がよくないとみえる  間からちらりとみえる  周到ぶりが浮んでみえる  村かなんかが、みえる  いやによくみえる  何か思い出したとみえる  ところとみえる  あなたの気に入らなかったとみえる  暈ったとみえる  用意であったとみえる  喋舌ったとみえる  棟もみえる  人質が利いたとみえる  化け物にみえる  羽織ともみえる  からばかりみえる  供をしてみえる  決心とみえる  塔が聳えてみえる  僧正だとみえる  母とみえる  躾がみえる  痕もみえる  大変疲労れたとみえる  そなたには覚えがあるとみえる  ものに、みえる  花ともみえる  気にみえる  愚かにみえる  景色に適ってみえる  影がみえる  胆に沁みて、立ち直ったとみえる  底の透いてみえる  デッキにみえる  クロノミーターがみえる  きらきらとかがやいてみえる  そのまま空中に浮いてみえる  それが透いてみえる  幾すじも光ってみえる  癪にさわったとみえる  のではなかったとみえる  黒灰色にみえる  山が光ってみえる  ご存じとみえる  後家になったとみえる  噂がみえる  ルウェンゾリがみえる  マコンデからみえる  間にみえる  真白にみえる  赭色にみえる  ものにみえる  岩石ともみえる  橇がみえる  妙に歪んでみえる  テムズを越えてみえる  突兀とみえる  人影がみえる  色が陰ってみえる  詩心はあるとみえる  なかった時代とみえる  者が出るとみえる  鬢がうすく透いてみえる  禄高があるとみえる  大好きだったとみえる  わをよくいたすとみえる  二つぐらいふけてみえる  ぼろぼろに破れてみえる  障子に、ぽっかりと大きく映ってみえる  心がけも変わるとみえる  刀鍛冶にでもかけてたたき直さなきゃ直らねえとみえる  渺々として遠くかすんでみえる  ところをやられたとみえる  効能があるとみえる  年始回りにでもいったとみえる  ひまはないとみえる  心をそそのかしたとみえる  一本が見つかったとみえる  子ども心がしめつけられたとみえる  気がたっているとみえる  眼がついたとみえる  ことに気がついたとみえる  右門流を思いついたとみえる  一番沈着だったとみえる  何か力みのある女らしくみえる  そこまでは行き届かなかったとみえる  のが目立ってみえる  ゆくところとみえる  いちばんよくみえる  艶姿がみえる  美人にみえる  ちぐはぐにみえる  腕があつたとみえる  往来のみえる  ことがきけないと思うているとみえる  膝だけがみえる  眼だけみえる  親鳥はまだ出て来ないとみえる  東山さんからお迎えにみえる  ほんとうに困っているらしくみえる  やつが、よほどきいたとみえる  大切だとみえる  いくつもの木の間がくれに赤くみえる  見出しはみえる  大変人間離れがしてみえる  上から自然にみえる  景色がみえる  名前がみえる  蛇嫌いだったとみえる  きれいにみえる  はずれにみえる  遊びにみえる  ものが立ちこめてみえる  いくつ位にみえる  子供子供してみえる  間抜けてみえる  雲がはっきりみえる  灯に透いてみえる  それぞれに陰鬱にみえる  胃ぶくろが、どうかしたとみえる  お迎えが、遠くねえとみえる  想像が、ちと違ったとみえる  一つうるんでみえる  自慢だとみえる  前に死ぬだろうと思い定めていたとみえる  不作であるとみえる  ものを持ちつづけて行くとみえる  温泉にみえる  のが寂しくみえる  向にみえる  物はないとみえる  イザコザ事でもあったとみえる  あて名にみえる  軍服にもみえる  混乱にみえる  青年的にみえる  単純にみえる  おろかともみえる  古典にはみえる  中にみえる  文献もみえる  横にみえる  こことみえる  古記がみえる  泥棒ではなかったとみえる  直線にみえる  なんでもみえる  ものがあるとみえる  風趣すらみえる  所がみえる  気味にみえる  なにかにつけてほのみえる  建物がみえる  武家さまとみえる  姿が浮いてみえる  火が赤くみえる  おれが分らないとみえる  人もあるとみえる  酒番だとみえる  夜露が降りたとみえる  感違いして現れたとみえる  蝦夷までみえる  者もあるとみえる  一點張りにみえる  晴著とみえる  兆候がみえる  墨光を放つてみえる  存在もあつたとみえる  河岸がよくみえる  方がうらやましくみえる  つてゐるとみえる  のが、みえる  塊りにみえる  露わにみえる  仄白く浮いてみえる  急に濡れてみえる  為にちいさくみえる  愛人とみえる  非科学的にみえる  僅かにみえる  風情にみえる  潮に揺れてみえる  幾十尋と透いてみえる  綾がすけてみえる  ブリブリとゆれてみえる  から尚よくみえる  島にみえる  運命的とさへみえる  明かるく光ってみえる  



前後の言葉をピックアップ
見栄張り  見栄っぱり  見栄坊  みえよ  見えりゃ  見える  みえれ  みえん  未央  美緒


動詞をランダムでピックアップ
腰かけよ得ん習っ思い詰めれ和げつなぎ連れ戻さ滑る会そ冷めるたたき起し寝るおしのけ標し淀んならべろ売切れる帰れ打壊せ見当ろ
形容詞をランダムでピックアップ
偉かっくらし小やかましいややこしき誇らしく薄暗い熱うくだらな残り惜しく青く生白騒々しくかくし酸っぱい弱かっつつましく怨めしいけたたましさみしかっ呪わしい