「まね」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まね[動詞]
唐文粹をまね  それをまね  カアライルをまね  ところはまね  此をまね  母ちゃまね  常人のまね  東北弁をまね  色男をまね  二の舞をまね  狸踊をまね  しきたりをまね  音をまね  田豊をまね  聲をまね  型をまね  だれでもまね  上手にまね  風俗をすらまね  其をまね  全国的にまね  群臣がまね  花押をまね  口癖をまね  水泳をまね  警部モロをまね  恰好をまね  リーロフにまね  軍服をまね  身ぶりをまね  身ぶりおかしくまね  声をまね  ことをまね  男がまね  山小屋をまね  ピロちゃんもまね  姿をまね  構造をまね  ギオン祭をまね  淡窓流をまね  形をまね  巧者ではまね  唱歌をまね  人間がまね  武家風をまね  小僧などによって、まね  他人をまね  様子をまね  観念をまね  都の風をまね  貴族をまね  面白いと見えて、まね  これをまね  半平にまね  方をまね  ウンラートにずいぶんよく似ているので、よくもまね  劉伶をまね  仲居をまね  茶番のまね  のちまねようにもまね  探偵をまね  僕のをまね  言葉をまね  地雷をまね  著述家たちをまね  著者たちにまね  あら筋をまね  心葉をまね  足音をよくまね  其を新しくまね  出しの、まねてまね  書をまね  手ぶりをまね  数寄屋詰道句風をまね  里好をまね  のをまね  都会をまね  ひとがするので、まね  考えをまね  節をまね  信仰をまね  苦もなくまね  過失はまね  通りをまね  虚子をまね  装幀にまね  口調をまね  様をまね  万事洋風をまね  鳴き声をまね  風俗をまね  ほんものそっくりにまね  死人をまね  皮相的にまね  これらはまね  表情をまね  西洋風をまね  響などをまね  前のよりもよくまね  宣伝法をまね  人をまね  反省にまね  誰かを野次ってまね  癖をまね  一挙一動をまね  支那稗史をまね  若衆歌舞妓をまね  練りぶりをまね  素人にはわりにまね  狼連をまね  義をまね  西行法師にまね  クラッシク文學をまね  それを、まね  自分もまね  口吻をまね  美爪法をまね  タッチをまね  

名詞

まね[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
まねをして  まねをするか  まねなんか死んで  まねをしてる  まねをしたいと思う  まねをした  まねを恥ずべき  まねをするので  まねをしたので  まねをさせておくなんて  まねをしては  まねをする  まねをしてから取ったと言います  まねをしてから取ったと云います  まねきくだすって  まねをして言った  まねをさせようといっている  まねをしてもらう  まねをしていやがる  まねもしなかった  まねをはじめました  まねして技巧をつかう  まねをしていると  まねしている  まねはやれたってしないし  まねが出来る  まね易い頽廃的なところばかりをまねる  まねは止めて下さい  まねをするに過ぎなかった  まねし出しました  マネをしやがるからだ  まねはしない  まねぐらいはできる  まねはできませぬ  まねもした  まねをするとから  まねをすれば  まねをさせる  まねをはじめる  まねをしている  マネをしてみせて  まねをしていたに過ぎなかった  まねをしたりしてゐました  まねをしたりしていました  まねをしていた  まねをいたすな  まねをしないでも  まねをするには  まねをしやがる  まねしてつくるかも知れない  まねをしても  まねをして出した  まねをしたり  まねをするな  マネしてたのよ  マネをした  まねができますからなあ  まねをいつまでしていられるか  まねをして行ったがね  まねはできない  まねをします  マネをしただけの  まねをしながらも  まねをして見たがね  まねをするから  まねをしてみせる  まねをしたりします  まねを示す  まねもできまい  まねのならない  まねをしないで下さい  まねはやめろ  まねをして来た  まねをやろう  まねをするし  まねをしてくれた  まねはできるじゃろう  まねしたくてもこれら植物の機巧はなかなかむつかしくてよくわからない  まねを試みた  マネをするよりや  マネをする  マネはしねえや  まねを繰り返さねばならなかった  まねができる  まねしてみました  まねにだまされた  まねをしてたおれると  まねをしとったら  まねをされる  まねを競い合っている  まねと間違えて  まねをしたら  まねという事自身が人のまねをしない  まねではなくなるという  まねをやりました  まねは出来ぬ  まねしたやうなものが二三首書いて  まねをしてしまった  まねはして見せる  まねをして喜んでいるだろう  まねをしやがって  まねがして済ましていられよう  マネで一人でやってる  まねをするの  まねをしましたが  まねをしてゐる  まねをさしておいて  まねをすると  まねをはじめるという  まねをしてはならないと  まねをしたばかりに  まねをいたしましたが  まねをしてゐたが  まねはうまかろうと言わないばかりであった  まねをなさる  まねをすればこごえて死んでしまう  まねをしたであろう  まねをこしらえたり  まねをこし  まねしてはいけませんよ  まねをしろと  まねはいやでござんすよ  まねをしてみた  まねをするない  まねして蜘蛛はうごかない  まねをしよう  まねをお前にされて  マネがすこし出来たり  マネが出来ると思いこんだりしている  マネるというやり  マネをしたではないか  マネをしやがるな  マネをしてみせる  まねなどして  マネて其罪悪を拡大し  マネを強要される  まねして見よう  まねはしたくない  まねもしたいが  まねはせぬが  マネでいくらか興味を持った  まねをしたくない  まねはするが  まねが出て  まねをしに行く  まねしたがり  まねをやる  まねは出来なくなる  まねを彼はする  マネにゆき  まねなんぞした  まねをして死んだ  まねしてはいけない  マネをしている  まねのできぬ  まねでもするし  まねをしました  まねをしていたが  まねをして見たかつた  まねはしていない  まねにも生み出し得ない  まねをするとの  まねしかやれない  まねをしたりしました  まねでもなかつた山のおく  まねしやがった  まねをしたに  まねはしないよ  まねでもしなきゃ  まねをしたなと思いましたから  まねは終わったの  まねなどをさせたり  まねをしやがるね  まねを逆にやってみせてもれえてえんだがね  まねしてすまなかったが  まねなんぞできるからだではねえ  まねをされた  まねやりゃがった  まねしやがって  まねをしなすって  まねをしていました  まねをしていたら  まねはせぬと  まねはいたしませぬ  まねもしめえじゃねえか  まねをさせた  まねをしやあがるじゃござんせんか  まねをしやあがる  まねをしやがったんで  まねをしたとみえます  まねをしやがったか  まねをしちまった  まねしやがったな  まねしやがる  まねをいたしまして  まねをしやがったな  まねをしやがった  まねするはずはござんせんよ  まねをしたと申すか  まねをしたんで  まねをしたっていうのに  まねして捜す  まねしたんだろうと思う  まねはすんなといってな  まねする気になったので  まねをいたしました  まねしやがるじゃねえか  まねしたに相違ござんせんぜ  まねするんだといったら  まねはしねえ  まねを始めたという  まねはできねえ  まねははやらねえぜ  まねするにもほどがあら  まねしてる  まねしやがると  まねだか白状すりゃ  まねをしやがったね  まねをしていやがら  まねをするって  まねしやがったとありゃ  まねをしてやろうぜ  まねをするにもほどがあら  まねばかりしやがるんで  まねしやがるね  マネをしてみせた  まねをするなよ  まねをしたがり  まねのできる  まねのでき  まねを日本人がしようとする  まねができず  まねすることをおぼえました  マネの素描の知的な冷たさに代へて  マネができるだけでも  まねをしとるじやありませんか  まねをさせていた  まねなんかと違うのよ  まねはせんという  まねをしただけだ  まねの出来ない  まねしてこれを叱り諭さざるは思はざる  まねはわたしにはできない  まねのできなかった  まねを演じさせる  まねをせよ  まねをするという  まねしたモードを見たり  まねを三度すれば  まねしたものだと申しておりました  まねをして寄り添うので  まねは芝居ではできない  マネをしやがる  マネしやがると  まねだけぢやいけない  まねをしたが  まねはよして下さい  マネができる  まねしてこれを厭勝した  まねしようと努めました  まねしてあそびましょう  まねをして歩き  まねができた  まねはおよしなさいというと  マネをして  まねはよせよ  まねをはじめだした  まねはしないが  まねをしてゐました  まねなんかしとる  まねのできないほど  まねなんぞしては  まねをして歩こうという  まねをしてゐなく  まねをしに  マネをしろとはいわぬが  まねをし  まねしていける  まねをしてほえたり  まねをしやがったぜ  まねをすると許さんぞ  まねなんかしません  まねをするね  まねなどをして追う  マネもせず  まねをしてみよ  まねして下りろといった  まねなんかするんでせう  まねしてはいけないとさえいっている  まねをして見せた  まねをしたとか  まねさえする  まねしてみようとする  まねしてゐた  まねさせてやりたいからだ  まねをやったり  まねのできない  まねをしかけたが  まねをするまでに  まねでもしかけたら  まねをしようとたくらんでいた  まねをさらしやがって  まねをしなくっちゃならねえ  まねをしてけがしたという  まねをしてみたくなる  まねの気風がある  まねはまさかできないでしょう  まねばかりしやが  マネをしてみた  マネをしてみようと思った  マネをするなど  まねをしたもののあった  まねでもしてゐる  まねをしてしゃがんだ  まねをやりかねまじき  まねの烏瓜買ふて  まねをいたす  まねはしたくなかつた  まねくいめぐりたまふとよ秋をきよみさやけみ  まねを口で吹きならしました  まねはしないでしょう  まねをしてると  まねに及び  まねができなかった  

~ まね[名詞]1
口吻をまね  それはマネが  子もまねを  夷狄のまねを  毛唐のまねなんか  ようなまねを  大人のまねを  ぼうのまねを  剣劇のまねを  先生のまねを  声のまねを  印度貴女のまねを  かねのまねを  掛声もろとも突き出すまねを  鮭のまねを  尻を打つまねを  へまなまねも  おおげさなまねを  孤児もまね  変なまねを  探偵術をまね  勝手なまねが  太平を抱くまねを  酒に酔ったまねが  変なまねは  化物のまねを  戦術をまね  豆を撒くまね  ドジなまねは  製造法のまねぐらいは  恩知らずのまねは  強請者のまねも  人殺しのまねばかり  のにしやれたまねを  名刺をとり出して頂くまねを  鐘のまねを  女達もまねを  脚をあげてをどりのまねを  うたつたのまね  脚をあげておどりのまねを  さっきひとのうたったのまね  張も死んだまねを  車掌のマネを  音を出すまねを  小笠原島のかうもりのまねを  こうもりのまねを  無茶なまねを  乱暴なまねを  歌のまねを  手で締めるまねを  ろぼうみたいなまねを  いきなまねを  ものをまね  私のまねを  人に持って行って笑って拝むまねを  ようなまねは  横着なまねを  デモ演説のマネ  膝にうつぶして泣きマネを  金持のまねを  酔漢のまねが  ばかなまねを  楽隊のまねを  子規のまねは  魚でマネを  足のまねを  左様なまねを  サト子を打つまねを  寸法を計るまねを  踊り子にまねも  強制収容所のまねを  都会人のまねは  散々勝手なまねを  無鉄砲なまねを  莫迦なまねを  あれくらいのまねは  気ままなまねを  一八六三年にマネは  目玉のまね  なき声のまねを  二人いっしょにまねを  ようなマネを  ヒキョウなマネは  ヘンなマネを  剣術使のまねを  声をまね  言葉がまね  サーシュカもまねを  耕作のまねを  ほんとうにまねを  兵太郎君のまねに  わら小屋で死んだまねを  兵太郎君の死んだまねや  勝手放題なまねを  いろいろなまねを  牛の鳴くまねと  だれのまねでも  ラマンのまねを  所業のまねを  人のまねを  煙突男のまねでは  歌のまね  遺業を嗣ぐまねを  恥さらしなまねを  挨拶のまねを  のんきなまねが  事です拗ねたまねを  倉地のまねを  先づ埋伏して見ざるまね  一年生がまねを  佃を嚇すまねを  実生活のマネという  肌を揉むまねを  戦闘のまねを  蟻のまねを  かってなまねを  一本するまね  木剣で撲るまねを  存分なまねを  軽薄なまねを  埓なまねを  旦那のまねを  一人一人キッスをあたえるまねを  とおりのまねを  ほうのまねは  ひきょうなまねを  のどのつまるまねを  京阪言葉のまねを  葬式を送るまねを  発電処のまねを  人形のまねを  あんたなんかがまね  おれのまねを  リーロフのまねを  鋏を使うまねを  奇人のまねでは  軍艦島のまねを  好なまねを  西洋人のマネが  スタイルをマネ  大学生のマネを  小学生のマネを  弓子は睨むまねを  様のマネを  ナメたマネを  カミナリのマネを  筑前守は知らぬまね  むやナイフ持ち死ぬまねを  猫のまねなど  無謀をマネて  表現に対してまね  卑怯なまねを  無謀なまねを  チャーチル会をマネ  失礼なまねを  坊がまねを  教授たちのまねが  糸を紡ぐまねを  百姓のまねを  犬のまね  のかまねを  そうに押しいただくまねを  生活や粧いをまね  毛唐味なまねを  咽喉をしめるまねを  不束なまねを  謎めいたまねを  梟の鳴くまねを  鳥のまねなんぞ  鳥のまねを  鳥の羽ばたきのまねを  の鳴くまねが  エビス様のマネを  たぬきのまねを  過失はまねの  人間のまねを  太郎左衛門のまねを  まねききまね  ケチなまねは  勝手なまねを  馬鹿なまねしか  山鳩の鳴くまねを  本のまねを  味なまね  きつねつきなんぞのまねを  気違いのまねでも  こいつ変なまねを  おじさん役者のまねは  うえ河原乞食のまねなどを  幽霊のまね  器用なまねを  変なまねも  こしゃくなまねを  のんきなまねを  大人たちのまねを  人騒がせのまねは  バカなまねは  なにふざけたまね  ざまなまねも  身のほども知らねえまねを  きみなまねを  野郎人を食ったまね  眠白はいらざるまねを  古風なまね  人を食ったまねを  ねずみのまねを  器用なまねが  ちょうなまね  腹減らしなまねは  人騒がせのまね  手荒なまねを  手数のかかるまね  変なまね  人情もわきまえねえまね  バカなまね  罪なまね  おろかなまねを  大工のまねを  器用なまねは  気のきかねえまね  人を食ったまね  人騒がせなまね  手荒なまね  なんのまね  色消しなまね  古風なまねを  無慈悲なまね  おまえのまねを  ちょうなまねを  猿のまねを  なにとぼけたまねを  気味のわりいまねばかり  人をからかったまね  ギャングのマネを  乙なまねを  だれでもまねの  容易にまねの  国民のまねを  蛇のまねを  カイはまね  ロダンやマネの  ッかぶって寝るマネが  芝居のまねを  彼女はにらむまねを  つて窓から捨てるまねを  自由主義のまねなんかと  バカなまねを  足を洗っているまねを  蜥蜴を追い払うまねを  鳩のまね  和尚さんのまねを  誰にもまねの  場合にすら知らざるまね  他人にまねの  滑稽なまねを  客を招くまねを  時には泣くまねを  大納言のまねを  外国をまね  ダンスのまねを  指にて寄せるまね  三遍はきおとすまねを  榎へ取り移すまねを  汽笛のまねを  笛をまね  祖母様のまね  雌鶏のまねを  鶏のまねが  映画のまねは  ナイフで切るまねを  千重子は睨むまねを  梟のまね  気のきいたまねが  罪なまねは  鵜のマネ  捉うるまね  らんぼうなまね  ねえさんのまね  芝居がかったまねを  ばかなまねは  二世のマネを  方へはき出すまねを  道化たまねは  奇怪なまねを  人形にまねの  今度は食うまねを  イギリス人のまねを  お祈りを上げるまねを  胡弓をひくまねなんか  彼女は抓るまねを  ばかのまね  女中のまねなんぞ  小鳥の啼きまねを  親達のまねを  丘を打つまねを  女郎のマネを  幸坊ちやんのまねを  なんのまねを  ただ眠りたるまね  僕がするからまねを  好きなまね  虎のまねを  へんなまねを  へんなまねなんか  ものをぶつけるまねなどを  味のまねは  西洋人のまねを  靴をかえるまねを  農夫のマネを  卑怯なまねは  おとうさんのまねを  下品なまね  口ぶりをまね  男のまねなんか  達磨のまねを  公卿風をまね  無意識にまねを  手ぎわをまね  不実なまねを  ようなまねさえ  大人のまね  誕生佛のまね  オーケストラのまねを  彼を打つまねを  変なまねでも  味なまねを  気絶したまねを  殺生のまねを  居眠りをするまねを  男のまねを  矢さんは撲つまねを  鰹を釣るまねを  むやみとふざけたまねを  てんばなまねを  壁をたたくまねを  アアーンアアーンと泣きまねを  ドイツのまねの  気ちがいじみたまねは  自殺のマネを  鵜のまねを  手でしゃくって飲むまねを  犬のまねを  道楽なまねでも  音のまねを  鵜のまねの  一切知らぬまね  乞食のまねは  貝のまねの  酒に酔ったまねは  痴なまねを  勧善懲悪作家のまねを  猥らなまねに  ぼくもまね  だれにもまねが  梅ヶ谷のまねを  

~ まね[名詞]2
そのまね  あんなまね  そんなまね  こいマネ  こんなまね  おかしなマネ  くだらないまね  いろんなまね  情けないまね  差し出がましいまね  軽々しいまね  ないまね  水臭いまね  悪いまね  どんなまね  くちまね  まわりくどいまね  おかしなまね  あぶないまね  恐れ多いまね  だいそれたまね  恐ろしいまね  はかなまね  手荒いまね  むごいまね  つましいまね  わるいまね  ねちっこいまね  油っこいまね  しいてまね  けがらわしいまね  ちょっとまね  かくまね  いやしいまね  ないマネ  そういうまね  っぽいまね  眠たまね  なきまね  同じくまね  もしまね  決してまね  

複合名詞
猿まね  まねびをしてはてに鬼  まねなんど  さまね  惜まね  自ら苦まね  愼まね  惜まねば  まね事  ろまね  嚥まね  人マネ  ものまね  とおりまね  まねなぞ  まね爺  待望まね  飮まね  猿マネ  マネジャ  句初心まね  勵まね  つまり物マネ  物マネシステム  物マネ  マネスター  聞まね  マネちや  手まね足まね  濟まね  檢査濟まね  浪士マネ  ほりまね  泣きまね  まねゃしねえと  えなまね  身まね  まねゃなんです  まね手  鳴きまね  鳴きまねの  まね三度  まね烏  苦まね  のちまねよう  二三度まね  ぶつまね  人真似こまね  マネケン  一つマネ  いちばんまね  まねみたい  まねこと  履まね  ものまね狂言  虔まね  訓まね  



前後の言葉をピックアップ
まね  真似  真似よ  真似  真似れ  真似ん  まねい  招い  マネイジャ  マネイジャア


動詞をランダムでピックアップ
くやむ沁みる追いこま歩こ向きいやまさる浮くはいずっ憎むだぶっほころばみごもりあび詠っ関連づけ起っ込み入り映さたのしめる
形容詞をランダムでピックアップ
生易しく佳し雄々しけれ待遠しゅう痛々しくろからきびしかっ小さいこそばゆふるむごう四角き憂いめでたけれうるさからなみだぐまし緩からさうなけれくすぐったかっ眩しく