「まとい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まとい[動詞]
後世のまとい  一転して、まとい  身体に附きまとい  白布一枚をまとい  ボロをまとい  身にまとい  濃厚なしなをしてまとい  時代の空気にまとい  枝にまとい  背広をきっちりまとい  クルクルとまとい  行先に着きまとい  木をまとい  下僕の慌てまどい  腰にまとい  上衣をまとい  霧がまとい  肩にまとい  心にまとい  陰をまとい  物の具をまとい  衣をまとい  菰をまとい  甲冑をまとい  さにまどい  礼服をまとい  黒甲錦袖をまとい  着物をまとい  外套をまとい  頭にまとい  寛衣をまとい  オーバーをまとい  裾にまとい  頭から足先まですっぽりとまとい  ぼろをまとい  怪奇事件がまとい  皮膚にまとい  ものをまとい  紫衣をまとい  多聞丸にまとい  服をまとい  羽織をしっくりとまとい  二の句にまどい  足もとをまとい  三人にまとい  胴なかだけにまとい  平ざし、まといつきざし、まとい  ようにまとい  ケサをまとい  緊とまとい  黒服をまとい  衣服をまとい  帯にまとい  衣裳をまとい  喪服をまとい  着物にまとい  かな縄を引きまとい  襤褸をまとい  ツーピースをまとい  粗服をまとい  悶いている、疲れてまとい  執拗にまとい  ひとにまとい  くるくるとまとい  多くのまとい  彼はまとい  それすらもまとい  梯子がまとい  家にまとい  永久にまとい  かつはまどい  シャツをまとい  一面にまとい  のがまとい  水藻をまとい  へ、まとい  すねにまとい  支那服をまとい  事は、まとい  火消しのまとい  戦場に持ち出したまとい  時分が、まとい  馬印がまとい  勢力を奪うたので、段々まとい  此は、まとい  馬印は栄えて行き、まとい  初めにはまとい  のが、まとい  家々でまとい  笠の小まとい  様に、まとい  大道寺氏の小まとい  此頃既に、まとい  此をまとい  物として、まとい  住宅にまとい  定紋を書いてばれんをつけたまとい  一本宛のまとい  火消役のまとい  籠目のまとい  目的から、次第に大きなまとい  事はおぼつかないが、古くはまとい  柱にまとい  絹をまとい  体にまとい  雨合羽をまとい  法衣をまとい  群りまとい  薄物をきりっとまとい  裾にもまとい  気がまとい  身辺にまとい  帆布が、まとい  七回半にまとい  自身にまとい  着衣をまとい  頬にまとい  後れ毛をまとい  鳶口、まとい  夕陽をまとい  衣のまとい  衣装をまとい  兵児帯をまとい  実体をまとい  彼にまとい  



前後の言葉をピックアップ
纏い  纏まら  纏まり      纏う  まとえ  纏え  纏える  まとえる


動詞をランダムでピックアップ
のめり込み起たぶら下がっ追い返さ取組もしゃがれ費え演ずる殺さ進まへご突きぬける汚れ踏み付けよかわいがっうかがっ押し入り堪っ住み替降ろす
形容詞をランダムでピックアップ
薄ら寒き美味い口うるさい手軽き辛うあぶなかろ腹立たしかっねたき胡散臭寒かっ穢き片腹痛乏し済まななめくはなばなしいむさくきつ神神し