「まっしろ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ まっしろ[形容詞]

~ まっしろ[形容詞]

まっしろ[形容詞]
まっしろきり  

名詞

まっしろ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
まっしろな野っ  まっしろな雪におしあてました  まっしろなプクプクした  まっしろなばらの花が咲いて  まっしろになって  まっしろなさるのこしかけを見た  まっしろに光る  まっしろな右の手を栗毛の若い精霊の髪の上に置く  まっしろけな幼児の様な心をもった  まっしろに凍りついた  まっしろに雨がふる  まっしろなししあいを得る  まっしろになった  まっしろな爺さんがいました  まっしろにして  まっしろにゆれる  まっしろに雪がふってゐる  まっしろな山々がくっきりと見え出してきた  まっしろな花を簇がらせている  まっしろな肉をそのまま焼いて食うらしいし  まっしろに光ってゐる  まっしろな花をつける  まっしろな雪ばかりになり  まっしろなかおのりんかくはうすバラ色にポーッとにおって居る  まっしろなてっぽう百合がいかって居た  まっしろにかがやいて居ります  まっしろに光り  まっしろな張のある  まっしろなかおは白蝋の様になった  まっしろな唇の真赤な女は自分の力を信じて  まっしろなやわらかい胸の中ににぎって居た  まっしろにシックリした  まっしろな雪がキラキラ闇の中に光って居る  

~ まっしろ[名詞]1
子どもたちはまっしろ  顔をまっしろ  唇までまっしろに  一人はまっしろ  雪がふっていてまっしろ  下はまっしろに  着物もまっしろに  あごひげもまっしろ  粉でまっしろに  火がまっしろ  流れとまっしろに  歯がまっしろ  木曾のまっしろ  山の端にまっしろ  遠くのまっしろ  いちめんにまっしろに  どちらを見てもまっしろ  うしろからうけてまっしろ  花びんにまっしろ  銀毛はまっしろに  事もまっしろ  心にうつし見てまっしろに  歯のまっしろ  ふところに入れてまっしろ  寝間着とまっしろに  あか子はまっしろけ  次にはまっしろ  

~ まっしろ[名詞]2
あのまっしろ  そのまっしろ  まるでまっしろ  

複合名詞
まっしろ川  いつかまっしろ  



前後の言葉をピックアップ
抹消  真っ正直  真正面  真白  真っ白  真白  まっしろ  真っ白い  真白い  まっしろい


動詞をランダムでピックアップ
頼れつまれとびかかりいきづき浮かれる来りゃあぐね渡らほろびる冷えよ外れよ召し上げ張り上げ送り届けれかかろ殴りとばす取り除く無くなし掃き出し任せろ
形容詞をランダムでピックアップ
緩かろえらう濃う久しきものすさまじい物狂おしはかばかしからむし暑く強く慕わし懐かしかっはずかしくっはれがましくねむたき遅し小うるさかっやばのぞましい甲高く