「まち」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まち[動詞]
病室にまち  命令をまち  バルカをまち  ゆんべ生れたくまち  父親はまち  空からは、もうまち  男後生楽寝てまち  御返事をまち  発車をまち  胴なんぞ、いまち  僕をまち  戸にまち  のをまち  素子は、まち  返事をまち  酔ふをまち  船の来るをまち  今一度上京をまち  とき嗚呼其時をまち  知識をまち  返事、まち  のだけれどもまち  感化をまち  お正月をまち  岸にたつて、そのかへりをまち  ずるをまち  一日も早かれとまち  

名詞

まち[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
まちの性格描写を閑却して  まち暮して夜になって  まちがつた文明の方向に入り込んでゐないから  まちになつていらつしやいますよ  まちの方へ歩き出しました  まちをこめた  まちへ出ました  まちへ熊の皮と胆を売りに行く  まちと言ふ  まちのまん中で鼻の赤い連中などを相手にして  まちのまん中で赤い鼻の連中などを相手に法螺を吹いてれば  まちのまん中で赤い鼻の連中などを相手に法螺を吹いてればい  まちがへて  まちが眼下に展開して来た  まちがへられる  まちがへる  まちを見て来ます  まちを鞄かかえて歩いていたが  まちは私に見  まちを歩いた  まちがつていたんだ  まちがつちやいねえよ  まちがつていたかも知れねえが  まちがつていやあしねかつたと俺あ思う  まちがつていたと  まちがつていたとしても  まちがへない  まちの印刷所へ持って行った  まちでいちばん大きい本屋にはいって  まちの印刷所へ持つて  まちどほしさうにかう  まちと呼びとめ  まちに到着した  まちを歩けば  まち遠しくて行くと  まちへ納めて  まちに腰をかけて  まちに特に敵意を抱いているという  まちに委ねてしまう  まちの性格に就いて考え  まちへ来てから  まちを散歩している  まちへもう腰を下ろして居ります  まちいたしております  まち遠しく  まちがつたことを我子に教えなかつたといいきれる  まちがつたことをやつていない  まちを歩きまわりました  まちへ出て  まちがいっこはありません  まちの劇場に来る  まちを歩けず  まちがへるね  まちを走って  まちがへられるからの  まちがつてゐる  まち遠さまでした  まちのイタリヤ軒という洋食屋で一緒に晩ごはんをいただいて  まちのほうへ歩いて行きました  まちがひない  まちがへた  まちへ出掛ける  まちに藤木さんが寐ていて  まちっと奥のほうでお休みくださいまし  まちがつてゐなかつただらう  まちがへられて  まちにおいた  まちの雰囲気も東京ほど戦場化してはいなかった  まちがへてゐたが  まちに置いた  まちだかの袴をはきて  まちの様子を怪しく思った  まちの暗いのは当りまえだが  まちに片手をかけた  まちが高くひらめいた  まちやくれた  まちから遊びに来る  まちに土足のままの片足をかけて  まちに二人の子を抱いて立っている  まちに腰をおろす  マチはあっても  マチで火を擦付け  マチ擦れば二尺ばかりの明るさの中をよぎれる  まちがつとるといふ氣がしますが  まちがつている  まちがつていた  まちがつていました  まちがつていたと言い立てている  まちがつていただけでなく  まちがつていてもいなくても  まちがつて來ち  まちがつていると思うのよ  まちを振り捨てる  まちを軽く叩いていたが  まちに載せると  まちのところまで下りきってしまうと  まちにもたせていた  まちがへたんでせう  まちがつていつて  まちがはれるて  まちからもんどり打つて転げ落ち  まちの植木屋を捜しだし  まちには犬がうようよ居やがる  まちを見物していらっしゃい  まちの灯は移動をはじめたしかに船は進み出す  まちの北のはづれ私のまっ正面で海から一つの光が湧き  マチ擦れば火は風に消えて  まちへ牛肉を買いに行き  まちに店員全部が隊を組んで  まちまでがやっぱりぼんやりした  まちの大きい割烹店へとついでゐた  まちでささやかな醜聞をいくつも作つた  マチを摺った  まち申しあげておりました  まちに降りて  まちへ出た  まちをぶらぶら歩いた  まちを歩いて  まちがある  まちに出て  まちに腰をかけ  まちがえっこは  まちに先刻の車やの一人が酒を飮んでゐた  まちがいっこありませんよ  まちから不意に鋭く呼びかけたと見るや  まちがいなんだ  まち遠しくて  まちのはうへ  まちのいり  まちの女学校に復職した  まちの誰かれ見  まちの人たちの笑ひ  まちの誰かれ見さかい  まちの人たちの笑い草にはなるし  まちがへたと見える  まちがへてはいけません  まちと云ふところだけを覺えてゐる  まちの先生とかおっしゃる  マチの高いのを穿いて  まちがつてゐます  まちが代りに来て  まちがった態度のように思われます  まちがつて受取つてゐる  まちはづれの田辺の知合ひらしい  まちへ嫁入りするのであらうが  まちを吾が自動車ひたに走りぬ  まちは夕靄につつまれ  まちを見ると  マチであった  マチにも瞽女は隊を組んで  マチが彼の心に反覆された  マチの小遣を稼ぎ出す  まちへ一歩踏みこむと  まちが始めての  まちの病気もなおらず  まちの屋根屋根は雨でけむっていた  まちの病氣もなほらず  まちの屋根屋根は雨でけむつてゐた  まちの見おさめな  まちの夜露におまいの全く死んだ  まちがつても楯つくでねいだよ  まちがつていない  まちに来ている  まちはしずかにしずまっていた  まちで誰にも見つからずに  まちの様子をひそかにさぐった  まちはづれに假の住居をいとなみ  まちへ腰かけて  まちに腰かけた  まちがひなく  まちを歩いて行きあう  まちはひっそり眠っている  まちがつても自分のことを考へるな  まちに荷をおろそうと  まち遠しいではないか  まちがつてゐなければ  まちの人の姿を眼に入れた  まちへ分家した  まちからはるばる藝者を呼んで  まちの女學校へ行つてゐた  まちと往き來するのに  まちから半里も離れた  まちの呉服店で旅裝を解いた  まちがへて入れた  まちはしづかにたそがる  まちにしたがひ  まちずむの屍蝋の手指くされ  まちずむの手は光る  まちの子供みたいにあそんじゃいられねえよ  まちの呉服店で旅装を解いた  まちを通過し  まちに奪はれてゐる  まちの繁栄を見る  まちを歩きながら  まち遠しい  まちのまめそふも  まちから土間へかけて  まちから三里ほど離れた  まちの人たちが火をたいてゐる  まちを少し歩いてみたいと思った  まちにふさわしくないと思う  まちがつた生き方をしてゐた  まちがつてゐた  まちのように思われるだろうが  まちに居る  まちの高い袴に釣上げられた  まちを水兵さんがとほる  

~ まち[名詞]1
日一日をまち  世界のまちの  ネネムはまちを  今日もまちへ  十郎がまちへ  卜象をまちと  東京のまちの  小田原のまちが  幼虫とまちが  つて行列をまちが  相川のまちを  俺がまちが  戦争はまちが  気持はまちが  約束をまちが  撮影所のまちに  撮影所の在るまちの  袴のまちへ  窓がまちに  大名の開いたまち  都会風に気取っているまち  仙台のまちに  仙台のまちを  店がまちへ  のがまち  疾患頽唐のらうまち  一度もまちが  東京のまちを  一緒にまちへ  大変なまちが  路をまちが  道をまちが  自転車に乗りまちを  男王とまちが  ベツドとまちが  手はらうまち  方がまちが  新潟のまちの  上りがまちに  先生とまちが  いつ道をまちが  我頬がまちを  窓かまちに  袴のまちが  近辺のまちから  上りがりまちに  上りがまちの  男はマチ  點でまちが  かたがまちが  父はまちが  戰爭がまちが  量見がまちが  陰惨低劣のまち  湯のまち  上諏訪のまちの  窓がまちを  窓がまちの  種子をまちが  誰にも見まちが  上りがまちから  船橋のまちには  稚内のまちの  とりのまちに  下のまちまでが  近くのまちの  隣のまちの  彼はとなりまちへ  となりのまちで  甲府のまちに  甲府のまちを  安心させるまち  水上のまちに  上りかまちに  上がりがまちから  もののまちが  故郷のまちの  水と聞きまちが  ちょじゃまちの  馬乗袴のマチの  夫とまち  この世を見下すまち  確にまちが  甲府のまちは  吉田のまちへ  峽のまちを  熱海のまちは  隣村もマチで  其秋のマチにも  彼はマチの  幻燈のまちの  本郷のまちの  東京というまちの  所信のまちが  酉のまち  霜のおりたまちは  幸福にもまちで  六畳のあがりがまちへ  角を見まちが  唐桟柄のまちの  分量をまちが  記憶がまちが  風船玉とまちが  大阪ビルをまちが  遠くのまちへ  それぞれ違ふまちの  汽車のあるまちと  大勢のまちの  風邪でも引いてまちが  白きらうまち  さかんなまち  新興のまちに  新興のまちの  凡庸のまちでは  金木のまちを  龍馬から来たけんどまちが  上りかまちから  ふるさとのまちから  太祝詞とまちとは  渋谷のまちを  洋風のまちに  今までまちが  やり方がまちが  陰気なまちの  活気のあるまち  山峡のまちに  考へがまちが  水兵さんのまちを  

~ まち[名詞]2
そのまち  仮にまち  すぐまち  このまち  常にまち  大きいまち  折角まち  若マチ  こっそりまち  恐らくまち  悉くまち  時々まち  いいまち  なくマチ  美しいまち  強いまち  まだまち  寂しいマチ  よいまち  冷たいまち  狭いまち  大きなまち  小さいまち  しろきまち  正にまち  

複合名詞
まちはずれ  マチガ  まち酒  日まち  まち可レ  漁師まち  忽まち走り  忽まち無邪気  忽まち  城下まち  まちかま  色まち  町まち  何かしら空まち  アヤマチ  アヤマチ以上  まち全体  まち娘  リュウマチ  心まち  まちぼう  リョウマチ  まち医者  まちぎみ  まちげ  まちごと  まち事  まち伏せ  そりまち  リョウマチ気  問屋まち  まち高  んまちびとねがひごと  なにマチ  通りまち  至つてまち  カーバイト倉庫まちなみ  マチヤス  マチヤス孫兵衛  マチヤス太郎右衛門  はんまち  一足まち  忽まち子爵  忽マチ  裏まち  巷まち  まち高袴  まちくらしたま  一つまち  見当まちげ  ウヘヤマチ  世評まち  花まち  まち穴八幡  全部まち  まちよう  ツキマチ  客まち  所まち  辺防たちまち  人まち顔  マチ呼バレ  まちはつ  場合まち  りょうまち  やうまち  まち井戸  城下まち端  まち筋  近ごろまち  まちの  マチ袴一  人畜たちまち  りゅうまち  評定まち  容想たちまち  八きみまちがた  三十俵つけ一まち  一まち  黒雲たちまち  マチイス  まちやう  



前後の言葉をピックアップ
  町役人      真智  真知    待ち  まち  町道場


動詞をランダムでピックアップ
ごった返すつきとめよ拝み倒し番えよ落ち行きなげかけるいきのこり目だち於か取寄せ受け付ける刺通しつまみあげよ奪い返さ気づかうあやし読み耽り捕われ粧お使え
形容詞をランダムでピックアップ
気疎くほしゅう眩しくっ胸苦しく暖かかっ強かっなまあたたかき真っ黒いこぶか緩からうすぐらい口惜しく拙くっ恥ずかしかっエラ空しゅうはやきあかけれ極まりなくしおらしき