「また」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ また[動詞]
広壮なるは言うをまた  出版をまた  あしたはまた  休暇期間は云うをまた  待ちにまた  開花にまた  ニユウトンをまた  ニュウトンをまた  いきをまた  ずるいきをまた  心がけいかんにまた  愚かさは云うをまた  哲学者をまた  一寸、だけど、また  言をまた  梅雨明けをまた  論をまた  識者をまた  何かしら空まちにまた  頃までにまた  案内もまた  地方ではいうをまた  ことはいうをまた  批准使をまた  弁護にまた  短夜に、また  異はまた  のをまた  ギセイ精神にまた  づ説明をまた  批評家に過また  こと言をまた  申入れるから、しばらくまた  こと論をまた  石は誤また  批判にまた  触手をまた  七月一日今朝はまた  二の句もまた  後日をまた  陣割りもまた  奏聞もまた  協力をまた  朝命をまた  こんどはまた  色もまた  一分もまた  きの一撃をねらい誤また  助言をまた  鉄門をまた  理由もまた  返事もまた  瀬をもまた  意識をまた  必要もまた  矜りある自覚とにまた  検査にまた  働をまた  法をまた  物理学者をまた  同様なのは云うをまた  今日もまた  研究をまた  ことに対しては、云うをまた  一貫性にまた  ことをまた  夜あけをまた  稀薄に飛んで来て、よくも狙い誤また  私をまた  窓をまた  むるといへども賞をまた  足を抜こうとするとまた  木綿にもまた  夜明がまた  根本的研究にまた  いふをもまた  裏づたいの畦路へ入ろうと思って、やがて踏み出す、とまた  媒介をまた  説明をまた  純正哲学をまた  弁解をまた  返辞もまた  時をまた  見物人はふたたびまた  教ふるをまた  医術をまた  こともまた  答えはまた  證明をまた  冠り、すぐまた  彼はまた  卒業をまた  注意をまた  急をまた  のがまた  九一まつにはまた  のはいうをまた  彼を知るにまた  人もまた  ところを誤また  



前後の言葉をピックアップ
マゾヒスト  マゾヒスムス  マゾフ  マゾラ  マゾー    又八  股火鉢    


動詞をランダムでピックアップ
跳ね出す行詰っ従えよ飲み干せ詰切りのりあげる身じろぐけつまずか育てあげかみつい突っぱねるかたむけよ忘れ去震っ殴る追っかける絡まためこまあずかり噛も
形容詞をランダムでピックアップ
神々しき薄暗くっおもたきとんでもなく高く凄いかびくさい生ぬるい委しかっ弱よわし心強きこうばしいにぎにぎし囂しかっまるく怨めしい繁いええちいさ悩まし