「まえる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まえる[動詞]
ンづかまえる  大西博士の眠りたまえる  身がまえる  打向いたまえる  衣紋に優しく引合わせたまえる  丞相より降したまえる  手まさぐりたまえる  珍味に厭かせたまえる  ぜんざいを召したまえる  者をふんづかまえる  上正等覚を得たまえる  特に下したまえる  者を救いたまえる  神の作りたまえる  ハッタと睨むまえる  被害者をだかまえる  混雑中に崩れさせたまえる  ゆえんを示したまえる  息子をとっつらまえる  ば預りたまえる  使命を嘉せられて、下したまえる  真白に立たせたまえる  上に苦しみいたまえる  おり経過したまえる  皇孫が久しく拠りたまえる  機会をつらまえる  勝ぐれたまえる  



前後の言葉をピックアップ
前森  前厄  前山  まえよ  舞える  前渡し  前渡金  まえん  魔縁  真央


動詞をランダムでピックアップ
あい振り向き止そ渦巻こ掛かり繰りかえす凪が切付けよとりされる付き従う並べ立てるにくがらまどわさ感づか仕上が逝く抛るわたれるやすまっ委せ
形容詞をランダムでピックアップ
ねむたくにくかっかびくさいきつきすさまじいかくかれ数多いわろき気強う泥深き我慢強いこちたくうたがわしいさやけく若若しく脂っこい聞きにくう由々しく永き好けれ