「まえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まえ[動詞]
汽車のまえ  みんながつけた名まえ  金庫を一応しらべて呉れたまえ  貧乏してみたまえ  店のまえ  建物のてまえ  視線をまえ  いちばんてまえ  更衣室のまえ  お盆のまえ  裕一のまえ  目のまえ  百合絵のまえ  顔のまえ  三十分ほどまえ  一枚のまえ  地図のまえ  映画館のまえ  彼女の部屋のまえ  みんなのまえ  海をまえ  ドアのまえ  膝のすぐまえ  自分のまえ  玄関のまえ  堪忍してくれたまえ  試験を受けたまえ  手をあげて見たまえ  校長にささげてくれたまえ  地から去らしめてくれたまえ  しずかにしたまえ  諸君、帰ってくれたまえ  一遍見たまえ  きみはよく考えて見たまえ  証拠を見せたまえ  宿へ下げたまえ  胸のまえ  実在を踏んまえ  うちにとらまえ  居間のまえ  部屋のまえ  竈のまえ  ことはまえ  注意したまえ  公儀のてまえ  汽船会社のまえ  鉄水母とはおもしろい名まえ  九千年もまえ  見事なうでまえ  銃を見がまえ  読者のまえ  無電器械のまえ  説をのべたまえ  先生のまえ  面がまえ  テーブルのまえ  ロロー殿下のまえ  主をひっつかまえ  正体をつきとめてくれたまえ  こっちを見たまえ  それみたまえ  番地を知らせてやってくれたまえ  身がまえ  腹に盛ってみたまえ  開拓されるまえ  五日めのひるまえ  つの、あるいはまえ  林へ来るまえ  差出人の名まえ  安心したまえ  われらを助けたまえ  やつてみたまえ  おれはてまえ  人生のさだめのまえ  今日もまた与えたまえ  気をつけて見たまえ  操縦士のうでまえ  とき身がまえ  一彦少年は、このまえ  そっちをさがしてみたまえ  それを教えたまえ  君、出たまえ  掃除する、てまえ  近所のてまえ  女を退けるまえ  深刻に考えるまえ  京橋口のてまえ  二刻ほどまえ  家のまえ  眼のまえ  のだろうと、もちまえ  晃らせつつまえ  交番のまえ  道のまえ  船がまえ  事は、見たまえ  拳固がまえ  きょうだいのなまえ  いつのまにませたろう、取っつかまえ  美しい人のまえ  窓のまえ  サンフランシスコのまえ  夜、寝るまえ  チーズを食べるまえ  十年ほどまえ  何年もまえ  いま目のまえ  カウンターのまえ  自動車のまえ  ポーチのまえ  ガレージのまえ  卒業するすこしまえ  彼女のまえ  上体をまえ  六か月ほどまえ  クリスマスのまえ  いくつもならんでいて、そのまえ  出発するまえ  階段のまえ  ケースのまえ  ぼくたちのまえ  キチンのまえ  手すりのまえ  目のすぐまえ  ぼくは、まえ  建物のまえ  ぼくのまえ  オフィスのまえ  カフェのてまえ  彼のまえ  老人のまえ  写真のまえ  体勢に入るすぐまえ  なにを見ても、まだ名まえ  鐘をおろすまえ  鐘のまえ  常会をひらくまえ  戸をあけるまえ  ことを許してくれたまえ  僕に貸したまえ  それを踏んまえ  十年ばかりまえ  おなかをまえ  寄席のまえ  しかし、このまえ  エセックス事件のずっとまえ  鉄柱にしばりつけるまえ  時代にも、分りにくくて結構だという建てまえ  ッとまえ  僕らはそのまえ  それは当りまえ  あいつらを取っつかまえ  のが当りまえ  地口行燈のまえ  神よ禁じたまえ  花屋のまえ  二十年程まえ  僕たちを見たまえ  庭のまえ  新湊稲荷のまえ  咽喉を掻き切るまえ  鎌形傷の始まるまえ  これで分ったろう、放したまえ  三日もまえ  大がまえ  定は悲しむまえ  不思議がるまえ  文机のまえ  俵を踏んまえ  屋敷のまえ  大事のまえ  それを取っつかまえ  自白したまえ  王女だとわかると、持ちまえ  眼を見たまえ  手前はてまえ  罪をあらい清めたまえ  花子のまえ  さ十時ごろ乾燥所のまえ  人をつらまえ  小僧をつらまえ  ものをつらまえ  おれをつらまえ  奴を引っ捕らまえ  松を見たまえ  罰金を出したまえ  一遍やって見たまえ  相談してみたまえ  仰天してつらまえ  人があろうが、考えてみたまえ  かいよっく見てみたまえ  下宿へ来たまえ  一万尺と想ってみたまえ  娘を捕らまえ  顔を洗うまえ  二段がまえ  三段がまえ  獅子の分けまえ  ビンゼンたる分けまえ  筆をとるまえ  四五年もまえ  妻は、まえ  通信を受けとるまえ  上宮中学のまえ  二股かけて踏んまえ  貪慾のまえ  半つきほどまえ  三国神社のまえ  多喜のまえ  長火鉢のまえ  静にして居たまえ  法律のまえ  仕事は、まえ  日のまえ  ことは、まえ  憲法は、まえ  からだをまえ  自分の名まえ  けいこのまえ  毛布をかぶって寝るまえ  俺たちが襲うまえ  神に祷るまえ  虚勢を張ったてまえ  役目のてまえ  恩浴を垂れたまえ  のは当りまえ  恥を知るまえ  新橋駅のまえ  それから駅のまえ  写真にいれてもらうまえ  男爵のまえ  実験してみたまえ  お話のまえ  客間のまえ  翌日、まえ  ナガサキのまえ  今夜かぎり、てまえ  覚悟のまえ  諸侯列座のまえ  創造のまえ  呂布のまえ  温言のてまえ  怒りに過ぎませんが、てまえ  本船のまえ  半月ほどまえ  ノオとか、言ってくれたら、すぐ、ひっつかまえ  みなのまえ  息をひきとるまえ  庄吉のまえ  女のまえ  墓地をまえ  顔をしないでくれたまえ  運動に名まえ  小生の名まえ  私が名まえ  放漫に名まえ  ことなく名まえ  冗談は止めたまえ  今朝、てまえ  中軍へ、てまえ  かえる一寸まえ  紐を、まえ  私を見出して呉れるまえ  大石軍曹は何とのうそわそわして、ただ、まえ  方へ、まえ  これを、まえ  子どもたちのまえ  平和に治めたまえ  袁紹も、持ちまえ  ところを見せたまえ  大将のまえ  吉平のまえ  参考として、まえ  麦倉邸のまえ  郊外でね、そうしたまえ  二十年くらいまえ  杉山平助氏が、まえ  お爺さんがきちんとした分けまえ  ようにまえ  心配はいりません、てまえ  お母さまが殺されるまえ  四年ほどまえ  一月ほどまえ  のは、まえ  ゆっくりしていたまえ  ここで手伝ってくれないか、そうしたまえ  から君一つ聞いて見たまえ  耳をつけて聞いて見たまえ  上を見たまえ  あれを見たまえ  上へ乗り出して見たまえ  天気だぜ、見たまえ  駒のまえ  関羽のまえ  前、てまえ  心がかりなので、とりあえず、てまえ  双方戦いは止めたまえ  命を奉じたまえ  出来損いではございますが、てまえ  周倉からてまえ  周倉のまえ  日は、てまえ  張飛のまえ  ために告げたまえ  計を立てるまえ  教示を垂れたまえ  グリイン氏のまえ  お前のまえ  守のまえ  幸せとを与えたまえ  新田先生のまえ  窓ガラスをよく見たまえ  首相モンモンが、まえ  良人の出るまえ  蘇飛がてまえ  今日、てまえ  賓客のてまえ  それ故に、てまえ  不才ながら、てまえ  結局このまえ  告白している、とまえ  壁辰親分のまえ  山城守のまえ  絃のまえ  客のまえ  奉行様のまえ  襖のまえ  殿様のまえ  あなたさまのまえ  床の間のまえ  ほうが当りまえ  ようにしたまえ  彼の持ちまえ  此処に置いてくれたまえ  ぎよくそれがしにお首を授けたまえ  我軍のまえ  将軍とてまえ  のですが、てまえ  雄弁のまえ  咽喉のまえ  一番てまえ  店がまえ  表がまえ  予のまえ  洞門のてまえ  李恢のまえ  催しあそばしたので、てまえ  曹操のまえ  満喫するなら、てまえ  ひとつこう出て見たまえ  気質はてまえ  賢察を垂れたまえ  禁門に入るまえ  馬忠のまえ  蜀帝のまえ  敵を破るまえ  ここに居たまえ  憐れみを寄せたまえ  青木は持ちまえ  写真を撮るまえ  仏壇のまえ  これを読んでみたまえ  解決しようかと考えるまえ  孔明のまえ  何分にも、てまえ  それがてまえ  あそこを見たまえ  人選をしたまえ  さまは、すっかりおびえて、そのまえ  のが立てまえ  風呂敷かえしたまえ  ほうでは、そのまえ  山中貞雄の名まえ  話をつづけたまえ  ところへ逃げたまえ  から来春植えてみたまえ  答をするまえ  今から少しまえ  到着するまえ  何か答えようとするまえ  快感につれてまえ  それよりまえ  去年広田先生がこのまえ  ちょっと見たまえ  広田先生を見たまえ  野々宮さんを見たまえ  里見恭助君を見たまえ  与次郎はまえ  二十年ばかりまえ  きょう夢を見るまえ  幕になる少しまえ  容体を聞かせたまえ  ッて、見たまえ  主人につけたなまえ  家の焼けるまえ  夕食のまえ  紳士には、まえ  こんどは、まえ  私のまえ  一札を入れたまえ  五十年もまえ  是非もう一度受けて見たまえ  籠を見たまえ  あなたのまえ  丁坊のまえ  自由にするまえ  これを見たまえ  逐出を懸けたまえ  伝をふんづかまえ  もっと詳しく尋ねて見たまえ  誰か、まえ  誰のまえ  店舗のまえ  提灯やのまえ  二十年ほどまえ  店の名まえ  学校のまえ  三味線をひき、そのまえ  火のまえ  わたしのまえ  門のまえ  のをまえ  そばやのまえ  氷屋のまえ  うちのまえ  鳥居のまえ  お話しするまえ  ロオブを着て死んでいたら、腐るまえ  給仕頭をとらまえ  そのまま民子が泣きやんでしまえ  首っ玉つらまえ  主よ、恵ませたまえ  自分にあたったらどうしよう、このまえ  時、その少しまえ  火が来るまえ  ぐらしに当りまえ  母のまえ  幹が押しあってならんでいて、まえ  ひとりひとり、名まえ  ほら穴のまえ  ぶんのまえ  お上人さまのまえ  仕置柱のまえ  数寄屋がまえ  宿屋はあるまえ  酋長のまえ  腰を下したまえ  僕たちは、このまえ  売店のまえ  銀行員のまえ  眉をあげて、それでもまえ  カランのまえ  気がまえ  小説は余程まえ  百年もまえ  急に持ちまえ  神といえば、見たまえ  おまえさん、行くまえ  うちまで行き着くまえ  おっかあはまえ  わたしたちの出かけるまえ  ひまを取るまえ  さるはまえ  わたしはまえ  子どもをおびえさせまいと思って、まえ  横になるまえ  親方がまえ  ふぶきの来るまえ  雪の降るまえ  朝わたしが起き出すまえ  上に落ちて、まえ  めぐりでまえ  毎朝出て行くまえ  先程お部屋へ入るまえ  鵜島はあのまえ  部屋に来て、出かけるまえ  返事をするまえ  キッスするまえ  誕生日をむかえるすこしまえ  開業するまえ  それをまえ  十五分ほどまえ  あらしの来るまえ  あらしの起こるまえ  ひょうの降るまえ  悲しみをまえ  旅を始めるまえ  ぼくはこのまえ  シャヴァノンに着くまえ  六時すこしまえ  てっぺんに行き着くまえ  死ぬなら、そのまえ  わたしたちがまえ  晩ねに行くまえ  マンデに着くまえ  相談を始めるまえ  獣医が来るまえ  村にはいるまえ  雌牛よりずっとまえ  きみ、早くかくれたまえ  わたしはしかし行くまえ  オテル・デュ・カンタルへ行くまえ  人はもうよほどまえ  七時すこしまえ  夫の亡くなるまえ  席に着くまえ  ドアを開けたまえ  のを見て、まえ  わたしたちはそのまえ  わたしがまえ  晩日のくれかかるまえ  勘定していたまえ  旅路にたつまえ  月ほどまえ  先におよめに来るまえ  六週間わたしたちよりまえ  そこへ掛けたまえ  人を見たまえ  露をかけて見たまえ  高柳君をつらまえ  中野君からつらまえ  五つ紋をつらまえ  一つやって見たまえ  十五分辛棒していたまえ  看病してあげたまえ  暇、助けたまえ  記念碑のまえ  二万年ほどまえ  カウンターのすぐまえ  ドアのすぐまえ  グラナーダのまえ  過去も、そのまたまえ  棚のまえ  フードのまえ  一時間ほどまえ  あとから彼のまえ  ウールワースのまえ  バリ島に住んでいて、そのまえ  オーストラリア、そしてそのまえ  周辺、そしてさらにそのまえ  民家のまえ  なんのまえ  食事のまえ  来遊したまえ  メイグレ帽子店にやって調べさせてくれたまえ  扉のまえ  鍵を呉れたまえ  案内して呉れたまえ  往ってくれたまえ  ように、まえ  ガラス戸のまえ  劇場のまえ  茶屋のまえ  幽霊の出るまえ  台所のまえ  格子のまえ  墓のまえ  火鉢のまえ  料理店のまえ  城のまえ  腕をまえ  両手をまえ  銃剣肩に、まっすぐにまえ  煙草屋のまえ  ここで乗って見たまえ  顛り返る、そら見たまえ  テエブルのまえ  愛情のまえ  四人のすぐまえ  火事のまえ  つもりになろうと思っていると、まもなくまた、まえ  敏子は、持ちまえ  ゆっくり歩こう、と持ちまえ  とあるホテルのまえ  人のまえ  いま眼のまえ  療養院のまえ  わたしをふんづかまえ  執権のまえ  傍聴するかまえ  馬方人足でもとっつかまえ  日野俊基、まえ  俊基のまえ  高氏のまえ  石禅師のまえ  大事とならぬまえ  多量生産して売って見たまえ  覆面を外してみたまえ  生活を踏んまえ  駅のまえ  厄にでもお遭いなされたら、てまえ  妻もさように申しますし、てまえ  地へ出るまで、てまえ  そこへなら、てまえ  長屋のてまえ  歴々のまえ  中務省のまえ  土饅頭のまえ  怒りあって、やにわに、てまえ  勘当すると仰せられ、てまえ  帰参は、てまえ  舞台にのぼるまえ  弾丸でけずられてみたまえ  者をおかせたまえ  からそうしたまえ  側に行ってくれたまえ  机のまえ  事を行うまえ  みんな編輯長室のまえ  百日くらいまえ  あなたの名まえ  キャップが来るぞと、まえ  様のまえ  新宿駅のまえ  新作読むまえ  席を占めて、もちまえ  柵のまえ  人達のまえ  左様、てまえ  岩壁像のまえ  中納言藤房のまえ  もと寄るまえ  経唐櫃のまえ  同調するたてまえ  位につき給うまえ  何か持ちまえ  床几のまえ  十年もまえ  筑波でも立てまえ  お立ちのまえ  青年期をまえ  笠置挙兵のまえ  一樹のまえ  ものてまえ  大言のてまえ  盟約のてまえ  七本松橋とか、そういうなつかしい名まえ  経験をも書いてみようと思っていたし、すこしまえ  卓のまえ  小屋のまえ  二日ほどまえ  これはてまえ  白龍はてまえ  酢明神のまえ  すえ、初めて、てまえ  かねがねてまえ  人になるまえ  それよりもずっとまえ  三百年もまえ  節供のまえ  山奥まで出かけるまえ  八百何十年もまえ  八百年もまえ  鬼酸漿という名まえ  千五百年もまえ  冬にはいるまえ  一つになり、したがって名まえ  全国諸処にあるが、名まえ  ような名まえ  ために名まえ  普及するよりもまえ  芳のてまえ  二町ばかりてまえ  家主が来るまえ  世話をしたと言ったまででは、極々当りまえ  拾い物が、そんなおよろこびをいただくとは、てまえ  正季をまえ  軍令奉書をまえ  それに、てまえ  場所を、てまえ  迷い子になると、てまえ  時親のまえ  不審なら、てまえ  高氏へ申し出るまえ  矢作を立つまえ  側になってみたまえ  土橋のてまえ  八百屋のまえ  火鉢をまえ  電燈を消すまえ  これよりもまえ  ここには、まえ  棚があり、まえ  戸のまえ  爆発が起こるまえ  殺人事件の起こるまえ  ことはできなかったが、そのすこしまえ  お客のまえ  蜂矢探偵は、持ちまえ  上野駅のまえ  三上山、そのてまえ  足利軍のまえ  神殿のまえ  重畳をまえ  あれかしと、てまえ  小袋坂をまえ  姿のまえ  滅亡は、てまえ  ただいま、てまえ  敵中へ馳せ入るまえ  オウムさんのまえ  黄金をまえ  家々のまえ  七のまえ  土地の分けまえ  拝殿のまえ  豪語を吐いたてまえ  勝者との、分けまえ  六角のてまえ  牛車のまえ  ように、持ちまえ  鍛冶屋のまえ  社のまえ  お歴々を取っつかまえ  久我のまえ  みなの来るまえ  一ヵ月ほどまえ  瓦斯煖炉のまえ  葵のまえ  底を浚って見たまえ  膳のまえ  石置き場のまえ  土蔵のまえ  二人のまえ  横六畳で、まえ  葬列の着くまえ  座敷のまえ  市之助のまえ  主人のまえ  ことは当りまえ  かく面がまえ  橋番小屋のまえ  観世物小屋のまえ  行燈のまえ  今から半月ほどまえ  白昼諸人のまえ  寺のまえ  旅籠屋のまえ  腕ずくで取っつかまえ  式部のまえ  行者のまえ  唐櫃のまえ  自身番のまえ  ところへ、てまえ  河内屋のまえ  躊躇していると、まえ  尊氏のまえ  祖霊のまえ  西へ越え行かれましたが、てまえ  辺を踏んまえ  肌身に秘めるやいな、てまえ  一刻もはやくと、てまえ  臣のてまえ  軍紀のてまえ  瓦屋のまえ  男のまえ  神のまえ  澹山のまえ  夕立は降るまえ  蔵のまえ  大勢のまえ  惣八のまえ  炉のまえ  詮議したが、まえ  若い人形使いのまえ  長火鉢をまえ  仏のまえ  位牌のまえ  兄さんのまえ  番頭のまえ  灯のまえ  門がまえ  客火鉢のまえ  亡骸のまえ  行灯のまえ  軍をまえ  大兵のまえ  迎い火の煙りのまえ  仮定したまえ  先日てまえ  正成のまえ  自然のまえ  若い女たちのまえ  藤吉の見ているまえ  敵のまえ  辞せずのつらがまえ  正月三日から四条畷をまえ  寺門のまえ  覚一のすぐまえ  のが、てまえ  これはしばらくまえ  荷車挽きをつらまえ  挨拶もなく、いきなりふんづかまえ  時、取っつかまえ  者たちのまえ  から取っつかまえ  人々のまえ  一節は、このまえ  他人を怨むまえ  裏門のまえ  計画のまえ  狂太郎のまえ  辻川博士はまえ  じい面がまえ  西城川に投げたまえ  勝手に読んで見たまえ  言葉尻をとらまえ  留守をねらって取っつかまえ  序戦のまえ  織田信長のまえ  一寺院のまえ  家ですが、てまえ  我慢してくれたまえ  彼は悲しむまえ  お客さまたちのまえ  お守り袋がついていて、それに名まえ  ように、飲みがまえ  尾行してみたまえ  足下に踏んまえ  なつたんぢやあるまえ  尊敬したまえ  真向から直視したまえ  神よ助けたまえ  代わりに言ってくれたまえ  それを放したまえ  帝国ホテルのまえ  料亭のまえ  帝劇のまえ  新富座のまえ  ひとつきほどまえ  多喜二的身がまえ  鏡台のまえ  仕事机のまえ  人は、そのまえ  人の、まえ  結婚のまえ  杯をあげてくれたまえ  活動を見てみたまえ  うち明けて言ってくれたまえ  先を見たまえ  決定を与えてもらいたいと言ってくれたまえ  明日になってみたまえ  彼を取っつかまえ  ことで、踏んまえ  問題をつらまえ  伝記物語を読むまえ  神さまの名まえ  お母さんのまえ  わしにたいして、まえ  諭吉のうでまえ  諭吉は、まえ  四か月ほどまえ  役所へでかけるまえ  役目は、まえ  諭吉は、そのまえ  きみのまえ  のなら、そのまえ  福沢諭吉の名まえ  そこだったら、まえ  目小僧という名まえ  王子はそのまえ  新聞を見せたまえ  銘記したまえ  死を迎えるまえ  後ろからだかまえ  菊のまえ  水槽のまえ  檻のまえ  下宿のまえ  命を助けたまえ  交渉のまえ  直観を信じたまえ  襟クビふんづかまえ  君、来たまえ  防火扉を締めるまえ  防火扉のまえ  ぜんのまえ  芝居の建てまえ  寝台のまえ  足が立って、まえ  神さまのまえ  むちも二本もちだして来て、まえ  金を溜めたまえ  哀れやめたまえ  月のまえ  体をまえ  私はまえ  今宵祈って一目見せたまえ  芹川さんは、まえ  二三丁てまえ  十日ほどまえ  かい女のまえ  雪に対して、まえ  家臣のまえ  方太太は当りまえ  迫力のまえ  惣七のまえ  高のまえ  せい様のまえ  台所へ上がるまえ  用人部屋のまえ  磯屋のまえ  半年ほどまえ  龍造寺主計は、そのまえ  おやじのまえ  碑のまえ  わけはなかったと気がついて、いきなり名まえ  膝のまえ  松屋惣七のまえ  影が、まえ  掛川へ行くまえ  のが、まえ  磯五のまえ  顔いろをかえて進み出てきたが、そのまえ  それに答えるまえ  自家のまえ  経机をまえ  学童たちのまえ  京阪へ行くまえ  日本一太郎のまえ  女の名まえ  美代のまえ  発足するまえ  間口のまえ  章子をつらまえ  あれを書くまえ  三人のまえ  松浦が、もちまえ  表情を次第にゆるめて、もちまえ  すべて四年もまえ  茅ぶき堂のまえ  それを開けて見たまえ  腹がまえ  別れのまえ  人間同志、互いに持ちまえ  婚約するまえ  朝一寸知らして呉れたまえ  眼をまえ  お腹もたちましょうが、どうかてまえ  堪忍でございます、どうかてまえ  それにつきまして、てまえ  若いものつらまえ  うたで、今更帰るにも帰れまえ  像のまえ  ぶん古い名まえ  さくのまえ  ぶんがまえ  人の名まえ  墓にいらざるまえ  ますが、てまえ  お祭りのまえ  ステツレルに嫁ぐまえ  別荘のまえ  渡しのまえ  俺たちのまえ  成座敷のまえ  由良のまえ  菱川だけは、そのまえ  一座のまえ  倉だから、まえ  御前のまえ  ときかれのまえ  三人そのまえ  お茶屋さんのまえ  小倉のまえ  千代三郎のまえ  女房のまえ  ッきりかれのまえ  湯屋のまえ  わが家のまえ  二時間ばかりまえ  吉沢にわたし、そのまえ  由良はそのまえ  小倉がすぐそのまえ  三浦がそのまえ  お前は、じゃァ、ずっとまえ  のは、悪くすると突然ふんづかまえ  神よ、めぐませたまえ  憐みたまえ  唯物弁証法をたてまえ  ことをたてまえ  ところを問うに、また、まえ  議事堂のまえ  力を貸して呉れたまえ  手を貸して呉れたまえ  扉を開いて見たまえ  旗艦へつれていって呉れたまえ  夕食の少しまえ  中学校のまえ  仲間のまえ  観光シーズンのまえ  腰をまえ  さをまえ  ハチミよりまえ  外出するまえ  自宅を出るまえ  ハチミのまえ  妊娠するまえ  結婚するまえ  ふたりのまえ  ここにまえ  中傷しようとするしたがまえ  縁側のまえ  役場のまえ  遊びしたまえ  組に入れたまえ  夫人に届けたまえ  疑問をつらまえ  酒棚のまえ  首ねっこをつらまえ  機嫌を悪くし、もちまえ  家に住んでいても、もちまえ  若い連中の名まえ  一つの名まえ  父親と話していたが、その名まえ  幸福の分けまえ  二人の名まえ  腰抜けめ、このまえ  用心したまえ  駄々をこねたまえ  事じゃない、控えて居たまえ  一歩てまえ  牛乳車のまえ  物の数間てまえ  ここでも名まえ  とおり閣下のまえ  から問うて見たまえ  風をして来て見たまえ  此上待つにも及ぶまい、来たまえ  夫にしても遣て見るまで黙て居たまえ  首領のまえ  中華料理店のまえ  ぼくはまえ  だってね、このまえ  万国堂のまえ  結構だが、そのまえ  口をひらくまえ  翕のまえ  聖壇のまえ  貴様もおとなしくしていれば、少しはわけまえ  母様のまえ  顔でもして見たまえ  んだよ、見ていたまえ  眼をつぶってねていたまえ  ハンドルをとってくれたまえ  僕を責めてくれたまえ  安心してくれたまえ  文句をいわずに乗って見せたまえ  それじゃそうしたまえ  ところは同じだが、このまえ  左門洞に帰るまえ  富士男はまえ  元気にいきいきとやってくれたまえ  話はよしてくれたまえ  ぼくをゆるしてくれたまえ  命令してくれたまえ  ために残ってくれたまえ  心配しないでくれたまえ  晩まで待ってくれたまえ  ゴルドン君、待ってくれたまえ  みな、まえ  これを着たまえ  なかへはいってくれたまえ  これをよく見てくれたまえ  クロは、まえ  人間精神の踏んまえ  湖心寺のまえ  県署のまえ  ストーブのまえ  阿賀妻と知って、おてまえ  足で踏んまえ  小鳥のまえ  激発のまえ  王様をひっつかまえ  さ一緒に来たまえ  二年ほどまえ  ことなら遠慮なくいってくれたまえ  着物のまえ  二匹をまえ  教室では、まえ  それから鏡台のまえ  配電盤のまえ  深度計のまえ  石垣へ置いててくれたまえ  たくさんもらったら、分けまえ  おまえから昨日の分けまえ  可愛い幼子をふんずらまえ  博士は、そのまえ  試作生物にあたえた名まえ  んという名まえ  ひそかに名まえ  のがその名まえ  死刑執行のすぐまえ  博士の名まえ  だれか、ほくの名まえ  君の名まえ  一週間ほどまえ  選挙をまえ  花を捧げたまえ  帳場のまえ  料理茶屋のまえ  生垣のまえ  顔をしないで、まえ  組頭のまえ  そりゃあたりまえ  おまえさんの名まえ  わたしの名まえ  なりをかえ、まえ  人々がまえ  樽を開けて置いて呉れたまえ  赤に燃えて、そのまえ  山奥では当りまえ  檜門が、おてまえ  父上に仰せられず、わざわざてまえ  父が答えぬまえ  十兵衛に代り、てまえ  ジプシーが名まえ  あたし、まえ  袷のまえ  通り銭形のまえ  とおりにしたまえ  地べたを踏んまえ  しかしそのまえ  しかし、まえ  問題は、まえ  もののまえ  肉屋のまえ  それよりもまえ  たるのまえ  そのままたるのまえ  手はひっこめたまえ  ひとつ正気を取りもどしてみたまえ  しかし、そのまえ  のは、ひるすこしまえ  人たちの名まえ  頤のまえ  重吉の立つまえ  本文に入らぬまえ  一時間もまえ  着物のてまえ  鉄門のまえ  三吉のまえ  ボトとまえ  高坂がもちまえ  おれのまえ  はじめて出るまえ  食事をするまえ  前に立って、このまえ  自分がこのまえ  南門のまえ  板がこいがされているが、このまえ  いつか飛鳥川のまえ  僕はまえ  仏たちのまえ  旅に出るまえ  杉作が、なきだすまえ  家をたてるまえ  ょ年もそのまえ  小平さんは、そのまえ  処分は、おてまえ  父に答えるまえ  それから一軒家のてまえ  の当りまえ  ねえさんはね、まえ  苦難を与えたまえ  剣を与えたまえ  側をおてまえ  折、おてまえ  先から歩いて来ると、もうおてまえ  部下にいわれるまえ  たるにいれられるすこしまえ  美少年のまえ  精神状態のまえ  お祖母さんのまえ  従兄弟たちは、そのまえ  ちゃぶ台のまえ  次郎のまえ  ために、まえ  二日もまえ  全校児童のまえ  九時少しまえ  自分から二人のまえ  小間物屋のまえ  飾窓のまえ  指揮台のまえ  彼らのまえ  五年生のまえ  声をかけるまえ  宅にあがるまえ  お祖母さんが答えるまえ  男をとらまえ  これを読んで見たまえ  一致しておりますので、てまえ  皆さまがお訊きになりますが、てまえ  恩義のてまえ  みな、てまえ  みな去り、かくいうてまえ  恐縮ながら、てまえ  それゆえに、実はわざと、てまえ  機会が来るまえ  席のまえ  山伏先生のまえ  人のいるまえ  仙吉のまえ  内儀のまえ  父のまえ  帳簿をまえ  そのまま俊亮のまえ  実利のまえ  昨日天満宮のまえ  ピストルの打ち鳴らされぬまえ  失礼でございましたが、てまえ  小童は、おてまえ  扮装に見えるが、踏んまえ  藤六どんには、てまえ  巌流のまえ  時、てまえ  窓にもたれて、さも当りまえ  鶏の啼くまえ  久助君は、まえ  六年もまえ  新賀のまえ  意見を言うまえ  席を退くまえ  彼のすぐまえ  彼が立ちあがるまえ  僕はそのまえ  田上のまえ  意見をきくまえ  校長室のまえ  自分から言い出したてまえ  彼はまえ  茶店のまえ  左肩をまえ  メスをあてられるまえ  道江が答えるまえ  生徒たちのまえ  ようにしてまえ  血判をするまえ  言葉が終る少しまえ  教室のまえ  田上が答えるまえ  君らのまえ  鶏舎がすぐまえ  諸君のまえ  七八年もまえ  掲示板のまえ  掲示台のまえ  そこに行きつくまえ  さっき掲示台のまえ  低能だと思うまえ  次郎が答えるまえ  二時間もまえ  おいでになるまえ  諸君は手伝ってくれたまえ  俊亮のまえ  光景や、そのまえ  五六日もまえ  感想発表にしたいと思いますが、そのまえ  解散するまえ  直前に来る少しまえ  道江をまえ  教室を出るまえ  瓶を見て見たまえ  おまえさん、名まえ  低地をまえ  穴から足を抜いては、またまえ  大声をあげて尋ねてみたまえ  時農家で尋ねてみたまえ  何だ、見せたまえ  貴公だけに遣て見たまえ  今に見たまえ  万世橋を覚えたまえ  千坂殿のまえ  もっともそのまえ  ものをよく見たまえ  煙草を詰めるまえ  お祭のまえ  暖炉のまえ  顔をよくよくながめ、名まえ  部屋をかりて、名まえ  宿屋のまえ  旅館のまえ  しろ、そのまえ  連中のまえ  さっきから目のまえ  新聞をみてみたまえ  小さな宿屋のまえ  運わるく死んでみたまえ  ものか、ふんづかまえ  食卓のまえ  相談するまえ  番人だけをのこして、うでまえ  入港するまえ  船に帰るまえ  十何年もまえ  島の名まえ  船長の名まえ  作業につくまえ  仕事にかかるまえ  日本一のうでまえ  倉庫から、このまえ  ゆうべ、ねるまえ  朝飯のまえ  さのまえ  小林多喜二的身がまえ  手をはなしたまえ  一月ばかりまえ  三十分以上もまえ  謎は、このまえ  懇談にはいるまえ  自動車に乗るまえ  二週間ほどまえ  塾生がはいって来るまえ  一か月ばかりまえ  強制力にたよるまえ  問題にするまえ  空林庵に引きあげるまえ  林のまえ  要請のまえ  笑いは、まえ  願いのまえ  襲撃されたとしても、そのまえ  想像してみるまえ  扉がしまるまえ  懇親会にはいりたいと思いますが、そのまえ  方へ行くに従って低くなっていて、見たまえ  辻便所ほど貼りつけてあって、そのまえ  棺桶のまえ  数奇屋がまえ  切通しを通るまえ  樹洞のまえ  数百万年もまえ  耳を疑いながらまえ  カークのまえ  穴のまえ  本談に入るまえ  二十万年ほどまえ  われに与えたまえ  雪橋をわたるまえ  四日ほどまえ  夏のまえ  皆さんのまえ  氷河口のまえ  二階にあがって、まえ  猶予を与えたまえ  犯人なんぞをふんづかまえ  ここにいたまえ  ことには、このまえ  参加すると想って見たまえ  京都へ行って見たまえ  僕のまえ  しきを払うて助けたまえ  いいとも、読んでくれたまえ  小倉を取っつかまえ  んだか見せたまえ  チャンスだといってくれたまえ  それを雇い入れてくれたまえ  大切にしたまえ  今日こそは与えたまえ  飯一膳与えたまえ  十日もまえ  から、てまえ  二はまえ  三日ほどまえ  番町だそうで、名まえ  非役のてまえ  ことばのてまえ  一カ月ばかりまえ  とおり、てまえ  まま私のまえ  問屋がまえ  番所の名まえ  五日ほどまえ  始末がつかなくて、はるばるてまえ  五つ少しまえ  もっとも、てまえ  大黒さまは、てまえ  大黒さまがちゃんとのっかってござりますのでな、てまえ  大黒さまはてまえ  それが持ちまえ  茶坊主が立とうとしたそのまえ  しかたがない、名まえ  老職がまえ  松平伊豆守様がまえ  かたがたにはまだ耳新しい名まえ  なんでござるな、てまえ  ことはとうにてまえ  すべてはてまえ  敬四郎の名まえ  旧知の名まえ  杉弥どのめしとられたと聞いて、てまえ  役儀のてまえ  からそんな名まえ  おことば、いまさらのごとくてまえ  淡泊に出られると、てまえ  ほとほとてまえ  流しくだすって、てまえ  あいつめをてまえ  死体がてまえ  何をかくそう、てまえ  たびに相会うだけで、てまえ  奉行さまがてまえ  末長いてまえ  極度にてまえ  裏切り者のてまえ  ものか、てまえ  手に向かったと知りましたので、じゅうぶんてまえ  ひと月ほどまえ  だれからか、はからずもてまえ  てつじうら売りとなり、てまえ  きねづかに、てまえ  知恵をつけてくれましたので、てまえ  源内にもてまえ  中にてまえ  卍組刺客たちにも、てまえ  あれなるてまえ  これでてまえ  よう、てまえ  ほんとうにもう、てまえ  のがてまえ  それもてまえ  だんなは、てまえ  清吉さんはてまえ  なじみとなるまえ  から、召し取るまえ  こともねえ名まえ  ついでに名まえ  人間の名まえ  みちという名まえ  だんながたは、てまえ  そなたの名まえ  坊主の名まえ  坊主らしい名まえ  ゆえ、てっきりもうてまえ  もとはといえばてまえ  うえで、てまえ  ゆえ、てまえ  たきを見かけ、てまえ  以上は、いずれてまえ  こちらの名まえ  主の名まえ  かくもゆかしく名まえ  ようじゃが、もしてまえ  十日ほどまえにてまえ  ご存じだろうと思いまするが、てまえ  ちゃんとてまえ  だれともはっきりした名まえ  いかにてまえ  むっつり右門の名まえ  それと名まえ  下手人は、いかにもてまえ  金泥で名まえ  のがまえ  今も名まえ  またまた五雲様がまえ  囲い者になるまえ  下手人とわかって、もし召しとらわれましたならば、てまえ  ように存じましたので、てまえ  親のつけた名まえ  刻ほどまえ  あかりなとつけなくてはなおこわかろうと、てまえ  おことばならば、いかにもてまえ  上にのぼるまえ  他人の名まえ  ひとの名まえ  者の名まえ  おれの名まえ  たしかに、てまえ  注文主は名まえ  それが、さっぱりてまえ  四ツ菱屋さまからてまえ  申しまするが、てまえ  おやじのこのてまえ  ことを申しましたので、ついてまえ  今のてまえ  了見になったのでござりまするが、つまらぬてまえ  手もとにあれば、てまえ  毎晩てまえ  うえに、てまえ  ふたりのてまえ  ことも、てまえ  ふんづかまえ  椅子へかけたまえ  出府なさいましたので、まえ  もっともにござりまするが、てまえ  お供先を乱したのはてまえ  四ツ少しまえ  家内もてまえ  一日だけてまえ  ことばをかけるまえ  しだいでござりまするが、して、てまえ  耳に達したとみえ、てまえ  能面保管方をてまえ  ところ、てまえ  二十日ほどまえ  とおりてまえ  疑いをかけましたのはてまえ  それを味わうまえ  町内から町内へ自まえ  九ツ少しまえ  めがねどおりてまえ  仏がてまえ  婿となれとこんなにせがみましたんで、てまえ  魔がさしたとでも申しますか、ちょうどてまえ  こいつはてまえ  しゃる長い名まえ  暮れ六ツ少してまえ  未熟ながらてまえ  節句のまえ  とおり羽がはえて、てまえ  どこここと申さずに、てまえ  これでもうてまえ  江戸っ子かと、名まえ  ここはまえ  水いたずらはてまえ  ところを、ついてまえ  丑の時参りは、てまえ  藩の名まえ  かたは村井信濃様とかいう名まえ  わたしが見つけたほんのすぐまえ  いかほどおしかりなさいましても、てまえ  相談うけたてまえ  朝とつぜんてまえ  ちゃんとした名まえ  ようだが、出かけるまえ  おいらの名まえ  若い女の名まえ  右端がてまえ  伊達にしごいて用いるからこそ、そういう名まえ  それに染めあげるてまえ  不審はごもっとも至極、てまえ  やつら、てまえ  蘭とてまえ  腰元に、てまえ  仲になりましたなれど、てまえ  とおりこっそりとてまえ  所用がありまして、ついてまえ  秘密があばかれましたら、てまえ  文かは存じませぬが、てまえ  お嬢さんたちの名まえ  人、名まえ  君だって、名まえ  話がまえ  プラットの現れるまえ  ベッドにはいるまえ  隙間のまえ  煖炉のまえ  箱をあけるまえ  妨げになってはと存じまして、てまえ  下町女らしい名まえ  背中の名まえ  淫楽三昧でござりますのでな、さすがのてまえ  うちに、てまえ  世間のてまえ  ちゃんと所書きも名まえ  しかし、分けまえ  ひとりでも減るほど分けまえ  法衣のてまえ  三人の名まえ  四、名まえ  念を入れて洗うがだいじ、てまえ  異存ござりませねば、てまえ  中までもよく存じておりまするが、てまえ  病気にかかるまえ  ひと月もまえ  いかほどしかられましても、てまえ  特にてまえ  刀番出仕のものなら、てまえ  こともないが、てまえ  お願いでござりまするが、てまえ  それはもうてまえ  気分がすぐれぬとか申して、てまえ  ほかにまえ  お昼少しまえ  一刻ほどまえ  出席してくれたまえ  大気に入り、てまえ  里を出るまえ  当人のてまえ  駕籠屋が突然、てまえ  字のついた名まえ  喜七なる名まえ  六兵衛は、持ちまえ  六つ目玉を光らしているまえ  いずれにしてもまえ  それゆえ、うろたえて、いっそてまえ  うちからてまえ  字のつく名まえ  だんなさまも、てまえ  武家がやって来て、てまえ  けさほど駆け込んでいったは、このてまえ  かたは、なんという名まえ  あんたの名まえ  名、てまえ  歌を唄うと、まえ  おれをまえ  下がてまえ  たか知りませぬが、てまえ  寺はてまえ  のは、いかにもてまえ  月もまえ  たきのありか、かたきの名まえ  退社したものの名まえ  劇団にはいるまえ  私たちのまえ  先生ちょっと見せたまえ  病気をなおしたまえ  手術するまえ  マツ子のいるまえ  家人のいるまえ  玉座のまえ  私も、まえ  お家のまえ  甲府駅のまえ  県庁のまえ  親子のまえ  女親のまえ  巌のまえ  船を出ようとしても、そのまえ  勝負が終わらぬまえ  係官に取り調べられるまえ  個人的な分けまえ  二様の名まえ  上級生から新馬鹿マーチという名まえ  立花貞二郎などという名まえ  かたかなの名まえ  伊藤大輔という名まえ  のだ、おしえたまえ  誤解するまえ  僕に渡したまえ  それが当りまえ  事は、まえ  わしはまえ  牛はてまえ  から四十年くらいまえ  演技にかかるまえ  人の持ちまえ  九十パーセントまでは持ちまえ  科はございません、どうぞてまえ  電話をかけたまえ  ことはやめたまえ  きりにさせられるまえ  象を見たまえ  庁館がまえ  二十年ちかくまえ  ほうはなんという名まえ  これ、名まえ  おまえの名まえ  わしの名まえ  じいさんは、やっと名まえ  養家のてまえ  法規のまえ  吉宗のまえ  刑部は、もちまえ  職分のてまえ  越前守のまえ  燈火のまえ  老台を連れてゆくまえ  夜間薬品店のまえ  私のつらまえ  私をつらまえ  どこをつらまえ  二昔に近いまえ  十分でございませんでしたので、名まえ  タラシという名まえ  言葉を、まえ  外がまえ  いけがきのまえ  強盗は、まえ  みなさん、このまえ  壁を踏んまえ  今度から道場へ出たまえ  夕刊を呉れたまえ  川田さんに取次いで呉れたまえ  使命を教えたまえ  一緒に探して呉れたまえ  古着屋のまえ  のち、ちゆうまえ  気持ちでもいただく、といったてまえ  湊川決戦となるまえ  征矢のまえ  小名のまえ  歴史学徒のまえ  誌面に載るまえ  列のまえ  自称しているてまえ  少年少女たちのまえ  だって考えてもみてくれたまえ  二匹を借してくれたまえ  ものをまえ  前にはほとんど出まえ  四年もつらまえ  ありがとう、どうか帰ってくれたまえ  一人一人つらまえ  米国水兵のまえ  支那公使館のまえ  教壇のまえ  両手をつらまえ  外国人をつらまえ  俺をつらまえ  五十年ぐらいまえ  おじいさんのまえ  流石に年頃まえ  修業式のまえ  将軍のまえ  廟のまえ  喜兵衛のまえ  八百年ほどもまえ  確答するまえ  現場へ行くまえ  汽車がひくまえ  結びあわせて考えてみたまえ  これをみたまえ  いまに見たまえ  交わりは勉めずとも深かるべし、ただわが言うべきを言わしめたまえ  恕したまえ  行程をまえ  鉄道官舎のまえ  疾うに覚悟のまえ  切符が買ってあるので直ぐまえ  一日炉のまえ  観覧席のすぐまえ  各回競馬の走り出すまえ  存在のまえ  公衆のまえ  切り炉のまえ  雑沓を貫いて、まえ  何だか眼のまえ  市民のまえ  首がまえ  膳をまえ  ヴィクトリヤ停車場のまえ  車のまえ  腰を据えていたので、そのまえ  体がまえ  石造建築物のまえ  出発のまえ  まま機のまえ  背中がまえ  あいだに私たちのまえ  君のまえ  パブストのまえ  株式取引所のまえ  私達のまえ  大鏡のまえ  貸間館のまえ  脚下灯のまえ  結婚というまえ  はじめて男のまえ  自席のまえ  太陽も沈むまえ  区別されていて、まえ  誘惑のまえ  旅券係のまえ  航路をまえ  今夜おやすみになるまえ  人垣を作り、まえ  恰度二月ほどまえ  それを憤るよりもまえ  猫ちゆうまえ  白壁に照りつけ、ちゆうまえ  頭をまえ  辺りを、まえ  滑席艇に移るまえ  三段にわけてあり、まえ  風に煽られ、そのまえ  支那ホテルのまえ  記者のまえ  東洋銀行のまえ  ポール商会のまえ  それへ掛けたまえ  ゆっくり体を休めたまえ  銃剣で突刺すまえ  号は、まえ  首をぬっとまえ  帆村のまえ  戸をまえ  出航のまえ  出航のすぐまえ  帆村はまえ  そこまで探しあてるまえ  それに追いついて、再びまえ  顔をするまえ  艇から外へほうりだすまえ  上半身をまえ  すきを見て、まえ  発射されるまえ  操縦席のまえ  餓死するまえ  星の光りが消えはじめるまえ  目をこすって、まえ  かんに、すぐまえ  三根夫のすぐまえ  隊員たちの名まえ  本艇が、このまえ  テッド隊長のまえ  しろにかばってまえ  どこなんだか、はやく教えたまえ  テレビジョン塔が、まえ  三根夫は、そのまえ  一同のまえ  担架のまえ  興味を持ちまして、このまえ  



前後の言葉をピックアップ
舞え  前勘定    前々  前下り  前足  前祝  前祝い  前後ろ  前売


動詞をランダムでピックアップ
悦に入っ被けかろんず浮きでおりる茂り合い刈る生み出し啜り泣きやっかみかかえ込ま照れ殴れ申し立てる乗ずであえ蹶り当たりすすけ
形容詞をランダムでピックアップ
こきゃ良くあどけない熱い得がたかっまずしい畏れ多い早かろ妖しい鈍く婀娜っぽかっ呆気なく望まし好ましかろ哀しくひらたく甘かっ好けれきつきにぶき