「まいら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まいら[動詞]
ようぞまいら  ここへはまいら  首を討ちまいら  辞退してまいら  阿波殿、少し酔ってまいら  どこへまいら  墓へはまいら  塀をのり越えてまいら  立場となると、そうはまいら  拙者はまいら  私がまいら  辛抱が出来まいら  説明には、まいら  風にはまいら  背に負いまいら  わけにはまいら  怪人はまだまいら  十号ガスでまいら  徳を慕いまいら  庭へ出てまいら  ここへまいら  人々に心づけまいら  手紙もまいら  せわのひまいら  上野原へまいら  これへ持てまいら  そこを登ってまいら  入道に、まいら  相談してまいら  館を訪いまいら  多聞兵衛正成は、そうもまいら  参陣してまいら  んにはまいら  下知のまいら  自身、出向いてはまいら  一存でまいら  汗拭いを持てまいら  出仕してまいら  花のようにはまいら  小市がまいら  これへまいら  長老が拾いまいら  ものを持ってまいら  得心がまいら  味方にまいら  質問には触れてまいら  合点なまいら  縁者へまいら  客人はそろそろ押掛けてまいら  十分とはまいら  合点がまいら  予定通りにはまいら  そこへまいら  訳にはまいら  私は出てまいら  大和へまいら  ほうへは、まいら  ふうにもまいら  求婚者として現われてまいら  自分がまいら  私のまいら  まり宮へ近づいてまいら  中宮大夫もただ今まいら  いっしょにまいら  わけにもまいら  お里へまいら  折柄にまいら  一緒にまいら  塗り骨のまいら  千鶴子さんは時々まいら  わけにまいら  ようにはまいら  話をいたしてみましたが、やはりまいら  屋敷へまいら  一筆書き残しまいら  兄上にはまいら  ところへわざわざ押しかけてはまいら  程なら、わざわざ呼びにはまいら  顔でとついでまいら  キスをまいら  お彼岸くらいにしかまいら  法もござらぬが、ともかくも、わざわざ尋ねてまいら  なんの用でまいら  何しにまいら  心はと重ねて問いまいら  何処へまいら  国へは渡ってまいら  わたしをたずねてまいら  本人直きじきにまいら  妄りにまいら  



前後の言葉をピックアップ
毎夕  毎夜  マイヨオル  マイヨール  詣ら  参ら  参らせ  参らせる  まいらさ  参らさ


動詞をランダムでピックアップ
めぐまれ傾い住み慣れる失すれ越し取っちめる題す付けれいざなわかわもたつい割りふら習わ引きちぎれねころば下立ちたてつけ抛り見識張ら毀そ
形容詞をランダムでピックアップ
たかし辛くっ欲しく手ばや粗きさくく如何わしいこい低いいとおしい凄く目ざましかっ似つかわしゅうでかし聞きづらいけばけばしゅう多く青じろ荒っぽい