「ふるひ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふるひ[動詞]
音をふるひ  地のふるひ  葉をふるひ  清造はそのふるび  心をふるひ  一大勇猛心をふるひ  竦毛をふるひ  小説なるもののふるひ  葉をもふるひ  眼付などふるひ  一見しただけでふるひ  赤子といへどもふるひ  筆をふるひ  からだがふるひ出し、ふるひ  細かなふるひ  悲しみをふるひ  腕をふるひ  其一葉をだもふるひ  底まで青くふるひ  羽をふるひ  やうにふるひ  赤手をふるひ  蜂のふるひ  何もふるひ  木立をふるひ  汽笛はふるひ  勇氣をふるひ  へん陰欝にふるび  光波のふるひ  貨物列車のふるひ  唐鍬をふるひ  林いっぱい虻蜂のふるひ  諷爽と又猛然とふるひ  勇気をふるひ  勇をふるひ  ものを、ふるひ  幾つ出て来ても、ふるび  習癖はふるひ  力をふるひ  ますらをふるひ  手のふるひ  位こまかくふるひ  鉈をふるひ  毛をふるひ  家づくりいとふるび  中にふるひ  ブルブルッとふるひ  權勢をふるひ  邸には、赤茶けたふるび  掌にふるひ  魅せられて心のふるひ  心のふるひ  手、亦、いたくふるひ  



前後の言葉をピックアップ
古萩  古橋  フルハタ  降旗  古林  古び  古びよ  古び  旧び  古平


動詞をランダムでピックアップ
ねじ上げるにじりより据え置い潜めよ汲み感じれくわだてつれまじろが繰る切替えるかきあげ切り落とし吐き出さ盗み出すおどしつけ取り仕切ら賣れる擂る染み込み
形容詞をランダムでピックアップ
願わしい勿体なけれ懶き図太くわりなし味わい深かっ厳しくっ物々しかっ骨っぽ苦しくっこころもとないおしゅう生温く浅ましい小憎らしく奥床しき新しくっ遠けれひどううれしゅう