「ふるえる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふるえる[動詞]
ようにふるえる  陽気にふるえる  からだがふるえる  こころは憤りでふるえる  ワナワナとふるえる  ようになって、ふるえる  母親のふるえる  なにもそんなにふるえる  ために、ふるえる  私はふるえる  体ががたがたふるえる  腕が、がたがたふるえる  身うちがふるえる  体がふるえる  かすかにふるえる  女はふるえる  顔ばっかり見ながら、ふるえる  眼を閉じて、ふるえる  音響にふるえる  血の気があらわれ、ふるえる  垣を見てふるえる  わたしはふるえる  呪文をふるえる  彼女はふるえる  昂奮にふるえる  膝にふるえる  父のふるえる  一つのふるえる  様にふるえる  身体のふるえる  思い出にわなわなと打ちふるえる  胸がふるえる  腰がわなわなふるえる  香にひたりながらふるえる  言葉はふるえる  感激にふるえる  恐怖に、わなわなふるえる  鋲がふるえる  手がふるえる  サト子は、ふるえる  羽がふるえる  ように、ぶるぶるふるえる  くちばしが、ぶるぶると、ふるえる  激怒にふるえる  憐憫でふるえる  鼻腔やブルブルふるえる  友吉をにらみつけて、ふるえる  唇のふるえる  お前のはぶるぶるふるえる  今にふるえる  手をつかんで、ふるえる  王子はふるえる  つばさがぶるっとふるえる  書類はふるえる  そばへ来ると、妙にからだがふるえる  丞が、ふるえる  縞となってふるえる  身体がふるえる  小さなからだがはげくふるえる  顔色とふるえる  子はわなわなふるえる  ままワナワナとふるえる  小鳥のふるえる  袷一枚ではふるえる  ひとりでからだがふるえる  声は低く細く、いつもふるえる  水を一杯飲んでふるえる  声は、ふるえる  あとがいえなくて、ぶるぶるふるえる  拳のふるえる  肉はふるえる  音たててふるえる  彼はふるえる  槌がブルブルふるえる  マルコはふるえる  教会を見つけ出して、ふるえる  がっかりしてしまいました、そしてふるえる  迫力にふるえる  体がわなわなとふるえる  五体のわなわなとふるえる  底から歓喜にふるえる  風にふるえる  二人はふるえる  妙にふるえる  眼はふるえる  彼は、すこしふるえる  人はぶるぶるふるえる  ポロポロこぼしながらふるえる  まっさおになってとめどなくふるえる  親方とはふるえる  手足のふるえる  汽車を下りるとふるえる  辣腕をふるえる  喜びにふるえる  脚がふるえる  駒ちゃんが、はげしくふるえる  項がふるえる  蒼になってふるえる  心がふるえる  指のふるえる  まらなくなって、ぶるぶるふるえる  地面がふるえる  小さな心臓がふるえる  老人は、ふるえる  東雲のふるえる  毛を、ふるえる  手もとがふるえる  腕を組んで、ふるえる  音楽的にふるえる  同情にふるえる  唇がわなわなふるえる  位に思いながらもふるえる  指先がふるえる  時にでも思い出してもふるえる  全身がふるえる  怒りにぶるぶるふるえる  期待にふるえる  ように飛び上ると、ブルブルふるえる  緊張して、ブルブルふるえる  暁にふるえる  おだやかなふるえる  身体がひどくふるえる  弟でさえおそらくふるえる  動揺でふるえる  いっしょにふるえる  祭文を高く捧げて、ふるえる  部屋へはいると、さすがにふるえる  情熱にふるえる  耳許でふるえる  案内役ができなくなりましたので、そう言ってふるえる  まま、ふるえる  膝頭ががたがたふるえる  筆がふるえる  様子ですが、ふるえる  襟が、さめざめと、ふるえる  がまんしているらしく、ふるえる  怒りにふるえる  船体は、びりびりと、ふるえる  青二は、思いきって、ふるえる  田川は、ふるえる  乙女らしい細いやわらかいふるえる  祖母はふるえる  本能的にあとずさり、すくみ、ふるえる  髪と、ふるえる  人々がふるえる  折井もふるえる  唇がぴくぴくとふるえる  あとでふるえる  睫毛がふるえる  客間へしのびこみ、ふるえる  目は血ばしり、ふるえる  襖紙がふるえる  中でふるえる  ようで、ふるえる  方からふるえる  坑道からふるえる  そうに、ふるえる  風のそよぎにもふるえる  詩集のふるえる  ケプラーはふるえる  体のふるえる  声で言い、いきなり、ふるえる  俊夫君はふるえる  上下してそのふるえる  笑みをお浮かべになりながら、ふるえる  灯けまして、ふるえる  かおになってうるんでふるえる  手のいたくふるえる  併しそのふるえる  顔をあげ、ぶるぶるふるえる  



前後の言葉をピックアップ
ふるえあがる  古枝  フルエテ  ふるえよ  震える  ふるえ上がっ  ふるえ上がら  ふるえ上がり  ふるえ上がる  揮お


動詞をランダムでピックアップ
解き離し浮き立とはねだすけんせ滑り込またこはげますはやめよ躍りかかる立ち代っ隠せるいいあらそい踏みこたえよ掴みかかりうたぐる乗り移れ助かききいれ抜きんで
形容詞をランダムでピックアップ
おそう甲だかいうぶ貧しき腹ぐろい善いいとわし疎ましい興味深く冷たきにぎにぎし汚くっ分厚く手っとり早くすばやいけわしかろ心安かろちいさ渋かっ若けりゃ