「ふむ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふむ[動詞]
影もならんでふむ  かげをふむ  夏草をふむ  朝露をふむ  顏をふむ  気持よくふむ  中に居られたね、ふふむ  地をふむ  轍をふむ  裾をふむ  足をふむ  梯子段をふむ  わらじにふむ  虎の尾でもふむ  雲をふむ  夜露をふむ  癖のふむ  横ッ腹をふむ  宙をふむ  階段をふむ  んだをふむ  守吉が、あふむ  年順をふむ  気持になって、ふむ  頬杖をつきながら、ふむ  芳夫は、ふむ  いつしんなれば、あふむ  ムダ足をふむ  土をふむ  刄物をふむ  上をふむ  愛子は、ふむ  片を時々ふむ  石亀は向ふむ  クツでふむ  からだが、あふむ  薄氷をふむ  蹄のふむ  のにほひふふむ  翼をひろげて、あふむ  じだんだをふむ  彼のふむ  頓着なく、ふむ  砂利をふむ  気がして、ふむ  石だけはふむ  今しも向ふむ  韻をふむ  地団駄をふむ  どじをふむ  ぬかるみをふむ  泥をふむ  水車ならべてふむ  二の足をふむ  砂をふむ  ときありがたやいただいてふむ  生葡萄酒か、ふむ  一杯ついでもらいたい、ふむ  あしにふむ  縁をふむ  乾は、ふむ、ふむ  成供せんちよふむ  ツとむかふむ  風にむかふむ  牛のクソふむ  花をふむ  むゝ、ふむ  むむ、ふむ  息を切らして、あふむ  ものうれひはきえず、わづかなるつちをふむ  一歩もふむ  わけだね、ふむ  足でふむ  廊下をふむ  遠慮して向ふむ  馬糞をふむ  若葉をふむ  足あとをふむ  さよりも、ふむ  卯吉は、あふむ  夜は、ふむ  型をふむ  自転車をふむ  上衣を着て、ふむ  陸地をふむ  畳をふむ  地団駄もふむ  板廊下をふむ  十九年か、ふむ  最初のがね、ふむ  四年か、ふむ  笑つて、ふむ、ふむ  井戸端で向ふむ  房一はくるりと向ふむ  前に向ふむ  奧へ通されて待つてゐると、今向ふむ  んだふむ  ゃあるめえし、ふむ  鰌をふむ  しり畳をふむ  素足でふむ  癖に、ふむ  んか、ふむ  本田か、ふむ  足のふむ  先生少しも驚かず、何故かふむ  介が、ふむ  砂地をふむ  床板をふむ  金、そのふむ  泥路をふむ  落葉をふむ  勇士にはふむ  落ち葉をふむ  四股をふむ  雪みちをふむ  剣をふむ  ドジをふむ  足にてふむ  不調法をふむ  口をあいて見ろと云い、ふむ  皇位をふむ  手順をふむ  話もふむ  手つづきをふむ  ドジばかりふむ  新大橋がかかると、ありがたやいただいてふむ  私たち人民が、ふむ  あしを一寸ふむ  カツオ節か、ふむ  大病、ふむ  



前後の言葉をピックアップ
ふみ子  ふみ枝  ふみ江  践む  フム  踏む  不向き  フムフム  フムボルト  文室


動詞をランダムでピックアップ
あびせ渡っあやかっ捲ろ燃やさはこびこんおしきっせき上げる乗っけよ舞いあがるおどろこすげかえる苦りきら臥せり外せ落ち延びるさしあた茂り紛らわす揃えよ
形容詞をランダムでピックアップ
きざっぽ情なく妖しくこすっ辛幽い吝い未練がましい喜ばしい人恋し勿体らしい狂おしき太からえがたくほそながくあまし難かろ心強かろ多けれにくにくし鬱陶しき