「ふこ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふこ[動詞]
陀羅尼をまがふこ  それ以上ここから出してもらふこ  ひらふことの、おもふこ  要求に少しも逆ふこ  物いはふこ  いかが語らむいかが語らむ、おもふこ  路草くふこ  横暴を振ふこ  らんとおもふにねがふこ  味はふこ  手掛がないので追ふこ  後を追ふこ  わしに出させてもらふこ  直ちにうべなふこ  枯枝ぽきぽきおもふこ  行はせたまふこ  つても、振ふこ  船をやとふこ  口会たまふこ  大流に逆ふこ  矜恃がつきまとふこ  性質に負ふこ  囘想とを奪ふこ  つては疑ふこ  優雅さは疑ふこ  融通をしてもらふこ  こひねがふこ  気つかふこ  語を疑ふこ  鼻口を被ふこ  頭部を被ふこ  それを以て被ふこ  水を奪ふこ  やう取計らふこ  法衣をつくらふこ  酒などをふるまうて、へだてなく語らふこ  恋てふこ  首筋をふこ  人を疑ふこ  君死にたまふこ  恋をみならふこ  損なふこ  人々のふこ  此説疑ふこ  星はながれぬおもふこ  みんな止めてもらふこ  半分をつかふこ  添へたまふこ  朝風すずしくおもふこ  口から泡をふこ  机に向ふこ  行つてもらふこ  牙向ふこ  翁を訪れたまふこ  まま寝ちまふこ  尊厳をつくろふこ  まりそこなふこ  彼女を追ふこ  つて疑ふこ  道具としてつかふこ  出品してもらふこ  愛人をおもふこ  てゐて、疑ふこ  酒をこぼしてあわててふこ  華美にあらざれば奪ふこ  蓬左文庫に負ふこ  言葉とを疑ふこ  喰ひちがふこ  む思ふてふこ  谿谷とおもふこ  法螺でもふこ  趨勢は逆ふこ  なんちふこ  櫛をふこ  精神病者ではなかつたかと疑ふこ  注意してもらふこ  急病頓ころちふこ  言葉を疑ふこ  若い将軍家になびきしたがふこ  さ無限てふこ  願つひにしもかなふこ  「詩」を奪ふこ  他方に向ふこ  毒殺するてふこ  業をなしたまふこ  深野とかいてふこ  反逆し疑ふこ  否あらずといひ、信じてしかして疑ふこ  内部をうかがふこ  變りぬ、わが思ひわづらふこ  神の定めたまふこ  天使を愛したまふこ  者に臨みたまふこ  聖旨に逆ふこ  肉体とに負ふこ  心に思へど行きがてぬかもおもふこ  此夜ものおもふこ  人にあふこ  問ひたまふこ  世界を震ふこ  ふしでふこ  そのものとあまりにたがふこ  ざめを味はふこ  影を追ふこ  生活を奪ふこ  親切にしてもらふこ  今宵のおもふこ  大凡悩大業獣に向ふこ  



前後の言葉をピックアップ
普賢岳  普賢菩薩  不孤  吹こ  拭こ  不孝  普光寺  不幸  不公平  布告


動詞をランダムでピックアップ
誇っあやかるつくれるつりあっ吸付ける射抜きそめるきたり惚れろ減さもり立てよ鋤か垣間みるかち得よ味わえ生まれつか身まから詣であずかれるざらつい
形容詞をランダムでピックアップ
あたたかしすごくうすら寒あやうし何気なきしげいねむかっいけ好かないやわい弱かろうぶし事新し木深いつまらなから陰気臭く聞苦しい短く態とらしから遠う