「ふか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふか[動詞]
雪風にふか  風にふか  らっぱをふか  風もふか  春風にふか  芽をふか  そよ風にふか  吹雪がふか  夜風にふか  身体をふか  芽もふか  臆病風にふか  熱をふか  それがふか  三男にふか  汗もふか  エンジンをふか  貝をふか  二泡もふか  風でふか  コルネをふか  整へて、ふかりふか  五体をふか  うねり髮をふか  かい櫻がほんのりとふか  微風にふか  闇をふか  河風にふか  秋がふか  井戸がふか  寒風にふか  檜皮葺にふか  眼で追いながら、ふかりふか  瓦できっちりとふか  微風にでもふか  彼は怯えにふか  法螺もふか  夕風にふか  寒い風にふか  芽はふか  髮をふか  扉風にふか  汗が出てもふか  一緒にふか  海風にふか  煙草がふか  汗をふか  口から泡をふか  めがふか  顔をふか  裏にふか  呼笛でもふか  中から瓦斯にふか  おく病風にふか  大西風に強くふか  伯父はふか  かぜにふか  ほら貝もふか  潮風にふか  亭主風をふか  ゆっくり涼風にふか  泡をふか  川風にふか  

形容詞

~ ふか[形容詞]
秋ふか  思い出ふか  おもふか  意味ふか  しまふか  感慨ふか  山路ふか  一泡ふか  感銘ふか  さふか  まずふか  贖ふか  

~ ふか[形容詞]
夜のふか  空のふか  ぐとて空のふか  罪がふか  やうにふか  山のふか  愛着のふか  かげのふか  胸のふか  心のふか  情のふか  怨みのふか  仏教のふか  瞳のふか  谷のふか  闇のふか  叢のふか  認識のふか  蒼天のふか  心境のふか  思慮のふか  根のふか  詩趣のふか  底のふか  意味のふか  歓喜のふか  

ふか[形容詞]
ふかさ  ふかみ  ふかそう  ふか察し  ふか何  ふか下品  ふかよはい  

名詞

ふか[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ふかうしてあついあついお茶がある  ふかやさめがつきあたってる  ふかやさめがつきあたり  ふかはに前屋敷があり  ふかぶかした  ふかを比べて見てもらはうと思ふ  ふかのやうに疳高い金切り声を挙げる  ふかと思ふと  ふかからしめた  フカやマグロとは胴体の太さがちがうね  ふかしたしん粉をもって来てくれて  ふかの油をしぼる  ふかもよくつれた  ふかの油を入れ  ふかの油を入れる  ふかもたくさんいたが  ふかなしみよ墓に入るごとくかへりて眠る  ふかのやうに目を剥いてゐたが  ふかした芋をたべたいと思ひ  ふかと思はれてゐた  ふかした粒がぽつぽつと並べて植え付けてあった  ふかの如き概を示してゐる  ふかのひれとなり  ふかと訊かれると  フカのようによく眠る  ふかし芋もある  ふかしたのを運んできてくれた  ふかほ鳥の顔に見えつつ  フカの餌食になる  ふかなこの人をお見忘れになったでしょうか  ふかといふと  ふかに息を詰めて歩いて  ふかな手づくりの葡萄の酒を君に強ひ  ふかも知れませんよ  ふかなしき航海船四男はしみじみとおのが青春を掌にとり  プカという魔物が彼の後に来て  プカの頭には長い角が生えていました  プカに向って云いました  プカが返事をしました  プカに申しました  プカは足で三度地面を踏み鳴らしました  プカと笛吹きとが入って行くと  プカは答えました  プカが笛吹きに  プカは笛吹きに  プカが笛吹きに命じました  プカの背中に来た  プカは間もなくダンモーアに着きました  ふかなと考へ込んだりしたが  ふかし芋は口にしなかった  ふかに過ぎもゆくをすとめすとはかさなりて  ふかくれ埋れてゐる  ふかた蒸気船より帰る  ふかでを負いながらも  

~ ふか[名詞]1
夜のふか  地球へも飛んでくるふか  中のふかや  莊太郎と話しふか  弱味をねらふかの  柔くふか  邪魔にならふか  風のふか  おせんべにするふか  めやふかの  かめやふかの  方はふかの  巨大なふかの  家を持つてふか  物をくふかの  糯米のふか  うちがふかと  イモのふか  野辺に鳴くてふか  私たち二人はフカの  遊び戯れているフカの  孟宗竹のふか  笛吹きはプカに  不思議さはふか  握り飯やふか  なさけもふかに  生涯のふかでを  わたつみのふか  

~ ふか[名詞]2
一層ふか  このふか  うといふか  よくふか  今にもプカ  たといふか  ういふか  

複合名詞
違ふから  歌ふかはり  云ふか  合ふか  仕舞ふか  ふから貰  酔ふから  うたふか  喰ふから紙袋  害ふか  ゆふか  落葉ふか  ふから時計  ふから  酔ふか  狂ふから  ふかたち  違ふか  言ふから  言ふか  興ふかげ  ふから鳥打  ふから待合  ふかしたて  云ふから何  夏ふか  逢ふから  食ふか  紛ふか  鶏ノタグヒハマツシグラナニヲ叫ブカ  給ふか  危ふからずし  云ふから下手  俺一つ歌ふか  年中笑ふか  使ふか  了ふから  通ふか  逢ふか  乞ふか  フカフカ  雇ふか里  ふから拵  ふかあすか  ふから給仕風  ふから汽車  扱ふか  適ふから  言ふから大変  ふか筆  云ふから一度  云ふから  かに買ふからこっち  ふから十五  買ふから  使ふから  風ふかむ  切つて了ふか  間違ふか  了ふか  つて了ふから  夏ふかむ  ふから右側  哀れみ給ふか  支払ふか  夕ぐれふか草  山ふか  慈悲ふかげ  知ラザル者ト言フガ如シ  合ふかしら  遇ふか  つて仕舞ふか  ふか夫  嫌ふか  想ふか  の似合ふか  ふか川  云ふから流石  喰ふか喰  フカフカ口  行ふから  位違ふか  玉ふか  ほやほやふかしたて  歌ふか  ふから渡つて  風ふか  あはれふか  罪ふか  給ふか否  笑ふか  物乞ふかたち怒り悲しみ恐れ  爭ふかたち猿  補ふか  云ふか否  ふからぷるぷるぷるぷる一ぴき  飛ブガ如シ  人類ニ與ヘタル人權ナリト云フガ如キ愚論  爭フガ如キハ資本  本旨ハ人道主義ト云フガ如キ合理的命題ナリ  命題ニ代フルニ人間自決主義ト云フガ如キ笑倒  飮食ニ後レテ飮食スト云フガ如ク  云フカ  支那本部併合ニ報謝スベシト云フカ  貰ふか  取扱ふか  云ふから今度  洗ふか  つて言ふから  貰ふから  拾ふか  買ふか  言ふから變ぢ  人がわらふか  叶ふか  ぴつたり合ふか  云ふから仕方  謂ふか  ふから女  ふから工夫  ふから弟  合ふか何  ふから祭り  つて云ふから  習ふか  百戦危ふからざらん  構ふか  云ふから私  云ふから家来  云ふから餞別  云ふから二三日世話  云ふから一首作つて  云ふから韻字  云ふかつて云  誓ふから  ふから私  違ふから仕方  想ふから  問ふか  ふから返事  ちやふから  會ふか  ゆふかげ  迷ふから  争ふか  云ふか云  喰ふかたち  払ふか  嗤ふか  飼ふか  橋向ふから帰つて  生意気云ふか  何かしら意味ふかげ  違ふから風邪  従ふから  會ふから手頼り  ふから先刻  ふから陽  ふから駄目  言ふか名  沢山使ふから  澤山使ふから  振舞ふから  ふからお母様  憩ふか  あやふかりき  ふかおい  といふか党  云ふから百足  仕舞ふから一文半銭自分  云ふから大使館  つて襲ふかとも  食ふか食  云ふから十五  絢ふから  夢ふかげ  食ふから  歸つて了ふか  帰つて了ふか  出逢ふか  競ふか  フカセ釣り  フカセ  蔽ふかぐろ  ふから提灯  喰ふから  叶ふか叶  拾ふから  ふから屑屋  ふから一杯荷馬車  ふから田植  ふかみどり  朝空ふか  興味ふか  一人となり秋ふかむみち  ふかつり道具  ふかつり  ふか数十尾  ふか千尾  給ふか貴女  フカシ  慾ふかども  ふから彼  ふから来  喰ふか  違ふかナア  会ふか  あらむ鏡とり能ふかぎりのさまざまの顔  かな鏡とり能ふかぎりのさまざまの顔  みんな言つて了ふか  ふかむ  笑ふから  違ふから時  ふから荷  仕舞ふから  扱ふから  かぜふか  払つて貰ふから  つて救ふか  行ふから旧来  拂ふから荷物  ふから養子  危ふからん  逐ふか  逢ふか分り  云ふから余  フォーアふかしたて  秋はやふか  損ふから  ふから蜒々  ふから一列  貰ふから大丈夫  貰ふから夜  似合ふか  戰ふか  手傳ふか  似合ふかしら  竹の台らんぷが  謂ふから  能ふか  買ふから八百長  言ふから不可  合ふから  ふから人力車  ふかなほ  問ふから  伴ふか  候ふか  侯ふか  フカシたて  ちかふからち  ふから占  ふから贖  あきとふから顎  慕ふか  言ふか信用  言ふか恋愛  添ふかげ  ふから上つて  似合ふから  あざみ給ふか我君  ふかいかんげき  厭ふか  遭ふか  ふから武装  払ふから  ふから三四人  ふから七八人  いつ逢ふか  ぷかー  遇ふから  ふから心配  嫌ふから  ふかお世話  慾ふか  咲ふか  一服ふか  笑ふかしら  終ふか  云ふかたち  フカレテ  会ふからつて  ふか琴  ふさふか  こと言ふか  たまふか  ふか酒  手伝ふから  言ふかひなさ  言ふから今  さし舞ふか  多く使ふか  似合ふか似合  ふから帆掛船  ふから俺様  貰ふか毎日  秋ふか  山路ふか  プカさん  云ふから刮目  ふか川要橋  ふから二人  がきらふから  ふから又坂ぢ  危ふか  興味ふかげ  ふから親切  装ふか  合ふか奈何  つて云ふからおれ  損ふか  ふから祖母  云ふからこちら  ふから男  大向ふから  使ふから何  遭ふから節度  笑ふかつて言  払ふから品物  立合つて貰ふから  支払ふから  感慨ふかげ  一泡ふか  ふからボロボロ  上一言云ふか  ふから白熊  ふから狐  貰ふかはり  願ふから  云ふかツ  ふから頭  言ふか言  ふかシテ  夜ふか  生命危ふか  使ふか理由  ツテ右ネヂノ方向デアツタト思フガ確カデナイ  匂ふか  迷ふか  害ふか殺し  舞ふから  ふから足  其諷誦法うたふか  ゆうかげ草ゆふかげ草  ゆふかげ草  あらふか  舞ふか  贖ふか  九三かぜふかむとす  二一かぜふかむとぞ  あざ笑ふか  云ふから現在人民  云ふから木  云ふか千年振り  云ふから非常  行つて了ふかナア  湛フガ如シ  おとといふか  云ふから何れ  從ふから  雪ふか  霜ふか  ふからさ  



前後の言葉をピックアップ
ふか  付加  不可  負荷  葺か  ふか  附加    深編笠  不快


動詞をランダムでピックアップ
吸取り引離さ遇っ入りまじっはやし立て釣出す捕らえろくいとめよ害すれなめさ頑張こきつかっ量ん思い直せ踏み倒せおとし入れやっかみ封ずじんどっ
形容詞をランダムでピックアップ
太うにくく事々しく物憂く目出度うか弱く難し良くっ素晴らしく耳遠いむつかし口うるさい目ざましかっ憎々しい等しく余儀なきにつかわしくなれなれしゅう暖かしなめく