「ひる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ひる[動詞]
約束を暗に強ひる  副業雨降りしぶくひる  往来もひる  店のひる  みどりをひる  屁をひる  夢幻におそわれつつひる  へんぽんとひる  僕はひる  三段飛びをしたり、ひる  露おき露のひる  わしもおひる  コルマックはひる  隅にかたまっておひる  隔日ぐらゐに来ておひる  お月さまが、ひる  滑稽感を強ひる  かい髪の毛はひる  がたをひる  僕はいささかひる  退座を強ひる  それからよるもひる  グルグルグルグル巡視をして、おひる  曲線みなそこのひる  臍にこもりひる  なのはなやめるはひる  五日めのひる  床あり、ひる  旗がひる  馬道へはひる  空気は、ひる  らやひる  験としては若ひる  てゐたら、若ひる  それはちょうど、おひる  四月二十四日のひる  おきをして、といってもかれこれひる  子供がひる  安心して、おひる  青空がひる  情感をひる  却つて不自由を強ひる  日が照ろうが、よるといわず、ひる  翌日おひる  活動にはひる  挙国一致などを強ひる  人のひる  盜人のひる  甲吉、ひる  のだけれど、ひる  岡本さん、おひる  幕はひる  ときはもうおひる  平気を強ひる  眼にはひる  なかへはひる  署長室へはひる  城内へはひる  城門をはひる  石家荘にはひる  ちよつとはひる  門をはひる  くせ中へはひる  病院なんかへはひる  金がはひる  ところどころにはひる  三つにわかれてはひる  日はひる  三十年のひる  左手へはひる  日のひる  右手にはひる  今年中学へはひる  一見熱情的にも見ゆるが、ひる  一あし水にはひる  前者は深くはひる  天國へはひる  驅つてはひる  つてはひる  峽間にはひる  がま、ひる  から、ひる  私がひる  二十八日のひる  標本がとれるならひる  何かを強ひる  中へはひる  二つはひる  床へはひる  国旗がひる  湯にはひる  三味線のはひる  癖がはひる  船へはどうしてもはひる  奥へはひる  腹へはひる  最後にして、ひる  こないだおひる  からいっそおひる  耳にはひる  伝え通り、ひる  ミーロはひる  いふ伝統を強ひる  なかにはひる  かごをいただいて、まいにち、ひる  今日こそおひる  夜は早くて、ひる  けふのひる  混雜してはひる  ばやと思ひつつ、徒然なるひる  林太郎や、おひる  あいだにすわって、おひる  林太郎はおひる  虫をひろったりしてひる  勢でひる  ゴーシュはひる  あかりに青じろくはねをひる  翅をひる  月の光に銀色にひる  ぢゃ、ひる  のじゃ、ひる  奥様が、おひる  月奥様はおひる  前は御ひる  私は、おひる  中から書ぬきをして御ひる  気持は御ひる  領分にはひる  林町へ行き、おひる  久しぶり、おひる  翌日のおひる  勢いを増して、ひる  上草に寝てひる  善人、ひる  夏目は強ひる  ぞうさんは、おひる  葉をひる  天国にはひる  事実上天国にはひる  門からはひる  僕は、おひる  うちに、おひる  猫がひる  一機づゝゆらりと翼をひる  裾がひる  身をひる  部屋にはひる  仲間にはひる  二三人はひる  云つてから部屋にはひる  何してそんなにひる  鉄棒にとりついたりいろいろ遊んでひる  一生けん命すきをねらってはひる  上でひる  やうにひる  裾のひる  奥にはひる  命令にひる  宿にはひる  時は、もうひる  のはもうひる  裳をひる  反旗をひる  私達がはひる  眠りにはひる  数へはひる  私はおひる  時はひる  山にはひる  彼のはひる  書換を強ひる  同行を強ひる  對者を強ひる  たこがひる  たぬきがひる  朝もひる  虎猫が、ひる  始末を強ひる  空がひる  惚目なり、おひる  女達を愛して見た、ひる  中にはひる  暇が少ないひる  戸を開けてはひる  朝からおひる  範囲にはひる  翼賛会にはひる  中学にはひる  月々はひる  たっぷりおひる  元日のひる  それから奥へはひる  ものですからひる  今日はね、おひる  なまけものがひる  ページをひる  感化院にはひる  一段落というそのひる  一段落といふそのひる  裏をひる  炊事場にはひる  二人で、おひる  諸子よ、ひる  土曜日のひる  彼はおひる  ときどきしくりあげながら、ひる  六門をはひる  のものを、ひる  一鄭門にはひる  それへはひる  詩論にまではひる  木陰にはひる  本論にはひる  熱がはひる  そのままはひる  旗をひる  白旗をひる  其白旄をひる  心のひる  うちにひる  生活にはひる  噴霧にひる  かんかんあかるいひる  各人に強ひる  雪降りですひる  昨日のひる  のだらうかひる  一九、ひる  綾だち酸えたこのひる  ひとり、ひる  藻屑がくれにひる  カツフエへはひる  戸をあけてはひる  ビルデイングへはひる  ホテルへはひる  精神病院にはひる  そこへはひる  出発をしたそのおひる  座敷へはひる  床にはひる  けふのおひる  うつかりはひる  學にはひる  宴は、よるひる  貴島もひる  それを拵えるやら、なかなか忙しくて、おひる  八時に、おひる  上にひる  初夏のひる  風にひる  君を強ひる  君に強ひる  剣舞を強ひる  それはひる  さきからはまるでひる  今日はひる  すすきの風にひる  やつぱりすすきが風にひる  さきからは、まるでひる  それでひる  ころは、もう、おひる  かんとくさんが、おひる  細みちにはひる  茨海狐小学校をそのひる  から、もうおひる  朝、ひる  市へはひる  がせはしくひる  さまざまにひる  ひのきのひる  電車トンネルへはひる  地にひる  十いくつかのよるとひる  影がひろがってゐるひる  二〇、ひる  横線をひる  車室に来ればひる  かにあなたが立てばひる  こゝろもちひる  半島がこもごもひる  かたちにひる  華奢にひる  鳥がするどくひる  巻積雲にはひる  心をひる  ストライキにはひる  翌日のひる  朝兵糧をとったとしても、ひる  十七日のひる  十九日のひる  部にはひる  半畳がはひる  飛躍時代にはひる  幕の内にはひる  晝間寢床にはひる  あすのひる  風花はひる  五月五日のひる  大船へ、ひる  通り、ひる  二十五日のひる  家へ寄って、ひる  都のひる  配備は、ひる  所で、叩きつぶせば、ひる  夜もひる  自動車などのはひる  稽古に行って、ひる  守山でおひる  十五日は、そのままひる  与八は、おひる  球をすくって、ひる  きれいな野菊やひる  森はひる  市に着き、ひる  其中へはひる  織り物はひる  明日、おひる  大歌所のひる  うちにはひる  気仙沼湾にはひる  意地にもひる  盗人のひる  まばらな、ひる  ちょっと一服して、おひる  事を云いあって笑ったりなんかしておひる  日私はおひる  今日も、ひる  部屋へはひる  会があるとかで、ひる  あなたに強ひる  今日のおひる  のは、おひる  わたつみに沈みうらぶれひる  雲華寺でおひる  清造がおひる  そよ風にひる  想像を強ひる  里のひる  見物に同時にしひる  山でひる  のか、ひる  時代にはひる  十一月にはひる  さそうにひる  潮のひる  夕ぐれ、ひる  朝からひる  楓もひる  音楽の強ひる  つて奥にはひる  なかにつかって、ひる  前のおひる  南市へはひる  同地にはひる  漢口へはひる  小さな部落にはひる  状態にときどきはひる  正面入口をはひる  士官学校へはひる  空にひる  村へはひる  坑内へでもはひる  しかし、ひる  努力を強ひる  翁けふもひる  窓よりみたるひる  日は、ひる  嘉吉がもうひる  真夏のひる  役徳から手にはひる  現実に、ひる  東北長官はひる  耕地ぞひる  仲間へはひる  風雨であったが、ひる  うちだけで、もうおひる  其処へはひる  空間へはひる  午後久しぶりでひる  恁那生活を強ひる  今日七日はおひる  いね公がグーグーひる  私はひる  ことを強ひる  結婚を強ひる  決行を強ひる  足をひる  野に立ってひる  朝牛乳一合、おひる  条約をむすんでひる  けさ六度、ひる  朝迎えに行って、ひる  八時半に立つというのに、おひる  朝六・六、ひる  うちから起き出るのに、それでも、ひる  きのうのおひる  礼儀を強ひる  待合室にはひる  稽古休みせず、ひる  腹痛み、ひる  東喜代駒来り、ひる  理髪し、ひる  ツくので、ひる  座へ出る、ひる  犬のつるむを眺め居たりひる  平ちゃんと連立って、おひる  範疇にはひる  研究にはひる  濫作を強ひる  シナのひる  山はひる  がらかなひる  使いはおひる  眼に入ひる  就職を強ひる  しろと言うし、ひる  奥さんは時々永いひる  白痴が来ると、ひる  そとにひる  かもめのごとくひる  五月のひる  畳句が、ひる  風呂にはひる  病室へはひる  葉裏をひる  のだらうが、ひる  手にはひる  裾から風がはひる  國國にひる  青空高くひる  なかったが、おひる  型を強ひる  寝室へはひる  風がはひる  森へはひる  義男の強ひる  客の去りゆきておくれしひる  秋のひる  小学校にはひる  一度、ひる  寒風にひる  中学校にはひる  けふおひる  お家へはひる  精米所へのこのこはひる  港にはひる  地域にはひる  大急ぎでひる  今山へはひる  ほのかに引いてはひる  川風にひる  四日はひる  下、ひる  部類にはひる  はじめて、ひる  軍旗をひる  袖をひる  ものを強ひる  虚僞を強ひる  お前、ひる  のは、ひる  後家さんが、ひる  パンだけで、おひる  立体感を強ひる  立體感を強ひる  七月にはひる  腹をひる  国旗をひる  大人たちが、ひるねをしてゐるひる  無理に強ひる  一番あとではひる  風呂へはひる  ざつと洗つて家にはひる  戸開けてはひる  酒をのみ、ひる  露出を強ひる  自殺を強ひる  割麦、ひる  日のおひる  取り引きを強ひる  夕飯まえには帰って来るが、おひる  身軽なひる  おしろいのあをきひたひにねそべりてひる  ふたりとも、あの、おひる  みんなでひる  扉をあけて内へはひる  何も考えないで、すぐひる  電話口に呼び出され、ひる  私もおひる  目にはひる  海へはひる  私のはひる  あいだ、ひる  校正にとりかかり、ひる  私たちはおひる  中にひる  三箇月勤務を強ひる  門口をはひる  きの茶の間へはひる  手紙は、おひる  結果、ひる  話題は、ひる  塾長先生は、ひる  生に強ひる  今日のひる  非番であったので、ひる  延長を強ひる  まま、うごきもえせず飲み耽り、ひる  横町から紙鳶をひき摺って帰って来て、ひる  虫はおひる  清夫さんもうおひる  やあ象さん、もうおひる  朝とひる  威勢よくひる  お前はひる  間にはひる  店へはひる  きのうのひる  仕掛けを作り上げ、ひる  感慨を強ひる  何事かを強ひる  大抵手にはひる  柱もくひやぶれど、ひる  らずて、よるはかくれてひる  化粧を濃くしていたが、ひる  時分は、おひる  ご用が済んだら、おひる  ついでに、おひる  いま、おひる  ときには、もうおひる  翅がひる  出で、はひる  たばこをすつたりひる  御飯をおひる  一時間ほど眠って、おひる  国男さんがひる  風のないひる  十一時ごろまでにかえり、早ひる  一休みして、おひる  食堂でおひる  宇品出発故、おひる  縁ごと買って届けて貰い、おひる  私がおひる  のを忘れたので、おひる  けさは、ひる  ように寒かったが、ひる  誰にでも強ひる  木立にはひる  夜とひる  米をかついで行ってひる  なかを、どうやらおひる  きょうはこれからひる  床に入りおひる  のを見て、ひる  ひとへにひる  偏へにひる  裏葉がふとひる  八時ごろつみ出させ、ひる  ゆっくりおひる  駄目なのよ、しかし、ひる  玉ネギをジリジリとやっておひる  八日のひる  からおひる  平安だったら、すこし珍しいひる  なすの口で、ひる  三人でおひる  蔭へとはひる  いつでも、おひる  方へはひる  大晦日のひる  かば、ひる  眼を開くと、まだおひる  圧迫を強ひる  こころをひる  咽喉にはひる  朝二碗、ひる  衣服をひる  朝めしを抜き、早おひる  日曜日のひる  上に、ひる  断食をしながら、ひる  呪いをかける、ひる  パン、おひる  三時頃、おひる  一度もはひる  眼を細くしてよろこんで、そのひる  のは、ちょうどひる  ようなひる  防空壕にはひる  海にはひる  一間にはひる  ふところにはひる  隣室にはひる  唯耳にはひる  退治が出来たら、おひる  長屋門をはひる  學校にはひる  女學校へはひる  中學校にはひる  私たち三人はひる  勉強をしてゐたが、ひる  惱ましいひる  アトリエにはひる  卑屈さを強ひる  手術室にはひる  冬のひる  炬燵へはひる  蚊帳へはひる  店へもはひる  僕がはひる  大の字がはひる  



前後の言葉をピックアップ
ひり出し  ひり出す    簸る      昼休み  干る  昼日中  昼行灯


動詞をランダムでピックアップ
あびせかけるまるめぶらつこせかすたたきこまこま楯突いたたみかけ蔵せけおとさ滲む浮かべぬすま裏切ら肖ん折れ曲がる泣きわめい野次っ下ろせる見放す
形容詞をランダムでピックアップ
つよし気強う騒々しかっ素ばやかっ薄暗なまぬるかっなまやさしいあざとい固くっいたいたしくダサ面白粘り強くうら寂したえがたい手厳しかっ長し口さがなく小暗しそうぞうしい