「ひま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ひま[動詞]
夢も結ぶにひま  内密にねがひま  たまからすつぽりとかひま  ことがかなひま  來非常に振ひま  足にひま  折にしてもらひま  始末さしてもらひま  ことはかなひま  あらかなひま  お金もらひま  頭からすつぽりとかひま  和歌祭にはかなひま  

名詞

ひま[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ひまをお出されになった  ひまあひまに読みちらす  ひまなへちまなどぶらさがり  ヒマはありすぎるほどあるのに  ひまくられる喘ぎが  ひまになりますか  ひまに罌粟のいふ  ひまがあったら  ひまもなく天子様のために働きましたよ  ひまになったから  ひまに小舟の上で眠る  ひまを出されて  ひまなく読む  ひまに動詞の變化を暗誦しなさい  ひまくられて  ひまをくれる  ひまを出してもらった  ひまを取ったので  ひまを取ってから  ひまをもっているだろうか  ひまを出されていた  ひまをやろう  ひまを願ひ  ひまな時ときどき燒いたつて  ひまに過ぎたと  ひまもありません  ひまに足うらを全体地面につけて  ひまですから帰りまし  ひまをして  ひまはして  ひまの時に遊びにいらっして下さい  ひまな時にかいて送らせていただきます  ひまに書いて  ひまが出る  ひまでしてゐた  ひまもなくやっつけてしまう  ひまよりうす紅ざくらミケロアンゼロの憂鬱はわれを去らずけり  ひまなき晩秋のたそがれ迫る  ひまなく常に直線に飛びつづけている  ひまもなく息をやすめる  ひまだという有様でも見せるかな  ひまはすことも出来ない  ひまがとれないけれど  ヒマをみて  ヒマがないうちに取り返す  ひまな男にぶつかると  ひまがあるとは  ひまに無くなってしまう  ひまもなしに返事が口から出てしまった  ひまをやって  ひまをながめて  ヒマに娘の姿がどこかへ消えてしまった  ひまなときは此の女の子の泣く  ひまを見付けて  ヒマもなく隣席の娘の手を握ってしまった  ヒマしか与えず  ひまはす  ひまな体をもてあました  ひまな女達はあけくれ  ひまにその虫の声を聞いた  ひまに新聞を売ったり  ひまを水銀のやうな月光をあびてゆらりゆらりとゐねむりしてゐるのはたしかに梟のおぢいさんでした  ひまもなくつづけ  ひまをやった  ひまがないと云って  ひまがないという景気になる  ひまがなくなったのででもあろうか  ひまがかかった  ひまなき明治三十六年玉の小櫛一竜神うろく  ひまになり  ひまでもといふやうにカンヴァスに向って描いてゐた  ひまだったら顔を貸して呉れといってな  ひまに精一杯の勇気を振起して  ひまがなくなった  ひまの時烏鷺を戦わせていた  ひまつらむ妹にとく  ひまもなく即死したであろう  ひまに魏の国防はいよいよ強化され  ひまはしてゐる  ヒマもなく三たび電燈が消えた  ヒマだったら食事でもしませんか  ヒマもなく疲れる  ヒマがかかると思ったから  ヒマがある  ヒマを与えず  ひまに起らんかを  ひまを盗んで駈けてきたといふ  ひまに衰へゆく  ひまをつぶす  ひまでせうか  ひまさえあれば  ひまがかかるから  ひまにあかして  ヒマになると  ヒマあるたびに碁盤をもってきて  ひまもなく出発して  ひまのないうちに一九三二年の春の全文化団体への弾圧があり  ヒマあればこれを取りだして  ひまもなく逃げ出そうとしました  ひまな時間を増やす  ひまな時間の悪用されない  ひまのある  ひまはつてゐる  ひまももたれなかったが  ひまのかかった  ひまを割いて  ひまに患者は私の診察室からどこかへ出ていっちまって  ひまを潰す  ヒマをかけて  ひまの節お立ち寄り下さいます  ひまくられてしまふ  ひまはして疲れる  ひまがかかって  ひまがあれば行く  ひまさえあればかきつづけ  ヒマがありすぎる  ひまはし  ひまは出来るかい  ひまはこころやすらひはたらきし  ヒマをもらって  ひまなきに襲い来る如く感ぜられた  ひまがありません  ひまをくださいませ  ひまをつぶしている  ひまを得て  ひまがありますか  ひまがあると  ひまをさいて書く  ひまがまだあるだろう  ひまも与えず  ひまもなく流れた  ひまがあったとしたら  ひまだったので遊びに行った  ひまもなくナイフは彼女の心臓の上を更に突き刺した  ひまもないようなせかせかした  ひまを見ては  ひまを取って  ひまがあれば  ヒマがなかったので慌てて  ヒマがないような突発事が起った  ひまな人がいたらやらせてくれないか  ひまを戴いた  ひまもない位だと云う  ひまでも飲めるであらう  ひまが入る  ひまにはぼかりぼかりと  ひまもなく目に涙をいっぱいためてしまっていた  ひまから切れ切れに叫ぶ  ひまな時に読んでゐると  ひまが無かったのかも知れない  ひまをいただく  ひまなどはないくらゐだ  ひまもなく来てしまった  ひまがありませんでした  ヒマがかからない  ひまになったらと思っていたが  ひまには一日に何度も暗がりにしや  ひまはされつづけて  ヒマはかからなかったし  ヒマがありませんでした  ひまで困っているくらいです  ひまもないもう睡れ睡って  ひまより見  ひまにまかせて  ひまくられてしまつて  ひまもないうちにまたサイレンが鳴り  ひまに灯はとぼり  ひまな日とては御座らない  ひまと知れ  ひまはすんだからね  ひまをかけたが  ひまを取ろうとする  ひまを取るまえに  ひまはあるからね  ひまがあるから  ひまはかからなかったけれども  ひまに夕日し  ひまもなく衣服に身をくるんで  ひまをあたえなかった  ひまなしに働いたし  ひまのかかる  ひまはしてゐた  ひまに星や瞬く  ひまよりかろやかに  ひまか喇叭節みだらに囃す  ひま欠きばかりおさせして  ひまもなく婆さんは何時手にしてゐた  ひまがあつたら寄つてみてくれと  ひまはつぶさせません  ひまはつた虫は見つけた  ひまに書かれてしまいました  ヒマをだしたよ  ヒマと金があったら  ヒマをもらった  ヒマをもらいまして  ヒマをだされて  ヒマをとる  ヒマをとったが  ヒマもなく死んでしまった  ヒマをもらい  ヒマをもら  ヒマをやるから  ヒマをもらう  ヒマをとってからですが  ヒマをもらうまでは  ヒマをとって  ヒマをとらせ  ヒマがかかって  ひまがなかったものと見える  ヒマな身体で毎日ブラブラしていても  ひまもなく火をかけて  ヒマをいただいて  ヒマをもらえば  ヒマをやって  ヒマをもらうという  ヒマもありませぬ  ヒマをだした  ヒマもなく起って  ひまがありましたら  ひまは一日のうちに沢山もっているかもしれない  ヒマがなく闇になってしまいました  ヒマがないうちに棺桶は担ぎだされた  ヒマがなく当然中で焼けました  ヒマをとっても人に疑われる  ヒマをだされるとは考えていないな  ヒマをつぶしてきました  ヒマがあり  ひまはされる  ひまはした  ひまな時には内へ呼びあげて  ひまもありますまい  ひまに消え  ひまよりはつかにも見きといふ  ひまにわざわざ汽車に乗りて  ひまが有れば  ヒマでしようが無い位に時間があります  ひまはありません  ひまはかかるかもしれませんが  ひまがないくらゐで  ひまもないほど乱れて居た  ひまを見つけて読みたい  ひまに任せては  ひまを出します  ひまが一夜ならば一夜の明月が照らす  ひまも何もなく合金のようにかたく結合されてしまった  ひまなしにいよう  ひまもなく屍に屍をつみかさねていた  ひまも与えなかった  ひまに夜来の人名を簿に書きあげ  ひまの片時の安らぎなのかも知れぬ  ひまさえあると  ひまもなく類焼の災にあってしまった  ひまには競馬を番はせ  ひまはもちろんあろう  ひまを見て  ひまな時間に従事する  ひまなどない虹彩はあはく変化はゆるやかいまは一むらの軽い湯気になり  ひまにあの妖質のみづうみがぎらぎらひかってよどんだ  ひまな改札係や踏切番と大変親密になってしまったという  ひまにまかせては  ひまに私の後姿を見て居る  ひまも読む  ひまも讀む  ひまして試驗した  ひまを下さい  ヒマに稼いで消えて  ひまにはよく画いていたといわれる  ひまをもらいたいと願いました  ひまもありませんでした  ひまなんかお出しる  ひまはありませんでした  ひまに完成する  ひまはなくなって来た  ひまに繁くなりて  ひまの折に読んでみて下さい  ひまには砂漠なるオアシスうかぶ  ひまに幕がおりてしまった  ひまさえ与えずに来て  ひまを出して  ひまにも少しずつずり込んでくる  ひまもありゃあしない  ひまに女の子はどんどん逃げて行きました  ひまだったのでその後について行った  ひまなく濡れて  ヒマもいらないさ  ひまなく花のちる  ひまに片っぱしからそれを読みました  ひまさえありませんでした  ひまになると  ヒマがあったから  ひまだという  ひまに戸をあけようとあせった  ひまもありませんから  ひまに私などが遠く及ばないぐらいの  ひまに研究室を原状に復した  ひまなく降り積つた  ひまもなくあっさりやられている  ひまを見ていらっして下さいまし  ひまもないうちにもう表のやみの中へ吸われていきました  ヒマがありません  ひまに牛を牽いて来て  ひまを偸むこともできなかった  ヒマの隠居好みのセンサクらしくもあるから  ひま多き人種を描く  ひまをもらって  ひまのなき事やはある  ひまをあらみしのび  ひまくられて行く  ひまくられてゐる  ひまをとった  ひましたと云ふ  ひまさえあれば貪り読んだ  ひまを貰って  ひまを貰った  ヒマに西下をはかり  ヒマももどかしげに女中に命じた  ひまもりかなしむ  ヒマを見つけると  ひまをぬすんで寝が  ひまな静かな日の夕方に話をして  ひまをみて  ひまな間に伺って  ひまなき空に亡き人の天がける  ひまな方だから時々は返事をくださる  ひまがある  ひまの出来た  ひまになろうとは  ひまであろうことを思って  ひまくられる  ひまに二条の院の夫人を訪れた  ひまになって  ひまになった  ひまもお与えにならず  ひまの時いらし  ひまが掛る  ひまな己達の体をゆすつてくれた  ひまな時間を慰めてくれた  ひまのないうちにもう棄てなければならなくなってしまった  ひまはないとみえる  ヒマを見て  ヒマあるごとに口説く  ひまに萩原新三郎は一夜良石和尚から借りてきた  ひまもあり  ひまも声を掛ける  ひまになるの  ひまなき柱をば白き錦につつませにけり  ヒマにあかして読んだり寝たりしている  ヒマにあかした  ひまなく西に東に伝道してゐる  ひまあひまに大學の裏門から公園へぶらぶら歩いて出ていつて  ヒマにまかせてつまらぬ  ヒマの折にお経をつぎたしてあげるから  ひまもなし闇き潮の驚きて流れて帰る  ひまもなみたがひに蹴  ひまを上げるから  ひまが無くなるからでもあった  ひまを与えなかった  ひまもなくせき立てられて  ひまに全市にひろがってしまった  ヒマになるわ  ひまもなくついと出てしまった  ひまがない文士ばかりがシャラしやらと  ひまもぢつと幸子を見てゐた  ひま過ぎて困りました  ひまで困った  ひまな時にさほどの  ひまがかかつて畑にでた  ひまのない新聞といって  ひまに読んだだけであった  ひまがないとしたら  ひまな時に御嬢さんを時々遊びにやって上げて下さいと  ひまならお遊びにおいで下さいませんかといふ思ひ  ひまをもらい  ひまはかかろう  ひまわす具合になる  ひまはりばな驚きぬ  ひまはりばなとくちづけするに  ひまに琴はいよよに烈しくてそはかの支那の小娘とわれとが潔き愛恋をあらぬ  ひまがなさすぎるから  ひまを出そうと考えていた  ヒマもありやしない  ひまでに伸び育つてゐる  ひまで信一は一人でしなければならなかつた  ひまがあった  ひまくられてか  ひまなんかありはしない  ひまではないと思へたが  ひまにと武男はつと藪を回りて  ひまをぬすみて  ヒマな怪人にきまっている  ひまをぬすんで  ひまあるたびに苛立つてゐた  ひまくられずにゐられない  ひまにメエルハイムはイイダひめの  ひまがつてゐた  ひま出された  ひまな時に物語を始めようと言いました  ひまができると  ひまがたっぷりあった  ひまをつぶした  ひまがあっても  ひまの時は是非一度来て  ひまの時はぜひ一度来て  ひまに少しづつ書きすすめて来た  ひまに少しづつ書きすすめて  ひまを与えないくらいの  ひまもなく汽車は進行を始めたり  ひまがお出来になって  ひまになりました  ひまに消えにけり  ひまより海の青い瞳は来る  ひまなく大漁繁昌で暮らす  ひまに敵は逃げのびた  ひまがないだろうと思われるくらいだった  ひまから月が洩れて  ひまもなく舞台に出て行った  ひまはしながら泣いてゐたよ  ヒマだらうからぜひ書いてくれないか  ヒマだらうからぜひ書いてくれ  ひまあひまに團長が扇子をひらひらさせて  ひまより活動寫眞の色は透かせど  ひまもみどり兒は聲を立てつつ  ひまあひまを冒されて死んでしまつたり  ひまくられ  ひまなしと云う  ひまには覗いて居られた  ひまなく紋付の裾はしおりで  ひまのとれる  ひまでいる  ひまになったら  ひまがあったら送って行く  ひまからやっと言った  ひまな昼過ぎを目掛けて  ひまな女たちの寄集っている  ひまはす連中をあやなす  ひまはしたり  ひまがかかるので  ひまを頂きたいと思いますけれど  ひまになってからです  ひまがないから青山の墓詣りをするという  ひまがなくてこまります  ひまはないのですから御ゆっくりでようございませう  ひまを得  ひまで嗅ぐ  ひまがないだろうと想像して  ひまな時間にその幾節かを読んでおき  ひまには編物をお母さんから習いました  ひまなしにつくつく法師が鳴いた  ひまが出ました  ひまに消ゆるとき誰か憂ひに閉されて望む  ひまを眺むればいろなる  ひまた戻  ひまな私は虫ぼしの  ひまだったからというばかりが  ヒマの種集めをして  ひまが出来ましたから  ひまが出来はじめ  ひまで壕へ入る  ヒマもないが不断に勉強している  ひまのなかった例の時計を電話機の前の棚のところへ出してのせ  ひまなく詠嘆は流れいづ  ひまを惜しんで  ひまでこまるかしら  ひまにモデル台に乗ってくれ  ヒマな野郎どもが筆蹟に苦労しながら  ヒマをみて書く  ひまをつぶして  ひまで困るという  ひまに畑見えて  ひまもなくいそしむ  ひまなく寄する  ひまどひ  ひまもなし糺の森かみの  ひまが出るなり  ひまな時に必ず見る  ひまをつぶされるが  ひまにこの年も過ぎてゆく  

~ ひま[名詞]1
方をひまや  麥生のひまに  父と語るひまが  一日だって休むひまも  自分で食べるひまも  方がひまに  麦生のひまに  私はひまで  化粧品をこしらえているひまは  口をはさむひま  表情を読むひまは  浄めるひまも  不思議を追っているひまが  説明しているひまは  説明しているひまが  注意を向けるひまが  両親をかまっているひまが  涙ながらにひまを  女中がひまを  料理女がひまを  意図をためしているひまなんか  説明して聞かせるひまも  気を使うひまを  女にひまを  参照してゐるひまが  參照しているひまが  涙を出しているひまも  お話ししているひまが  上へ行っているひまが  僕はひま  友をも誘ふひま  支度をしたりしてゐるひまに  口をきくひまが  寢ざめの心づかひま  小説などを読むひまが  帯を巻くひまも  のかと疑ふひまも  笠取るひまも  馬から下りるひまが  夢も結ぶにひま  貧乏とひまが  息つくひまも  汗を拭くひまも  #息をやすめるひまも  木立のひまに  ころはひま  やうなひまは  事を考へるひまが  食物を集めるひまの  時間をとられてひまが  畑のヒマを  君みたいなひま  望みになるひまが  といつているひまも  私は考えるひまも  あいつにゃひまを  智慧の出るひまも  手のひまを  心に触れるひまも  お湯に入るひまが  仲間割れをいいあっているひまは  うに一睡するひまも  事は聞くひまが  野原へ来るひまが  ことを思いだすヒマは  のを考えるヒマも  彼を見るだけのヒマしか  小憩するひまも  づれし溝板のひまより  女達がひま  会話のひまに  活動など見に行くひまは  手がひま  学業のひまに  やすみのひまを  涙の乾くひまは  具足をつけるひまも  口元をたてなおすひまも  庖丁も研ぐひまが  んでいるひまが  半日以上もひまが  秋になると目立つてひまに  ものを言うひまは  話が途切れたひまに  千二をかばうひまも  ため聞いているひまも  試験をしているひまが  ことを気づかっているひまが  夕占とひま  番人の留めるひまも  挨拶するひまが  ことはかんがえて見るひまが  念頭にとめるヒマも  長平がおどろくヒマも  ために物思うヒマも  睨みをきかせるヒマが  お話しているヒマなんて  結論をきくまでにはヒマが  私はヒマ  気分にひたるヒマが  者をよぶひまも  隊長以下は休むひまも  ぐる槌を下すのひまに  勝手仕事のひまを  瞻るひまに  用でひまを  ドレミファを教えてまでいるひまは  もの眠るヒマが  仕事がヒマに  四度もヒマ  ことをしているヒマが  結論を出すひまの  ひもを結ぶひまも  蹂みにじられないひまの  上をはひまは  話でもするひまが  成長のひまの  主人のひまを  教練で休むひまが  物を考えるひまが  親爺に云うひまが  仕事のひまが  手間とヒマを  坂田と聞きかえすひまも  腹が立つひまも  お返しするひまが  手紙さしあげるひまも  問合せのひまも  すべてを見るだけのひまが  カルルにひまが  文章会はひまが  熟読のひまも  息をつくひまも  ようなヒマが  ボクもヒマ  成熟するひまの  事を考へてゐるひまは  勉強するひまは  ことを考えるひまが  かげ来ぬひまは  匿れるひまは  頼朝からヒマを  手さえ動かすひま  人間がひま  自分で困るほどひま  今朝から見るひまも  口を利くひまも  一分間のひまも  雪を投げてひまを  一時間ばかりのひまを  愕くひまも  けさ新聞を読むひまが  ページか書くひまが  それを書くひまが  ものを考へるひまも  五分間でも考えるひまが  俺の止めるひまも  相手は驚いて逃げようとするひまが  巣のあたたまるひまも  ノックをするひまも  奉公のひまを  百万円については聞くヒマが  それは盗むヒマが  調査部にひま  碌々寐るひまも  頃ほひまでも  盃のひまには  袖を引き出すひまも  まま涙のひまから  慕ふてゐるひまは  浮浪ただよふひまを  病院へ行くひま  味ふひまも  みどりを押し隠すひまも  ことを考へてゐるひまなどは  ひまといふひまは  頃ほひま  休息するひまが  汗を乾すひまも  のはヒマが  彼には考えるひまも  妙花園へ行くひまが  中野君はひま  今まではひまに  家におちつくひまも  理解するにヒマは  涙のかわくヒマが  方を見て歩くヒマが  丁坊がさけぶひまも  誰に別れるひまも  御簾のひまより  女はひまに  身をかわすひまも  程のひまと  ことを争っているひまが  年を取ったのでひまを  主人にひまを  字を覚えるのにひまは  百分の一に答えるだけのひまも  わたしに置いて行くひまが  口をきかせるひまを  子どもでいるひまが  仕事はひま  一時間でもひまが  土地の遊んでいるひまは  休憩するひま  フレームを閉めるひまさえ  むしろをかぶせるひまは  心配するひまは  それにはひまが  ことを考えているひまが  ものを言うひまを  雲のひまより  頁を切るひまの  支へるひまも  力をいれなおすひまも  脱穀機の休むひま  頃はひま  手当のひまも  ことをしゃべるひまが  充分に引くひまなどは  五枚六枚またたくひまに  片時として閉まっているひまが  新劇を見るだけのヒマと  身をかわすひまは  一つもおぼえるひまが  それを拾い上げるひまも  八時にヒマを  加助はヒマを  者はヒマを  自由にヒマを  召使いはヒマを  医者をよぶヒマも  浅虫家からヒマを  雇人がヒマを  一同にはヒマを  私がヒマを  半分はヒマを  使用人全員一週間内にヒマを  使用人はヒマを  態度を考えるひまも  場所を見つけるひまも  返事をたしかめるひまは  ッとするひまも  首尾一貫して語るのにヒマが  心眼も用いるヒマ  手下もいるしヒマ  伯爵をとめるひまが  博士をとがめているひまは  判読しているひまは  一息するひまも  私もヒマ  二日前にヒマを  奉公人にもヒマを  当日限りでヒマを  姿を認めるヒマも  アッサリとヒマを  時間的なひまは  敵討をするひまが  顔形も見るヒマが  そこから出るヒマが  屍体は取りだすヒマが  女中はヒマを  主人にヒマを  作業のヒマが  仕方からしてちがひま  肩を怒らしてるひまに  顧慮しているひまも  お気の休まるひまも  人みなのおどろくひまに  肩のひまより  演習のひまに  とこに寄るひまが  心のやすまるひまは  遺言を聞くひまも  外飾りなど見るひまも  涙を拭くひまが  足を踏み立てるひまも  原因をかんがえてみるひまも  思案するひまも  目を通すひま  収容のひまも  チリともしているひまは  俄に追い迫って行くひまも  何ひとつ運び出すひまも  頃ほひまでも  蹴鞠のひまには  防空壕に飛び込むひまも  後にひま  敍説してゐるひまが  頭の休むひまも  薬を出させながらまつひまに  本を読むひまも  本を讀むひまも  一緒に遊ぶひま  ものをひろひま  是れを疑ひま  処置をとっているひまさえ  相談するひまも  アレヨアレヨといふヒマに  お金を返してくれといふヒマなどは  物具を解くひまも  何をするひまも  よろいを着けるひまも  戦陣のひまには  協力を頼むひまも  体をかわすひまも  忘るるひまの  昭和八犬伝ぐらいはまたたくひまに  スケッチをするひまも  便所まで走って行くひまも  うちにひまを  捜査のひまを  ためにふせぐひまも  森のひまより  煉瓦壁のひまには  機翼をやすめるひまも  反省させるひまさえ  ものを食うひまも  クリストフはひま  勘定を忘れるひまが  石は乾くひま  横を見るひまも  病床のひまで  出も降りそそぐひま  仕事のひまに  仕事がひまに  保名が驚いて振り返って見るひまも  ちょッとヒマが  涙の乾くひまも  銃を取り直すひまも  弾丸をこめ直すひまも  狙ひをつけるひまも  人にはまたたくひまに  狼狽しているひまに  挨拶を交すひまは  相手を選ぶひまが  それを知るひまも  朝湯に行くひまが  鯉口さえ切るひまも  むだ鳴りするひまが  名人は止めるひまも  けいこするひまが  お茶を飲むひまの  口をさしはさむひまも  へらず口をたたくひまが  トオサンも考えてるヒマが  農事のひまに  一睡のひまを  手を洗うひまの  卯の花垣のひまを  ためにひまを  一日のひまを  お知らせするひまが  息つくヒマも  ことに呆れてゐるヒマは  私はヒマを  胡麻をするひまは  どちらを愛しようと考えるひまも  荒魂のやすらうひまも  調和するひまさえ  少将の来ていないひまを  御用のひま  あちらはひま  威厳を整えるひまが  椅子を用いるひまが  ようなひまの  私にはひま  手を下すひまも  言葉もいうひまも  私はひまさえ  おいでにならぬひまに  何を考えるひまも  絶ゆるひまも  己達のひま  女一匹を考えるヒマが  真相やらも弁えるひまの  無駄口をきいているひまは  人間などにかかずらっているひまは  食堂はひま  特別にひまが  公務のひまが  オレはヒマを  毛糸編物をやるひまも  谷底を覗いていたかと思うと止めるひまも  言葉を交わし放つひまも  あたしはひまに  月掛け香のけむりひま  紅邨もヒマに  困難と戦ひながら休むひま  夢むすぶべきひまも  争闘分くるひまも  下を覗くひまも  工事をするひまが  関心をもつひまさえ  ことを打ちあけるひまを  何も考えるひまも  顔を洗うひまも  空気にあてるひまも  消息をたしかめるひまも  見舞に帰るひまも  何も考えるひまは  引鉄を引くひまが  巻脚絆を解くひまも  顏をはひま  水曜日だけがヒマ  用意するひまも  スタイリストになるひまが  冬になるとひま  化粧にひまがか  新聞を読むひまさえも  わたしたちは読むひまの  新聞を読むひまの  ときのひまに  その他をよむひまが  名前を書くひまも  探偵小説を読んでいるひまが  かいているひまが  看護のひまを  国へ帰るといってひまを  相当のひまは  人にあふべきひまは  紅熱してひまは  立ち惑ふそのひまに  奴かヒマ  宵の口はひまが  父様ったらひまが  灯を入れに起つひまが  あいだからひまを  それを見きわめるひまも  アレヨアレヨと言うひまも  服をつけるヒマも  心遣ひまでに  商売がひま  着物のつくろひまで  用意するひまが  身体がひま  意識されるひまも  太刀を抜くひまも  介抱するひまも  ことまでを話しているひまが  春木に渡すひまが  興行のひまを  呼吸のひまも  癪にさわるひまが  善後策を考えだすひまも  なにも考えるひまも  懷くひま  水の乾くひまも  げをそるひまも  傍見をしているひまの  波のひま  ものを考えるひまが  ことを考えめぐらすひまが  考えことをしたりしてひまを  彼をとめるひまが  助けに行くひまも  なにも考えるひまを  われら乗りかうるひまも  急にひまが  手にとるひまに  ものを言うひまが  抗議するひまも  空気をすうひまが  板葺のひまから  写生帖ものぞくひまも  返事をするひまも  返事のひますらも  幕のひまより  物語かたらふひまも  ようなひまも  文芸家のひまと  ずぼら金持のひまと  ことをしているひまは  為朝をしかっているひまは  一寸のひまには  十分なひまは  顔をそらすひまも  風流を覚えるひま  図書館に行くひまが  こと伺っているひまが  それ以上のひまが  着物の綻びも縫うてやるひまが  桑港へ寄るひまが  宗さんのひまで  南に帰るひまが  笑いのひまから  女給のひま  現場到着はひまが  きょう一日しかひまが  手紙かいているひまが  女にひまが  バ三日のひま  私儀もひまを  奴のにほひまで  支度をするひまさえ  返事をするひまが  顔など思い出しているひまが  日曜でなければひまが  めいめいのひま  ほか勉強のひまには  次つぎ止まるひま  一が出るひまも  ものたなびくひまを  内にさすらひま  体もひま  事なぞ考へるひまも  留守でひま  避くるやとよべるもおちいりて止まるひま  淦水を汲みだすひまも  からだのひまも  それまでにひまの  自分のひまが  のに洗うひまが  文庫本一頁読むヒマも  おれがとめるひまも  帯留めにくくりつけるひまの  平衡をとりもどすひまも  低徊のひまは  手をやるひまも  こころにひま  事をするひまが  それもひまを  花族のひまで  晩にひまにな  悪態をついてるひまに  木を伐るひま  演説してまわるひまも  喰べるひまが  忙がしいひまを  雪が取次ぐひまも  のかを考えるひまも  皆がひまを  三度も読むひまなんか  あたりを見るひまも  なみたつひまに  手搖り振らばひひまも  白波のひま  花藪陰のおどろがさえにはひまど  秋雨のしづくひまも  読者はひまを  劇場がひま  文章も作るひまが  一年中休むひまが  生活のひまに  それにそぐひま  休みを考えるひまさえ  

~ ひま[名詞]2
るるひま  もうひま  そのひま  黒きひま  つとひま  そのヒマ  快くひま  このひま  やすきひま  よくひま  大きにヒマ  かえってヒマ  ちょっとひま  其のひま  余程ひま  たいへんひま  あまりヒマ  だいぶひま  少々ひま  くさいひま  そんなひま  強いてひま  時々ひま  丁度ひま  一旦ひま  一寸ひま  ほとほとひま  いかにひま  ずいぶんひま  たっぷりひま  実際ひま  いつもひま  とにかくひま  全然ヒマ  たいていひま  ういひま  いくらかひま  少しひま  よっぽどひま  おもひま  かかるひま  まことにヒマ  いずれヒマ  これからヒマ  色々ひま  とかくひま  ずいぶんヒマ  なかなかひま  決してひま  あまりひま  よっぽどヒマ  くひま  改めてひま  たといひま  すっかりひま  安きひま  そうひま  いくらでもひま  すこしひま  なにもかもひま  ややひま  なきひま  一応ひま  

複合名詞
終ひま  這ひま  狂ひまはる声  ひまひま  ひまはり草  逼ひま  會ひま  言葉使ひま  匐ひま  つて敵ひま  こよひま  ヒマシ油  ひま人  ヒマシ  ひまら  狂ひま  一日ひま  云ひま  背負ひま  ひましき  遂ひま  道ひま取り  蠕ひま  雪雹雷電ひま  ヒマ人  此ひま  ひまさりこゑとなるらん  願ひま  といひま  言ひま  すか貰ひま  つて這ひま  夜ひま  出迎ひま  拾ひま  ひまはり  詩ひまはり  二三ヒマ  合ひま  ひまさ  そくひま  ヒマつぶし  一日中ひま  斎ひまつりて  毎日毎日ひま  丁度一時間ひま  おごつて貰ひま  かぎり匐ひまはり  ひまはりぐらゐせいの  喰ひまぎらはしゝかば  しまひま  云ひまはし  笑ひま  近ごろひま  ひまわし  ひまつぶし  叶ひま  壁這ひまはる  宿むと云ひま  こひま  言ひまぎらした口まめ  匂ひま  三人ひま人  あいだひま  ずい分ヒマ  添ひま  何ぶんひま  振舞ひま  貰ひま  五月ごろヒマ  先日ヒマ  こと言ひまツ  うつひま  手間ヒマ  本日限りヒマ  朝ヒマ  涙ひま  それぞれひま  言ひまはし  ひまわせ  想ひま  酔ひま  手伝ひま  大分ひま  心ひま  報知ひま  迷ひま  手前商ひま  ひまくつ  問ひまつり  ひまつる間  買ひま  暮れ合ひま  如く狂ひまはる  貧乏ひま  味ひま  用ひま  逐ひま  おん厄拂ひま  子々孫々ひま  ひま年  やつ一枚買ひま  つて貰ひま  謡ひま  使ひま  引取つて貰ひま  養ひま  見舞ひま  乞ひまつる  懐ひまつりて  ひまさば山  村境ひま  従ひま  慕ひまつりて  づしてたべ醉ひま  幸ひま  散々ひま  舞ひまうたの  一年中一番ひま  ぐるひま  いつかひま  憩ひま  匍ひま  ぱい匂ひま  祝ひま  お礼言ひまツ  私ひま  ひまくら  ひまごと  ひまびまや  貧亡ひま  唄ひまくつ  野猪貰ひまほか  ひま御座候得バ  ひまはる  一昨日ひま  請ひま  裝ひま  沿ひま  お早う帰つて貰ひま  救ひま  ひまびまにはいつもそれを調合  村住ひま  ひまつり  逢ひま  ひまあら  ひま春  ひま人ぞろい  



前後の言葉をピックアップ
ヒポデイミヤ  ヒポマニー  ヒポリタ  ヒポリュトス  ひま  暇どれ    暇々    ヒマイラヤ


動詞をランダムでピックアップ
ひっくり返ひさはらばい踏み破り撤せ敷き詰めれ捕らえんなげくかわいがろうらみ張切っちぢみあがら目指す抄いあたためる寄りすが躍ん突き進む積み上げる
形容詞をランダムでピックアップ
っぽき明るかろきわど深い酸しながけれ忙しかっせまくるしいそらおそろしいけ図々しく寂しかれ黒っぽく蒸し暑くなにげないほろにがみよいはばひろき気味悪大きけりゃ細から