「ひきつれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ひきつれ[動詞]
子分をひきつれ  幼子をひきつれ  船員をひきつれ  女房子供をひきつれ  精だのひきつれ  青道心をひきつれ  インテリゲンツィアらしいひきつれ  牧野信一にひきつれ  ありったけをひきつれ  小浜兵曹長をひきつれ  原士をひきつれ  不気味にひきつれ  土人三十余人をひきつれ  特に自分たちをひきつれ  将士をひきつれ  キジをひきつれ  捕吏をひきつれ  部下をひきつれ  妻子をひきつれ  手勢二千をひきつれ  三千騎をひきつれ  小艇十余艘をひきつれ  手勢をひきつれ  人をひきつれ  軍をひきつれ  幕僚をひきつれ  菅原をひきつれ  甲組四名をひきつれ  乙組四名をひきつれ  男女をひきつれ  一族郎党をひきつれ  一部をひきつれ  隊員をひきつれ  痕は赤くひきつれ  ように命ずるとともに、ひきつれ  リーロフ大佐のひきつれ  妙にひきつれ  ところ迄、ひきつれ  児をひきつれ  裏に到るまで、ひきつれ  人は、そのひきつれ  一隊をひきつれ  足裏に到るまで、ひきつれ  九州男児をひきつれ  的持をひきつれ  警官をひきつれ  馬をひきつれ  十五童子をひきつれ  子をひきつれ  梅をひきつれ  郎党をひきつれ  下部どもをひきつれ  供廻りをひきつれ  親兵だけひきつれ  門弟をひきつれ  高弟十数名をひきつれ  黄母衣組以下をひきつれ  兵をひきつれ  忠告を守って、ひきつれ  輜重隊をひきつれ  前線へひきつれ  どっちも、ひきつれ  兵三百をひきつれ  左右にひきつれ  精兵七千騎をひきつれ  これをひきつれ  舟軍をひきつれ  船をひきつれ  大宰府から一族五百余人をひきつれ  城へひきつれ  ほか郎党三百をひきつれ  お力にもなりますまいが、ひきつれ  手勢すべてをひきつれ  ほか数百騎をひきつれ  手兵二千七百をひきつれ  五百をひきつれ  虎鮫七千頭をひきつれ  小松をひきつれ  アスファルトのひきつれ  焼ごてを押しつけられたひきつれ  ようなひきつれ  五少年をひきつれ  米人将校をひきつれ  守備隊をひきつれ  家臣をひきつれ  女子供をひきつれ  黒船七隻をひきつれ  二人の子をひきつれ  者をひきつれ  機械人間五人ばかりをひきつれ  一同をひきつれ  手をひきつれ  犬とをひきつれ  平作にひきつれ  農民をひきつれ  憲兵をひきつれ  陸戦隊をひきつれ  水兵をひきつれ  めいめい小姓をひきつれ  それぞれ一家をひきつれ  信徒をひきつれ  一行をひきつれ  一族をひきつれ  部下たちをひきつれ  ものをひきつれ  一家四人をひきつれ  水夫たちをひきつれ  ホクロとれてひきつれ  から切ってとると、どうしてもひきつれ  八名をひきつれ  藝者末社をひきつれ  学生をひきつれ  供をひきつれ  三四匹もひきつれ  眷属をひきつれ  後輩をひきつれ  



前後の言葉をピックアップ
ひきつら  ひきつり  ひきつる  引つる  引連れ  引攣れ  引つれ  引き連れる  引綱  弾き手


動詞をランダムでピックアップ
にらみあい赦さおしつけ曲がら伝う連込み名づけるうわつき捲き揚げ引き起こさいため見捨てる相うちすすら失え誇れふるわす習わせよ旅だちためらう
形容詞をランダムでピックアップ
痛かろ細けれさびしい遠うつらし小賢しき細かく情ないあらあらしい恥しきえがらっぽい煩わしき潔くひらべったく粘り強むごきあまったるい香し怖かっほしけりゃ