「ひか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ひか[動詞]
心をひか  注意をひか  思をひか  驢馬にひか  糸をひか  白船老におそひか  顎をひか  繃帯にひか  バイオリンもひか  神のゑまひか  腹にひか  興味がひか  先にひか  興味をひか  みんなおほひか  風邪もひか  耳をひか  情にひか  注意がひか  とき、いくばくのわづらひか  網をひか  氣をひか  風邪でもひか  方にひか  風邪をひか  僕はあひか  座席であひか  ブラームスをひか  自動車にひか  鋸にてひか  裳裾もひか  眼をひか  くじがまたひか  綱にひか  中にひか  流行にひか  頸背をひか  夢のまどひか  息をひか  関心をひか  屠所にひか  豊凶山をひか  三山をひか  注目をひか  からただちに刑場にひか  黄金のほそいいとにひか  手にひか  後を追ひか  ミレンにひか  ちょっと耳をひか  警報にひか  かたにひか  水の上に覆ひか  熱情にひか  手をひか  時をひか  電車にひか  馬をひか  直感にひか  クレエルにひか  後ろ髪をひか  人目もひか  蒲団をひか  目をひか  何のかひか  庭をひか  奴を引きずり出して、あやまらせてやるまではひか  糸にひか  気をひか  湯にひか  まり心をひか  土人にひか  二度もひか  山をひか  人間的魅力にひか  心に思ひをひか  登山季節をひか  電燈をひか  お力酒だけは少しひか  今までおひか  うまい草にひか  機関車にひか  車をひか  満州馬にひか  竜にひか  火の竜にひか  背中に覆ひか  力にひか  のこぎりでひか  白馬がひか  驢にひか  酒をひか  右舷に被ひか  後へは、ひか  粉はひか  息をつこうと、ひか  のをひか  一歩もひか  老婆がひか  上に覆ひか  袖がひか  階下にひか  感興をひか  草吉はひか  ちょっと興味をひか  面前にひか  前にひか  足を急いでひか  興味もひか  風をひか  波に、ひかれひか  警視庁にひか  話に、たいへんひか  弱音にひか  色香にひか  お婆さんであるから人気をひか  角度から関心をひか  サービスにひか  趙雲にひか  羊をひか  眼もひか  生活におほひか  のがきらひか  厳顔をひか  注意をすらひか  関羽をひか  ことばにひか  特に目をひか  ろおもひか  螢のにはひか  感想がひか  気がひか  後をひか  音にひか  場にひか  心がひか  身に覆ひか  仁王門をひか  觀音堂をひか  一切經藏をひか  鐘樓をひか  築山をひか  絵袋入あひか  全然目をひか  魅力をひか  カゼをひか  板をひか  目と心とをひか  しろがみをひか  膳がひか  いくらゐひか  床をひか  電車にもひか  かぜをひか  興味にひか  さっきから心をひか  ことを考えつつひかれひか  漂流をひか  つて傍にひか  ヴァイオリンをひか  ものすごくひか  白馬にひか  馬にひか  親船にひか  ども後へはひか  継続してひか  体にすくなからずひか  考へを承らずには、何とも計ひか  於ては、たとひか  注意もひか  細径に覆ひか  ものは、おそひか  翻訳小説にひか  主人にひか  牛追ひか  くそゑまひか  心もひか  ことにひか  電気さえひか  知慧のよろこびにひか  役がひか  荷車にひか  きちがひか  つもりだつたが、おもひか  牛にひか  いま自動車にひか  袖をひか  琴をひか  幾ぶん心をひか  遊女をひか  何にひか  特に注意をひか  それはわづらはしいのでひか  袂もひか  手脂でひか  びろうどばかりひか  仕事にひか  興をひか  恩にひか  ぎるとおもはれるそんなにもうるほひか  作者自身がひか  一大美觀をひか  森をひか  自分から身をひか  ものに、ひか  一曲でもひか  女房子などについひか  水カサのひか  熱意をひか  浦ながらまだ晴れやらぬわがおもひか  袂をひか  愛にひか  のにひか  犬にひか  魅力にひか  縁にひか  それが実際に引いてもひか  片手をひか  まま水にひか  重吉にひか  それにひか  泣き声にひか  心持にひか  葉末葉末にひか  人目をひか  辞書をひか  葬送のうれひか  今日のうれひか  さにひか  常々心をひか  今では、ひか  クリストフにひか  夫にひか  長崎奉行所がひか  手近にひか  これよりもおもひか  霧のおほひか  猿のひか  小説にひか  光から手をひくかと訊くと、ひくも、ひか  一番興味をひか  ピアノをひか  歌曲が相次いでひか  四手でひか  自分でひか  彼にばかりひか  言葉にひか  図案にひか  私にひか  後ろ髮をひか  青年を追ひか  ちょっと気をひか  ハンケチでおほひか  念力にひか  鉄道をひか  他にひか  らをひか  鼠にひか  馬士にひか  人のさかひか  蝶のましろきわづらひか  遁れても覆ひか  胴体はひか  女もひか  身をひか  住所もひか  工合やらにひか  鰹鳥にひか  桃水にひか  シェリイにひか  鎖がひか  群白くひか  心はひか  三味線をひか  多分にひか  一番心をひか  横線がひか  ラインがひか  素子にひか  痛みがなかなかひか  間近にひか  後へはひか  小利根川をひか  水もひか  後髪をひか  上におほひか  黒を追ひか  電線がひか  灯にひか  勢ひでおほひか  両手をひか  万年筆でひか  かぜもひか  引金をひか  爽やかさで、ひか  風邪さえひか  づして、ひか  わきにひか  弾機をひか  婦人会のつきあひか  背後にひか  名古屋の借をひか  今夜はひか  直ちに引金がひか  上に被ひか  子供をひか  入学試験をひか  しりにひか  ガーネットにひか  対局をひか  ヂッとひか  盤側にひか  世界にひか  事実をおほひか  青春が返つてくるまじなひか  君がひか  尋ぬれば松にひか  ぐる夏のおもひか  辞書などひか  台をひか  霞がひか  よはひか  餅のにほひか  ハムのにほひか  捕吏にひか  風もひか  期間心をひか  飯たきにひか  大変注意をひか  愛情にひか  妹にひか  心にひか  赤牛にひか  鷹揚さにひか  娘にひか  引鉄がひか  山々が覆ひか  籤がひか  馬車にひか  好奇心とを、ひか  銀をひか  心をまったくひか  従僕にひか  あとへはひか  のは、もうひか  雲はひか  人にはひか  羽衣にひか  入浴をひか  葉を重ねて被ひか  肝心のそのひか  地平線にひか  さがおもひか  しろ髪をひか  百姓にひか  雲のおほひか  あとにひか  駒をひか  晩から心をひか  風邪ひとつおひか  水にひか  様子にひか  詩にひか  血をひか  恋にひか  木立をひか  酒樓旅館をひか  美をひか  秩序を、この覆ひか  霜がひか  何となく心をひか  運動から手をひか  何かしら心がひか  群に覆ひか  昼がひか  上から覆ひか  逃げむとすまふを、ひか  頓著にて、あひか  曳船にひか  小さな水先ボートをひか  ほうにもひか  あとにはひか  野田さんから手をひか  まま、ひか  死神にひか  人一倍心をひか  弓ぐらいひか  それをひか  完全にねてひか  線路にねじふせてひか  警官にひか  特に注意もひか  萎えしたましひか  烟はおほひか  地にひか  汽車にひか  ほこりか、にほひか  法師、あひか  良人はたうとうひか  やうに逃げようとしたり、ひか  かなのつかひか  かなたにひか  葉がちらつとひか  ものが、ぴかぴかひか  どんぐりどもが、ぎらぎらひか  わざはひか  げ、ひか  ように、そのひか  影にひか  うちにまたひか  手をひき、ひか  声にひか  熱がひか  小雨そぼふるすひか  薪をひか  如く手をひか  背景をひか  さきにひか  組打にひか  トヨがひか  補給をひか  それかやうれひか  全体でひか  限り人目をひか  愛欲関係になおひか  溝がひか  今さらおもひか  何のにほひか  彼等を覆ひか  例としてひか  同情し、ひか  赤線ばかりひか  自分はひか  三韓などよりひか  先生方のひか  真実それにひか  目もひか  人にひか  ひょっと目をひか  冬風邪もひか  自然に、ひか  綱がひか  ものとしておもひか  関係おもひか  宿命にひか  一一をさへひか  文章にひか  変つた色がひか  化が出て来て、追ひか  鼠にでもひか  野原で、あひか  鬼気にひか  同情をひか  一疋も、ひか  朝妻のひか  のも、ひか  らは、ひか  合方をひか  なんしろ心をひか  空をおほひか  わたしたちにおそひか  村にもひか  まま水もひか  電灯がひか  老女にひか  交へて覆ひか  こともひか  魔法つかひか  ネルのにほひか  たましひか  うち風邪をひか  巣立ちにひか  子にひか  思いにひか  工風をいかにして覆ひか  重力にひか  



前後の言葉をピックアップ
惹か  曳か  曵か  悲歌  皮下  比価  挽か  轢か  牽か  弾か


動詞をランダムでピックアップ
反り返り惹け振りゃ断わろ埋め立てる卷い閉まら持ち込みゃ彩れ吃る叱りゃ煙らつみあげるみまわしひきはらい頑ばっもぐりこめる突き合せ改まるむくいる
形容詞をランダムでピックアップ
久しく荒々しくもどかしくっ四角く厚けれ手重き相応し瑞々しきさかしく憎々しきバタ臭いやるせないはずかしかっ多からうら悲しかよわいっぽかっわすれがたい