「はげ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ はげ[動詞]
山頭火であればけ  もんぱしてこらをはげ  羽目板ははげ  水母のばけ  方がよほどばけ  自分たちのばけ  タコのばけ  中にはこのばけ  わたしたちもこのばけ  相手はばけ  あなたは、あまりにこのばけ  くせに、ばけ  こいつがあのばけ  かげもないほどきたなくはげ  赤はげにはげ  多くははげ  もんですからはげ  頭のはげ  けなげに、はげ  そのまま夏になりましたが、ばけ  上のばけ  ほかほかしてばけ  夕方になったと見えてばけ  湯気とばけ  ふところにしてばけ  影法師のばけ  一本のばけ  向うのばけ  女のばけ  だんだん市に近づきますと、さすがはばけ  学生のばけ  先生のばけ  らのばけ  沢山のばけ  小さな戸口から、ばけ  今後はばけ  億百万のばけ  見物のばけ  のは、ばけ  もの歯みがきや、ばけ  となりのばけ  へんハイカラなばけ  ハイカラなばけ  ごろ、ばけ  それはばけ  形などと、ばけ  二人のばけ  椅子にかけた若ばけ  椅子に座った若ばけ  上の大きなばけ  上に倒れている若ばけ  つぶやきながら、ばけ  筈の若ばけ  緑色のばけ  きもののばけ  助手のばけ  テジマアのばけ  赤な、ばけ  どこにたった今歌っていたあのばけ  百日、ばけ  鍵のはげ  征途をはげ  私がはげ  生爪のはげ  塗料もはげ  手をあげて、はげ  心を静め、はげ  操縦員をしきりにはげ  仮面がやっとはげ  丹塗りのはげ  青ペンキのはげ  一筋にそっとはけ  半分頭がはげ  革はところどころはげ  力こぶを入れて、何かとはげ  古寺に、ばけ  返事されてはげ  何年もの風雨で曝され、もはやはげ  私ははげ  上薬ははげ  着物もはげ  頼み合ひ、はげ  下駄を貰ってはけ  足袋がはけ  霧が少しくはげ  白粉がいつもはげ  皮がはげ  日光にてらされたばかりじゃなくはげ  人なぶりはげ  私ばかりではげ  白粉がはげ  顔のばけ  幕僚をはげ  従来とはけ  部数がはけ  友を極力はげ  これを見てかくとええ、などとはげ  白粉のはげ  大津絵とばけ  かげがなくはげ  色がはげ  牌を見ると、はげ  水ではげ  商人にばけ  千二をはげ  自分ではげ  博士は、はげ  博士をはげ  手をにぎってはげ  千二少年とを、はげ  自分をはげ  火星人にばけ  ため、ばけ  から、はけ  赤ぬりの少しはげ  生命の泉を見出そうではないかと、勧めはげ  砂地や、さもなければはげ  森のばけ  それをきくと、ばけ  中ではばけ  どこかで、ばけ  士気をはげ  つて毛のはげ  キンちゃんをはげ  一同をはげ  自ら叩きはげ  庭下駄をはこうとあせったけれどもどうしてもはけ  色のはげ  おしるこのはげ  阿呆のばけ  昔ながらの塗のはげ  首尾よくばけ  から片側は、はげ  色のうすはげ  進物にはけ  大竹中将からこのはげ  緑川博士をはげ  声をからして、お互にはげ  一行をはげ  たまのはげ  水銀のはげ  先生は、はげ  ようにとはげ  地はところどころはげ  酋長ロロは、こえをはりあげて、はげ  夫人にばけ  ダン艇長も、そのばけ  リーロフにばけ  気持ちをはげ  相馬の化城古御所から、ばけ  さきに持ち出した、ばけ  ペンキがはげ  小さなからだがはげ  夜鳥か、大きなばけ  いつのまにか女にばけ  靴をはけ  ねぎらつて、はげ  ドブドロを呑んでも、たとえ、ばけ  時雨かな西の京にばけ  土藏ならばばけ  生きるよろこびとはげ  子どもにばけ  汽車にばけ  火夫だけにばけ  色はすっかりはげ  ためにはげ  袷に、はげ  俺等も買おうと買ったりして、旨くはけ  のかそのばけ  瀬戸のはげ  分別くさくはげ  気をはげ  斑にはげ  のではない、ばけ  画工である私は、ばけ  もので、ばけ  辺でこのばけ  背中がはげ  かげで、はげ  西の京にばけ  白粉をはげ  若い血をはげ  頭がはげ  玉太郎をはげ  神尾主膳の新ばけ  ゆえに、ばけ  光で、ばけ  わらじははけ  静かに、ぬりのはげ  いままでばけ  表皮がはげ  青唐獅子のばけ  人をはげ  茶釜にばけ  タヌキのばけ  針目博士にばけ  人々をはげ  大阪市長にばけ  将士をはげ  茶色のはげ  ひろ子は、心からのはげ  ラックもはげ  ばッ、ばけ  紅、はけ  蛙にばけ  娘にばけ  医者にばけ  手紙には、いはけ  心をはげ  頭の少しはげ  重吉がはげ  往来もはげ  そばではげ  蠅にばけ  魚にばけ  女が立って来てはげ  塗りのはげ  がたにばけ  西洋人に、ばけ  魚屋さんに、ばけ  長持のはげ  松魚のはげ  てっぺんがはげ  目でみますと、すぐとばけ  板がはげ  峰ははげ  積極的にはげ  一種貴族趣味の、或はげ  左手にばけ  ばたりとばけ  糊のはげ  芝がはげ  顔をあからめて、はげ  切手がはげ  之切手ははげ  とき手紙がぬれて居て、独りでにはげ  寂光院のばけ  蒲団がはげ  一口妻をはげ  しまひにはげ  舌を出してはばけ  弱音もはけ  塗りがはげ  幽霊どのをはげ  ひろ子をはげ  老人をしきりにはげ  ゴルドンがはげ  つて裏もはげ  水のはけ  眉に剃りを当てる間もなく、はげ  二人をはげ  入場にはけ  左右から抱きあげ、いろいろとはげ  身をばけ  人間にばけ  方がよくはけ  草履をはけ  お姫様をさらって行ったばけ  ふところに入れてばけ  ふところにいれてばけ  ペンキのはげ  丸髷とはげ  父親ははげ  茶褐色のはげ  二三人の子はばけ  雑巾とばけ  中にかのばけ  おしろいにて、はけ  丹のはげ  靴もはけ  姿にばけ  雪もはげ  警官にまでばけ  化けの皮がはげ  ようにはげ  お歯黒のはげ  すつかりばけ  幽霊船とばけ  鳩にばけ  なににばけ  かいにばけ  団長がばけ  にわかにはげ  あらしははげ  硝子屋などにばけ  一つと、うるしのはげ  らにはげ  郵便屋にばけ  うちではけ  洗ひざれてはげ  幽霊だ、ばけ  女にばけ  雪で固めて、ばけ  のだというはげ  もとなど、なんといふたはけ  眦を決し、おそれながら、たはけ  なにを、このやろう、このばけ  なにしろ、小さな、はげ  ぜんにはげ  自分自身をはげ  塗りなどもはげ  色もすっかりはげ  雪のはげ  妻をはげ  口から出したくらいでは、とてもはけ  反物がはけ  兎に角私はばけ  私のばけ  確にばけ  國のばけ  ろをはけ  これをはげ  年とらず赤くはげ  皮のはげ  糊もはげ  足袋ははけ  山から何のばけ  アイヌのばけ  む靴をはき、古ばけ  男にばけ  頂辺が薄く円くはげ  一等運転士をはげ  一本足のばけ  その他いろいろのばけ  そちらへばけ  塗料はすっかりはげ  ようなのですっかりはげ  生きもの、謂わばけ  女房のはげ  忠告やはげ  急速にはげ  朱のはげ  一筋にはけ  おかあさんやぎは、このばけ  なにしろ、この大ばけ  白ペンキのはげ  當つては、ばけ  半ばははげ  櫺子窓のはげ  あれ塗りのはげ  ものが来た、ばけ  貴方をばけ  これは、ばけ  やうにはげまし、はげ  だんだんにはげ  百姓どもをはげ  何のたはけ  染がはげ  天井裏のばけ  海のばけ  苦しみともにはげ  



前後の言葉をピックアップ
化けん  化けれ  化け  化け  化けよ  バケエ  パケット  バケツ  バケツチ  化けの皮


動詞をランダムでピックアップ
赤らみ呑みこみ腹だて手伝う掛かり合い申し込む経巡るもとづい贈れふりまいひったくろ懸っ追い返すふりまわせ生きぬい追い詰め跳ね返る巻き付くすまい思い直せ
形容詞をランダムでピックアップ
息苦しくっ遠慮な異いすごき小やかましいいぶかしけれ白白し並無懐かしくっ名だかいかなしく蒼白くっすがすがしけれおもおもしく悪しかれいぎたなうす汚うっとうしかっ毒毒し甘辛