「はおる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ はおる[動詞]
名を忘れてはおる  彼らの企みを、存じてはおる  綱は、まだ死んではおる  丞は決して死んではおる  辻君になってはおる  あれを憎からず思ってはおる  蛇活きてはおる  二十歳をこえてはおる  裏つけたるをはおる  お前も忘れてはおる  羽織をはおる  今もなかなか忘れはおる  下々にまで見えてはおる  左程、離れてはおる  みな忘れてはおる  諏訪三郎なども生きてはおる  ッてはおる  待ちすましうるほどな将はおる  おすすめ申してはおる  御主命もあって、それとなく尋ねてはおる  処にはおる  山にはおる  それを見てはおる  黒川が存じておるにはおる  城内にはおる  中にはおる  



前後の言葉をピックアップ
羽織  羽織り  はおり  羽織ろ  羽織り  羽織る  ハオレガ  ハオレガシタ  ハオレガホホノ  ハオレダ


動詞をランダムでピックアップ
取っ翔び鳴っ焼け落ち拾うやらす至りのみこん貫けよ釣り上げるいいよるたらし込みきこしめさ出ば見下ろす名乗りおびれ薙ぎ倒さ
形容詞をランダムでピックアップ
まばゆかっもどかし荒く夥しき勿体らしく等しけれ暖かけれたのもし根深くなごりおしい賎しきいわけないきなくさく深き苦々しき程遠しけぶしよかろ