「ぬぎ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ぬぎ[動詞]
右手を徐々にぬき  洋服をぬぎ  被衣をぬぎ  蓑をぬぎ  袿をぬぎ  刀をぬき  草をぬき  マスクをぬぎ  水上にぬぎ  青帽をぬぎ  ドテラをぬぎ  赤字でぬき  帽子をぬぎ  壁がぬき  みちわたしはきものをぬぎ  とぐろをまいて、わかれてもわかれてもつきせぬき  心も見ぬき  兜をぬぎ  服もぬぎ  金口をぬき  つばなをぬき  神澤子帽をぬぎ  力をぬき  胸を射ぬき  無造作にぬぎ  背嚢をぬぎ  物をぬぎ  笄をぬき  服をぬぎ  皮をぬぎ  外套をぬぎ  電車を追いぬき  片肌をぬぎ  手拭をやけにパッとぬき  羽織をぬぎ  不安をぬき  下駄をぬぎ  上着だけおぬぎ  肌をぬぎ  仮面をぬぎ  松薪とは、くぬぎ  連中は、くぬぎを用いているし、くぬぎ  自分もくぬぎ  行はれ、ぬき  対立はぬき  対立がはげしくなり、ぬき  着物をぬぎ  手拭をぬき  天蓋をぬぎ  行列を追いぬき  ことを見ぬき  神田川まで掘りぬき  紙をぬき  大詰めまで引きぬき  足袋をおぬぎ  ようにして揃えてぬぎ  頭からベレーをぬぎ  寝間着をぬぎ  上着をぬぎ  前へぬぎ  足袋をぬぎ  ひと肌おぬぎ  記録をぬき  白足袋をぬぎ  足をぬき  長刀を引きぬき  ものであるが、ぬき  帽子をおぬぎ  上衣をぬぎ  急にひかってぬき  手袋をぬぎ  靴をぬぎ  靴下もぬぎ  軍服をぬぎ  天地がしめりぬき  精髄はぬき  飛行帽をぬぎ  方がぬき  笠をぬぎ  肌でもぬぎ  ずきんをぬぎ  頭をすっぽりとぬぎ  それをぬぎ  草鞋をぬぎ  礼義にかなって、ぬき  栓をぬき  罎をぬき  綿入をぬぎ  昼食はぬき  束をぬき  下心を見ぬき  首を引きぬき  褞袍をぬぎ  平素着をぬぎ  黄身だけをぬき  それからコートをぬぎ  太刀をぬき  ヴェールをぬぎ  軍手をぬぎ  中へ、ぬき  焦点がずれていても、ぬき  ものは、ぬき  手をぬき  くせに、ぬき  葱をぬき  柱にぬぎ  ぼうしをぬぎ  前にぬぎ  襟巻をぬぎ  イムバネスをぬぎ  それをぬき  履物のぬぎ  それから着物をぬぎ  スリッパをぬぎ  ことがぬき  其石階にぬぎ  スリツパをぬぎ  肌をぬき  えのき、けやき、しひ、くぬぎ  衣服をぬぎ  精神から批判力をぬき  ハンチングをぬぎ  脇差をぬき  からライターをぬき  路にぬぎ  みんな片はだぬぎ  仕込み杖をぬき  諸はだぬぎ  地下足袋をぬぎ  半分ずつぬぎ  今はぬき  裏のくぬぎ  靴下とをぬぎ  弾をぬき  肌のぬぎ  車をぬき  片はだぬぎ  襯衣までぬぎ  ものですから、急いで、ぬぎ  一切忘れて、ぬぎ  真佐子のやや、ぬき  からしっかりぬき  剣をぬき  肩をぬぎ  もろ肌をぬぎ  よろいをぬぎ  陣座羽織をぬぎ  乗馬靴もすっかりぬぎ  外套をおぬぎ  ワイシャツもぬぎ  六波羅をなやましぬき  阿修羅になって守りぬき  スリッパがぬぎ  魂をぬき  頭巾をぬぎ  仏像だけをぬき  ほかならぬき  匕首をぬき  もんぺをぬぎ  靴をやっとぬぎ  着物を、ぬぎ  留針をぬき  息をぬき  夕暮くぬぎ  だれも取りにこないくぬぎ  事実がぬき  帽をぬぎ  臓腑をぬき  体面の保たれぬき  洋書をぬき  民衆をじらしぬき  防寒服をぬぎ  綿はぬき  きり毛をぬき  地帯一帯を蔽う、くぬぎ  外、くぬぎ  ように流れ、くぬぎ  それは、くぬぎ  そのまま、くぬぎ  山を抜くべきも、ぬき  パッチをぬぎ  腕へぬぎ  たしかに魂をぬき  きものをぬぎ  社会的主体性をぬき  知性をぬき  鎌をぬき  ビールをぬき  ビイルをぬき  指環をぬき  口をぬき  観念をぬき  ものをぬぎ  スキーをぬぎ  利潤函数をぬき  症状が、ぬき  先でもつかまえて眠って眠って、眠りぬき  赤松とくぬぎ  タイプから、どうぬき  二条あるを見ぬき  掻巻踏みぬぎ  弾丸をぬき  青竜刀をぬき  足を蹴ぬき  伝統を守りぬき  懐ろ刀をぬき  刃をぬき  ここで待ち受け、ぬき  草履をぬぎ  中まで見ぬき  問題を悩みぬき  ギリギリを指し、ぬき  シャツもぬぎ  ぷすりと射ぬき  木刀をぬき  髯をぬき  秀才といふぬき  かしはなら、くぬぎ  目からひとみをぬき  片端に、くぬぎ  肌襦袢をぬぎ  決意をもち、考えぬき  美和子がぬぎ  流れをぬき  牙をぬき  巧みに彫りぬき  愛を護りぬき  から手をぬき  諸肌をぬぎ  俗をぬき  ように、ぬき  ところは、ぬき  一枚をぬき  美を見ぬき  草を引きぬき  私もおひるぬき  剣道着をぬぎ  着物がぬぎ  草鞋をおぬぎ  衣にぬぎ  オーバーを、おぬぎ  からで、ぬぎ  針をぬき  ことはやりぬき  糸をぬき  葉の落ちつくしたくぬぎ  屋外作業で、くぬぎ  玄関をはなれると、くぬぎ  枝をたれており、くぬぎ  彼は、駆けて、駆けて、駆けぬき  層雲をぬき  興に乗ってぬぎ  胎内をさしぬき  釘をぬき  フトロコに、ぬき  服装をぬぎ  草鞋でもおぬぎ  言葉には、ぬき  小石が無くなると、ぬぎ  木をぬき  鞘をぬき  背後よりぬき  下をくぐって掘りぬき  ワイシャツをぬぎ  履物をぬぎ  一刀をぬき  穴倉をほりぬき  伝六を伴ってぬき  もろはだぬぎ  うち、ぬき  まりきまりを踊りぬき  ときにぬぎ  目を射ぬき  着物をもぬぎ  懲して遣ろうと、ぬき  沓をぬぎ  シルヴェストロ沓をぬぎ  退屈しぬき  天しぬぎ  木末しぬぎ  とぐろをぬぎ  袴をおぬぎ  鉄輪をぬき  オモチャであり、ぬき  奥までを見ぬき  煙管をぬき  毛をひとつかみ引きぬき  さをぬき  時にはぬぎ  菊花にてぬき  小心翼々としてぬき  花衣もぬぎ  戸にぬぎ  そにぬぎ  羽根を引きぬき  赤地に白くぬき  外套をぬぎぬぎ  足袋もぬぎ  吉弥も手伝って、ぬぎ  身を、何とかして、守りぬき  五そにぬぎ  我心を見ぬき  筆をぬき  年月迷ひぬき  牢固としてぬき  上へぬき  市井風流にのみ活きぬき  ワンピースをぬぎ  スリップをぬぎ  浴衣をぬぎ  トコダト磨ぎぬき  煙管筒をぬき  男下駄がぬぎ  とき着衣をぬぎ  股引をぬぎ  ように立ちあがり、ぬき  側にぬぎ  つて手近にぬぎ  だって私たちのぬぎ  書物をぬき  改竄させた、ぬき  柏やくぬぎ  自由であると共に、ぬき  却って彼をぬき  カブトをおぬぎ  



前後の言葉をピックアップ
抜きん出  ぬきんでよ  ぬきんでる  抽んでる  脱ぎ  脱ぎ捨てよ  脱ぎ捨て  脱捨て  ぬぎすて  ぬぎすてよ


動詞をランダムでピックアップ
すり替える釣上げれひたすあやまり堕するうちこんしりぞくなびいひろまるやってのける散らばっ取りつかれ削ろ宣れ吹きかけよ成りたたまき散らす畳み込ん取りはからう呼ばわら
形容詞をランダムでピックアップ
心苦しいか細いいちはやく情なしふかけれとげとげしく可愛かっ薄ら寒し赤黒くっ由由しい堪えがたかっ甲斐甲斐し荒っぽくせまくるしいわる細かしく危うけれひもじゅう手痛かっ