「にじん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ にじん[動詞]
汗がにじん  ひたいににじん  ようにべっとりと紅くにじん  感覚がにじん  血がにじん  血のにじん  溝闇ににじん  涙がにじん  泪のにじん  横ににじん  絵までがにじん  紅裏のにじん  庭石にぬれて、にじん  膝ににじん  時にはまだ生々しくにじん  下ににじん  あとがにじん  汗のにじん  光がにじん  燈は微紅くにじん  封へにじん  秋雨ににじん  血が少しにじん  冷汗がにじん  気分がにじん  夢がにじん  ものがにじん  闇黒ににじん  中までも赤くにじん  脂汗とせせら笑いがにじん  姿は見る見るにじん  涙のにじん  油のにじん  汗かあぶらかがにじん  素足から血のにじん  訳で、うすく、にじん  色のにじん  目茶苦茶ににじん  そこから血がにじん  血ににじん  痕がにじん  影がにじん  黒血のにじん  観念がにじん  肌ににじん  キズから血のにじん  脂汗がにじん  紫色がにじん  一二ヵ所血のにじん  破れ足から血がにじん  薄黒くにじん  薄墨のあやなくにじん  宿命がにじん  一枚一枚板張りをして乾かし、にじん  ように、にじん  紫色ににじん  墨絵がにじん  全体ににじん  作品ににじん  夜気に淡くにじん  色がうっすりにじん  血が流れにじん  下に、にじん  哀願がにじん  灯がにじん  ポッとにじん  泥ににじん  際ににじん  らとにじん  幔幕墨のにじん  ものがいっぱいににじん  処々汚なくにじん  紅が流れにじん  目ににじん  精気がにじん  天の川が白くにじん  顔ににじん  汗ににじん  唾液がにじん  さがにじん  額ににじん  中に溶けて、にじん  眼ににじん  黒血がにじん  墨のにじん  しまつたが、いまだにそのにじん  泌みにじん  奥ににじん  汚点が濃くにじん  言葉ににじん  酒がにじん  ところはべっとりと赤黒くにじん  褪赭色ににじん  下に、ねっとりにじん  面ににじん  雪路に赤くにじん  下から血がにじん  紙ににじん  こっちのべたべたにじん  一面ににじん  情趣がにじん  油汗がにじん  赤ぎれて血がにじん  のがにじん  感じがにじん  手の甲から血がにじん  ペソスがにじん  右側を見ると赤いにじん  霧ににじん  ぼんやりとにじん  後姿がにじん  



前後の言葉をピックアップ
にじり寄ろ  にじる  煮汁  にじろ  滲ん  ニジンスキイ  ニジンダ  ニス  にすい  仁杉


動詞をランダムでピックアップ
たたきこん持運ぶ溶けだすむせ返り押し切っ責め苛ん養っ夢みんほれるふさがら読み比べるさしのべる憤れ言えはねかえりたちさら可愛がる引攣れ繰り返せ乗出す
形容詞をランダムでピックアップ
乏しいねばりづよ重き名残惜しい図太くただしめんどうく聡くうと自慢たらしいかなしかれ物凄まじきやむなくバタくさい甘くっ眠たくいたましく善から厚かましく