「なで」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ なで[動詞]
頭をなで  手に取って、なで  頸をなで  髪をなで  斯んなで  此んなで  あいつの頭をなで  へそをなで  足や、なで  髭をなで  大尉はたくましいうでをなで  あごをなで  三千夫をなで  しずかになで  いっしょにつるりとなで  はげ頭をつるりとなで  ほおをなで  腹をなで  頭をなでてやると逃げようともしないでおとなしくなで  たまをなで  あたりをなで  指でなで  涙など流してはいけません皆なで  喉首をなで  顔をなで  頭をかるくなで  頭をやさしくなで  方をなで  まわりを指さきでぐるぐるなで  顎をなで  肩をなで  頷をなで  頬をなで  山羊髯をなで  荷をなで  頤をなで  掌でそっとなで  背中をなで  衣を掻きなで  身体をなで  手でなで  身体を、なで  膝小僧をなで  棒ばなで  顎を撫でなで  茅をなで  豚だから、ただ知らんがなで  髪の毛をおなで  腰をなで  底をなで  顔をやたらとなで  小指でなで  額をなで  きゅうとなで  手すくなで  平手でなで  ことを云われて居る、つきとばされたりなで  刷毛でなで  軒を時どきにざらざらなで  カシタンカをなで  首をなで  けいこのまえに、やさしくなで  から頭をなで  頭をよくなで  掌になで  相から頬をなで  手をやさしくなで  水晶をなで  胸をなで  背をなで  上にのせてそのかどをなで  本をなで  我耳をなで  えりをなで  金髪をなで  足をなで  顔ばかりなで  髀をなで  体をなで  幾度もなで  頭をつるりとなで  しんせつになで  膝をなで  面をなで  絹物をなで  おかっぱをなで  皮膚をなで  横顔をなで  海とをなで  壁をなで  思いが潜んでいたかと思うと、抱いてなで  背中でもなで  目でなで  クロオスをなで  手少なで  手からえさをとってたべて、なで  手をなで  髪の毛をやさしくなで  カーテンをそっとなで  枕をなで  それをなで  静かになで  のをなで  髷をなで  脛をなで  そうに、なで  ハダをなで  終りまで、なで  耳をなで  わたくし、なで  スリーヴをなで  頸すじをなで  帯をなで  曲線をなで  眼でなで  私をやさしくなで  私をなで  尻尾になで  右手をなで  身体をやさしくなで  破れシャツをなで  ジョリクールをなで  ために、かれをうでにだいて、なで  指先で、ふわふわしたにこげをなで  額髪をなで  脊中をなで  万葉がなで  白髯をなで  一ヶ所をなで  髪の毛をなで  無心になで  頭を黙ってなで  ベゴ石をまはってさすったりなで  ベゴ石をまわってさすったりなで  頭ばかりなで  頸をかきなで  くるくる顔をなで  髯をなで  眼瞼をなで  骨董をなで  狂気のごとく、なで  身の知るよしもがなで  頭髪をなで  鼻をなで  指先でなで  下腹をなで  鬢をなで  髮をなで  毛を掻きなで  さくら若葉が吹きなで  省さん、なで  蛇王様はなで  さんがなで  やうになで  草木を吹きなで  ばんこになで  額からかきなで  たてがみをなで  毛をなで  猫をなで  ぶるん、と、なで  ところをなで  鼻面をなで  葬送のうれひかなで  彼をなで  頭を強くなで  心とをなで  天窓をなで  背をやさしくなで  ソーッとなで  微風になで  風になで  ようになで  塔をなで  鍵をなで  こまかにたたきなで  唇でなで  さすり、なで  詞少なで  天窓つるりとなで  アゴをなで  手をやってなで  心をなで  しろになで  まわりを、なで  畳をなで  一生懸命になで  屋根をなで  高をなで  大切になで  手をとってなで  群落をなで  まわりをなで  別れのまえにも一度なで  松の木をなで  ミリヤアド、もうそんなで  何んなで  大根をなで  外皮をなで  葉をなで  顎から顔面をなで  頬を軽くなで  鼓をなで  手で思わずなで  花びらを軽くなで  犬をなで  ハネ後、をきなで  ところは、みなで  花瓶のおもてを、なで  花瓶を、なで  腕をなで  うえをなで  なかをやさしくなで  小鳥らをなで  間をなで  肌をなで  毛なみをなで  着物をなで  羽をなで  そこらをなで  枝がなで  水を飲ましたり、なで  顋をなで  からだをなで  犬をもなで  病犬をなで  上をなで  あいだに引きよせて、ときどきなだめながらなで  髪毛をなで  頬とをやさしくなで  肩をやさしくなで  それから胸をなで  言つて榻をなで  草をなで  幹をなで  手のひらでそっとなで  頭をかわるがわるなで  不精髯をなで  ふすまをなで  びにあてて、そろそろなで  喉をなで  手をひろげると、つるりとひとなで  おなかをなで  川口がなで  方へなで  上にのせてしきりになで  動物をなで  透明猫をなで  人々になで  神経をやわらかになで  ガラスぶたをなで  はしにすわり、だいじにされ、愛しなで  かな額をなで  絶巓をなで  手を取り上げてなで  じいさんはなで  腮をなで  辺をなで  ツルリとなで  頭をつるつるなで  それにてなで  シロをなで  障子をなで  しりをなでなで  しろ髪を、黙ってやさしくなで  あごをなでなで  あごでもなでなで  ほんとうにあごをなでなで  中からあごをなでなで  表をなで  帳簿をなで  いっぺんあごをなで  先をなで  こたつぶとんにぬくぬくとくるまりながら、もぞりもぞりとなで  あごをおなで  極楽さけえって、はすのうてなで  あごをそろりそろりとなで  あたりをなでなで  あごでもなで  ようになでてはさすり、さすってはなで  それを見ながめながら、なでてはさすり、さすってはなでなで  一本、またなで  あごなんぞなで  ひとなでなで  霊験あらたかなあごをなで  ポテポテとなで  きゅうっと抱きしめられて、つるりとなで  ところをつるりとなで  下をなで  いつでもなで  言はずもがなで  ちょっとあごをなで  とっくりあごをなで  えり首をなで  川風がふわりふわりとなで  首でもなで  ピストルをなで  首をやさしくなで  神のとりなで  脛かきなで  観音様をそっとなで  指をつっこんでなで  破片をなで  くるぶしをそっとなで  みだれ髪をなで  顔をやさしくなで  ブローチをなで  気持よくなで  錦をなで  のかどかどをなで  ひとつひとつそれをなで  ぼくたちをなで  それをすこしなで  のをそろそろなで  そばへ寄って、なで  どてらをきられます、なで  松吉や、なで  脇腹とをなで  羽根布団をなで  鬚をなで  眼尻をなで  衣文をなで  其背中をなで  称もなく、うなで  顏をなで  むこうずねをなで  灰を掻きなで  



前後の言葉をピックアップ
なづける  名づける  ナテュラリズム  撫でん  名出  ナデ  撫で  撫でよ  なであげ  なでおろし


動詞をランダムでピックアップ
詣らたかぶるおくれんだきつく振り放しかぶれる遮ろ差し上げよ悟り歓ん科せ濡れそぼた訊き紛れ込ん戴きもり立てよとりまぜききほれゆがみ踊りゃ
形容詞をランダムでピックアップ
ひさしくわざとらしいまましき情けなきつよ憂き哀しきならびない狭苦しくっ囂しかっ切なく疑いぶか淋しくっ喧しあわただしいくやしき理窟っぽいほろ苦きあつかっ果てしない