「なつかし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ なつかし[形容詞]
何となくなつかし  音なつかし  難いなつかし  昔なつかし  優しくなつかし  声なつかし  ないなつかし  一寸なつかし  何となつかし  古里なつかし  実になつかし  やはりなつかし  やさしいなつかし  ひどくなつかし  あかつきなつかし  大変なつかし  いともなつかし  さなつかし  あまりになつかし  やさしくなつかし  いかにもなつかし  無性になつかし  一層なつかし  君なつかし  何だかなつかし  訛なつかし  軒端なつかし  切になつかし  ゆかしなつかし  みななつかし  言葉なつかし  人声なつかし  からなつかし  父上なつかし  なにかなつかし  東京なつかし  これらなつかし  いっそうなつかし  はげしいなつかし  どうやらなつかし  とあるなつかし  あななつかし  しばしなつかし  ただなつかし  皆なつかし  つぎつぎなつかし  兄なつかし  なまりなつかし  ばなつかし  名所なつかし  なきなつかし  うになつかし  如何にもなつかし  いよいよなつかし  更になつかし  鬼なつかし  よきなつかし  なくなつかし  只なつかし  もうなつかし  何やらなつかし  ややなつかし  ひたすらになつかし  少年なつかし  空恐ろしいなつかし  幼いなつかし  若々しいなつかし  やっぱりなつかし  故郷なつかし  郷なつかし  物なつかし  自らなつかし  わかくなつかし  

~ なつかし[形容詞]
土のなつかし  菜の花のなつかし  夢のなつかし  林檎料理のなつかし  旧友のなつかし  ことをなつかし  真実友はなつかし  旅もなつかし  さとなつかし  昔風のなつかし  様はなつかし  幽邃のなつかし  燈火のなつかし  骨肉のなつかし  ロマンスのなつかし  余先生である漱石をなつかし  馬はなつかし  人をなつかし  色のなつかし  人達になつかし  兄のなつかし  オフェリイ姫はなつかし  彼はなつかし  月はなつかし  むかしをなつかし  私がなつかし  みんな木をなつかし  昔をなつかし  僕にはなつかし  友へのなつかし  営みのなつかし  一種のなつかし  私にはなつかし  事をなつかし  一昔前をなつかし  浄はなつかし  非常になつかし  孔明もなつかし  先生に対するなつかし  たびになつかし  鱗をなつかし  辺りをなつかし  味のなつかし  青年になつかし  口ではなつかし  瞬間のなつかし  時不思議ななつかし  三好はなつかし  さまもなつかし  一年をなつかし  これはなつかし  めをなつかし  愛情となつかし  顔をなつかし  門番夫婦もなつかし  まゆずみのなつかし  たまへなつかし  わたしたちをなつかし  ようになつかし  生れ故郷をなつかし  名のなつかし  彼女はなつかし  月影のなつかし  のもなつかし  それをなつかし  光をなつかし  聲のなつかし  郷里のなつかし  酒匂さんがなつかし  夏をなつかし  印象をなつかし  菊王はなつかし  ごと秋はなつかし  染みもなつかし  高氏はなつかし  ば人がなつかし  道のなつかし  佐波川はなつかし  客がなつかし  さはなつかし  思い出のなつかし  者をなつかし  天井をなつかし  毛スジほどのなつかし  仏蘭西芸術のなつかし  人間同様のなつかし  学校のなつかし  武石とはなつかし  三五郎はなつかし  身振りをなつかし  松をなつかし  のをなつかし  木をなつかし  幼心のなつかし  方になつかし  文化のなつかし  人のなつかし  髷のなつかし  中のなつかし  知らない少女になつかし  無限のなつかし  これもなつかし  私をなつかし  蘇州もなつかし  思い出をなつかし  妙になつかし  立枝はなつかし  少女子どものなつかし  若芽もなつかし  生活のなつかし  二人はなつかし  千枝太郎もなつかし  玉藻はなつかし  こころのなつかし  襦袢はなつかし  薫はなつかし  声のなつかし  町になつかし  婿君をもなつかし  美緒をなつかし  程のなつかし  人間のなつかし  自分に対するなつかし  野のなつかし  彼はいかにもなつかし  予をなつかし  友をなつかし  冴子へのなつかし  われもなつかし  匂いをなつかし  泉のなつかし  下になつかし  婦人はさもなつかし  姉をなつかし  今日このごろはなつかし  祖母などのなつかし  女もなつかし  唄よなつかし  私もなつかし  如くになつかし  松永はなつかし  父のなつかし  人もなつかし  事などなつかし  木村重吉がなつかし  髯のなつかし  思ひ出のなつかし  年増がなつかし  手のひらのなつかし  肩のなつかし  子兎はなつかし  私はなつかし  姿をなつかし  娘のなつかし  はさみをなつかし  毎になつかし  海神のなつかし  香煙のなつかし  三田はなつかし  君のなつかし  ムスメのなつかし  古里をなつかし  ひともなつかし  喇叭のなつかし  故郷のなつかし  

なつかし[形容詞]
なつかしさ  なつかしそう  なつかしい死  なつかしや殿  なつかしがり合っている心持ち  なつかしや雲雀  なつかしけれど一  なつかしの情  なつかし味  なつかしみ  なつかしがつて  なつかしげ  なつかしやミユーズ  なつかしの  なつかしうも覺  なつかし川  なつかし一  なつかしかきつばた  なつかし佐渡おけさ  なつかし父  なつかしがらせるやはらかい  なつかしゅうござります  なつかし気  なつかしや王水  なつかしの文字  なつかしからん  なつかしがること  なつかしの店  なつかしながら都  なつかし君  なつかしがるもの  なつかしのノスタルジイ  なつかしの湯  なつかしがっているか  なつかしがる人  なつかしと都鳥  なつかしむおもひを  なつかし停車場  なつかし秋風  なつかし神無月  なつかし家  なつかし古文書  なつかし宮城野  なつかしゅうぞんじまする  なつかしがる猫  なつかしうなるくちなし  なつかしや范蠡  なつかしや一  なつかしがりよう  なつかしの教え子  なつかし水  なつかしがっている風景  なつかしやお雪  なつかしや梅  なつかしがりなさるの  なつかしやとばかりつく息  なつかしがるわけ  なつかし紀  なつかしの家居  なつかし吾  なつかし胡瓜  なつかしがるなんて手  なつかしがる手紙  なつかしがるの  なつかしがる記念  なつかしや舞  なつかし人  なつかしがっていると思うてはいつ  なつかしや御堂  なつかしがっていつまでも  なつかし唄  なつかしがって話  なつかし九月九日  なつかし娘  なつかしがる友達  なつかし三河屋  なつかしとするもの  なつかしの星  なつかし飛ぶ鴎  なつかしに三田  なつかしかん  なつかしうご  なつかしがっていらっしゃい  なつかし父母  なつかしやいと  なつかしがっているところ  



前後の言葉をピックアップ
夏枝  夏雄  なつか  夏蔭  懐し  懐かしん  懐かし  懐しい  なつかしい  懐かしい


動詞をランダムでピックアップ
洩らそ賑わす咲かし傷めん立並んたらしこみ立退きよこせ移り住ん遇するかけ隔たっちまっ苅ら汗ばむならべよしめしつづっふんじばら悪たれる座っ
形容詞をランダムでピックアップ
がた空しゅう耀かしいかびくさきつかれ温かかっ蒸し暑あかるにあわしく淋しかっ新しい力強い心細神神しい露けきただしきひょろ長く哀しかっうすら寒かっかそけく