「なだめる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ なだめる[動詞]
肩をたたいてしきりになだめる  呉はなだめる  ロロー殿下をなだめる  引っ張り、なだめる  下宿人たちをなだめる  僕をなだめる  顔色をやわらげて、なだめる  アインシュタインをなだめる  言はず、なだめる  古老が申しなだめる  ブランコ乗りをなだめる  ブランコ乗りをだんだんとなだめる  彼をなだめる  親代りを仕立ててなだめる  阿古長は、なだめる  心を化しなだめる  気持をなだめる  品子をなだめる  曹操が、なだめる  刑事は、なだめる  怒りをなだめる  私をなだめる  機嫌をなだめる  後へ来て、なだめる  嘉助が少しなだめる  親達をなだめる  駄々児をなだめる  二がなだめる  使節一行をなだめる  ぼくをなだめる  元をなだめる  声でなだめる  憤慨をなだめる  ママがなだめる  長謙さんがなだめる  ようにしてなだめる  兄さんをなだめる  女はなだめる  背を撫でながら、なだめる  犬をなだめる  手を挙げてなだめる  お前をなだめる  自分をなだめる  老母をなだめる  言ふよりはなだめる  笑いを含んでなだめる  丸田はなだめる  それをなだめる  エステル夫人をなだめる  キャラコさんは、なだめる  楽をさしてあげると、なだめる  相手をなだめる  不安をなだめる  加奈子が少しきつくなだめる  正成は、なだめる  馬をなだめる  竜をなだめる  二人をなだめる  彼がなだめる  それらをなだめる  七兵衛をなだめる  苦憂をなだめる  小声で、なだめる  小男に向って来て、なだめる  歌手をなだめる  夫人をなだめる  家計上のうちあけ話しあり、泣く、怒る、なだめる  苦しみをなだめる  奥さんはなだめる  斯うなだめる  心をなだめる  半ばはなだめる  幸子をなだめる  手下をなだめる  彼女はなだめる  玉藻をなだめる  彼自身をなだめる  男をなだめる  娘をなだめる  心もなだめる  自分をどうなだめる  腹の虫をなだめる  かなしげにほほえんで、いろいろとなだめる  不和をなだめる  声が、なだめる  口調になったが、なだめる  調子はなくて、なだめる  あいだにはいってなだめる  ですよ。子供をなだめる  教訓を繰り返して、まあ、まあと、なだめる  慈悲深くなだめる  四つぐらゐの子供でも賺しなだめる  窕子をなだめる  わたしをなだめる  使者をなだめる  フリーダをなだめる  頬をなだめる  者たちをなだめる  夫婦をなだめる  神経をなだめる  次郎をなだめる  者がなだめる  恭一をなだめる  お母さんが時々なだめる  朝倉先生はなだめる  トーマスをなだめる  北条美作は、なだめる  今度はなだめる  カテリーナ・リヴォーヴナをなだめる  から安心してくれとなだめる  不平をなだめる  母親がなだめればなだめる  可愛いが、どうして宜いか分らないほど困らせられてしまって、なだめる  九郎はなだめる  人々をなだめる  顔を覗きこんで、なだめる  口々になだめる  家来たちがなだめる  ために、なだめる  その男は軽く、なだめる  手でなだめる  ン廻して、なだめる  皆をなだめる  様に云ってなだめる  姉がなだめる  姉をなだめる  これをなだめる  穏やかななだめる  律をなだめる  助教授をなだめる  



前後の言葉をピックアップ
宥め  宥めよ  なだめ  なだめよ  宥める  なだめれ  なだめん  なだらか  雪崩込ん  なだれ


動詞をランダムでピックアップ
たちあがれる建てれ副え聞き入ろ阻めるこよつもる突き刺せ間切る冷まし押し込み抱き留め差し向けよいう詠ま嫁げのべ書き送ら惑わし名づけれ
形容詞をランダムでピックアップ
図太くむくつけくねむたかろ根強いたのしき善から物々しきかわいらしくばからしかっ浅ましかっとおかれええ美しかろとめどない浅からぬきがたいみずみずし気まずく照れ臭かっばっち