「ながめ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ながめ[動詞]
我を忘れてじっとながめ  身の上をうらやましく思ってながめ  手に取りあげてつくづくながめ  外にながめ  ほうをもながめ  茶がまを買って来て、ながめ  大須をながめ  顔をながめ  大雪をながめ  手帳をながめ  手に取って暫くながめ  蟹をながめ  空をながめ  様をながめ  始めはただながめ  ぐ雨をながめ  のをながめ  天をながめ  金魚をながめ  人間をながめ  血をながめ  關東平野をながめ  方をながめ  海面をながめ  ようにながめ  光景をながめ  花をじっとながめ  朝もやをながめ  コーヒーをながめ  妹をながめ  彼はながめ  窓から外をながめ  制服をながめ  妹とをこもごもながめ  途方にくれてながめ  緊張してながめ  楽譜をながめ  手すりにもたれてながめ  娘をながめ  それを一目ながめ  船をながめ  一つ一つ宝石を選り分けてながめ  海をながめ  一筋道をながめ  絵本をひろげてながめ  ボタンを取り出してながめ  上に載せてながめ  眼をながめ  頭をながめ  行つて電柱をながめ  言つて寫眞をながめ  両手に丸めて打ながめ  何心なくながめ  余念なくながめ  そうにながめ  手をながめ  優なるながめ  烟をながめ  写真を出してながめ  むりをしてはるか下をながめ  惘然とながめ  方をじろじろながめ  夢中になってながめ  あたりをながめ  機械をつくづくながめ  下でじっとながめ  一彦をながめ  ふしぎそうにながめ  向こうをひょいとながめ  あたりをきょろきょろながめ  水面をきょろきょろとながめ  ぼんやりたき火をながめ  ころもの色をながめ  同業者名簿をながめ  可愛い若武者だとながめ  外をながめ  五枚取ってながめ  手にとってよくよくながめ  貝の火をながめ  木をながめ  船とをながめ  柱をながめ  湖水をながめ  目をして、じっとながめ  方をじっとながめ  あわがすっかり浮かびきるまでながめ  絵をながめ  水のおもてをながめ  花をながめ  ハイラムはじっとながめ  ぼくはながめ  遠くの空をながめ  人々はながめ  自然のながめ  ぼんやりとながめ  笛をながめ  ぼんやりと立ってながめ  上にのせて、ながめ  景色をながめ  海を恋しがって、涙ぐんでながめ  山をながめ  町となり、ながめ  影をながめ  木の芽をじっとながめ  ペンをながめ  ぼんやり引幕をながめ  庭をながめ  心でながめ  ゆくえをながめ  そこから頂上をながめ  雲をながめ  岸をながめ  鶴をながめ  ほうをながめ  紅葉を活けてながめ  二人を最も好ましくながめ  彼をながめ  雨をながめ  表をながめ  角度でながめ  石をながめ  仲間をながめ  私をながめ  眼のまえにながめ  虫をながめ  懐中時計をながめ  姿をながめ  鏡をながめ  足をながめ  身体を、なでたりながめ  海のながめ  態度をながめ  自分をながめ  庭のながめ  彼女をながめ  桜花をながめ  横顔をながめ  横眼でながめ  拳銃をじっとながめ  顔をよくながめ  機械をながめ  ここに来ていると思ってながめ  ぼんやり窓外をながめ  風態をながめ  ひまをながめ  色どりを飽かずにながめ  狭山をながめ  生活をながめ  おもしろそうにながめ  群衆をながめ  写真をながめ  上野の森をながめ  往還をながめ  向うをながめ  みんなきて、ながめ  町をながめ  月をながめ  肩揚げをながめ  猿さん、ながめ  下でながめ  二人と見れば、飽かずながめ  悪性腫瘍をながめ  そくかなしくて、ながめ  遠くのそらをながめ  殿兄弟をながめ  お日様をじっとながめ  夕月をながめ  たたずまいやを、ながめ  波をながめ  わが身世にふるながめ  背中をじっとながめ  道をながめ  灯をながめ  火事をながめ  これをながめ  曹操をながめ  備えをながめ  死体をながめ  敵陣をながめ  恍惚とながめ  潜望鏡をながめ  ほうをジロジロながめ  サト子は、ながめ  いつまでも月をながめ  株をながめ  五分ほども、ながめ  陶磁をながめ  こちらをながめ  光をながめ  目つきでながめ  所在なくながめ  目を細めてながめ  熱心にながめ  通りを、だまってながめ  風景をながめ  前でうちかえしてながめ  脇窓から町並をながめ  そばに寄ってながめ  一同をながめ  形をながめ  不思議そうにながめ  紅雲をながめ  模様をながめ  風雲をながめ  戟を、あわれむ如くながめ  涙をながめ  硝子窓を通してながめ  線をながめ  枯柳をながめ  雨足をながめ  鳥をながめ  花でもながめ  けしきがながめ  原のながめ  けしきは見下したるながめ  好奇心でじっとながめ  大阪湾をながめ  川をながめ  母とながめ  推移をながめ  文学者としてながめ  眼でながめ  これはいいと言ってしばらくながめ  うえからそれをながめ  容貌をながめ  時運をながめ  大勢をながめ  世相をながめ  手のひらをながめ  植木をながめ  一つにながめ  恵那山にもながめ  そこにながめ  壁にでも掛けてながめ  まどから外をおながめ  荷物をながめ  イモをながめ  上をながめ  かおをながめ  威容をながめ  鉢をながめ  しろから、ながめ  二つの星をながめ  岩山をながめ  慎重にながめ  情勢をながめ  紛論をながめ  顔ぶれをながめ  見世物にながめ  野原をながめ  感銘深くながめ  トニイはじろじろながめ  あれこれ手にとってながめ  のどかにながめ  顔をのみながめ  不平そうにながめ  様子をながめ  はるかにながめ  穀物畠を飽かずながめ  据ゑ海をながめ  疾風のゆくへをじつとながめ  患部をながめ  のがながめ  望楼から兵機をながめ  新緑をながめ  葉子にはおもしろくながめ  帽子などをながめ  寝顔にながめ  顔をまじまじとながめ  縁でもあるらしくながめ  ふうにながめ  あたりをまじまじとながめ  それをながめ  心で鋭くながめ  灰色をながめ  歯並みをながめ  名刺を持って来てながめ  裏をながめ  堆積をはるばるとながめ  娘ほどにながめ  憎しみをもってながめ  さとをこめて打ちながめ  色をながめ  上目でながめ  げにまじまじとながめ  ほうがかえってそわそわしくながめ  火にながめ  遺子をながめ  敵をながめ  ば恵まれたるながめ  はず、そのながめ  露台とをより美しくながめ  城をながめ  天地をながめ  容子をながめ  顔をしげしげとながめ  ものをながめ  これまでながめ  背中をながめ  眼で、ながめ  記事をながめ  方を、ながめ  鬼瓦をながめ  中をながめ  お月さまをながめ  紙片をながめ  人骨をながめ  横にながめ  怪塔をぽかんとながめ  尾にいじらしくながめ  はるか目のしたにながめ  なかを、じっとながめ  空をじっとながめ  あわをながめ  武者ぶりをながめ  かたつむりをながめ  一本まじってながめ  葉子に取ってはなつかしくばかりながめ  割合に荒れずにいて、ながめ  そこらをながめ  衣装を物珍しくながめ  服装をながめ  手に持ってながめ  景色などをながめ  立ち姿にながめ  過去にばかりながめ  過去としてながめ  姿をまんじりとながめ  ようにまじまじとながめ  目いっぱいにながめ  境目にながめ  ように黒くながめ  まましばらくながめ  上に置いてじっとながめ  木立ちにながめ  姿とがながめ  こっちをながめ  様子がなつかしくのみながめ  心になって打ちながめ  病室からながめ  親しみ深くながめ  窓を通してながめ  右をながめ  本をながめ  世の中をながめ  死骸をながめ  円屋根をながめ  はるか下にながめ  心持でながめ  肖像をながめ  後姿をながめ  顔をじっとながめ  奥をながめ  水をながめ  ちょっと黒板をながめ  所をながめ  あとをながめ  生垣をながめ  世界をながめ  名刺をながめ  左右をながめ  枝をながめ  まま外面をながめ  書物を一応ながめ  本箱をながめ  煙柱をながめ  草履をながめ  絵はがきをながめ  悪魔をながめ  運動を始めたなと思ってながめ  連中をながめ  池をながめ  窓から往来をながめ  きれいな写真にとってながめ  蝋燭立をながめ  外面をながめ  片とをながめ  掘割りをながめ  注意してながめ  三四郎をながめ  さきへ広げてながめ  上にながめ  ところを、快くながめ  結果をながめ  煙をながめ  つもりでながめ  背景をながめ  天井をながめ  建物をながめ  しまわずにながめ  あいだパイプをくわえてながめ  さうにあたりをながめ  湯気をながめ  下をながめ  まりをながめ  太刀をながめ  感嘆をしてながめ  瞳でながめ  間足許をながめ  顔を、じっとながめ  顔ばかりながめ  うしろ姿をながめ  ように少し離れてながめ  まま彼女をながめ  うえでうつくしくながめ  あたりのながめ  ぐあいで、なかなかのながめ  氷山風景をながめ  ゆききをながめ  女をながめ  美女をながめ  静かに、しかし注意深くながめ  窓からなんかながめ  うちをじっとながめ  街路をながめ  深淵をながめ  先をながめ  蚓ばれをながめ  蔭でながめ  窓のながめ  前にながめ  花むらをながめ  あっけにとられてながめ  興味をもってながめ  戸口に立ってながめ  頬杖をついてながめ  呆気にとられてながめ  此等のながめ  事をながめ  固定してながめ  つてからのながめ  ぼんやり門前をながめ  目を凝らしてながめ  植込みをながめ  端から端へいくどもじろじろとながめ  かおをじろりじろりとながめ  うえにながめ  武蔵野が、ながめ  稲をながめ  小石をながめ  日さまをながめ  眼を細めてながめ  冬のながめ  女郎花、ながめながめ  まり、ながめ  そともながめ  今もながめ  ″\顔をながめ  山々が少し遠くひらけてゐて、そのながめ  ひだですから、ながめ  大抵のながめ  のを少し隔ててながめ  半身写真をじっとながめ  谷をながめ  一点くっつけてはまたながめ  像をながめ  昼飯を食いながらながめ  自画像をながめ  針をながめ  顔は、どうながめ  巌壁によじのぼり、ながめ  海戦をながめ  様子が、ときどきながめ  海図をながめ  面をながめ  ここのながめ  目も放さずながめ  剣術ぶりじゃとながめ  原野と、ながめ  へそをあらためてながめ  有様をながめ  鞘を払ってながめ  勘違いをしてはいけません、ただこうしてながめ  びっくりしてながめ  時計をながめ  ナプキンをながめ  顔を上げてながめ  わたしたちをながめ  まともにながめ  夜をながめ  火をながめ  立合をながめ  脛毛を、ながめ  往来をながめ  五重の塔もながめ  富士もながめ  運命をながめ  遠くをながめ  少年をながめ  河原をながめ  ほうを時々じろりじろりとながめ  耳をながめ  仔細にながめ  あたりを一応ながめ  心配してはながめ  ところをながめ  前に立ってながめ  様子をだまってながめ  中からわたしをながめ  植木屋をながめ  もみ手をしながら、うっとりながめ  ほこりをながめ  それを、ながめ  感心してながめ  わたしをながめ  それから外をながめ  我知らず外をながめ  半身像をながめ  印籠をながめ  それを捻くって、しきりにながめ  生き物をながめ  それをじっとながめ  活動をながめ  空のみをながめ  そうに、ながめ  笑顔でながめ  看板をながめ  子供らをながめ  ひとりでながめ  表紙絵をながめ  絵をよくながめ  板壁をながめ  夕陽をながめ  秋をながめ  勝負をながめ  一目にながめ  刀をながめ  方からながめ  それを受けてしきりにながめ  考えを凝らしてながめ  手から手に渡してつくづくとながめ  馬をながめ  姿とをよくよくとながめ  炭火とをながめ  はたけをながめ  女神をながめ  静かにながめ  それを拡げて、つくづくとながめ  お松のながめ  出来具合をながめ  等分にながめ  手元ばかりをながめ  蘭書をながめ  鶏をながめ  ムク犬をながめ  群集をながめ  見物をながめ  人形をながめ  無心にながめ  遠目にながめ  内心快くながめ  手つきをながめ  秋のながめ  月かげをながめ  卓上をながめ  前後左右からつくづくとながめ  頭髪をながめ  二品をながめ  手錠をながめ  あくほどながめ  床のながめ  流れをながめ  固唾を呑んでながめ  米友は、じっとながめ  絵看板をながめ  蔭をながめ  柏の葉のひらめきをながめ  身体をじっとながめ  短銃をながめ  焚火から立ち上って、ながめ  掛額をながめ  額面をながめ  眼付でながめ  さいぜん横目にながめ  右見左見してながめ  弁信をながめ  笑い顔をながめ  沖をながめ  両側をながめ  日々をながめ  肩をながめ  絵図面をながめ  万燈をながめ  挙動をながめ  面白そうにながめ  体をながめ  憮然としてながめ  浮木をながめ  手を注意深くながめ  マジマジとながめ  彫刻をながめ  二人をながめ  一座をながめ  茫然とながめ  鴎をながめ  のだと思って、ながめ  なかに紛れこんでゆく白い煙りをながめ  雨脚をながめ  交渉をながめ  眼ひらきてながめ  正目にながめ  世空華のながめ  山水画をながめながめ  図面を、しげしげとながめ  米友をながめ  寝顔をながめ  笛を携えて、しきりにながめ  とある茶屋でながめ  面をしてながめ  後ろをじっとながめ  方にながめ  微光をながめ  火加減をながめ  ぼんやりと、ながめ  花壇にながめ  あたりをややしばらくながめ  埃をながめ  餅網をながめ  気持ちで遠くながめ  好奇心に待ちながめ  雪をながめ  粉末をながめ  敏子をながめ  静也をながめ  色彩とを貪りながめ  群れをながめ  森をながめ  河原にながめ  がんりきをながめ  一心にながめ  面色をそっとながめ  金包をながめ  風呂敷包とを、事新しくながめ  念入りにながめ  挙動をしきりにながめ  砂いじりをながめ  道中記をながめ  心酔的にながめ  ちょっとぐらいならいいが、そう長くながめ  人だかりをながめ  様子を篤とながめ  ものはじっと立ってながめ  興味を以てながめ  ボタ山のながめ  愛宕山林をながめ  眼つきでながめ  月影をながめ  湖をながめ  石塔をながめ  前後左右をながめ  五輪塔を暫くながめ  横目でながめ  うつる姿をながめ  七兵衛をながめ  一行をながめ  以前にながめ  生首をつくづくとながめ  外をじっとながめ  公卿がたをながめ  通りを漠然とながめ  湖面をながめ  窓をあけて湖をながめ  成り上がり者をながめ  大空をながめ  星をつくづくとながめ  星をながめ  ためつすがめつして、ながめ  鞘を抜き出してながめ  銀様がつくづくとながめ  名を聞いて、ながめ  後ろ姿をながめ  眼をあげてながめ  ヶ岳をながめ  小梨平をながめ  あそこへ立ってながめ  手から借受けて、つくづくとながめ  姿をなつかしくながめ  外象をながめ  わたくしはじつとながめ  ポチをながめ  島をながめ  一そう心をおちつけてながめ  目でながめ  窓をながめ  数右衛門をながめ  宵空をながめ  苦しみをながめ  八とながめ  相手とながめ  口許をながめ  動静いかにとながめ  炭団をつくづくとながめ  一枚絵をながめ  一つ拾い取って打ちながめ  さいに打ちながめ  岬をながめ  眼通りにながめ  白雲を、飽くまで仰ぎながめ  室内をながめ  足をとどめて、しばらく打ちながめ  気をとられながら、ながめ  をかしきを、ながめ  浮游をながめ  毎日暇さえあればしみじみとながめ  われを忘れてながめ  倚って、ながめ  線を引いてながめ  主従がながめ  一面にながめ  足をとどめてながめているが、ながめ  のを、ながめ  間をながめ  間にながめ  光を暫くながめ  海をしきりにながめ  冷静にながめ  前庭をながめ  自分のながめ  色でながめ  辻ビラを打ちながめ  ここへ来てながめ  落しにながめ  鷹揚にながめ  一辺をながめ  一角をながめ  背のびをしてながめ  火の子をながめ  壮快なながめ  手に取り上げてながめ  三角葛藤をながめ  体つきをながめ  仔細らしくながめ  具合を、ながめ  山々をながめ  幸作をながめ  いちばん広くながめ  気持でながめ  傍へ寄って来て、しげしげとながめ  旗印をながめ  黒船をきょとんとながめ  赤い石をながめ  不気味ですが、ながめ  下地においてながめ  戦雲をながめ  そばへよんで、しげしげとながめ  ぼんやり楊をながめ  らをながめ  人がにがにが笑ってじっとながめ  顔をしてながめ  瓶をながめ  口をあんぐりあけて、じっとながめ  地平線をながめ  釜をしげしげながめ  春のながめ  室内をかわるがわるにながめ  丘とをながめ  下着をながめ  難を、ただながめ  陣をながめ  葦笛をながめ  皮袋をながめ  ようすを、じろじろながめ  ようすをじろじろながめ  ぼんやりそれをながめ  ふたりをながめ  海原をながめ  ようすをながめ  チロをながめ  獲物をながめ  もんだろう、と考えながらながめ  遠山をながめ  ものか、ながめ  海あたりをながめ  外を遠くながめ  山河をながめ  炎をながめ  進捗をながめ  痛快にながめ  キャンドルをながめ  地を低くながめ  今は全く、ながめ  額を合わせてながめ  自分ひとりだけがながめ  寒宮のながめ  額などをながめ  木ぶりをながめ  雄姿をながめ  下におろして、じっとながめ  通りをながめ  顔色をながめ  無遠慮にながめ  部屋をながめ  庭石をながめ  庭先をながめ  朝をながめ  指先をながめ  気味を悪がって唯ながめ  天の河をながめ  不安らしくながめ  門もながめ  遠くでながめ  態をながめ  火光をながめ  木魚をながめ  縁側から月をながめ  七らをながめ  さとをながめ  お客様をながめ  海山とをながめ  ことがあって、時々、取り出してはながめ、取り出してはながめ  幾度も取り出してはながめ、とり出してはながめ  前をながめ  不審とながめ  二人は坐ってながめ  狼狽ぶりを、いよいよおかしく、まじまじとながめ  外れからつくづくとながめ  痛快らしくながめ  鳥類だとでも思ってまじまじとながめ  表看板をながめ  兵馬をながめ  陸地をながめ  東をながめ  戦果とながめ  戦状をながめ  横町をながめ  伊勢の国をながめ  ぼんやりと金屏風をながめ  油断なくながめ  状をながめ  それを食べようとしないで、暫くじっとながめ  伊太夫にはながめ  感心しないと思って、ながめ  青葉城をながめ  様子をつくづくとながめ  まわりをながめ  方角を、どうながめ  木口をながめ  上目づかいでながめ  仕事ぶりをすまし込んでながめ  ところでながめ  六枚屏風をながめ  庭前をながめ  肉体美をながめ  気なしにながめ  今も、うっとりとながめ  お雪ちゃんはながめ  素振りでながめ  気になってながめ  わず不義をしてもいいと言って、ながめ  さを開いてながめ  いつまでお前はながめ  行方をながめ  よそへてながめ  垣ごしにながめ  都会をながめ  レースをながめ  下からそっとながめ  はしごばかりながめ  ますところなくながめ  傑作をながめ  がたをあわれ深くながめ  面からこれをながめ  壁をながめ  窓ぎわに立って遠く、あてなくながめ  野原のながめ  景色をあかずながめ  さんごをながめ  辺りをながめ  水面をながめ  クルクル眼を廻して、驚いてながめ  振舞をながめ  字面を、じっとながめ  あたり近所をながめ  死骸を打ちながめ  しょんぼりとながめ  首の疲れるほどながめ  軒をながめ  為さんようをながめ  無意識にながめ  寝顔をまたながめ  孫をながめ  味方をながめ  士気をながめ  原稿紙をながめ  応酬をじつとながめ  中を透しながめ  夕暮をながめ  レオンハルトをながめ  情でながめ  渋め顔をながめ  呆然としてながめ  ザビーネをながめ  箱をもながめ  がっかりしながらながめ  徒労をながめ  クリストフをながめ  微笑をながめ  ことをながめ  河をながめ  一つずつながめ  つけにながめ  げにながめ  微笑みながら彼をながめ  景色にながめ  朝晩にながめ  香箱をながめ  兄をながめ  墨書き文字をながめ  静にながめ  存分にながめ  壜をながめ  霧をながめ  顔ばかり、じろじろながめ  風物をながめ  裏手をながめ  腹をながめ  白雲でもながめ  好奇心を以てながめ  無念そうにながめ  建築のながめ  瞳を凝らしてながめ  逍遥気分でながめ  端坐してながめ  与八をながめ  のを笑いながらながめ  みんなあっけにとられてぽかっとそらをながめ  人々を、ながめ  皆代わる交わるながめ  聴衆をながめ  従順にながめ  真相を知らば、あえてながめ  前方をながめ  激戦をながめ  他方をながめ  衣をながめ  様子でながめ  顎、などをながめ  大地をながめ  つけにじろじろながめ  クリストフを、ながめ  ハスレルをながめ  語数などをながめ  老人をながめ  それから先はもうながめ  ポットペチミットをながめ  彼女はながめ  ひそかにながめ  間母をながめ  白壁が、ながめ  一角とを、しみじみとながめ  彼女らをながめ  動きがながめ  人からながめ  ロールヘンをながめ  顔をじろじろながめ  眼つきでじっとながめ  絵本にながめ  へんをながめ  畑をながめ  手を下さずにながめ  湖上をながめ  湖前をながめ  限りを為し終るまでながめ  閑静でもございますし、ながめ  閑静な、ながめ  石ぶりをながめ  すすき野原をながめ  青年を、驚いてながめ  書物を、見るともなくながめ  皮肉そうにながめ  うちをながめ  曲目をながめ  身振りをながめ  まり近寄ってながめ  クリストフはながめ  周囲にながめ  人生をながめ  そこに立ち止まりながらながめ  王をながめ  男をながめ  奴らから、ながめ  人をながめ  近眼鏡越に打ちながめ  波紋をながめ  老女は熟く熟くとながめ  から、始終ながめ  主人をながめ  空をばかりながめ  右近はながめ  方を仰いでながめ  夫をながめ  一同を黙ってながめ  最後にも一度ながめ  子供たちをながめ  弟をながめ  のをたがいにながめ  弟からながめ  室へもどってきて、ながめ  人々をながめ  間彼をながめ  午前にながめ  泣きながら源氏をながめ  慰めにながめ  姫君はながめ  女王はながめ  女王がながめ  心にながめ  箱をながめ  日輪草をながめ  返事をながめ  下へも置かれずにながめ  中将を思って、じっとながめ  空間をながめ  中のながめ  微笑しながらながめ  かたをながめ  一所をながめ  花野もながめ  野をながめ  中宮はながめ  車から出してながめ  空なながめ  宮をながめ  趣味から源氏は思ってながめ  ほうへ出てながめ  空ばかりをながめ  顕わにながめ  源氏はながめ  ものと思ってながめ  手から離しがたくじっとながめ  手紙をながめ  横目にながめ  空はながめ  ほとりをながめ  あちこちをながめ  牛とをながめ  一本一本かんじょうしながらながめ  らする海のながめ  明石でながめ  女たちがながめ  氷などにながめ  世話をして、抱いたり、ながめ  わが子をながめ  身に沁んでながめ  野のながめ  気分でながめ  朝霧をながめ  ようにじっとながめ  源氏がながめ  恋人をながめ  ことであるとも思ってながめ  姫君をながめ  初春のながめ  手習い紙をながめ  ほうがながめ  不破の関守氏は、ぽつねんとながめ  仰向けになってながめ  ゆっくり月をながめ  面白いことにながめ  火のあがるをながめ  玉鬘はながめ  二人を微笑んでながめ  之をながめ  近くに出てながめ  女房たちは楽しんでながめ  肉親たちをながめ  宮は言って、ながめ  姿でながめ  ほうばかりがながめ  真心からかわいくながめ  気持ちでながめ  二人でながめ  疲れた顔をながめ  まともにしばらくながめ  贅沢をながめ  彼らをながめ  フランスをながめ  死滅をながめ  空虚をながめ  客をながめ  身を乗り出してながめ  息子をながめ  顔をおながめ  木立ちをおながめ  恋しくてひねもす今日はながめ  道彦をながめ  空をじつとながめ  光でながめ  枕もとに飽かずながめ  朝夕枕もとに置いて寝ながらのながめ  浜のながめ  院はおながめ  空をおながめ  のをおながめ  そばでながめ  姿にながめ  大将はながめ  若君をながめ  から月をながめ  のをかわいく思ってながめ  御簾越しにながめ  夕方空にながめ  月にながめ  あたりばかりがおながめ  十分愛しておながめ  縁へ出てながめ  中をもながめ  院がながめ  白雪をながめ  景色ばかりがながめ  のであるが、つくづくとながめ  腰をかけてながめ  宮はよくながめ  それらをながめ  川霧をながめ  向こうにずっと続いていて、ながめ  宮はながめ  平気でながめ  姿態をながめ  山川をながめ  気の毒に思ってながめ  気の毒にながめ  女王も誘って出ておながめ  船にながめ  病女王はながめ  御簾を巻き上げてながめ  景色も共にながめ  遺骸だけでも永くとどめてながめ  ジャックリーヌをながめ  オリヴィエをじっとながめ  オリヴィエをながめ  微笑でながめ  万事をながめ  手に取って、しみじみとながめ  子供をながめ  瞳をあげてながめ  中につっ込んで、ながめ  世をながめ  セシルをながめ  内部をながめ  今彼をながめ  ただ一人薫がながめ  君がながめ  庭にながめ  横になってながめ  美人はないと常にながめ  姫君を涙ぐんでながめ  様子などをながめ  気がしてながめ  庭ばかりをながめ  山荘のながめ  庭園をながめ  こちらから煙草をのみながら、じっとながめ  丸髷をながめ  後ろ影を、つくづくとながめ  行列をながめ  小さな水草をじっとながめ  従者たちはながめ  言葉でお書き続けになり、ながめ  ほうに、ながめ  手から放たずながめ  絵を出してながめ  ひと所をながめ  微笑をしながらながめ  薫はながめ  悪い場所であると思ってながめ  刻に移るまでもながめ  光明とながめ  ぼんやり彼をながめ  皆をながめ  闘争をながめ  一人笑いながらながめ  オリヴィエは打ちながめ  靴屋をながめ  事物をながめ  絵葉書をながめ  クリストフを打ちながめ  新芽をながめ  衣裳をながめ  人々がながめ  一例としてながめ  陳列品をながめ  アンナをながめ  妻をながめ  絵画もよくながめ  人たちをながめ  顔つきでながめ  床板をながめ  諸君をながめ  仕事振りをながめ  から自分をながめ  車外をながめ  かんばんをながめ  情愛とをもってながめ  谷間をながめ  周囲をながめ  あなたをながめ  私はながめ  愉快にながめ  まり口をきかず多くながめ  後ろに隠れてながめ  奥底をながめ  自分自身をながめ  ほうをふたたびながめ  者としてながめ  ように真面目くさってながめ  前方をじっとながめ  一度にながめ  廃墟をながめ  眼を凝らしてながめ  一そう鎮めてながめ  蛇をながめ  露台のながめ  辺のながめ  一のながめ  ぢろぢろ、ながめ  こずえをながめ  山国であるからこうしたながめ  山本をながめ  笑顔をもってながめ  つめとをながめ  晩にながめ  手元をながめ  茫然外面をながめ  僕は何もかも忘れてしばらくながめ  葉をながめ  煙をただながめ  街頭をながめ  空がながめ  入り口をながめ  公園前停留場をながめ  まろみをながめ  風景にながめ  こちらでながめ  峠のながめ  谿谷のながめ  秋葉橋あたりのながめ  連山をながめ  砂漠のながめ  奥庭をながめ  さきにながめ  子をながめ  五助をながめ  壺をながめ  首人形をながめ  二部を考へ出して、ながめ  のでなく、ながめ  ことは、ながめ  其をながめ  ことからながめ  言へば、ながめ  ように思って、吹いてはながめ、吹いてはながめ  眼をほそめてながめ  仮面を取りて打ちながめ  假面を取りて打ちながめ  至極通俗なながめ  露かなながめ  公園をながめ  思いでながめ  横顔をじろじろながめ  そとをながめ  お袋をながめ  僕をながめ  買つて、ながめ  月の世界をながめ  目がねをまずこうかけて、さあながめ  小鳥をながめ  しらがマストにのぼつてながめ  哀傷としてながめ  渓流のながめ  客観的にばかり、ながめ  円塔をながめ  中においで下さるであらうとながめ  眞のながめ  面から深くながめ  群をながめ  鮎をながめ  植ゑたものばかりの庭をながめ  海上をながめ  らい海をながめ  烟管をながめ  嶽のながめ  写真を取り出でてはながめ  名刺を打ちながめ  千々岩はちらとながめ  日影を打ちながめ  死ぬ光景をながめ  方打ちながめ  桜花を見るともなくながめ  ようすを打ちながめ  顔をしげしげと打ちながめ  窓外を打ちながめ  茫然としてながめ  面を打ちながめ  列車をながめ  墓標をながめ  気をつけてながめ  写生をながめ  豚をながめ  はさみをながめ  みんなをながめ  両人をながめ  灯によってながめ  どこかとながめ  もの珍らしくながめ  下界をながめ  ややかにながめ  制作をながめ  望遠鏡をとってながめ  顔をしみじみとながめ  泥水をながめ  花のながめ  ガラスのむこうをながめ  傑作品でも絶えずながめ  ものをつくづくながめ  子供をしみじみながめ  母をながめ  荒波をながめ  一同を、ながめ  上から沖をながめ  林をながめ  陣形をながめ  自然をながめ  恍惚としてながめ  横雲をながめ  川向うをながめ  まなざしは、唯ながめ  そッとながめ  今しばらくながめ  そつとながめ  ぼんやり往来をながめ  出をながめ  星に、うっとりとながめ  誇らかにながめ  苦痛をながめ  顔を、ながめ  まま庭をながめ  近くまで持って行ってじっとながめ  碧いそらをながめ  景色がしみじみとながめ  石ころをつくづくとながめ  両手にのせて、ためつ、すがめつ、ながめ  向こうをながめ  機械人間をながめ  籐椅子に腰かけてながめ  窓よりながめ  小鳥あそべるをながめ  素振りをおずおずながめ  自由行動をながめ  櫛をながめ  それを遠くながめ  外までながめ  月どもあげてながめ  かたを打ながめ  街をながめ  月がながめ  われはながめ  たびも、すかしてながめ  工合をながめ  知らぬ顔してながめ  三毛をながめ  朝にながめ  夕にながめ  夜半、ながめながめ  海を時々ながめ  つて月をながめ  紅霞をながめ  磨硝子から外をながめ  燈影をながめ  桃花村をながめ  町すじをながめ  品ものをながめ  青空をながめ  さそうにながめ  村などをながめ  門構えをながめ  陽にあててながめ  目を円くして、おびえながらながめ  石榴をながめ  けしきをながめ  燕をながめ  それを拾い上げてしばらくながめ  上に止まって、じっとながめ  目ばかりながめ  眸にながめ  海が広々とながめ  桜草をながめ  山のながめ  そうに、きょろきょろとながめ  顔ちかく引きよせて打ちながめ  もっとよくながめ  ビールをながめ  十字架をながめ  冷淡にながめ  ぼんやり前をながめ  なかをながめ  足跡をながめ  心配そうにながめ  満足そうにながめ  様子をじろじろながめ  彼女がながめ  いっさいをながめ  人びとに公然とながめ  荒廃をながめ  ベッドをながめ  ものとして、ながめ  関心をもってながめ  あっちこっちをながめ  仕事をながめ  横眼にながめ  門外でながめ  建築をながめ  山々のながめ  ゆるやかにながめ  ブックを漫然とながめ  山男はながめ  帆でもながめ  賭博でもながめ  自転車をながめ  得意げにながめ  黒猫をながめ  山影などをながめ  文字をながめ  陰でながめ  みやこ鳥をながめ  荒池をながめ  案内図をながめ  遠くにながめ  がたをながめ  評論集をながめ  文芸評論をながめ  柿をながめ  不安をながめ  春を、ながめ  頃払はでぞ、ながめ  かただに、ながめ  なかをでもながめ  まま戸外をながめ  停車場をながめ  四方のながめ  行燈をながめ  横をながめ  武蔵をじろじろながめ  作物をながめ  戸外をながめ  前にきて、じっとながめ  硝子障子越しにながめ  甲板をながめ  仏像を取り下ろして、つくづくとながめ  中でいいながら、ながめ  影などをながめ  魚をながめ  西瓜をながめ  又八はながめ  門をながめ  海洋をながめ  又八をながめ  弱腰をながめ  指芝居をながめ  隙間をじろじろとながめ  わが家をながめ  家構えをしばらくながめ  成行きをながめ  頭を、ながめ  残骸をながめ  面あかりをながめ  顔を打ちながめ  世間をながめ  村はずれに立ってながめ  菫をながめ  札をながめ  羽掻きをながめ  あちらをながめ  太郎左衛門をじっとながめ  人かげから、まじまじとながめ  カイはながめ  夏ぼうしを、ながめ  計算をながめ  座敷をながめ  男がじっとながめ  顔をよくよくながめ  新聞をながめ  しみをながめ  なんどもながめ  砂山をながめ  アザラシ半島をながめ  掛軸をながめ  成層圏風景を、うっかり永くながめ  髯痕をながめ  徐かにながめ  おぼろげにながめ  写真を、おりおり、こっそり引き出して、ながめ  生活を、食い入るばかりにしてながめ  世界をまざまざとながめ  樹立をじっとながめ  短冊かけにかけてながめ  ポン公をながめ  ふしぎさうにポン公をながめ  沿道のながめ  屋並みをながめ  唇を呆然とながめ  マヌエラをながめ  格闘もわすれ、呆然とながめ  斧をながめ  尾根をながめ  偉力をながめ  ダネックはじっとながめ  星をつくねんとながめ  折竹はしげしげとながめ  月夜にながめ  川水をながめ  氾濫のながめ  つつじをながめ  まま絵をながめ  手をこまねいてじっとながめ  火の子とをながめ  序幕をながめ  そこらにながめ  物さびしくながめ  心持ちでながめ  雷電峠を物珍しくながめ  下にながめ  村道からながめ  六年もながめ  そこに立ってながめ  心深くながめ  海もながめ  木にながめ  船なぞをながめ  枝ぶりをながめながめ  羽をながめるともなくながめ  人々海をながめ  異人どもにながめ  見事なながめ  石垣をながめ  ものにながめ  山でもながめ  席を離れて、ながめ  一緒にながめ  農家をながめ  かぐらいにながめ  客殿からのながめ  意匠から成るのをながめ  ことをもじっとながめ  高原をながめ  陸をながめ  燈台をながめ  のをじろりとながめ  状態をながめ  滝をながめ  方々をながめ  遊蕩児たちをながめ  それにながめ  一週間ばかりながめ  紙っきれをながめ  前へ引き寄せて、ながめ  左舷にながめ  びを傾けてながめ  松蔵をながめ  手にとってながめ  いろいろをながめ  化粧法をながめ  前身としてながめ  夫婦をながめ  どくそうにながめ  冷ややかに見ながめ  伝六はいぶかって、まじまじと見ながめ  上から下へ見ながめ  さそうに見ながめ  ぢつとながめ  繪をながめ  ふたりでながめ  画を見ながめ  よそにながめ  相撲をながめ  向こうをながめながめ  線を引きつつ、しきりにながめ  下から上に見ながめ  顔をしげしげと見ながめ  つぶやきながら、じろじろと見ながめ  死骸を見ながめ  うちを見ながめ  如くあたりをながめ  はりをながめ  次郎松を見ながめ  星空でもながめながめ  怪奇をながめ  いっぺんこのながめ  ことあ、一度あって二度とねえながめ  光景を見ながめ  静かに見ながめ  覆面姿をながめ  あごをなでなでちらりと見ながめ  ように、じろじろと見ながめ  さげに見ながめ  ように見ながめ  小娘をながめ  静かに歩みよると、まず見ながめ  有り様をながめ  姿を見ながめ  ろを見ながめ  敬四郎がちらりとながめ  けしきも見せず、ゆうぜんと見ながめ  お客を鋭くながめ  男雛を見ながめ  上から下までじろじろと見ながめ  兵児帯を見てはひねり、ひねっては見ながめ  姿をじろじろと見ながめ  二品を見ながめ  傷とを、見比べ見ながめ  捨て子を見ながめ  朝日にすかしつつ見ながめ  闖入者を見ながめ  それを見ながめ  からたなへ見ながめ  青焼き人形をながめ  うちながめ、ながめ  灯ざしにすかしてはながめ、ながめ  左をながめ  きりと見ながめ  キャナッペをながめ  ニコニコ笑いながらながめ  こととうっとりとながめ  雨を見ながめ  微笑とともに見ながめ  敬四郎たちを見ながめ  奇蹟をながめ  目を光らせて見ながめ  げに見ながめ  手からうけとって見ながめ  あちらこちらそれとなく見ながめ  人物をただながめ  きみにいって、じろりじろりと見ながめ  顔を見ながめ  若葉をながめ  あらしをながめ  壁面にながめ  映画をながめ  剣術ぶりぢやとながめ  齒にわびしけれど心ゆくばかりのながめ  姿をじろじろながめ  満足らしくながめ  夜空をながめ  好奇心でながめ  足をとめてながめ  女中も、ほれぼれとながめ  料理をながめ  メグをながめ  ローリイは立ちあがってながめ  髪をながめ  版画をながめ  ジョウをながめ  空などをながめ  かまどのながめ  空のながめ  これらをながめ  音もなく走るをながめ  心なくながめ  木の葉を、かれはひたすらながめ  ようにただながめ  わたしは暫くながめ  人をじっとながめ  変化するをながめ  噴煙をながめ  琵琶僧をながめ  半分半分にながめ  うえでながめ  畑道をながめ  お母さん今頃三枚の写真をながめ  下駄をしみじみながめ  感心して、ながめ  木でもながめ  神戸港をながめ  おりをながめ  様子を、ながめ  三人をまじまじとながめ  夫人をながめ  その男をながめ  無表情にながめ  私服をながめ  扉をながめ  笞刑吏をよくながめ  窓越しにながめ  頼りにながめ  廊下をながめ  こともながめ  ぼんやり右手をながめ  有様をしばらくながめ  二重顎をながめ  決着をながめ  ほうもいっそうよくながめ  なかにいれて、ながめ  港をながめ  陽をながめ  呆んやりながめ  俵をながめ  自分で書いて、ながめ  化粧をながめ  川のながめ  ようすはながめ  おじいさんをながめ  墓表をながめ  浪の光りをながめ  草木をながめ  籠をながめ  お姉さんとがながめ  パイをながめ  ようすをつくづくとながめ  距離を置いて、ながめ  村をながめ  ひつじのむれをながめ  手先をながめ  顏をながめ  今までながめ  風情をながめ  奥に沁み込むまでながめ  人体をながめ  伎楽面を一々ながめ  間から大仏殿をながめ  手をつらつらながめ  上から下へとながめ  模作でながめ  自由にながめ  泥田をながめ  画像は、ながめ  塔をながめ  曼陀羅をながめ  右にながめ  並列をながめ  つまびらかにながめ  わたくしたちはただうっとりとしてながめ  ほほえみながらながめ  ちかの顔を、美しいと思ってながめ  東西をながめ  燈火をながめ  桜を、こうじーっと黙ってながめ  兵庫樽を置いて、時々ながめ  把ってながめ  写本をながめ  花などをながめ  無言でながめ  四方をながめ  換へれば、ながめ  此をながめ  其がながめ  事が、ながめ  事で、ながめ  平安朝のながめ  以上、ながめ  経験から来て、ながめ  古事記に、ながめ  万葉にながめ  間には、ながめいみとも、ながめ  帆前船をながめ  秋刀魚をながめ  帆前船もながめ  王城をながめ  画をながめ  嫁さんをながめ  空を仰いでながめ  窓からお月さまをながめ  窓から戸外をながめ  牡丹をながめ  古今をながめ  玩具にながめ  店内をながめ  生き方をながめ  背文字をながめ  峰頭をながめ  図ウ体をながめ  頃をながめ  雲影をじっとながめ  海とをながめ  彼女達をあらためてながめ  人のながめ  幼児をよろこびとしてながめ  牧草地をながめ  唄桶をながめ  田さへながめ  烏ア南瓜をながめ  手に取ってながめ  患者をながめ  競いを、ながめ  中にながめ  目つきをしてながめ  蕾をながめ  ただ黙ってながめ  好奇心をもってながめ  なかからガラス屑をそのうえに移して、しばらくじっとながめ  ぼんやり道をながめ  さかなをたのしみにながめ  こなたをながめ  白雲をながめ  底をながめ  言葉なくながめ  寝息をながめ  竣工をながめ  顔をつくづくとながめ  後からよくながめ  ごと街をながめ  人さはに立ちてながめ  墓をながめ  花のちるをながめ  手許をながめ  色盲症をながめ  行進をながめ  たいをながめ  現実にながめ  乎とながめ  庭木の間にながめ  意味をもってながめ  気の毒そうにながめ  菓子をながめ  三根夫をながめ  



前後の言葉をピックアップ
眺めれ  眺めん  長め  眺め  長目  ナガメテヰル  ながめよ  眺めりゃ  眺める  ながめる


動詞をランダムでピックアップ
とりこむ仕出す血ばしりびくつく使っ彩ろ忍ばあらう言い込めなごみ洩れるぬかっ聞込みおとしめるひろいあげ建てる延びる絶えよ溜ら
形容詞をランダムでピックアップ
まっしろくめんどくえらき赤黒く悪賢い訝しくなやましとうとく押し付けがましい異いほしかっ大きけれ旨う気恥しゅうけぶかい貴から目まぐるしいあたらし床しいいとわしかっ