「どき」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ どき[動詞]
風桜風にとぎ  糸をとき  平馬はどき  中へでも入れとき  ライプチッヒから本が少しとどき  ぶつものうく、どき  蒼ざめて、どき  見付かつたどき  モーター通るべよ、そのどき  紐をとき  蜂の巣換りどき  観無量寿経にとき  から小十郎はどき  途端、どき  殆んどき  年貢のおさめどき  言葉をとぎ  私はとき  私のとぎ  蹈んどき  氣がどき  ような、どき  下を鋭どき  女の鋭どき  たびは鋭どき  日ぐれどき  照は一寸どき  署長はどき  彼はどき  お送りさしとき  私はどき  タネリはどき  胸が、どき  年貢の納めどき  へんが見切りどき  溝へ白いとぎ  ここにとっとき  被布をきておとぎ  君に話しとき  感触にどき  部屋を見廻ってあるいていると、末枯れどき  ゴーシュはどき  治六に、もうなんどき  ちょっとそこをどき  爪をとぎ  サト子にも、どき  胸がどき  奴、どけやい、どけやい、どき  米のとぎ  とたん、どき  高らかにかちどき  布をとき  うちにするなどとは、ふとどき  耕一はどき  辺がしおどき  下に置いとき  胸をどき  僕からよく言っとき  品であるが故に、いつなんどき  棚にあげとき  耳はとぎ  紹介しとき  失つた顔、どき  通りにとぎ  巴里へ置いとき  牙をとぎ  消毒だけしとき  秀の鋭どき  日暮れどき  岩石のとぎ  五感はとぎ  巷談師のとぎ  光をとぎ  刃のとぎ  霊のちから鋭どき  怒濤のかちどき  カンキュウあればいつなんどき  渡し、かちどき  ミミー、おどき  説明しなさい、とき  刃を起してやったものの、このとぎ  百は、どき  八円にしとき  二円五十銭にしとき  切り上がらせどき  僕はどき  心臓がどき  さかなを少し探しとき  ようにどき  程胸をどき  雌牛のおとぎ  いまがいいしおどき  今が丁度熟れどき  心臓をどき  時に、どき  気がしてどき  風の鋭どき  んかも騒いでばかりいて、いつなんどき  失敗すれば、いつなんどき  商売だから、いつなんどき  揮毫をとき  それきり言葉をとぎ  其所謂體面といふことに鋭どき  相手をどき  ですよ。私は、いつなんどき  ぎくんとき  将来いつなんどき  同宿のとぎ  眼に、どき  夕暗どき  アクタみたいに、いつなんどき  先をとぎ  世話に寄越しとき  どこへでも、いつなんどき  ジヨバンニは思はずどき  黄昏れどき  一寸お礼だけ申しとき  お腹の決めどき  眼にとまって、出代りどき  今朝よく云っとき  使用法を書いとき  お預けとしとき  白眼んどき  手をつけねえで放っとき  斧で削り去ったか、鋭どき  声なきかちどき  興奮させ、どき  声をとぎ  風が吹いたなら、いつなんどき  仔牛はどき  彼女はどき  胸にどき  胸までどき  私は、どき  白井刑事は、どき  対局中のとぎ  蛙でいつなんどき  西日の射す退けどき  前者はきはどき  何とでも思わしとき  彼女のとぎ  三木は、どき  十円で宜しきゃ頂いとき  ルイゼン座のおとぎ  理智的にとぎ  もう少し借りとき  遊びにおいででしょうって、そう言っとき  いつ何んどき  ほか、とぎ  いろいろのおとぎ  時見たいにどき  赤シャツはすっかりどき  そこを、どき  なっちまって、どき  空氣枕を借りて、さしあげとき  ぷつんと唄をとぎ  みなかちどき  高は、どき  心臟は再びどき  そこがひけどき  写真うつしとき  ことをいろいろ聞いとき  在来の鋭どき  キスしてくれた、おとぎ  言棄をずいぶんよくとき  相談をしとき  あっちへつけとき  冷静に返し、とぎ  それをきいて、どき  時不思議にこのおとぎ  悴に任しとき  宰相と間違えられていつなんどき  もんだからつけとき  道で会ったりすると、どき  返事がやっとき  剣をとぎ  かみそりとぎという、とぎ  はさみは、とぎ  お母さんが、いいとおっしゃったので、とぎ  塀をめぐらせて、どき  出刃をとぎ  これは貰っとき  夕方、申しとき  美をとぎ  機械文明のかちどき  話をとぎ  解決しとき  胸どっきどき  米をとぎ  Druerie!と鋭どき  ものをと、しとぎ  カミソリをとぎ  ざつと町内に出しとき  半額にしとき  飢ゑ牙をとぎ  浪浪浪浪砂をとぎ  月の見どき  招んどき  ククーと鋭どき  逢魔がどき  水茶屋の書き入れどき  守人はどき  マドモアゼルにしとき  一枚あづけとき  ほうちょうをとぎ  わきへどき  地位を引き受けてかちどき  今が切りどき  ためならなんどき  ぢきとどき  汗が出てどき  通はどき  ことにしとき  とこがどき  店のかきいれどき  村山巡査にやって貰っとき  小使ひに上げとき  らで負けとき  日くれどき  戸棚へ入れとき  木から綱をとき  小菅のふとどき  しかも細くとぎ  ここおどき  人間を置いとき  ちょっと言葉をとぎ  お前はいつなんどき  坂田はどき  そのままにしとき  伺いしとき  事情を知っとき  學校のひけどき  彼の生れどき  問題はお考え願っとき  ナイフをとぎ  静かにとぎ  鎌をとぎ  今は濁つてどき  あたし、どき  江戸っ子たちには書き入れどき  六つ下がりどき  心鏡を、早くもぴかぴかととぎ  げをまさぐっていると、かれこれもうひけどき  丑満どき  たかっきり丑満どき  さかりどき  私が出しとき  どきどきととぎ  鳥右さんはどき  討露軍歌かちどき  ことばをとぎ  八寸にしとき  そちらへとっととおどき  ペンベリーはどき  ますゆえどき  おじゃまなら、どき  横へどき  夕ぐれのしっぽりどき  そっちへどき  思止まず癒えぬべきたどき  私は、なぜか、どき  作者くずれとき  やうにどき  もう少しいでも宜かんべどき  音の鳴り出しでどき  小説を読むふとどき  艶めかしうそうどき  不孝不義のふとどき  燃焼がまだ充分とぎ  人間叡智のかちどき  相談しとき  御飯よそっとき  ちゃんとしとき  そっちい廻しとき  から、見とき  繊弱くも胸をどき  報告をきいてピンとき  小学校の退けどき  東京の日くれどき  詞をとぎ  急にどき  打電しとき  腹をへらし、ひるめしどき  社会の鋭どき  



前後の言葉をピックアップ
兜巾  とき子  とき色    富来    研ぎ  都議会  研師  トギス


動詞をランダムでピックアップ
代えれむしれゆすっとびかう取り消し寄りつきゃ泣けよ紛らわす出し抜くつれかえら持たさ躍りでゆるまうらびれふくれ組み込める入り替っはいりこみ擦り込み投付ける
形容詞をランダムでピックアップ
高けりゃおかしゅう生々しもろうくるし見苦しき恐かっさむし言うまでもなき恨めしき罪ぶかくうらやまし奥ゆかしいあじきないなつかしいいけ図々しく心安からきたならしい