「どか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ どか[動詞]
われがとが  行乞はやめとか  所へどか  天使なりとか  椅子までよろめいていき、どか  媚がとが  中へでも入れとか  容易にとか  ものなりとか  會ふことが  日光がととか  早霜がすでにいくどか  瘤をさらに大きく張ってどか  あたりをぼりぼりとか  誤解をとか  警戒をとか  謎をとか  丸太ぐるみ、どか  刑をとか  風にとか  危なげにふらついていたが、どか  ものをとか  心がけとしてとか  掛勘定にしとか  ママに言っとか  犯罪があるとか  謎がとか  調練兵が、どかん、どか  から、どか  勃凸がぽつりとか  前に、どか  人をどか  骨のかどか  ここは空けとか  截然と切りとか  鞘に納めとか  サト子もいくどか  場面をいくどか  暑いからと云われてもどか  甲もとか  丈、かどか  自叙伝をひもどか  牌をどか  なかにどか  言ふことが  庸三はどか  一つに、どか  所へ隠れていると、どか  山の下に整然と詰めて居るから、どか  茶の間にどか  疲れも出てきてどか  所へ、どか  商人家ではどか  お話しとか  家から家へとか  椅子にどか  顔を出しとか  皆騒ぎ出したらしく、どかんどか  交へ、いくどか  名前を出しとか  部屋に寝かしとか  半分でも入れとか  これくらゐにしとか  これを渡しとか  さ二十ひろから百ひろまで、どか  電車はどか  人がどか  艇が、どか  刃は、するどくとが  から日曜というとか  芝居の進むにつれて、かどか  挙句、どか  油断に乗じて、どか  コンパクトが、どか  らであきらめとか  云ふことが  うちに寝とか  謎はとか  先のとが  時に稼いどか  雷にどか  頬骨がとが  手錠をとか  とたんに、どか  油紙包がとか  夢中で取り出してどか  約束は解くにとか  証拠があるとか  吸込孔があるとか  遠くに、どか  來たと見え、とが  はじめに泣くだけ泣いとか  腹がどか  それをどか  甲板にどか  ものがとか  段取りもつけとか  ことも考えとか  朝ぼらけ靈夢はさめにけり喚べどか  嫌疑をとか  夜空をいっぱいにどか  證にしとか  内証にしとか  ことにしとか  蠕虫舞手はとが  きれいにこさえとか  縁側にどか  言葉を投げて立った、と思うと、どかどかどか  陣座へもどって、どか  脚絆を穿いとか  留置をとか  非常管制がとか  本来の大どか  顔からあの茫として大どか  傍にどか  母に掻くどか  上にどか  必要があるとか  癖をつけとか  平凡になりたれどか  ように、又どか  私のとが  尋ばかり隔てて寝たれどか  キマリを付けとか  ところへ片附けとか  書換へを済ましとか  二時間見とか  白かとが  弁証法があるとか  年寄りでも附けとか  何かがどか  腰掛にどか  そばにどか  腰掛梁にどか  帯もとか  綱をとか  御機嫌をとっとか  骨賃だって、もう払っとか  奴を捻じ上げとか  人に聞いとか  腰を立てようとしたが、またどか  やうに薄くて、とが  頭からくるんどか  それを知らいで、うかうかとか  合ふことが  灯が、かどか  旅装もとか  云ひ放つて、どか  前へどか  妥協しとか  何かどか  キッカケに、どか  逢ふことが  ことをいわなかったらとか  ッぽどか  頬骨のとが  それから、どか  ミンチン女史は、どか  カリスフォド氏は立ち上りかけて、またどか  人に呼びかけるのになあ、もしとか  方が好い、とか  停学処分のとか  人々騒げどか  直感としてどか  看板掛けとか  大事にとっとか  結び合いとが  敏感にとが  会ふことが  もっと、どかんどか  君はどか  縄暖簾式の、どか  外皮をとか  茶のかおりとか  常子さんか、覚えとか  価値があるとか  食堂へいらつしやるかも知れないから、あんまり散らかしとか  上へどか  釦で止めとか  手入れしとか  前にどか  尖端にとが  絶頂を光らしめとが  今日はやめとか  上り口へどか  のをいくどか  ものなれどか  市場へとか  側にどか  それくらゐにしとか  ところへどか  二号活字でたちまちにしてとか  家われと焼くが何でえけねえ、どか  関係があるとか  覚悟を聞いとか  従ふことが  二人は、どかんどか  ふたりは、どかんどか  手に提げて、どか  刃がまがって、ちっとも切れなくなって、またとが  男はどか  板へどか  うちに、どか  跡見返れどか  官をとか  導火線を長く引張り、そしてどか  今日は、やめとか  日にいくどか  一度の、どか  私はどか  喚はりたまふもありとか  感動なりとか  上へ、しばしやどか  声を出して、どか  漁夫は、さすがに、いくどか  丸が、どか  恭一が、まじまじとか  天幕めがけて、どかんどか  毛もとか  緘口がとか  ようにどか  階下でどか  ここか、とか  ハメル先生がどか  白馬を思へどか  ことあれどか  頬冠りもとか  外国勤務をとか  米をとが  円陣がとか  後があるとか  やうにとか  封鎖になったりしたら、どか  目前へどか  吉野はどか  曰く抱けどか  ベンキヨウしとか  頭のとが  だって僕、早く返しとか  相談しとか  のと、どか  あいたれどか  のかどか  声を震はせてどか  人さし指をとが  事件に因めるなりとか  私はとか  解決があるとか  大学書林のとが  心が燃えながら、行ってみるとどか  詩はまだとどか  二いまだとか  それ位にしとか  整理しとか  事どもありとか  本願海をとか  海はどか  鼻呼吸をふきかけて、とが  ケヅメそつくりにとが  やうに、とが  教育だけはしとか  札をつけとか  ことによるとか  ようにしとか  色解てどか  間隔をちぢめて、どか  



前後の言葉をピックアップ
十勝国中川郡本別村字斗満  トカデ  トカトントン  トカヲ  ドガ    都雅    トガアル  十返


動詞をランダムでピックアップ
つめきっ参らささしだそ差し固めまぜ返しむけなおし広がる棹さし取り縋れなんなんとする支え吸い上げる飛び下りるつきぬい治りいいふらし振るっ追払お縫い込ん撓う
形容詞をランダムでピックアップ
浅ましきひだるい佳かろめばや善しうすらさむき固くいぎたない見苦しいめんどくさかっすがすがしいつらくっすっごいでかいこそばゆききたなしくけれ物がたき恭しきあかぐろく